【もしかして自分は安いと思ってる!?】自動車保険料の平均額まとめ

自動車保険料の平均ってどのくらい?

車両保険にかかる保険料とは、一般的には個別で算出されないです。
実際、見積もりを行うと分かるかと思いますが、任意保険とセットの金額でしか分からないという仕組みになっています。
そのため、車両保険の目安になる金額、または相場や概算などを調べるためには、車両保険がある場合と無い場合の2つのパターンで概算見積りを行ってから差を確認しなければいけません。

さらに、車両保険の金額は車両標準価格表と呼ばれる一覧表で決まっているものです。
金額に関しては車両価格や製造された年はもちろん、その車種の事故の発生率などで計算されている仕組みになっています。

そのため、車両保険の保険料は運転者ごとで異なり、相場は一体どれくらいなのかなんて一概には言えません。
実際に見積もりを取ると分かるのですが車両保険の平均額、または相場は、あったとしてもそれが自分に当てはまるとはいえないのです。
車両保険は車種や型式や年式で保険額が異なるので、条件がほとんど一致するデータが相当な数集まらなければ平均の数字が出せないためです。
全く同じ車種で型式、さらに年式が一緒の車でも厳密に事故歴、走行距離などによって設定される金額も違います。

 

自動車保険の年齢別の平均額って?

自動車保険の任意保険の金額というものは、年齢の条件で全然違いが出てきます。
どうして全く同じ自動車に乗っていて同じ自動車保険内容だったとしても違いが出るのでしょうか?
これは年齢が若い人の方が事故を引き起こす確率が高いためです。

自動車保険は年齢別の条件を設定する事が可能となっているのですが、年齢別の条件が年を取っていればいるほどに優良な運転者と判断されて保険料も安くなるという仕組みになっています。
そのため、単純に若いというだけで保険料はどうしても高くなってしまうのです。
このように年齢の条件によって出る金額の差は非常に大きいものと考えられます。

さらに自動車保険の金額というのは、それぞれの保険会社で大きく違いがあるものです。
これは何処の保険会社なら安い!という風に決まっているモノではなく、自分の乗っている車や年齢などといった沢山の環境が関わってくるものなので、出来るだけ沢山の保険会社で見積もりを取る事が重要になります。

出来るだけ安い自動車保険を選ぶには可能な限り複数の保険会社から一括見積もりを行うのが大切です。
このサービスは無料で利用する事が可能ですし、見積りの依頼をしたからと言って絶対に契約しなくてはいけない!という訳でもないので安心して利用しましょう。
任意保険というのはその名の通り、任意で加入する事が出来る保険なのですが間違いなく必要とも言えます。

 

 自動車保険の月額平均って?

自動車保険は月額で支払うより、年額で支払う方が得になると言われています。
最近では年額で払う保険が非常に多いと言われていますが、月払いの場合ではおよそ5%から8%程度高くなるのです。
月払いの保険に加入している人の場合は年払いに変更するのがオススメです。

ちなみに相場平均としては高い保険と安い保険が一緒になっていて、条件によっては安い所では半額以下になる場合もあると言われているのです。

高い保険というのはブランド志向みたいな値段がついている事も多いので、安い保険会社はやっぱり安くて良いです。
通販型タイプの保険会社の場合は代理店を持ってないモノなので、このようなネットサービスのみでしか見積りを取る事が出来ません。

自動車保険には非常に様々な種類があり、色々と企業を比較すると意外なサービスの差や費用の差を知る事が出来ます。

さらに見直しをを行う場合は自動車の乗る頻度も大きく関わってくる事を覚えておきましょう。
仕事関係などで自動車をよく使用していたけど、あまり乗らなくなった人や乗る頻度が増加した人もいます。
このような車に乗る頻度や距離の違いなどでも保険料は大きく左右されます。
もしかすると保険料を払い過ぎてしまっていて損をしている事も考えられますよ。

 

10代の加入者の自動車保険料の平均額って?安くする方法ってある?

車の免許を取り、念願であったマイカーを手に入れると次に考えなければいけない事として自動車保険が挙げられます。
この場合、事故の危険性が高い初心者ドライバーという点、そして初めて契約する点で保険料は高くなってしまいます。

安全運転を心掛けていって無事故を継続させていく事によって等級を上げていくのが重要となります。
そうしていくと免許の色もグリーンからブル-になり、最終的にゴールドになるでしょう。
ゴールド免許になるまでは長い期間が必要となりますが、無事故無違反を継続させていく事が保険料を節約する事に繋がりますので安全運転を心掛けるようにしましょう。

自動車保険を選ぶ際は、相手側への補償になる対人、対物は無制限で契約する事をオススメします。
無制限にした所で保険料はそこまで大きく変わる事もないのです。
その次に自分自身や同乗者への補償を考えましょう。
主に人身傷害補償、搭乗者傷害保険などで人身傷害補償は契約した自動車にだけ適応されるモノと他の車に乗っている時でも対象になるタイプがあるので自分に合った方を選びましょう。
それぞれの保険会社により、人身補償を特約としているような保険もあり、この場合では搭乗者と自損事故、無保険車事故などの傷害がセットとして付いています。

 

20代の加入者の自動車保険料の平均額って?安くする方法ってある?

20代の人の自動車保険の相場というものは比較的高めになります。
若い人の場合は事故を引き起こしやすい事が統計的に出ていて免許を取った初心者運転者が多い世代とも言えますので、これは仕方がない事とも言えます。

18歳で免許を取り、マイカーを購入したのは良いが保険の費用が高く驚かれた人も非常に多いと思います。
保険料を節約するためには家族限定、本人限定などといった条件や車両保険に入る場合は免責金額の設定、エコノミーワイドなどといった補償の範囲を狭くする事が重要になります。

まだ親と同居していて自動車を1台持っているなら、その自動車保険の等級を引き継ぐ事が出来るのでオススメです。
親が契約している自動車保険の等級が高ければ高いほど、安く自動車保険に入る事が可能となるでしょう。

親の自動車保険は新規で契約する事となるのですが、それでも年齢の条件特約を付けてやる事によって
20歳の人が新しく契約するのと比べると非常に安い金額で新規契約を行う事が出来るのです。

自動車保険の保険料は人それぞれの環境や条件によって違いがあるものです。
そのため、自分に合った保険を見つける事が大事で、それには一括見積もりサイトなどを利用する事をオススメします。

 

30代の加入者の自動車保険料の平均額って?安くする方法ってある?

30歳~40歳の自動車保険に関して、内容を考えた時にいくつか重要なポイントが出てきます。

環境で最も大きく変わっていく点としては、実に多くの人がこの年代で家庭を持つようになる事でしょうか。
それによって、子育てや教育資金などの支出が出てくる事となります。

さらに、この年代では自宅を購入する比率も非常に高い傾向にあり、住宅ローンの支払いなどが発生してしまう世帯が多い事も分かっており、それも特徴と言えるのです。

簡単に言うと30代というものは独身、または子供が生まれる前と比較すると家計の支出が非常に増えていく年代と言えます。

細かい状況などは人それぞれの家庭によって異なってくるものですが、大きく見ると家計支出が増大する部分は共通していると考えられるのです。

そのため、生命保険に関しても同じ事が言えるのですが、責任世代の入り口とも言える年代なので事故のリスクに備えて補償をしっかりしておきたいものです。
しかし、そうしながら保険料は出来るだけ抑えたい!と思う方も多く、矛盾が生じてしまう年代と言えます。
運転歴に関しては長くなってきているので、事故のリスクも20代などと比べると低くなっています。
自動車保険の年齢条件に関しても30歳未満不担保という特約を付ける事が出来るようになりますので、保険料も安くする事が出来るでしょう。

 

 40代の加入者の自動車保険料の平均額って?安くする方法ってある?

30代というのは結婚生活が始まる年代とも言え、30代の後半に向かって子供の教育費などといった支出が増加していきます。
41歳~50歳という40代も家計支出に関しては増大していくものです。

家庭により、その傾向は様々なので一概には言えませんが、40代は家計支出が1番増える年代とも言われているのです。
そのため、節約に対して敏感になるのも、この年代が最も多いと言えるでしょう。

子供にかかる費用の確保する事はもちろん、住宅ローンなどといった支出もまだまだ続く年代と言えます。
ですから交通事故に対しても十分に注意し、車の修理代や事故の賠償金などといったような予想外の支出は避けたいものです。

この年代の自動車保険に関して言うと等級も高くなってきている人が多くいると思います。
そのため、保険料に左右されない補償の設定が出来るでしょう。

さらに20代、30代の前半などとは異なり、運転の技術も高くなってきていて落ち着いた運転を心がける事が出来るようになっているでしょう。
そのため、事故を起こす確率も低いと判断されます。
車の保険に関しての理解度も高くなってきていると考えられますので、なるべく自分自身で設計をして保険料が安く収まる保険を積極的に見つけていきたい年代とも言えるでしょうか。

 

50代の加入者の自動車保険料の平均額って?安くする方法ってある?

家庭を持つ年齢というものには人によって個人差があるものなので50代を過ぎたからと言っても子供の教育資金などといった支出が減る訳ではないでしょう。

しかし、緩やかではあるが、子供が自分自身で収入を貰いはじめる頃になると家計の支出も減ってくるものです。

住宅ローンに関しては50代前半では完済する事が出来ていない人がほとんどと思われます。
しかし、夫婦で共働きをしている世帯の中には住宅ローンを完済されている世帯もいる年代でしょう。
こうなると家計は非常に楽になってくると言えます。

このように支出が楽になっても、手放しで喜ぶ事が出来ないです。
老後を苦労する事なく過ごせるかは、これから先の資金管理が重要となり、意味がない無駄遣いは出来ないものなのです。
自動車保険の費用に関してももっと細かく考えるようにして、無駄な支出は無くしていきたいと考えるものです。

安全運転を継続してきた場合は、等級は最高位になっている人もいるでしょう。
そのため、自動車保険の費用は非常に安くなっていると思います。
また、安全運転に対しての意識も高く、運転技術も安定したものと考えられます。
しかし、60歳を過ぎると運動神経が衰えてしまってきている事も考えられるので、そうした事から事故を引き起こさないように注意しなければいけません。

 

 60代の加入者の自動車保険料の平均額って?安くする方法ってある?

最近は社会全体が高齢化しているので、それによって60歳以上の運転者の割合も増加してきています。
これは少子高齢化の社会的環境の変化、または高齢者だけの世帯が増えている事も考えられますので、運転者が高年齢化していくのは、まだまだ続いていくと見られています。

免許を取ったばかりの10代や20代の時というのは保険料も高いもので、知っている人も多いでしょう。
その後、年を取るにつれ保険料もどんどんと減少していくものですが、
30歳以上、または35歳以上はひとくくりにされていたモノが、最近では高齢者の事故が増加している事もあって、それぞれの保険会社が次高齢者の保険料の値上げを検討し出しているのです。
中には公式的に値上げを発表している保険会社もあるのです。

事故の確率が高い年代層の契約を事故を起こす確立が低い30歳から60歳未満の年齢層の人の契約に含める事によって、保険料のバランスを保ってきました。
しかし、事故を起こす高齢の運転者の割合が高くなっている事で、このバランスが乱れてきてしまったのです。

今の状態の仕組みでは30歳から60歳未満の年齢層の負担が増えてしまって、契約者間の保険料の公平性を保つ事が非常に困難になると考えられているのです。
最近では、このように考えている保険会社が増加してきているという訳なのです。

 

自動車保険料を安くできるの?

自動車保険の費用を安くさせる方法は補償される対象範囲を狭く限定するという方法があるのですが、
よく使われるのに運転者限定特約という特約がある事を覚えておきましょう。

運転者限定特約というのは、元々はとある通販自動車が始めた特約なのですが、最近では多くの自動車保険で付ける事が可能な特約として一般化しています。
運転者限定特約は保険料を安くさせる事が可能な特約となっているので、それぞれの条件に見合った自動車の使い方をするなら検討してみるのが良いと思います。

さらに運転者限定特約には主に3つのパターンの契約形態があり、1つ目が運転者家族限定特約となっています。
この特約は保険に加入した車を運転する人を記名被保険者の家族にだけ限定するものです。
家族であれば誰でも良い!というモノではないので注意するようにしましょう。

運転者家族限定特約の対象は本人と配偶者、そして同居親族と別居の未婚の子供です。
そのため、別居している家族を持っている子供の場合は対象にならないので気をつけましょう。
家族を連れて帰省した子供が親の代わりに車を運転される場合も多くあると思います、この場合では補償の対象になりませんので十分に注意する必要があります。

 

車両保険が自動車保険料を高くしている!

車両保険を利用すると等級が3等級も下がってしまうので次の年から保険料が上がってしまいます。
元の等級に戻るには、再び3年かかってしまうので注意しましょう。
したがって5万円、または10万円程度の車の修理費の場合ならば自腹で修理代を払ってしまった方が保険を利用して保険料が上がってしまうよりか安く済むケースもあります。
始めから5万、または10万程度の免責金額を設定しておく事で、支払う保険料も少なくて済んで安くなる場合も多いです。

しかし、これは全部ケースで保険料が上がる!というモノではありません。
等級が上がっている場合などでは、3等級下がってしまっても同じ等級で保たれるという事もあります。

このような場合では車両保険を利用したとしても次の年からの保険料も同じ金額で据え置きされる事となります。
さらに等級が上がっていた場合なら、もし下がってしまったとしても、増加する保険料は少なくて済むので、しっかりと考えてから保険を利用するか利用しないかを決めましょう。

他にも等級プロテクトなどといったように保険を利用したとして保険料が変わらない特約に入っていれば保険を利用した翌年も保険料は変わらないので安心です。

 

自動車保険の最低ラインの補償プラン

自動車保険と言っても相手側に対する保険や物に対しての保険、さらには運転している人や一緒に乗っている人への保険などといったように様々なものがあります。

対人賠償保険は自動車保険の要とも言う事が出来る1番重要と考えられている保険です。
契約している車で事故を引き起こしてしまって、もし相手が死んでしまった場合に保険金が払われる事になります。

契約した際に保険金額を決める事になりますが、この時に無制限で加入するのが普通です。
実際に見積もりを頼むと、ほぼ全ての保険会社で元々無制限になっていると思います。
この理由は被害者の救済にあり、どんな事故が起きた場合でも被害者に対して万全なケアをする被害者救済の理念に基づいて無制限で入る事は必須と考えられているのです。

次に対物賠償保険も対人賠償と同じで非常に重要な保険で、補償対象は相手側の自動車や家屋などといった建物になります。

車の中でも観光バスやタンクローリーなどといった場合なら、修理している期間中の休業補償も含まれるので賠償額は非常に高くなってしまいがちです。
コンビニやレストランなどの場合は休業補償の他、事故で破棄する事となった商品や食材、または休業中の従業員の給与も含まれるので重要です。
事故は相手を選ぶ事が出来ないものなので補償を万全にしておきたいのであれば、無制限にしておく事を勧めます。

 

 軽自動車の保険料の平均って?

軽を主に使用している人の場合、軽だからと言って車両保険なんて不要だ!という事は言えません。

そもそも車両保険というのは車種によって要るか不要なのかを考えるものではないです。
無過失事故で、相手側が無保険であったり、誠意がある対応をしない場合でも車両保険をつけていれば、車を直す事が可能となるのです。

全面的に相手側が悪い事故の場合は修理代は全て相手が払ってくれる!と思いたいが、現実はそう甘くないのです。

どんな場合でも軽自動車の修理代程度であれば用意出来る!という人は車両保険はいらないでしょう。
それか年式が古くて保険額が非常に下がっている場合でも、状況によっては外しても問題ないと考えられます。
軽自動車にしても普通車にしても同じ考え方をしてかまいません。

軽の場合は車種別の料率が導入されていませんので、全く同じ補償内容であれば車の種類が変わっても保険料に差が出る事もないです。

軽でも年齢区分によって25歳までは保険料は高くなっていますので注意しましょう。
18歳~25歳までの運転者であれば普通自動車の方が保険料に合った車を探す事が出来るかもしれない事を覚えておきましょう。
保険料の平均というのは軽にしても普通自動車にしても一概には言えません。

 

 

自動車保険が高い人の保険料が高くなってしまう理由って?

 
自動車保険が高くなってしまう理由の1つとして車両保険が挙げられます。
車両保険を利用する事となる最も多いケースでは自損事故があります。

主に車庫入れの失敗や走っている途中に車体を擦ってしまった!などといった場合です。
交通事故での車損害は重大なものと言えますが、それより自分で擦ってしまう事の方が多くて車両保険から自損を外す事で保険料を安くする事も可能なのです。

運転に慣れていない運転者の場合は車両保険を利用する可能性も非常に高いもので、
保険会社側からすると保険料を多くもらって備えておかなければ割りが合わないという仕組みになっているのです。

また、免責額を設定しておくと保険料も安くなるそうです。
例えば免責額を10万円に設定しておけば10万円以下の事故の場合は車両保険は適用されないので注意しましょう。
修理に関する費用が50万円なら、自己負担が10万円となり、残りの40万円が保険会社から補償されます。

保険は基本的に自分自身で補う事が出来ない事故に対して備えるものとなります。
自分で支払う事が出来る事故に関しては自分で払ってしまう方が良いケースも多くあります。
少額の事故を保険に頼る事も可能ですが保険会社の人件費や事務費がかかってしまいますので自分で対処するという発想が生まれたのです。

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ