自動車保険を今より数万円安くする方法

自動車保険を安くするためにどんなことをすればいいの?

自動車保険の保険料を少しでも安くするためには、他社と比較することが一番てっとり早い方法になります。

やはり、いま加入している保険会社の保険料と他者の保険料を比べて、<a href=”http://www.anti-piracylawgroup.com/”>安ければそちらの保険会社に乗り換えるという方法</a>が一番手っ取り早く自動車保険を安く方法だと言えます。
最近では無料で一括見積もりしてくれるサイトもあるので、かなり簡単に他社の自動車保険会社の見積を取ることができます。無用で見積が何十社と取れて、そこから上がってくる保険料を自分の目で比較するだけ!これだけで保険料は今よりも安くなります。
何度も見積をして比較している人は、大きく保険料が変わることがありませんが、一度も見積もりサイトを利用して見積をしたことがない人がやると平均で22000円安くなるようです。一度も他社の見積と比較したことがない人はやってみましょう!ビックリするくらい保険料が安くなる可能性がありますよ!
ちなみに、最大で60000万円も安くなったっていう人もいるくらいなので、今の保険会社の保険料に不満がある人は4万、5万は安くなる可能性だってあるんですよ!!

 

自動車保険の保険料相場ってどのくらい?

自動車保険の相場は年齢によってバラバラです。他のサイトなどで自動車保険の相場なども書かれていますが、あの数字だと思い込んで加入すると大きな差にびっくりする人は多いでしょうね!!まず、年齢だけでなく補償の内容や等級といった個人個人違うので、相場という保険料は算出しようにも算出できないんです。
全く同じ補償内容で同じ保険会社に加入すれば、保険料も全く同じになるでしょうが、全く同じ人はなかなかいませんよね?

生年月日が全て一緒っていう人くらい見つけるのは難しいと思います。
なので、自動車保険の相場を調べるくらいだったら、一括見積もり会社で自分の条件を入力して各社に見積もってもらった方が合理的で的確な保険料が算出できます。今では多くの人が利用しているので、保険料に不満がある人や今の条件で他の会社だと保険料はどのくらいなのか?ということが調べてたい人はぜひ活用してみましょう。

 

等級で自動車保険は安くなる!

自動車保険の保険料はノンフリート等級と呼ばれう割引率によって保険料が大きくかわります。自動車保険会社には色々な割引がありますが、どんな保険会社でも等級より割引率が高い割引はないと思います。等級は保険料を左右する重要なものなんです。
基本的に等級は1~20の段階で区切られています。数字が高ければ高いほど保険料の割引率も高くなって、保険料が安くなるんです。1年に保険を使わなければ1つ等級が上がって割引率も高くなるんです。しかし、保険を使ってしまえば、±0等級か3等級ダウンになってしまいます。
等級は4までだったら割引を受けることができますが、1、2、3等級だと割引ではなく割増しになってしまうので注意しましょう。

保険を使うことなく安全ドライバーであれば、どんどん等級が上がって保険料は割引されるので保険料は安くなります。
等級20だと各会社によっても若干異なりますが、60%以上割引になるので、保険料はかなり安くなるんですよ!!

 

年齢条件を指定すると自動車保険は安くなる!

自動車保険は運転する事が可能な人の年齢を制限しておけば保険料を抑える事が出来る制度があるのです。

こうした年齢条件を設定する事によって保険料に大きい差が出る場合も多いです。

その一方、年齢条件から外れている人が運転して起こした事故の場合は補償が受けられないので注意しましょう。

今の年齢条件と運転する事になる人の年齢をしっかりと確認しておくようにして下さい。
生命保険と同じで自動車保険の場合も年齢で保険料は安くなったり、高くなったりします。

しかし、生命保険が若ければ若い人程に安く加入する事が出来るのに対して、自動車保険では若ければ若い程保険料は高くなるようになっています。
過去の事故率データで若い世代の人ほど事故を起こすリスクが高いという結果に基づいているので。

年齢が高い運転者はゴールド免許を持っている人などといった優良な運転車が多い傾向にあるので、事故を起こす確率も低いとされるのです。

こうした理由から年齢条件ごとで保険料に対して人それぞれで差が出てくるという訳なのです。
35歳未満まである自動車保険もあるのですが、中には30歳未満までしか扱っていない保険会社もあります。

35歳以上の運転者で30歳未満までしか年齢制限を設定する事が出来ない保険会社と契約されている人の場合は他の保険会社の見積もりを取ってみるのも良いでしょう。

 

運転者を限定すると自動車保険は安くなる!

自動車保険を見積もる時は、その自動車を運転する人は誰か?という設問があるものです。

その時に運転をする人を自分だけなのか?または家族だけなのか?はたまた友人や知人も運転する可能性があるのか?というように特定の人に運転を限定させるのが運手者限定となっています。
仮に運転をする人を家族だけに限定するとなると友人や他の人がその自動車を運転して引き起こしてしまった事故では補償は受けられません。

これは、つまり補償される人が少なくなる程に事故を起こすリスクは下がる事になるので保険料が安くなる仕組みになっているのです。
運転者を限定する事が可能なのは任意保険だけとなって自賠責では運転者の限定は不可能となります。

さらに限定タイプはそれぞれの保険会社により、違いが出てきます。

家族限定は全てと言って良いほど、自動車保険会社は採用しているものですが本人、夫婦限定は取扱っている所は少ない傾向にあるようです。
家族限定の家族というのは血族や姻族の親などに関係なく、契約している人と同居されている家族は保険上、家族と見なされるので家族限定がついると大丈夫です。

しかし、隣同士の親族や近く住んでいる子供などが自動車を運転する場合は家族限定がついていても補償を受ける事が出来ないので注意するようにしましょう。

 

走行距離を変更すると自動車保険は安くなる!

保険料は走行距離だけ!というような自動車保険の広告をよく見るかと思います。

これは1年間での走行距離により、保険料を算出する仕組みを指していると考えて良いものです。
様々な保険会社が、このように走行距離での保険料の算出を行っているもので、ほとんどが事前に本人が予想の走行距離を申告する形となっています。

申告された走行距離が短ければ短い程に事故を起こす確率が減るので、保険料が安くなるというメリットを得る事が出来るのです。

これに対し、長い距離を走る人の場合は事故を起こす確率も高くなってしまいますので、保険料も上がってしまうのです。
走行距離の区分は、それぞれの保険会社によって色々なタイプで分かれているので確認しておきましょう。

走行距離の区分は細かに分かれているのですが、これから運転するであろうという予想の距離になります。

電車の通勤から自動車通勤に変えた事や、今年だけ自動車で旅行したという事もあると思います。

申告した通りの走行距離で収まるなんて難しいと考えられます。

仮に5000キロと申告したのに10000キロを超えてしまったら、保険料は一体どうなるのか?気になる方は調べてください。

もし事故を引き起こして重過失と認められてしまった場合は保険料を受け取る事が出来ないケースもあるので注意してください。

 

自動車保険の「走る分だけ」ってどういう意味?

ソニー損保は「走る分だけ」の保険料!といったキャッチコピーで馴染みがある走行距離による割引きが有名な自動車保険となっています。

自分が申告した走行距離を超えた場合の取り決めなどは公式サイト上にも非常に分かりやすく説明されているのはソニー損保だけと言えます。

ソニー損保は走らなかった分の「くりこし割引」というものがあるので、走行距離の割引きだけを見るとソニー損保が最も保険料に反映されると考えられます。
ソニー損保の保険料に関しては通販型の保険として見ると高い方かもしれませんが、走行距離が少ない人の場合は安い保険料になるのは事実と言っても良いでしょう。
走る分だけというのは最近でこそ沢山の通販型自動車保険がウリにしていますが、1年間で走る距離が短くなれば短くなる程に保険料が安くなります。

通販型自動車保険の最大手とも言えるソニー損保がこの「走る分だけ」の保険料を売りした事は有名です。

しかし、最近ではアクサや三井ダイレクトなどといった他の通販型自動車保険も、こうした走行距離での保険料率を採用している所が出てきています。
同じ保険に加入するなら安い方が良いのは言うまでもありません。

しかし、距離の区分がそれぞれの保険会社で異なる上に特約が有るか無いかや車種免許証、年齢や住まい、性別など様々な要素で異なりますので単純に比較する事は困難です。

 

使用目的を変更すると自動車保険は安くなる!

自動車をどういう目的で利用するのか?という点は保険料を決めるために重要な要素になっているようです。

と言うのも自動車の使用の目的により、走行距離や機会は全然違って事故を起すリスクも変わるためです。

自動車保険は自動車を使う目的を業務、通勤や通学、日常やレジャーというように3つに分けてリスクを分類させており、保険料を計算しているのです。
保険料が1番高くなる使用の目的は業務となっています。

それは仕事で自動車を使用する場合、別の目的で自動車に乗る場合と比べても大きく運転時間や距離が長くなってしまうからです。

運転する機会が多ければ多いほど、事故を起す確率も高くなるので保険料は高くなる仕組みになっている事を理解しておきましょう。
普通、1年を通して週5日以上か月に15日以上、自動車を業務に使う人の場合は使用の目的を業務申告しないといけないと思います。

さらに運送業者、宅配便業者などといった業種の自動車はノンフリートでは入る事が出来ない場合があり事も覚えておきましょう。
いつも自動車で会社や学校に通っている人が当てはまるのが通勤や通学となるでしょう。

休日、またはレジャーだけでしか自動車を運転しない!という人と比較すると保険料は高い傾向にあり、業務で使う人よりかは保険料が安くなる中間的な位置です。

 

 

支払い方法を変更すると自動車保険は安くなる!

自動車保険というのは簡単に言ってしまえば安心を貰うために必要不可欠なものと言えます。

しかし、保険料は一括で支払うのが基本となるので金銭面で負担が大きいという意見も多く寄せられている。

それぞれの保険会社によって一括払いのみならず、分割払いも可能にしている保険会社もあります。
自動車保険は新規で加入する、または継続や更新に関わらず保険開始日より前に払わなければいけません。

開始日までに保険会社が保険料の入金確認が取る事が出来ないと契約は成立しなくて補償を受け取る事も出来ないので注意しましょう。

そのため、気を配って保険会社が指定する入金日までに支払いをするようにして下さい。
基本的な保険料の支払い方法としては代理店タイプの場合は銀行振替や現金払い、通販型の場合は銀行振り込みかコンビニでの入金、クレジットカードなどが主になっています。

さらに通販型の場合は電話やインターネットで契約を行えば、その場でクレジットカードで支払いする事が出来るようになります。

現金で払う人の場合は継続の書類と一緒に送られてくる振り込み用紙、または公式サイトからプリントアウトしておいた振り込み用紙を使って任意で入金手続きを行う形となるので覚えておいてください。

 

 車両保険を見直せば自動車保険は安くなる?

車両保険というのは自分の自動車に対してかけておく保険の事を言います。

交通事故や様々な自然災害、さらにはイタズラ、飛び石によってフロントガラスが割れてしまったなど自動車の修理が必要となった際、保険料として支払われる事となるのです。
他の人の損害を担保する対人賠償、または対物賠償とは異なるもので車両保険の場合は自分の財産とも言える自動車を補償してくれる保険となっているのです。

加入するべきどうか迷っている人も多いと言われていますが、単純に新車だから大事だし、価値が高い!と思われる場合は加入しておいて、10年落ちだし、価値も下がってきている!という人の場合は加入しなくても良いと思います。
この理由として言えるのは加入する際に設定する事が出来る保険料にあり、保険料は自動車の初度登録から計算した時価で判断される形になるのです。

金額は市場価格よりも高く設定する事は不可能で、場合により保険料の負担の割には納得のいく補償を受ける事が出来ない事もあるでしょう。
古い自動車はもちろんの事、中古車でプレミアがついている人気の自動車でも時価での判断は異なりません。

自分の自動車は一体どれくらいの保険金額に設定されているかをしっかりと確認しておく事が大事です。

 

他社で見積を取ると安い自動車保険が見つかる!

自動車を持つ人にとって安心、安全に自動車を運転するには自動車保険は必須の保険になると言えるでしょう。

しかし、代理店の営業マンにオススメされるまま、または言われるがままに契約をしている人もいると思いますが、そうした人はちょっと考えて見ましょう。
本当に気をつける点は自分に合った自動車保険を探す事と思います。

自動車を使う目的、または使用の方法というのは人によって、生活スタイルによって大きく変わってくるものです。

車を使う状況、つまり一体誰が運転するのか?1年で一体どのくらいの走るのか?または車に乗るのは毎日なのか休日だけなのか?などといったように使用に関して明確にさせておきましょう。
さらに保険に入る時、各種オプションを充実させるようにして補償の内容を重視するか?保険料の掛け金を節約させて安さを重視するのかどうかも自分自身でしっかりと決めておきましょう。

自動車保険に入る場合は代理店で契約を行うか、通販型で契約を行うか悩まされます。

そうした方は保険会社の事故の対応に関する口コミや評判を参考程度に見てから決めるのも良いと思います。
損害保険は実際に事故を引き起こしてしまった際の対応で、加入されている所の対応が見られます。

また加入する時、対応の悪い保険会社も印象が悪いと思いますので、この辺りも考えなおすようにしましょう。

 

割引制度を上手に使って自動車保険を安くしよう!

無事故を続けて1年経ったら、等級が1つ上がって次の年から保険料が自動的に安くなると言われています。

前の年と比べて保険料が安くなった!と何となしに満足しているだけで、そのまま気にせず更新している人も多いのではないでしょうか?
さらに保険会社の割引き制度や得な特約などを上手く利用する事が出来ていない事も考えられます。

必要以上に高い保険を掛けている場合や使用する機会がない特約、またはサービスを利用している状態になっている場合もあります。

車の維持費の多くを自動車保険が占めている場合、または掛け捨てになってしまう自動車保険の場合は可能な限りは保険料を安く抑えたいと思います。
最近は自動車保険に関わる規制緩和も進んでおり、代理店を持たない通販型と呼ばれる自動車保険が増加しています。

それに伴ってか保険のサービスも多様化されていて、それぞれ独自の割引き制度や特約の制度を持っているリスク細分型の保険が提供されているのです。
自動車保険会社では年齢や住まいなど様々な項目に対し、非常に細かい条件を設定しているものです。

それによって各割引制度や特約の制度を用意しているという形になります。

自分の自動車や生活に合う適切な割引きや特約の制度を選ぶ事が任意保険を安くさせるためには非常に重要だと考えても良いでしょう。

 

どんな人が自動車保険が安くなりやすい?

自動車保険というのは自動車に乗る人なら絶対に入っておかなければいけないものですが、任意保険の場合は自分自身で加入を決める事が可能です。
車に頻繁に乗る人と週1回程度しか乗らない人とでは運転する頻度が異なります。

さらにドライブするのが好きな人、近所でショッピングに行く程度でしか自動車を利用しない!という人でも生活スタイル自体が異なります。

自分の生活スタイルに合わせた自動車保険を考える必要があるかと思います。
自動車保険は、もしも事故を引き起こしてしまった時に初めて役に立つ事になるものですので、今の現状で自分にとって最適な保険料を見直す事が大事になります。
保険の料金や内容は年で変わっていくケースもありますし、それぞれの保険会社によっては自動車保険の内容自体も違います。

今加入されている自動車保険が本当に自分にとって最適なのか?一度他の保険会社と比べてみる事が生活のゆとりも繋がる事になると思います。
どんな人が自動車保険が安くなりやすい?という事に関しては一概には言えません。

と言うのも自動車保険は地域や年齢、車の種類や使用の目的など他にも様々な点で人によって異なるからです。

自分に合った自動車保険を見つける事が最も重要であり、そのためには一括見積もりサービスなどを積極的に利用して色々と見てみる事をオススメします。

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ