【自動車保険の変更時!!】こんな人は自動車保険会社を変更するだけで安くなる!!

なぜ自動車保険は会社を変えるだけで安くなるの?

自動車保険の最安値は毎年変わっていきます。
会社が割引の方針を変えたり、値段の設定を変更するのでそれによって高くなったり安くなったりするのです。
自動車保険を変更しただけで保険料が安くなるというのは、保険会社が料金設定を毎年変えるからなんです。
一年前までは一番安かった自動車保険が今となれば他者の方が安いっていうことはよくある話なんです。
だからこそ、自動車保険は1年ごとに見積もりをとって一番安い自動車保険会社に変えるべきなんですよ!!
自動車保険業界の中では去年までの加入者が乗り替わったなんてことはざらにあることで、それを食い止めるために継続割引とか色々な手段をとっています。
そうすると現在加入者は保険を継続してくれますからね!!でもそれは、自動車保険の料金が毎年変わるってことを知らない人だけです。
これを知っている人は、毎年他社に見積もりを取って保険料を比べます。
そして、安いところがあればすぐにそっちに乗り換えるってことです。

 

自動車保険の乗り換え時期っていつ?

自動車保険が乗り換えれば安くなるって知っていてもどのタイミングで乗り換えるのが一番いいのでしょうか?
やはり一番は「満期日」です。
基本的に自動車保険っていうのはいま加入している保険も契約を更新しなければ、解約になってしまいます。
だから、新しい自動車保険会社が見つかったらそちらだけに○○月○○日に新規加入という契約をしておけばいいだけなんです。
そして前まで加入していた自動車保険は勝手に満期日に解約されるってことになります。もちろん、前の保険会社に一報を入れておいた方がいいのは確かですがね!!
注意しなければならないのは、前の保険会社が自動契約更新になっていないか?ってとこです。
万が一、自動契約更新になっていた場合は、保険がダブってしまっているのでかなり損してしまいます。
だから、新しい乗り換え先を決めた時は、現在の保険が自動更新になっていないかチェックする必要があります。

 

自動車保険の満期時にチェックするポイントって?

自動車保険の満期時というのは他社への乗り換えが増える時期です。
それと同時に自分の保険料を安くするには!?って考えるときどもあると思います。
まず、満期日が近づいたチェックすることは、いま加入している自動車保険の更新が自動になっているのか?それとも今年で終わりなのか?っていうところです。
継続するにも乗り換えるにしろ、これは重要なポイントなのでしっかりチェックしておきましょう。
もうひとつは!!今の自動車保険が自分にとって一番安いのか?をチェックしましょう。最近では自動車保険会社の無料見積りができるので、今の自分の条件を入力して何十社と一括で見積がとれるんです。
同じ条件で違う会社に見積もりを取ると、見積が上がってくる保険料は各社バラバラです。
そして、その中で一番安い自動車保険会社をチェックしましょう。
一番安い自動車保険会社がいま加入している会社であればそのまま継続契約して、ほかの保険会社が一番安いのであればそのまま乗り換えてしまえばいいって事です!!

 

 自動車保険の等級ってなんなの?

自動車保険のノンフリート等級って知っていますか?

等級っていわば割引のことを言っているんですけど、等級の数字が高ければ高いほど優良ドライバー(安全なドライバー)ってことで、事故を起こす確率が引き為、割引率を上げようと保険会社がしてくれるんです。
初めて自動車保険に加入すれば6等級から始めることができます。
1年間無事故なら1等級上がって、事故を起こしたり保険を使ったりするとプラスマイナス0等級かマイナス3等級になってしまうんです。
マイナス3等級になるとかなり割引率は下がってしまいます。
3等級以下になってしまうと割引ではなく、割増になってしまうので注意してください。
また、最大の等級が20等級になっていて、この割引率は60%以上にもなるのでかなり保険料は安くなります。
要するに、等級は保険を使わなければドンドン上がっていき、割引率が高くなっていきます。
優良で安全なドライバーが保険料が安いっていうカラクリも等級から来ているんですよ!!

 

 保険会社によって等級の割引率って変わっているの?

等級と言えば自動車保険最大の割引ですよね?
おそらく知っている人も多いと思いますが、保険会社によって等級制度は少し違うって知っていました?
ほとんど変わりはないのですが、会社によっては最大が20等級だったり、22等級まで等級があるところもあります。

基本的には1年間で1等級。保険を使えばマイナス3等級もしくは等級移動なしっていうのが一般的です。
割引率自体もほとんど変わりがありません。
なので、等級によって自動車保険会社を選ぶっていうことは考えなくても大丈夫ですよ!!
【一般的な等級と割引率】
1等級 +52%
2等級 +26%
3等級 +10%
4等級 +1%
5等級 -10%
6等級 -17%
7等級 -23%
8等級 -28%
9等級 -33%
10等級 -37%
11等級 -40%
12等級 -44%
13等級 -47%
14等級 -50%
15等級 -52%
16等級 -55%
17等級 -57%
18等級 -59%
19等級 -61%
20等級 -63%

 

一般的な等級制度は上記のような感じになっています。4等級からは割増しになってしまうので注意!!
しかし、20等級になるととんでもなく割引されるので、どれだけ等級が保険料に影響しているのかが一目瞭然ですね!!

 

 自動車保険を安くするなら一括見積が得策!

自動車保険の保険料を安くしたいって思っている人はまずは自動車保険の一括も積もりをしてみるのが一番です!!
一つ一つ自動車保険会社から見積もりをとっていたら、かなり時間がかかってしまうので、自動車保険見積りサイトでアナタの条件を一回だけ入力すれば、各保険会社にその条件で見積もりを一括でとってくれます。
しかも、見積内容は書類ではなくメールで届くのですぐに見積の内容が確認できます。
見積もりをとった会社からのメールに保険料金が掲載されているので、それを各社で比べるだけです。
これが一番てっとり早く自動車保険を安くする方法ですよ!!
入力時間も5分程度なんで、全部合わせても20分あれば今の条件で自分が一番安い自動車保険会社がわかります。
賢い人は年に1回やって一番安い保険会社を探しているくらいですからね!!

 

 自動車保険って解約してから変更するの?

自動車保険の乗り換え方法って知っていますか?かなり簡単なので安い自動車保険を見つけた人はやってみてください。
そもそも自動車保険は基本的に1年契約になっているので、満期日が近づいて更新しなければ勝手に解約されてしまいます。
要するに、解約手続きなんていうのは満期日まで迎えたらないんです。
注意しないといけないのが、自動更新という設定をしていないか?ってとこです。
自動更新にしている場合は、満期が近づけば勝手に契約が更新されるので、他社に乗り換える時は設定を解除しておかなければなりません。
自動更新を設定していない人は、新しい保険会社が見つかれば満期日に切り替えるという手続きをすればいいだけです。
A社は○○日に終わって、B社が○○日に始まるって感じです。満期日まで迎えたら解約っていう手続きは必要ないんです。
満期日を迎えてないのにどうしても他の保険会社に乗り換えたいっていう人は、解約が必要になりますが、どんなに安くても途中解約をしてしまうと保険料が損してしまうので、ほとんどの場合は満期日まで待っているもんです。

 

自動車保険の会社変更の手続きって?流れはどうなっているの?

自動車保険の会社変更手続きって初めての人はどんな流れになるかもわかりませんよね?
けっこー簡単なので、自動車保険の乗り換えをやっている人もたくさんいますよ!!
自動車保険は一般的に1年更新の契約なので、満期日までに更新手続きをしないと勝手に解約になってしまいます。
要するに自動車保険の会社を変えたい時は、今入っている保険会社の更新をしなければいいだけのことなんです。
そして、いま加入している保険会社が更新手続きをしないと○月○日に解約されるっていう満期日を教えてくれるので、その日に合わせて新しい保険会社を契約しておけばいいのです。
新しく加入する保険会社も手続きだけを済ませておいて、○月○日から契約してくださいってことにしておけば、自動的に保険会社が切り替わるっていう仕組みです。
【新しい自動車保険会社を見つける→今の自動車保険会社の満期日を確認→新しい自動車保険会社の契約手続きを済ませる】

かなりシンプルで簡単ですね!!

 

自動車保険の更新前にチェックしておくべきことって?

自動車保険の更新前(満期前)にチェックしておくことは、今の自動車保険が自分の条件で一番安いのかどうかってことですね!!
これによって、更新をせずに乗り換えるっていうパターンもあります。というよりも、ほとんどの確率で安い自動車保険が変わっているようです。
自動車保険は基本的に1年契約ですが、自動的に契約を更新するようにしていたら満期日を迎えたらそのまま契約更新になってしまうので、他社に乗り換えたいと思っている人は設定を変えておきましょう。
一括見積もりで自動車保険の保険料を算出してくれるサイトもあるので、自分の保険料はこの会社が一番安いのか?って気になる人は一度見積もってみましょう。無料ですし、5分くらいで終わるので、今より安い保険会社が見つかればラッキーって感じやってみましょう。
自動車保険を一度も他社で見積もったことがない人は、今の保険会社にボッタくられている可能性も高いようです。
ぼったくりではないのでしょうが、本当は他の保険会社の方が同じ条件なのに安かったっていうことを契約者が知らないだけなんでしょうが、、、

 

 

自動車保険の契約内容を変更することってできるの?

自動車保険の契約内容を変更する事は可能です。

今契約している保険を条件を変えたりしたいなら、異動処理か中途更改という処理を行う事で変更可能です。
異動処理というのは保険期間中に車両を替えたり、転居などといった変更があった場合に契約者の請求で今契約している保険証券に裏書きなどを行い、契約の条件を変える方法となっています。

ここでの異動とは保険期間中に保険の内容に変更の点が出てくる事を表しています。

これを行う事で前の保険に適用されていた保険料の割引などのサービスも継続させる事が可能となります。

契約をいちいち解約する事もなく、条件だけを変えて継続させる事が可能となります。

この処理を行った場合は前の契約の残りの期間が保険の期間になるので注意するようにし、覚えておきましょう。

追加として保証金を支払う、または返還保険金を受け取る事が可能な場合もあります。
次に中途更改ですが、これは異動処理を行う事が出来ない場合、今までと同じ保険に加入する事を継続させるための方法となっています。

存在している契約を一度解約させて、解約する前と同じ契約者、被保険者、被保険車で契約に入り直さなければいけません。

解約した日と新規で契約の保険開始の日が同じでないといけませんので、その辺りにも注意が必要です。

 

自動車保険の名義変更の流れって?

一般的に考えると自動車保険の名義を変更する事は出てきません。

しかし、自分の家族内に長い間、車の保険に入っていて事故ナシできていて等級での割引も大きくなっている、または本人自体が運転をしなくなっているような場合であれば等級を引き継ぐ、割引を引き継ぎたい!と思うのは自然な事だと思います。
夫の名義で加入している自動車保険を嫁の方が車によく乗るから名義を変えたい、親が高齢になって車に乗らなくなったから子供に名義を変えたい、このように自動車保険の名義の変えたいケースは、人によって様々あると思います。

自動車保険の名義を変えて等級を引継ぐ事は条件こそありますが可能です。

家族のみならず、法人やリースでも自動車保険の名義を変える事で等級を引き継がせる事は可能なのです。
夫婦や配偶者の間で保険の名義を変える際の等級の引継ぎというのは問題なく行う事が可能です。

夫婦、または配偶者間は互いの間での自動車保険の名義を変える事に関しても強いものがあります。

夫婦、配偶者の間で自動車保険の名義を変える時に無事故割引などがついている場合は等級を引継ぐ事が出来るだけでなく、その割引を引き継がせる事も可能だと言われています。

 

自動車保険って途中で変更しても大丈夫なの?

自動車保険は基本的に1年ごとの契約となっているので、1年ごとに満期がやってくる事となります。

そのまま自動車保険を更新されるなら、更新の手続きを行うだけで良いのだが、もし保険を切り替えたい!と考えられている場合は満期日の前に新たな保険を契約する手続きを行わなければいけません。
また、満期日に自動車保険を切り替える際は新たな保険社と満期日を保険の開始日とする契約を結ぶだけで良いので困難ではないです。

新しい保険の契約を完了させる事が出来ていると古い方の保険は満期日をもって解約する事になるという訳なのです。
ただ、自動継続特約という特約が付いている場合は前の保険を解約しなければ新しい方の保険に等級を引き継がせる事出来なくなってしまうなどといった問題が発生してしまう場合もあります。

そのため、新しい保険の契約を行うのと並行して解約の申請も行うようにしてください。

自動車保険は、それぞれの保険会社を変えても等級を引き継がせる事が可能となっているので保険を切り替えて損をしてしまう事はないのです。

満期日に保険を切り替える際、過去1年の間無事故なら、新たな保険は等級が1つ上がってスタートさせる事が可能となっています。

事故を起こしてしまっている場合なら、等級は下がった状態で開始する事となっています。

 

自動車保険って乗り換えると解約金とかかかる?

自動車保険の契約の途中で、もっと安い保険会社を見つけたから変えたい!と考えた場合、正確に言うと解約するのではなくて切り替え扱いとなるので事情は違います。

満期を迎えた時に切り替えるのなら、新たな保険会社と契約を行って今まで使用していた保険に関しては更新の手続きをしないと自動的に解約する形となるのです。

満期日の前になると自動車保険会社から更新の手続きの案内がくる事があるのですが、その際は特に何もしなくてかまいません。
契約期間中の切り替えを行う場合は少し面倒なので特に緊急でないのなら満期日で切り替えを行っておく方が手続きも楽になりますのでお勧めします。

自動車に乗らなくなるから保険もいらなくなった!という事から解約を行う場合は保険会社に伝える事で無条件で解約する事が可能となります。
保険料の返金額は1ヶ月単位で計算されている保険会社が多く、契約から1ヶ月と2日後に解約したなら戻ってくる保険料は基本的に10ヶ月分になると言われています。
しかし、こうした返金の計算式はそれぞれの会社によって異なるので確認するようにしましょう。

もしかすると返金計算に対して納得出来ない場合も出てくるかもしれないが契約書にもしっかりと書いてある場合は契約してから、いざ解約する時に申し立てても受け入れられる事もないでしょう。

 

自動車保険の住所変更の流れって?

車を持っている場合、引越しなどをして住所が変わったなら入ってる自賠責保険、任意保険の住所の変更手続きを行わないと必要な書類が新しい住所に送られてこなくなってしまうので注意が必要です。

今入っている保険会社に連絡をとって住所の変更手続きを確認しなければいけません。

さらに自賠責保険は自動車検査証の住所を変更する手続きの後でないと手続き自体出来ないケースもあるので、事前に確認を行ってから手続きを行うようにしてください。
運転免許証を取っている人は引越しなどで住所が変わった場合は免許の住所変更の手続きも行わないといけません。

引越しによって住所が変わる場合、自動車を持っている人は自動車検査証の住所の変更も必要となるので、これも一緒に忘れないように手続きする事にします。
車を新しい住所で使う場合、自動車保管場所証明書の申請を行わないといけないので、管轄の警察署で申請書をもらって必要事項を記入してから申請するようにしてください。

くどいようですが自動車を持っている場合、引越しを行って住所が変わった場合は自賠責保険や任意保険の住所の変更手続きもしない必要な書類が新しい住所へ送られてきません。

 

自動車保険の変更時期はいつがベスト?

近年ではネットから簡単で手軽に自動車保険の見直しを行う事が可能になっています。

自動車保険の見積もり、または比較する事も簡単で手軽に行う事が出来るようになったので、思い立った時にはいつでも乗り換えが可能にもなりました。
しかし、そこで重要となるのは自動車保険の乗り換えを行うタイミングとなるでしょう。

乗り換えを行うのに良いタイミングとしては、今加入している保険の満期日、もしくは契約の終了日だと思います。
毎年、自動車保険は更新がくるのでその時期が良いでしょう。

自動車保険はノンフリート等級制度と呼ばれるものがあり、等級が上がっていくにつれて保険料も安くなっていくのです。

更新の時期を待たず、途中で別の自動車保険に乗り換えた場合は翌年度の等級ではなくて、乗り換える前の等級を引き継ぐようになってしまいます。

したがって等級が上がるのも遅くなってしまう事となってしまいます。
家族が増える、子共が運転するようになってくる、などによって保険を見直しする事は必ず必要と言っても良いでしょう。

加入している自動車保険に年齢の条件や運転者限定の特約などが付いているなら、子供に合わせた条件に変える事が必須だと言えます。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ