自動車保険料の比較

私の場合、毎年9月末に自動車保険の更新がやってきます。

その際、私は毎年複数の保険会社の見積もりを取るようにしています。

保険料の安さが全てではありませんし、様々な条件で保険料が違ってくるので。

見積りは無料ですので今の自動車保険証券と車検証を用意し、アクセスしてみると良いでしょう。

保険料の見積り基準は各社それぞれ異なるものです。

 

会社によっては同条件で1万円以上も違ってくる事も珍しくはありません。

また、去年一番安かった保険会社が翌年も一番安いとも言えないのです。

ネットで契約すればネット割引が適用される事もあるのでオススメですよ。

 

しかし、見積りのタイミングは満期の2ヶ月前が最適と言えるでしょう。

それ以上前だと適正な価格が算出されないし遅くなりすぎれば契約に間に合わない事だってあるのです。

今契約中の保険がある方はその保険会社から満期の知らせが届く頃に自動車保険の見直しを考えておいてはどうでしょうか?

 

保険は家計費の節約のポイント1つと言われているのです。

自動車保険は基本的に掛け捨ての保険となるので保障が同じなら保険料は安い方が良いと思います。見積もりは無料なので考え直す事は重要でしょう。

 

 

 車両保険って本当に必要なの?

車両保険は自分の車の損害を補償してもらえる保険の事です。

そのため、自分の車の保障はいらないという人は特に無理して車両保険に入る必要も無いでしょう。

自動車保険の一番の目的は他人の命やモノに対する損害賠償だと思います。

実際に車両保険は補償される金額に比べると保険料が割高な傾向にあるので車両保険には入っていないという人も多いそうです。

これは、人それぞれの価値観によって違いがあると思いますし場合によっても変わってくるものでしょう。

例えば15万円の激安で購入した車に車両保険を掛けるより、事故にあって凹んだ程度であればそのまま乗るか、修理不能であれば買い換えた方が安く上がる場合もあるかもしれません。

しかし、500万円で買った高級車で事故を起こした場合などは修理代なども非常にかかってしまって補償がなければ辛いものとなるでしょう。

こうした場合は車両保険に入っておいた方が良いでしょう。

どんなに最悪な事故でも損害は自分の払った自動車代だけとなるので対人賠償保険や対物賠償保険に比べると重要度はそこまで高くはないでしょう。

車両保険に関しては自分の車に掛ける愛情や車種や保険金額などを総合的に考えた上で判断するようにしましょう。

 

 

 JAの自動車共済

JA共済は農林協同組合法という法律に基づき、農林水産省を監督官庁としている共済となっています。

基本的な補償である対人、対物賠償、搭乗者傷害、車両損害は補償を充実させた一般自動車共済の大安心パック、超安心パックならば人身傷害補償なども付帯する事ができます。

年齢条件も35歳未満付担保があり、最近損保会社でも引き受け状況の厳しくなってきている等級据置特約などもあるのです。

この特約がついていれば共済期間中は1回目の事故に限り、等級据え置き事故として取り扱われるので翌年の共済の継続時に無事故割引等級がダウンしないので損害額が少額な場合でも共済を利用するかどうか迷う事も少なくなるでしょう。

また、レッカーサービスや現場急行サービスにも対応していて提携しているJA共済自動車指定工場も全国でおよそ1900カ所もあるので安心でしょう。

 

自動車の任意保険料

自動車を所有している場合は強制で加入しなければいけない自賠責保険と任意で加入する任意保険の2つがあります。

自動車を運転していて万一の時のために任意保険にはほとんどの方が加入されるのです。

任意保険はいくつもの保険会社の中から自分で選んで加入するものとなっています。

 

任意保険料は車種や補償条件、運転者条件などで様々な違いがあります。

もちろん、保険会社によっても保険料は変わってくるものなのです。

 

今までずっと同じ保険会社で加入している方も多いと思いますが他の保険会社と比べてみてはどうでしょうか?

保険料が数万円も違ってくる事も珍しくはないそうですよ。

 

最近では通販型自動車保険と言われる自動車任意保険を取り扱っている保険会社が様々あり、そうした通販型の保険会社複数社へ見積もりを依頼して内容や保険料を比べて加入する人が増加しているそうです。

通販型の自動車任意保険に切り替えたのなら年間に数万円保険料が安くなったいう例も多くあるそうです。

ただし、あくまでその人が加入する条件によって変わるという点がポイントと言えるでしょう。

決して必ず安くなるという訳ではないので注意が必要です。

 

 

自動車の自賠責保険と任意保険の違い

車検時に強制的に加入が義務付けられているのが自動車賠償責任保険、通称で自賠責保険と言われているもの。

加入しなければ車検が取れないので車検のある車は全て加入している保険なのです。

この保険は自動車による人身事故の被害者を救済するため義務付けされているもので人にのみ提要されて車両の損害に関しては一切適用されないものなのです。

死亡による損害に対し、3000万円まで傷害に対しては120万円までが限度額として設定されているのです。

意外と少なく、驚く方もいると思われます。

自賠責保険は最小限しかカバーしてくれないものなのです。

3000万円を超える賠償や120万円以上の傷害賠償、物損の賠償、自車の損害等を保証してくれるのが自動車任意保険となるという訳なのです。

これはあくまでも任意となるので、どうしても加入しなくてはいけないものではないです。

しかし、もしもの時に自賠責保険だけではカバーできないでしょう。

もしも、任意保険に加入されていない方は加入をオススメします。

いくら運転の腕に自信が合ったとしても安全運転に心がけていても、万一の事はあるかもしれないのです。

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ