上手に割引を使って自動車保険料を安くする!

自動車保険にはどうんな割引制度があるの?

自動車保険には非常に沢山の割引が用意されており、割引が該当するかで保険料も大きく異なってくるものです。
割引という言葉には1度算出された保険の金額が、割引の項目で減額されるような印象があるものですが、自動車保険の割引制度に関して言うと見積もり算出と連動していると言えます。

さらに自動車保険の保険料は事故を起こす確率、危険性が少ない契約になればなるほど、保険料が安くなるようになっています。
したがって事故を起こすリスクの少ない契約内容になると保険料も安く済むという訳なのです。
言い換えると自動車保険の割引制度とは事故のリスクが少なくなるような条件を割引として置き換えたものと言っても良いでしょう。

自動車保険は事故のリスクの少なさを車にある安全装置や契約する形により、規定しているのが多いです。
そのため、自動車保険の割引制度は車の装備での安全性、保険対象になる運転者の範囲を限定させるなど、無事故を継続している運転者には大きな割引率を適用させている事が多いです。
最も割引率が高いのは安全運転を続けている場合、適用されますので広い意味では契約の形での割引制度と言えますが、割引が該当しなくても運転者が意識しなければならないと考えられます。

 

自動車保険料の割引の仕組みについて

自動車保険料の割引制度の仕組みですが、何だかよく分からないと言ってあまり理解しようとしていない人が多いです。
しかし、保険料を安くするためには非常に重要な事ですのでしっかりと学びましょう。

自動車保険の割引制度というものは自動車に付いている装備、または契約する形態によるもののみならず、それぞれの保険会社の特性によって当てはまる割引も存在します。
例えば通販型の自動車保険の場合では、ネットから見積もりを取って契約するとネット割引で、そこそこ大きい料金が割り引かれる事となるのです。

さらに各保険会社にとってメリットになる契約に対しても様々な割引に関する項目が設定されているようになっています。

仮に保険を開始する日から45日前までに契約、申し込みを行った場合ならば、
早期契約割引と呼ばれる割引が適用される所もあるし、契約の継続に対しても割引をしてくれる所もあるのです。
どれにしても保険料を安く抑えたいのであれば、自分自身の車に付いている装備をしっかりと知り、運転者の範囲を考慮してから、正しい条件を指定し見積もりを取る事が非常に大切になります。

また、保険料を安くさせるのに現状とは違う見積もり条件を指定したら、必要な保険料を受け取る事が出来なってしまいます。
それだけではなく、場合によってはペナルティが課せられる事もありますので、この辺りは注意するようにしましょう。

 

等級が自動車保険最大の割引?

自動車保険というものには等級制があり、これは等級が上がっていく度に保険料が割り引かれていくものです。
この事は車を運転される方なら沢山の人が知っている事でしょう。

この等級制度はノンフリート等級とも呼ばれており、1等級から20等級までに分けられていて、最初自動車保険に加入した時は6等級から始まります。
そして1年の間事故を引き起こさずに保険を使用せずに保険期間を経過したら、次の更新時に等級が1つ上がって、保険料の割引率も高くなっていくのです。
20等級に達したら割引率が、およそ60%を超えるのでかなり保険料も安くなります。

しかし、逆に事故を引き起こしてしまって保険を使用する事になってしまうと、等級は1回で3つ下がってしまうのです。
当然の事ですが、保険料の割引率も下がってしまいますので保険料は高くなってしまうという訳なのです。
最初に自動車保険をかけた年に事故を引き起こしてしまって保険を使用したら、翌年では3等級になってしまいまうので、最初の6等級に戻すのには3年もかかります。

事故を引き起こして等級が下がると、次の年から3年の間は高い保険料を支払わなければいけません。
そのため、軽い自損事故などの場合なら、等級が下がらないように自腹で修理される人も多くいると言われています。

 

 運転者限定割引ってどんな割引?対象車は?

自動車保険では保険の対象になる車を運転する人を限定してやる事によって保険料を安くする事が可能です。
運転者を限定してやると、どうして保険料が安くなるのか?と言いますと、沢山の人が運転する自動車よりも、一定範囲で運転をする人が限定されている自動車の方が統計として事故を起こす確率が少ないとされているためです。

自動車保険で運転する人を限定する時は家族限定か夫婦限定か、もしくは1人暮らしをしている人の場合ならば、本人だけに限定する事も可能です。
実際に運転者の限定の種類はこのような3つに分けられています。

もちろん運転者を限定させない契約もありますが、その時の保険料は高くなってしまいます。
そして家族限定、夫婦限定という順番に安くなっていき、最も保険料が安く済むのは運転者を本人だけに限定する場合となります。
そのため、保険料を安く済ませたいと考えている場合はそれぞれの環境に合う運転者の限定を選ぶようにしましょう。

他車運転危険担保特約というのは、多くの自動車保険に自動的に付いているものです。
この特約は他の人の自動車を借りて事故を引き起こしてしまった際、相手側の損額を補償してくれる内容になっているので、例えば実家帰省した時に別居している父親の自動車を運転するような事があるなら安心になると思います。

 

運転者家族限定割引ってどんな割引?対象車は?

運転者を限定すると受けられる割引の中で疑問となるのは、家族限定での補償範囲ではないでしょうか。
自動車保険の運転者限定の家族限定での家族というのは、保険に加入した本人と配偶者、同居している親族と別居の未婚の子供までとなっています。

これは、つまり別居している既婚の子供の場合は家族限定の対象とならないという事になります。
また、現時点で未婚だったとしても過去に婚姻経験があり、別居している子供がいる場合も家族限定の対象にはなりません。

保険料の無駄を節約するにあたって、意味のある運転者限定と言えますが、少し困る事としては独立して世帯を持つ子供が帰省などといった理由で実家の自動車を運転する機会があるケースでしょう。

家族限定に設定している時は、世帯を持っている子供が実家の自動車を運転し、仮に事故を引き起こしてしまったとしても、その自動車の保険では補償する事が出来ないのです。
この場合、家族限定や本人限定、または配偶者限定などの運転者を限定する特約を外しておくしかありません。
しかし、実は子供がマイカーを持っている場合で自分の自動車に任意保険を掛けているなら、
その保険に付けられている他車運転危険担保という特約を利用する事によって、実家にある自動車を運転して事故を起こした場合でも第三者に対して怪我や物損を補償する事が可能となります。

 

複数契約割引ってどんな割引?対象車は?

複数契約割引というのは自動車保険料を安く済ませる事が可能な割引の1つと言えます。
この複数契約割引は別名、セカンドカー割引と呼ばれている所もあるもので1台目の自動車と新規で買った自動車を所有している人と保険を契約している者、被記名者が全く同じ人物で、すでに加入されている1台目の車の等級が11等級以上が加入の条件となります。
そのため1台目の車を所有している人が自分、そして2台目を所有する人が親、または子供の場合では適用外となるので注意して下さい。

自動車保険は一般的に6級から始まって、その後1年ごとに1クラスずつ上がっていくものです。
そのため、順調に上がっていくとゴールド免許になった際、2台目の自動車を購入する事で加入する事が可能となるのです。

この複数契約割引では2台目の車の等級を7級から始める事が出来るメリットも持っていて、普通に新規加入する保険と比べると保険料を安くする事が可能となっているのです。

さらに割引率は補償の年齢により、様々違いが出てくる事を覚えておきましょう。
補償の年齢が狭くなればなるるほど、割引の率も上がっていく事となり、最大では何と30%まで割引させる事が出来るようになるのです。
中には全年齢補償の場合、逆に保険料が高くついてしまうケ-スもありますので、その辺りは契約されている保険会社を調べるようにしましょう。

 

新車割引ってどんな割引?対象車は?

新車割引というのは保険を開始した月が契約車両の初度登録年月から、25ヶ月以内の場合にのみ保険料が安くなるという仕組みになっています。

新たな自動車に乗られている人の場合、この新車割引を扱っている保険会社で契約を行う事で保険料を安く済ませる事が出来る場合もあります。
自動車保険で新車というのは損害率実績が良好とみなされるので、新車には保険料を割引くという保険会社も沢山あるものなのです。

新車割引の対象になる自動車の条件というのは、それぞれの保険会社で少しずつ違ってくるものです。
経過年数の条件次第では新車割引が適用されている、多くの保険会社で保険が開始される月が初度登録年月の次の月から起算し、25ヵ月以内という事が絶対条件となっているのです。

新車を買った時に自動車保険に加入すると、3年の間は新車割引の対象になります。
他にも車の種類での条件としては貨物車は対象外、軽自動車も対象外などといったようにそれぞれの保険会社によって条件は異なります。

ネットでよくある自動車保険の見積もりサービスを利用すると、それぞれの自動車に合わせて様々な保険会社の条件を見て割り引きが有るか無いかを自動的に判定してくれます。
それによって正しい割引が適用されている保険料を計算してくれるので便利ですよ。

 

イモビライザー割引ってどんな割引?対象車は?

自動車の保険料金を安くさせるには、沢山ある割引制度を利用する事が重要で、そうすると非常に得に自動車保険に入る事が可能となるでしょう。
様々な割引制度がありますが、ここではイモビライザー割引について紹介したいと思います。
まず、このイモビライザーとは一体どのようなモノなのかを簡単に説明すると、いわゆる盗難防止装置の事を言います。

このイモビライザーを付けている自動車は車両保険料が最大で何と5%も安くなるという訳なのです。
それでは一体、どうしてイモビライザーを付けていると保険料が安くなるのかと言うと車両保険は盗難を補償してくれるものが大部分となっており、それぞれの保険会社にとって盗難補償は大きい金額になるものです。
車両保険を付けている児童車は基本的に新車、または高級車などが多いからと言われています。

したがって、イモビライザーが付いている自動車は盗難される可能性も低くなるので、保険会社側もイモビライザーを普及させるためにもイモビライザー割引というサービスを扱っているという訳なのです。
自動車を盗難する人のほとんどは、盗んだ自動車を海外に売り利益を得るために自動車を盗んでいます。
海外では日本車は故障しにくく、性能も良いので人気も非常に高いのです。

イモビライザーを付けておくと盗む際、時間がかかる事となるので犯人は諦めるという訳です。
イモビライザーを付けておく事によって保険料は安くなるし、自動車を盗まれる心配もなくなるのでオススメです。

 

福祉車両割引ってどんな割引?対象車は?

福祉車両割引というのは高齢者、または障害者達のために乗りやすいように改良されており、所定されている税制優遇の対象となる自動車の場合は福祉社会、または高齢社会への貢献の期待として任意保険の保険料が割引きされるのです。

福祉車両というのは高齢者、または障害者の人であっても自動車の乗り降りを簡単に利用する事が可能なようにと製造、改造されている自動車の事となります。
例えば、車椅子に座った状態で車に乗り込む事が出来るスロープやリフトが付いている車や障害がある人が足を使わなくても運転する事が可能になっている装置が付いている車となっています。

さらに、これに合わせて消費税が優遇されている場合に福祉車両と認定されて保険料が割り引かれる対象になるのです。
割引かれる保険料としては、およそ3%から5%とされています。
エコカー割引と重複するケースでは福祉車両割だけが適用される事が多い傾向にあります。
それぞれの保険会社により、この福祉車両割引を取り扱っていない事もあるので、しっかりと事前に確認しておく事が重要となります。

車椅子移動車などといった福祉車両の場合は保険料が割引きされる事となりますので、非常に有難いサービスと言えます。

 

長期優良割引ってどんな割引?対象車は?

長期優良割引というのは長い期間で事故を引き起こした事が無い人にだけ適用される割引サービスとなっています。
その割引率はあまり高くはないのですが、事故を起こしていない人を優遇してくれるので非常に嬉しい割引と言えるでしょう。
保険会社により、優良等級プラス割引や安全運転割引、さらには長期優良契約割引などと違う名前で呼ばれている事もありますが、これらは全部同じ割引制度となっています。

自動車保険に入ると等級が付いて1年の間無事故の場合は等級が1つ上がって事故を引き起こしてしまうと3等級下がったり1等級下がるようになっています。
保険に新規で加入した時は誰でも6等級から始まるのですが、無事故が何年も継続していくと等級も上がっていき、最高で20等級に達する事が出来ます。

最高の20等級になったら、それ以上は等級が上がらないので割引率は固定されます。
しかし、そこでさらに割引となるのが長期優良割引という訳なのです。
保険会社によっては適用される等級が17等級以上と決められているケースもあるので注意しましょう。

等級が高くなければ利用する事が出来ない割引となっていますので、年齢の条件に関しては多くの人が30歳以上補償、または35歳以上補償になっていると思われます。
事故にはノーカウント事故は含まれず、ノーカウント事故と扱われるのは人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険、または無保険車傷害保険やファミリーバイク、さらには弁護士費用などといった特約が適用される事故になる事を覚えておきましょう。

 

 ゴールド免許割引ってどんな割引?対象車は?

ゴールド免許というのは過去5年間で加点の対象になる事故、または違反がない優良運転者が優良運転者講習を受講する事で与えられる運転免許となっています。

自動車の保険は事故を起こすリスクが低い契約者が優遇されるような仕組みになっているものです。
ゴールド免許の場合は安全な運転者という事を客観的に証明してくれます。
したがって、所持している運転者はゴールド免許割引が適用される事となって保険料が大きく優遇される事となるのです。

自動車保険の見積もりを比較する事が出来るサービスでも契約条件を入力していく過程で、免許の種類を聞かれる部分もあります。
ゴールド免許割引というのは一般的に言うと4%から8%ぐらいと言われており、自動車保険によって10%を超える大きな割引を受ける事が出来ます。
そのため、契約条件での割引の中でも割引の幅はかなり大きいと言えるのです。

ゴールド免許を持っている人は実際、ペーパードライバーという人も多いです。
普段から運転をする人の場合でもゴールド免許を取得するのは高いハードルとは言えません。
このように自動車の保険料を安くする事が可能なゴールド免許を取得するのは安全運転を心がけるにあたって実現させておきたい所でしょう。

 

ABS割引ってどんな割引?対象車は?

自動車保険のABS割引を利用すると保険料を安く済ませる事が可能となるでしょう。
ABS割引のABSというのは何の事かと言いますとAがアンチロック、Bがブレーキ、Sがシステムという意味になっており、この略称で名前の通りブレーキを踏んだ時にタイヤがロックするのを防止するシステムとなっています。

このシステムがついている事で、物陰から人が急に飛び出してきたなどといった緊急時に、急ブレーキをかけたとしてもタイヤが自動ロックされる事はなく自動車を制御しやすくなるというものなのです。
これがなければ急ブレーキを踏んだ時にタイヤがスリップし、自動車を制御する事が出来なくなってしまって事態は悪い方向へといくのです。

最近の自動車には例外はあまりなく、ほとんど装着されています。
自動車免許を取る際、講習でABSの有る場合と無い場合の両方で急ブレーキをかけた際の違いを実際に体験させてくれる教習学校もあると言われているのです。

ABS割引は基本的に対人賠償と対物賠償、そして搭乗者傷害の3つの保険に適用される事となっており、割引の率はおよそ5%程と設定されています。
この5%程度でも他の割引と併用する事で、保険料もわりと安くなっていきますのでABSが付いている自動車に乗っている人でこの割引が適用されていない場合は是非利用して保険料を安くするようにして下さい。

 

エアバック割引ってどんな割引?対象車は?

自動車保険はエアバッグ割引で保険料を安くする事が可能となっています。
エアバッグというものは沢山の人が知っているものですが、付けられている場所によって呼び名は違います。

一般的なモノで運転席についているのはエアバッグと呼びますが、助手席にも付いている場合はデュアルエアバッグと言います。
そして横についているのはサイドエアバッグという風に区別されている事を覚えておきましょう。

このエアバッグは事故を引き起こしてしまった時に作動し、自動車の中にいる人が受ける衝撃を緩和してくれるものです。
しかし、あくまで制限速度を守り、安全運転を行ってシートベルトをしっかりとしている時にのみ作動します。

したがってエアバッグがついている安心だ!と言って危険な運転はしないで下さい。
エアバッグ割引は搭乗者傷害、人身傷害補償担保、自損事故傷害などといった保険料が10%割引きになるのでオススメです。

非常にお得な割引となっているのですが、ほとんどの場合で自動的に適用されています。
もしも自分の保険に適用されていない場合は、自分自身から申告して適用しておきましょう。
適用されているかが分からないなら自分が加入している保険会社に直接連絡して確認を行うようにして下さい。

 

デュアルエアバック割引ってどんな割引?対象車は?

最近の自動車は、どのような車に対してもエアバッグは付いているものと考えられます。
運転席のみならず助手席にもエアバッグが付いている自動車もあり、これをデュアルエアバッグと呼びます。

このデュアルエアバッグの場合では、自動車の任意保険に加入する時に割引率が変わってきます。
運転席にのみエアバッグが付いている自動車の場合でも割引きされますが、この場合では割引率がおよそ5%程です。

しかし、デュアルエアバッグ車の場合は安全性もより高いと判断されているので沢山の保険会社で大体15%前後の割引率となっています。

毎月払う事となる保険料からこの分の割引をしてもらう事は負担をかなり軽減させる事に繋がります。
したがって、1年で見てみると非常に助かる事になるでしょう。
しかし、このデュアルエアバッグは例えば元々右ハンドルで運転席と助手席にエアバッグが付いていた自動車を改造し、ハンドルを変えていると割引外になってしまいますので、自動車を改造する人は注意して下さい。
あくまで元の状態で運転席と助手席に対してエアバッグが付いているのがデュアルエアバッグ割引の条件となっているのです。
自分がこの割引を受けられるかどうかが気になる人は、1度保険会社に直接確認を取ってみましょう。

 

安全ボディ割引ってどんな割引?対象車は?

自動車保険の安全ボディ割引というのは自動車が衝突した際に衝撃を緩和させて、車に乗っている人に対する衝撃が軽くなるように自動車の体の前後にクラッシャブルを採用している車に対して適用されるものです。

クラッシャブルは衝突吸収構造とも呼び、それぞれの自動車メーカーによって呼び名は様々です。
トヨタはGOAボディという名前ですし、日産はゾーンボディやFLプラットボディ、FMプラットボディなど、さらにホンダは全方位衝突安全設計ボディなど、マツダはマグマボディで三菱自動車はライズボディなどと様々な呼び方をされています。
参考にして自分の自動車に採用されているかはしっかりと確認するようにしましょう。

衝突吸収構造はトヨタのセルシオやクラウン、または日産のプレジデントやシーマ、さらにはセドリックやグロリアなどといった高級車に付けられている事が多い傾向にあります。
しかし、自分の自動車に付いていないと言って残念に思う必要もないのです。
と言うのも安全ボディ割引が適用されるような高級な自動車に乗っていると保険料は高くなるからです。

安全ボディ割引は保険料を安くする事が出来るものなのですが、その前に他の費用が非常に高くつきます。
自動車にだけしか適用する事が出来ないので、自動車関係の費用を出来るだけ安く抑えたいと思われている人には縁がない割引と言っても良いでしょう。

 

環境対策割引ってどんな割引?対象車は?

自動車保険の環境対策車割引というのは保険料を安くさせる事が出来る数ある割引の中の1つとなっています。
最近では環境対策車割引の他にも様々な呼び名があって、エコカー割引や低公害車割引といったように近年に沿った名になっている事が多いです。
また、いかにも環境に配慮している!という風にアピールをされている名前になっているのが特徴でしょう。

この環境対策車割引は低公害車や低燃費車、さらには低排出ガス車に当てはまる場合にのみ適用される割引となっています。
基本的に言うと、割引制度は事故を起こすリスクを減らしてくれるものに対し、保険会社がサービスを行ってくれるものとなっています。
しかし、環境対策車割引に関しては保険会社側には何のメリットもありません。
そのため、割引の率もおよそ1%から3%と非常に低く設定されているという訳なのです。

さらに環境対策車割引を廃止されている保険会社、もともと存在しない保険会社もあると言われています。
割引期間を始めの1年間に限定している保険会社も多くあります。
そのため、いくら該当する自動車に乗っていたとしても環境対策車割引の適用を受ける事が出来ない事も考えられるので、この辺りは各保険会社にしっかりと問い合わせてから話を進めるようにしましょう。

 

横滑り防止割引ってどんな割引?対象車は?

自動車保険は非常に様々な種類があるもので、車に対して色々な装備が付いている場合は割引対象になるものもあります。
その中の1つとして横滑り防止装置割引という変わった割引がありますので、ここで紹介します。

この横滑り防止装置割引というものは自動車には横滑りを防止させる装置が装備されているモノもあります。
これによって、安全性も高くなっている自動車があるのです。

もし、この横滑り防止の機能が装着されている自動車であれば、保険料を割引きする事が出来ます。
横滑り防止の装置が付いている場合は安全運転をする事が出来るようになると考えられています。

雨の日などでは道路が滑りやすくなっていますし、何らかの事情によって急ハンドルを切らなければいけないような事態に陥ってしまう事もあるでしょう。
このようにスリップが起こりそうな状況になった時に自動車に専用のセンサーが付いていて、これが感知して電子システムが自動的に機能する事となります。
それによって、自動でブレーキをかけてくれたり、エンジンの出力を抑制させる対処をする事もあります。
これによって横滑りを最小に抑えて自動車の挙動について安定させてくれる効果を得る事が可能となっています。

 

 盗難防止割引ってどんな割引?対象車は?

盗難防止装置割引というのは自動車保険の保険料を安くさせる事が可能な割引の1つになります。
盗難防止装置というのはイモビライザーや盗難車追跡装置、さらには盗難異常通報装置などの事です。
イモビライザー装置というのは特殊なID認証で電子的にエンジンをかけるシステムの事で盗難防止に効果的です。

最近は車の鍵を使わなくてもエンジンをかける事が出来る自動車もあるのですが、こうした自動車は例外なしにイモビライザー装置が付いていると言われています。
盗難車追跡装置というのは自動車が盗難に遭った時、GPS機能を利用する事によって一体どこに運ばれたのかを知る事が出来て追跡を可能とした装置の事です。

GPSというのはカーナビにも利用されている有名なシステムの事で、最近では携帯電話やスマートフォンにも付いているものです。
盗難異常通報装置というのは、名前の通りで何らかの異常があると通報してくれる便利な装置となっており、車上荒らしなどといった対策として利用されている事が多いです。

盗難防止装置割引はこのような装置が付いている自動車に対して適用される嬉しい割引きサービスとなっています。
割引率はそれぞれの装置の有無によって違ってきますが、およそ1%から5%安くなると言われています。

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ