自動車保険の種類と選び方

自動車保険の種類

自動車保険は2種類に分けられるものです。

1つは被害者を救済するために法律により、加入が義務付けられている自賠責保険でもう1つは自動車の所有者が任意で加入する事のできる任意保険となっています。

どうして2つあるのかと言うと自賠責保険は対人だけが保障の対象となっていて保障にも限度額が設定されているからなのです。

しかし、仮に実際に事故が起こってしまった時の事を考えてみると人だけでなく車や建物などの物に対しても保障が必要になる事は多いですし被害者の方が大怪我をしてしまった場合などでは自賠責の限度額内でおさまらない事だって十分に考えられる事なのです。

そのため、運転者の多くは任意保険にも加入していて自賠責では補いきる事ができない分をカバーしてくれるという訳なのです。

自賠責保険にしか加入していないというのは加入していない本人にとってももしも事故を起こしてしまった場合ではとんでもない事になりかねませんし被害者側にとってもとてもマイナスになる事は考えられます。

本来なら保険会社を通せば簡単に話がつくような事でも専門知識のないもの同士の場合は手順の事など、面倒になる事は非常に多いものだと考えられるのです。

そのため、自動車保険に加入するのなら任意保険も加入しておくべきだと思います。

 

自賠責保険って?

自賠責保険というのは自動車損害賠償保障法によって原則的に全ての自動車やバイクには自賠責保険を浸けないと運転できない事になっているので強制保険とも言われています。

強制保険と聞くと少し嫌な感じがするものですが実は自賠責保険は自動車事故の被害者救済と加害者の賠償能力を確保するために作られた保険となっているので強制ではなく自主的に加入するようにしましょう。

自賠責が切れた車に乗るなんて事のないようにしなければいけないのです。

また、自賠責保険が切れた車を運転していた場合は罰金を支払う必要があるのです。

もし、自賠責保険の証明書を車に積んでいないだけで3万円以下の罰金になるので注意しましょう。

また、自賠責保険を契約せずに自動車を運行していた場合は1年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金があります。

さらに違反点数6点となって免許停止処分となるのです。

自賠責保険は被害者を救済、加害者の支払い能力の確保の保険とは言われていますが自賠責保険だけでは保障は十分ではありません。

自動車やバイクは動く凶器と言えます。

万一、加害者になってしまった時の事をしっかりと考えて、必ず任意保険に加入するようにしておきましょう。

 

自動車任意保険って?

自動車を運転する時には一般的に2つの保険に入っている場合がほとんどだと思います。

それは自賠責という強制的な保険と自分自身で加入して契約した任意保険となります。

自賠責というのは車検の際に強制的に料金を徴収される事となって車がナンバープレートをつけている限りは必ず、その車にかかっている保険となるものの事です。

一方、任意保険は自賠責で補償しきる事ができないような部分を大きくカバーするための保険となっていますが、最近では、ほとんどのドライバーが加入しているもので任意保険に加入していないと怖くて車の運転ができないとまで言われている状況となっているのです。

自賠責では補償している金額は国によって定められているのものなので、自分で金額を調整する事はできないし全てをカバーできるものでもないのです。

しかし、任意保険の場合はニーズと希望に応じ、保障額を設定する事が可能となっているので万一の際でも大きくカバーしてくれる心強い味方となっているのです。

任意保険には対人保障や対物保障など様々あって様々な特約をニーズに合わせ付ける事もできるのです。

保険料も商品によって違いがあり内容もいろいろと異なるものなので加入するのなら、その辺りをよく検討してから加入するようにしましょう。

 

対人賠償保険について

法律で加入が義務付けられている自賠責保険があります。

その支払い限度額というのは死亡事故の場合は被害者1名あたり、3000万円で重度後遺障害の場合は4000万円、怪我の場合は1名あたり、120万円と定められているものなのです。

しかし、仮に死亡事故や重傷事故を起こしてしまった場合は、これらの額をはるかに超えるような億単位の賠償額になる事も珍しいものではありません。

もしも、任意の対人保険に加入していないと自賠責補償額を超えた金額というのは全部、本人が払わなければならなくなってしまいます。

死亡事故を起こしてしまって1億円の損害賠償請求が発生したとしたら自賠責保険で3000万円まで支払う事ができたとしても残り7000万円を支払う事ができると思いますか?

被害者に十分な補償ができると思うでしょうか??

対人賠償保険は相手の車に乗っていいる人や歩行者、同乗者などといった他人を死亡、負傷させてしまって法律上の損害賠償責任を負った場合に自賠責保険から支払われる保険金額を超えた分の保険金が支払われるものとなっています。

加害者がこの保険に加入していなかったから十分な賠償を受けれず被害者本人はもちろん、加害者本人も苦しく事が容易に考えられるという訳なのです。

対人保険は自動車保険の中で一番重要な保険だといって良いでしょう。

万一に備え、インズウェブの利用者も保険金額を無制限で見積もりを取っているい方が多いと言われています。

 

対物賠償保険について

対物賠償保険というのは自動車事故によって他人の車や物に破損や汚損、滅失などといった損害を与えてしまい、法律上である賠償責任を負った場合、保険金が支払われる保険の事となっています。

バンパーが軽く凹むなどのの小さな事故の場合であればポケットマネーでも何とか解決する事ができるかもしれないが衝突した相手側が高級外車だったり、営業車や店舗、信号機などといった場合なら、非常に高額な損害賠償請求をされる可能性も十分に考えられるものなのです。

また、対物事故の場合は損害賠償請求されるのは車や物の修理代だけではないのです。

事故により生じてしまった間接的な損害である休業損害や営業損失なども損害として積算される事になっていしまうのです。

例えば自動車同士の事故だったとしても相手側がバスやトラックやタクシーなどといった業務車の場合、その車がしっかり走っていた場合利益を上げていたであろう費用まで賠償金として支払わなければいけなくなるという訳なのです。

実際、ツーリング中のバイクが転倒してしまって観光バスの下に滑り込んで炎上するという事故で考えると、この事故ではバスの車両損害や営業の損失などで合計4000万円以上の損害が請求される事もあるでしょう。

また、踏み切り事故を起こしてしまい、電車の運行に損害を与えてしまった場合でも相当な損害賠償額になるかと思われます。

こうした事故を起こしてしまった場合に保険なしで十分な賠償ができると思いますか?

たかが対物事故と甘く考えずに、もしもの時のために十分な保険金額で契約しておくようにしましょう。

 

自損事故保険について

交通事故には必ず相手がいるものではありません。

例えばハンドル操作を誤りガードレールに突っ込んだ、コーナーを曲がりきれずに崖から転落していまったなどの単独事故も多く発生しているのが現状なのです。

このような事故の場合は他人である同乗者にたいしては車についている自賠責保険が支払われる事になるのですが運転者本人の死亡や傷害に関しては自賠責保険から保険金は一切期待できないのです。

また、車対車の事故の場合でも信号待ちで停車している車への追突やセンターラインをはみ出しての対向車と衝突などの場合のように全ての過失が運転者にあるという事故も少なくはないのです。

相手側の過失が0なら、運転者が怪我をしたり死亡したとしても相手の車の自賠責保険や任意の対人保険は支払われない事となってしまうので注意しましょう。

このような事故が起こった際、最低限の補償をしてくれるものが任意保険の自損事故保険と言われています。

運転者が自らの責任によって起こしてしまった自動車事故によって死亡したり、傷害、後遺障害などを被った場合に保険金が支払われる事になるのです。

この自損事故保険は一般的に自動付帯となっているものですが人身傷害保険と補償が重複している部分もあるので人身傷害保険が付帯される場合は不担保となる商品も多いとかんがえられまます。

自損事故保険は自賠責保険などから補償を受ける事のできない場合に支払われるものなので注意が必要なのです。

 

無保険車傷害保険について

任意保険加入というのはドライバーの一般常識と言えますが現実を見るとそうではないのです。

日本損害保険協会のファクトブックによると2000年以降でも加入率が7割を超えるという状態になっているのです。

共済に加入している車や任意保険を付帯していない中古の展示車などを考えたとしても対人賠償を付帯している車は9割前後という数値が出ているのです。

これら、無保険で走っている車の事故に巻き込まれてしまった場合は相手から確実に請求できるのは自賠責保険の上限金額までとなってしまうのです。

無保険車傷害保険は、このような無保険車と事故を起こしてしまった場合に備える保険の事です。

保険の対象の車に乗っている方が他車との事故によって死亡、後遺障害を被った際、相手に損害賠償を請求できるのに相手の車が対人賠償保険をつけていないため、十分な補償が受けられない場合に賠償金が支払われる事となるのです。

支払われる保険金額は契約している対人保険と同等の額となるようです。

無制限で加入している場合なら2億円が上限となる。

この保険の支払い対象となるのは下記の4つが考えられます。

・任意の対人保険がついてない車に乗っている場合。

・対人保険はついているけれど運転者の故意や泥棒運転や年齢条件や家族限定特約の条件を満たしていないなどといった場合。

・対人保険はついているけれど保険金額が被害者の損害額を下回っている場合。

・ひき逃げなどによって加害者の特定が行えない場合など。

 

車両保険について

自動車保険には車両保険の他に相手側への損害を補償する保険と車に乗っている人の怪我などを補償する保険があって大きく分ければ3つの保険から構成されていると言えます。

ただ、車両保険は自動車保険に加入する時に絶対に入っておかなければならないという保険ではないのです。

免許は持っているけど運転する機会がほとんどないという方も多いと思いますが、そういった方の中には車両保険をつけない方も多くいると言われていますよ。

車両保険に加入していないと自動車保険の保険料は安くなる事から考えられます。

そうしった事もあってか、車両保険は入っておいた方が良いという点で迷っている人は多い保険ともいえるでしょうか。

また、車両保険が必要という人の場合でも車両保険は補償内容による違いにより、どういった補償タイプを選択するのかを迷う方も多いでしょう。

とくに最近多い通販タイプの自動車保険の場合は自分の判断で決めなければならないものです。

運転歴の長い方であれば、まだしもこれまで保険代理店に補償内容も任せてきたという方が多いと思うのでどういった補償タイプにするのかを即決で決断できるような人は少ないと思います。

通販自動車保険を利用する方であれば今後さらに増えていくと思われるので自動車保険の補償内容について、しっかりとした知識をみにつけて詳しくなっておくようにしたいものです。

 

SAP(自家用自動車総合保険)について

SAP(自家用自動車総合保険)についてしらべてみました。

もっとも補償が充実していると言われているのが自家用自動車総合保険である「SAP」でしょうか。

これはスペシャル・オートモービル・ポリシーの略の事です。

SAPは対人、対物、自損事故、搭乗者障害、無保険車障害と車両保険の6つがセットになっている保険で対人事故や対物事故共に示談交渉を保険会社が代行してくれるものです。

完全パッケージといっても過言ではない保険商品といえるでしょう。

人身傷害保険には任意で加入する事が出来るようになっています。

自家用自動車総合保険であるSAPは自家用普通乗用車や小型乗用車、軽四輪乗用車小型貨物車、軽四輪貨物車といった5種類だけが契約する事が可能となっているものです。

SAPは補償内容やサービス内容は最高と言われているのですが、やはりその分支払う保険料は少し高めに設定されているというところがデメリットと言えるかもしれません。

各保険、それぞれの補償限度額というのは定められている金額の中から自分で選ぶ事ができるようになっていると言われているので便利だと思います。オススメですよ。

 

BAP(一般自動車保険)について

BAPというのは「Basic Automobile Policy」の略でこの頭文字をとりBAP(一般自動車保険)と呼んでいるのです。

SAP(自家用自動車総合保険)やPAP(自動車総合保険)がセット商品になっているのに対し、BAPは加入者自身が自分の加入したい保険を選び、加入する事ができるものとなっているのでバラ売りタイプの自動車保険と言えるかもしれませんね。

ただ、BAPは基本契約として対人賠償保険には必ず加入する必要があるのが条件となります。

対物保険や搭乗者傷害保険などは個別に加入する事ができるようです。

そして、対人賠償保険に加入する事によって自動的に自損事故保険も付いてくるのでオススメですよ。

BAPはSAPと異なり、全ての車種で契約できるものとなっていますが示談交渉サービスは一切付いていませんので注意するようにしましょう。

SAPやPAPの場合は保険料が高く、対人賠償保険や対物保険だけに加入し、最低限他者に対しての自分の賠償責任だけは何とかしたいといったドライバーには非常にオススメな自動車保険となっています。

しかし、こうしたようにBAPは補償内容が十分な自動車任意保険とは言えないものなのです。

販売用自動車や未登録車などの特殊な事情でない以上は一般のドライバーにはオススメする事はできない任意自動車保険といえるでしょうか。

 

PAP(自動車総合保険)について

PAP(自動車総合保険)というのは対人賠償や対物賠償、搭乗者傷害、自損事故、無保険車傷害が1つのセットになった自動車総合保険の事です。

PAPの一番の特徴と利点としては対人事故の示談交渉を自動車保険会社が行ってくれる点が考えられます。

ただ、対物事故の示談交渉としては自動車保険会社は行っていないとされているので注意が必要だと思います。

さらに、無保険車傷害保険の補償範囲がSAP(自家用自動車総合保険)と比べると狭くなってしまう点も注意しておくようにしたいものです。

また、PAPには付帯契約として車両保険をつける事が可能になっているようです。

車両保険はオプションになっているという事になりますね。

その分SAPよりも保険料が安くなっているという訳になるのです。

もしも、今乗っている車が中古の場合や購入後に長い年数が経過しているような車に乗っている人の場合ではメリットのある自動車保険になっていると思います。

さらにPAPには必要ならば任意で人身傷害保険を追加で契約する事も可能。

PAPは営業用のトラックやバイクも含め、全ての自動車が加入できるという点が重要なポイントとして挙げられます。

SAP(自家用車総合自動車保険)は営業用のトラックやバイクは加入できないものになっているのです。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ