車の保険料が高いと思う人は車両保険を見直せ!

車両保険の相場ってどのくらいなの?

自動車を所有する事になって自動車保険に加入される人はもちろん、自動車保険を新たな会社で更新したいと考えられている人の場合は車両保険の相場を知りたいものだと思います。
しかし、車両保険は運転者の等級や車両の年式や車種などにより、様々異なってくるので相場が一体どのくらいなのかを一概に言う事が出来ないのです。
最近ではネットの見積もりサービスが普及してきており、それによって保険料の見積もりを手軽に知る事が可能となっています。

自動車保険のそれぞれの会社の相場を自分だけの条件を入力し、計算するのは一括見積もりサービスを利用すると非常に簡単に出来るので、一括見積もりを利用するのを勧めます。

車両保険の見積もりを一括見積もりを利用して出す場合は車検証や免許証などの資料を用意しておいてください。
それぞれの保険会社により、見積もりの結果が郵送やメールなどで送られてくる所もあるのですが通販型の自動車保険なら全部ネット上で確認する事が出来るので便利です。

さらに補償の内容を変えながら、いくつかのパターンの見積もりを出して保存する事も出来るので便利です。
複数の見積もりを出し、比べてみてしっかりと検討する事が可能なので利用をお勧めします。

 

車両保険にも種類があるって本当?

自動車保険の車両保険には主に4つ種類の保険があり、一般車両保険が基本的な保険となり、他の3つは特約で補償の範囲を限定していく形となります。

一般車両保険はオールリスクとも言われ、補償される範囲は設定した損害を全部補ってくれます。
これは、つまり衝突や接触、墜落や転覆、さらには物の飛来や落下、火災と爆発と台風、そして洪水や高潮などといった自然災害や偶然起きた事故などが原因で起きた損害はもちろん、盗難で生じた損害に保険料が払われるというものになっています。
補償が手厚いので保険料は、その分高くなってしまいますが自分自身のミスで引き起こした事故や当て逃げなどの被害も補償してもらえますので車両保険として考えると安心出来るでしょう。

もう1つは車対車特約が付いた車両保険で、これはエコノミー車両保険とも言われています。
補償される範囲は先ほどの一般車両保険の範囲の中で相手側の車との衝突か接触で車に生じた損害に対してだけ保険金が払われる形となっています。

しかし、相手側の車の登録番号、事故が発生した際の運転者や所有者の住所、氏名、名称を確認する事が出来た場合になるので注意しましょう。
この場合、当て逃げで相手側の車があっても相手を確認する事が出来ない事故での損害には保険料は支払われない事となります。

 

一般車両保険について

事故を起こしてしまって自分の自動車が壊れてしまった場合は、それを修理するためとして利用可能なのが車両保険です。
この車両保険に加入するのかしないのか?はそれぞれ任意で決める事が可能となっているのです。

車両保険は他の補償より利用頻度が高い傾向にありますので、保険料も高くなってしまうのです。
それにより、車両保険を付けるのか付けないかで保険料もかなり変わってきますし、付ける場合はどんなタイプの車両保険か?条件などで保険料は大きく左右されます。

車両保険には基本的に一般車両保険と限定車両保険といった2つの種類があり、
ここでは一般車両保険について紹介したいと思いますので、興味のある方は参考にして下さい。

一般車両保険というものは契約した自動車が自動車や物と衝突、または接触してしまった、
物の落下や飛来で起きた損害、盗難、さらには火災などで起きた損害などといったように自動車と関わるほとんどの損害状況を補償してくれるものとなっています。

自分自身で車庫入れなどに失敗してしまい、自動車を傷つけてしまったような自損事故や当て逃げにあった時でも保証してくれるので、まさに万能な車両保険と言っても良いでしょう。
このように幅広く補償してくれる代わりとして、保険料も最も高くなってしまう特徴を持っています。

 

車両保険エコノミーについて

エコノミー車両保険というものがあり、これはその名の通りで一般車両保険のエコノミータイプの保険の事を言います。
簡単に説明すると自動車と自動車の事故で起きた損害時のみ、この保険で補償される事となるのです。

したがって自分自身の不注意でモノにぶつかってしまった場合などでは、この特約で自動車を直す事は不可能なのです。
相手側が自動車である事はもちろん、事故を起こした相手側を特定する事が出来ている場合だけ保険料が支払れる事となるのです。

事故の相手を特定する事が出来ている場合という条件があるので相手が自動車であったとしても当て逃げなどによって相手を特定する事が出来ていない時では補償されないので注意しましょう。

保険料はエコノモータイプの中で最も安い反面、補償される範囲は狭くなっているのが特徴です。

一般タイプとエコノミータイプの違いはエコノミータイプの場合、自分自身が単独で起こした事故と当て逃げ事故が補償されない点が異なります。
運転に自信があるからと言ってエコノミーを選ぶ人もいるようですが、当て逃げだけは防ぐ方法がないものです。
だから車両保険の選び方として単純に自動車の財産の価値で選ぶのも良いと思います。
目安は新車や年式が比較的新しい間は自動車の価値も高くなるので一般にして、年式が経過してきて売却価格も安いようであればエコノミーにするのが良いでしょう。

 

車両保険エコノミー限定Aについて

自動車保険には車両保険があり、その種類は補償される範囲で一般タイプと限定タイプ、そしてエコノミータイプという風に3つに分けられます。
これら種類により、補償される範囲や保険料は違ってくるので自分自身が納得する事が出来る範囲の補償を選ぶように心がけて下さい。

「エコノミー+限定A特約」の車両保険は一般車両から自損事故や当て逃げなどを除いた内容を補償してくれる車両保険となっています。
限定A特約の「A」というのは「Accident」で、つまり災難を意味しています。
具体的に言うと盗難や火災や爆発、さらには騒擾などといった暴力行為による破損や
台風や洪水、高潮、そして落書きやガラスの破損、物の飛来や落下などを指している事を覚えておきましょう。
補償される範囲が、このように限定されている分として保険料もこの車両保険が一般車両保険より安いです。

単独で起こした自損事故や当て逃げなどといった場合は諦める人や一般車両保険の場合は支払う事が困難、エコノミーの場合では補償される範囲が狭い事が心配となってある程度は補償を充実させたい!と考えている人に対してオススメと言えるでしょう。
保険料を節約したい人の場合はエコノミー車両保険だけにすると保険料も安くすみます。
しかし、盗難やガラス破損などといった損害はカバーされないので物足りない内容とも言えます。
そのため、保険料を節約したい方の場合はエコノミーにA特約を付けた特約を申し込む事を勧めます。

 

車両保険の保険料について

自動車保険の保険料を占めている車両保険料の割合というものは高いものなので、どう頑張っても予算を見て無理がある人の場合は思い切って車両保険を外すという選択もあります。

自動車保険の1番の目的というのは人の命や物への損害賠償となります。
これを充実させている場合は自分の車両保険は後にするのも仕方がない事だと言えます。
それでも何とか車両保険を付けたい!という人のためとして車両保険料を安くする方法を紹介したいと思います。
この方法は大きく分けると2つあって、車両保険の免責金額を大きくする事と保険で補償される範囲を狭くする事になります。

免責金額というものは言い変えると各保険会社がその分は支払いません、つまり契約した側が自己で負担しなければいけない事になるのです。
仮に修理にかかる費用が50万円かかるとして、免責が10万円の場合では10万円は自己の負担となって残り40万円が保険会社から支払われる事になるのです。
そのため、当然ながら免責金額を大きくしておけば、その分保険料も安くなるという訳なのです。

しかし、自動車同士の事故によって相手側にも過失が見られる場合は相手側から回収する事が可能な保険料は免責金額に充当されます。
だから100対0にならない限りは免責分を自分が全額負担しなければいけない!なんて事はほとんどありません。

 

車両保険の金額はどうやって決まっているの?

自動車保険の車両保険の保険料というのは、仮に対人賠償や対物賠償みたいに自分で自由自在に保険料を決められるものではないです。

それでは一体どのようにして車両保険の金額が決められているのか?と言いますと契約した車の年式や車種で異なる時価額により、それぞれの保険会社で設定されているという訳なのです。

例えば80万円の時価額の自動車に対して300万円の保険料を設定する事は不可能という事になるのです。
時価額と言うぐらいなので自動車の価額というものは年々下がっていくもので、つまりその分を見ると保険料も下がっていくと言う事になるという訳なのです。

さらに車両保険の保険料を決めている要素にもう1つあり、それは車両料率クラスと呼ばれているものです。
これはそれぞれの車種により、9つのクラスに分けられているものです。
車両料率は「1」が最も安くて「9」が1番高くなっています。
一番保険料が高くなってしまうのは高級車のスポーツカーなどで、このように修理代も高くて統計的に見て事故を引き起こしやすい自動車ほど料率クラスも高くなるので保険料も高くなるという仕組みなのです。
その逆に軽自動車などの場合は修理にかかる費用もわりと安く済むので、料率クラスは1扱いとなり、保険料も安くなる傾向にあるのです。

 

本当に車両保険は必要なのか?

自動車保険の車両保険は必要なのか?と言う事だが、保険料というものは自動車の時価によって決まる仕組みになっています。
そのため、新車の方が中古車と比べると保険料が高くなってしまいますし新車でも高級車になる程に高くなり、高価な自動車や逆にあまりにも古い中古車の場合では車両保険を付ける事を保険会社から断られるケースもあるようです。

さらに、自動車の時価だけではなく車種によっても保険料は大きく左右されると言われています。
若い人が好んで乗るスポーツカーなどの高級車は保険料も高くなってしまうものです。

自動車を購入した際、車両保険に加入する必要がある!と考える人の場合は新車を買った、もしくは運転が苦手、これらに該当するなら車両保険も必要になってくると言えるでしょう。
高額な保険料を支払ってまで車両保険を使って修理する必要があるかどうかをしっかりと考える事が重要となるのです。

車両保険は主に2つのタイプに分けられており、1つは全部の損害を補償してくれる安心のモノ、もう1つは当て逃げや相手がいない物損事故などは補償されないものとなっています。
仮に車両保険ナシで1年で4万円だとするとエコノミータイプの車両保険を付けると車両保険ナシの場合と比べておよそ1.5倍から2倍となり、オールリスクの場合は車両保険ナシの場合と比較しておよそ2.5倍以上保険料が高くなるようになっているようです。

 

 車種によって車両保険の料金って変わるの?

車両保険の料金というものはそれぞれの車両料率によって異なります。
保険料は全部の自動車が全く同じになる!というモノではなくて、車両料率クラスと呼ばれる数値によって計算されているものなのです。
この車両料率クラスというのは、自動車の種類や事故を起こす確率、さらに自動車が引き起こした事故の際、保険社から払われた保険料の金額などといったように様々な項目から決められています。

車両料率クラスは車の種類別に1から9のクラスに分けられており、この数字が大きくなれば大きくなるほど保険料も高くなっていくようになっています。

最も大きい開きではおよそ4倍保険料の差が生まれると言われているので、保険料を安くしたい人は自動車選びをする段階から車両料率クラスに注意しましょう。
自動車を変えて保険料が上がってしまった!といった悲惨な事態を避けるにも自動車を購入の時は、その車の種類の料率クラスをしっかりと確認して置く事を勧めます。

安く車両保険を選ぶようにするためには自動車保険ランキングなどを上手く活用するようにしましょう。
車両保険の保険料というものは料率クラスが低い自動車に乗り換えると安くはなるのですが自動車の購入は気軽にする事が出来ないものです。

全く同じ車種であったとしても保険会社により、保険料は違ってくるものです。
出来るだけ安い車両保険を探したい場合は自動車保険料のランキングを見てそれぞれの保険会社から検討していきましょう。

 

車両保険の免責について

ここでは自動車保険の車両保険の免責部分に絞って紹介します。
免責部分は基本的な事と言えますが、万が一の事故の際に自己負担額に関わっていく事ですので、しっかりと理解しておくようにしましょう。

車両保険の保険料を左右するのには免責金額があるという事なのです。
免責金額とは事故を引き起こし、自動車の修理代がかかってしまうような場合に自己で負担する金額の事を言います。

仮に免責金額を10万円に設定したとして事故を起こして自動車の修理代が50万円かかる場合は、10万円分は自己で負担し、残りの40万円分を保険会社から払ってもらえるという事になります。
免責金額を設定したら、保険会社はその設定した分しか支払いをしないという仕組みになっています。

しかし、一般的に自動車同士の事故によって、互いに過失がある場合は事故を引き起こした相手側の
対物保険金が自分自身の車両保険の免責に充当される事となりますので免責金額を全て払う必要なんて少ないと言えます。
したがって免責金額を0円にして保障してもらうより、ある程度免責金額は設定しておくのがコストパフォーマンスも良いと言えるでしょう。
免責金額を高くすれば高くするほど保険料もかなり安くなりますので、ある程度設定しておけば、保険料もわりと安く抑える事が可能となるでしょう。

 

車両保険ってどこまで補償してくれるの?その範囲は?

車両保険というものは、一体どこまで補償してくれるのか?補償範囲はどうなっている?などといったように疑問に思われている人も非常に多いと思います。
気になる方も多いと思いますので、ここでは車両保険の種類、補償の内容を紹介します。

一般車両は自動車同士の接触や衝突で起きた損害に対しての補償に始まり、単独事故や自損事故による損害も補償対象となる事を覚えておきましょう。
さらに相手を特定する事が出来ない当て逃げなどでの損害や火災や水害などといった損害、盗難などに対しても保険料が払われる事となるのです。
このように一般車両は補償される範囲が広いですが、その分として保険料は高くなります。

次にエコノミー車両保険ですが、これは自動車同士の接触事故で起こった損害に対し保険料が払われるというものです。
当て逃げなどといった事故の相手を特定する事が不可能な場合はもちろん、火災や水害や盗難などで起きた被害は補償されませんので注意しましょう。
一般車両保険と比較するとエコノミー車両の場合は補償される範囲は限定されるものの、保険料は安くなるのです。
最後に「車対車+限定A特約」ですが、これはエコノミー車両で補償される範囲に火災や爆発や盗難、落書き、浸水や飛来、落下物などとの衝突での損害に対しても補償される内容となっています。

 

中古車に車両保険はつけるべき?

中古車には車両保険が必要なのか?と疑問に思われる方も多いようですが、その自動車の車両保険の保険料は車の時価によって決められていて保険料もそれで決まってくるのです。
仮に10年落ちの中古車の価格が20万円で諸費用全て合わせて40万程度で買ったとして見てみます。
この場合、保険会社の見積もりによって、この中古車両に保険を付けようとするとそれぞれの保険会社によって異なるものの、40万円程度の保険金設定になるのです。

この保険料の40万円の車両保険は相手側が事故を引き起こし、お互いの過失が半々の場合に自分の自動車の修理にかかる費用が20万円かかるとなると相手側の自動車の保険から10万、そして自分の車両保険から10万ずつ支払われる事となるのです。
これは車両保険の免責をナシに設定している場合となり、免責を5万円に設定して保険料を安くしているなら、自分の車両保険からは5万円しか支払われないので注意しましょう。

自動車保険の車両保険を付けていない場合では、10万円を全て自腹で修理する事となります。
しかし、車両保険の保険料のおよそ2年分程度の保険料で修理が可能となります。
2年に1度以上事故を起こす事がない限りは、掛け損してしまう可能性の方が高くなるので覚えておきましょう。

 

軽自動車に車両保険は必要?

自動車は軽を主に使っている!という人の場合は軽と言って車両保険は必要ない!とは言えません。

もともと車両保険は車種によって必要か不要かを考えるものではないのです。
無過失の事故で相手側が保険に加入していなかったり、誠意がある対応をしない場合でも車両保険を付けていると自動車を直す事が出来るのです。
もしも全面的に相手側に非があるような事故の場合は修理代も相手側が支払ってくれる!と思いたいのですが、現実問題はそうはいきません。

もちろん、どんな場合でも軽自動車の修理代程度ならばいつでも用意する事が可能な人は車両保険はいらないでしょう。
さらに車の年式が古くなっていて保険料が下がっている場合でも、それぞれの状況に応じては外しても構わないでしょう。
これは軽自動車だろうと普通自動車だろうと同じ考え方をしても良いです。

軽の場合は車種による料率クラスが導入されていませんので、全く同じ補償の内容であれば車種が変わったとしても保険料には大きい差は生まれないのです。
軽の車両保険料に関しては小型車や普通自動車と比較しても非常に安いので、充分に自動車のグレードを下げる意味もあると言えるでしょう。
運転に自信があるという人も多くいるでしょうが、事故は自分で引き起こすものだけとは言えないので注意が必要です。

 

車両保険と等級の関係

保険というものは沢山の人達が払う保険料により、その仕組みが成り立っているという事を知っておきましょう。
一般的に言うと条件が全く同じなら、リスクの高い人は保険料も高くなってリスクの低い人は保険料は低くなるものです。
こうして保険料は加入している人達の公平性が保たれるように計算されているという訳なのです。

自動車保険は基本的に車の走行距離や使用の目的、さらには免許証の色、事故によって保険を使用した人と使用しなかった人などといったリスク細分化させて保険料を計算している仕組みになっています。
そこで、保険料の割増を決めている制度に等級制度というものがあり、この等級は1等級~20等級に定められています。

車両保険は知っている人も多いように保険を使用すると等級も3つ下がってしまうのです。
そのため修理代にいくらかかるか?という事は損得を考えたら非常に重要な事なりますし、車両保険をいくらから使用する!と決められている人も多いでしょう。

自動車保険を契約したての6等級の人が保険を1度でも使用すると、次に更新する時に3等級からになってしまうのです。
元の6等級に戻すためには、3年の間事故ナシで通す必要があります。
しかも6等級をダブりながら保険料を払う事になるので振り出しに戻すという意味で考えると丸4年分は低い等級のまま保険料を支払い続ける事になるので注意しなければいけません。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ