【自動車保険?共済?】自動車保険のお得な選び方!

保険と共済の違いって何なの?

自動車保険には保険と共済があります。自動車保険と自動車共済…この2つは何が違うのか?
自動車保険には保険業法という法律に基づいた上で損害保険会社が取り扱いができるものをいいます。保険という言葉を使うには保険業法で認可されていないと使えないんです。だから、自動車共済は保険という言葉を使わず共済っていう言葉を使っているんです。

とはいっても、こういった法律や認可などのは我々加入者側(ユーザー)にとってはどうでもいい話ですねよ!!主な違いは、保険は不特定多数の人を対象としていて、共済は地域や職業など組合的な感じで、限定された人を対象としているんです。
そして、共済には損害保険契約者保護機構といった、万が一、加入している保険会社が経営破綻した時に契約者保護を行うセーフティネットがありません。という反面、共済が破綻するということはほぼありえないと言われています。

 

自動車保険と自動車共済って保険料は違うの?

自動車保険と自動車共済では保険料は違うのか?という疑問を持つ人も多いかと思います。自動車保険と自動車共済の違いは各自動車保険会社の保険料が違うのと同じような感覚でOKです。共済だから安いということや自動車保険だから高いということはないんです。保険料の違いがでるのは共済・保険に限らず運営しているところが違うからっていうことです。
自動車保険に関しては保険料の競争が激しいため、かなり保険料が安い会社もあります。全体で見ても保険料というだけでみれば共済よりも保険の方が安いと言ってもいいでしょう。そして、これからもサービスや保険料の変化が大きく見られるのも保険会社の方ですね!
保険会社のほうは共済よりも加入者数が多いのと、その加入者を自社に引っ張るために色々な方法やサービス、割引などを毎年新しくしていっているんです。これは管理人のイメージですが、保険=資本主義で共済=共産主義のよう感じです。

変化があって格差がでるのが保険で、共済は地域や組織内で一緒になって頑張っていこうというイメージですね!!保険料が安い方がいいって人は共済よりも保険で探したほうが、お目当てのものが見つかるかもしれませんね!
また、保険(共済)のランキングでも満足度・保険料・事故対応などの分野をみても上位は保険会社です。単純に使っている人が多いので票数的にも保険会社の方が多いのですが、共済は下位の方にあります。共済は地域や組織に入っていた選ぶことなく加入することが多いので不満も評価も関係ないといったような感じです。
保険に関しては乗り換えも自由です。ある保険会社で加入していても1年後は違う保険会社と契約するといたったことはよくある話です。それだけ、1年というスパンで見ても保険料の変化があるんです。去年とまったく同じ条件でこの保険会社が一番安かったのに、今年になってみると同じ条件で違う保険会社の方が保険料は安いっていう事は珍しくないんです。
そういった自由度の高く、選ぶことができるという点でも保険が人気なんです。保険か共済で迷える立場にいる人は保険の方を選んだほうがいいのは確かです。共済しかないっていう立場の人であれば、無理に一人だけ保険に加入するよりかは周りに合わせて共済で加入していた方がいいでしょう。

 

自動車共済のメリットって?

自動車共済とは特定の地域、または特定の職業などの団体に限定されている人達を対象とした助け合いの制度の事を言います。

しかし、共済として代表的と言える農協や全労などの自動車の共済は一般の誰でも申し込みを行う事が可能となっています。
自動車共済の1番のメリットは自動車保険の保険料となる掛け金が、自動車保険と比較すると安くなる事でしょうか。

共済組合の中での相互扶助を目的としているので、営業的な費用を抑える事が出来ています。

それの結果として掛け金が低めに設定されているという訳なのです。
契約の内容にもよるが自動車保険と同じぐらいの補償にした時、大きく保険料を節約出来る事も考えられます。

ただ、留意点もあってセーフティネットが自動車保険と比較すると規模が小さめな事となっています。

自動車保険の場合は、保険会社が破綻してしまったとしても保険会社全ての会社で拠出する機構が補償してくれる仕組みがあると言われているのです。
その一方共済は十分な共済契約の準備金を支払って原資として確保しており、安全な運用をしています。

経営が破綻をしないように非常に慎重に備えをしている傾向にあるのです。

JA共済は契約窓口であるJAが破綻してしまっても他のJAなどが共同したり単独で契約を引き受けてくれる事によって補償が継続されます。

 

自動車共済のデメリットって?

ここでは自動車共済のデメリットを紹介します。
まず1番に挙げられるのは等級を引き継がせる事が出来ない事でしょう。

等級制度というのは自動車保険にしかないのですが、共済独自とも言えるような等級を設けている所もあると言われています。

自動車保険の場合は等級として1~20の等級まであるのですが全労済のマイカー共済の場合で見てみると1~22等級と言ったように自動車保険を上回る割引率もあるのが特徴です。
しかし、この等級は独自のものと言えてほとんどの場合では自動車保険に引き継がせる事が出来ないのです。

移行する時は自分自身で契約している所でしっかりと調べるようにしましょう。
また、細かな割引きの制度がない事もデメリットの1つとなるでしょう。

自動車保険が自由化されたのと同時に外資系の保険会社が細かな条件を付ける事で割引率を上げられる保険を様々提供してきているのです。

現在は日本国内も含んで、それぞれの保険会社では利用者それぞれの細かな契約の条件に合わせて割引きする事が可能となっているのです。

しかし、自動車共済にはこのような細かな割引きの基準はないのです。

簡単に言うと自動車保険の場合はオーダーメイドで、共済の方はパッケージ型という風に考えると良いでしょう。

 

公務員なら自動車共済の方は得?

共済保険は少ない掛け金で保証を付けておきたい人にはオススメの自動車保険とも言えるでしょう。

支払いの金額は安いのですが保険料もかなり安くなるので家計が圧迫される事もないと思います。
支払いも早くて、交渉もほとんど揉める事がないというように沢山長所があり、とある満足度のアンケート調査でも上位にランクされる事が多い非常に得な保険となっているのです。
共済保険というのは職場、またはそれぞれの地域などの集団の構成員が費用を出し合って、それで集まった資金を使って医療や葬祭にかかる費用などを出し合う組織で非営利事業と言われています。

保険は不特定多数に対し、保険の商品を販売している営利事業となります。
共済は職業や住まいなど、共通点を持つ人達が資金を出し合う事で事故などを起こした時に集まった資金から保障を行ってくれるのです。

協同組合などが共済の仕組みを利用し、保障事業を行っているケースも非常に多いと言われており、農業協同組合や生活協同組合が知名度も高いと思います。
一般市民が入る事が出来る共済は、上記みたいなものですが他にも共済と名前が付いているものは多くあります。

農業共済や漁業共済、さらには小規模企業共済などもあり、公務員には公務員の共済という特別な共済もあるのです。

 

教職員なら自動車共済の方が得?

教職員の共済の保険は教職員が組合員となり、本人はもちろん家族の生活を守るためとして相互協力する目的として入る事が可能となっています。

組合員になれる人は学校、または文科省などといった所に勤務している人という規定があって、出資金として100円を加入する際に支払わなければなりません。
自動車保険は自動車共済が用意しており、標準コースと補償充実コースの2つに分けられています。

補償充実の方が人身傷害補償や対人賠償、対物賠償が無制限になりますのでこれを選ぶ人の方が一般的に多いと言われています。
また、ファミリーバイク特約にも入る事が出来るのも特徴です。

割引きの条件も非常に様々あり、新車割引やセカンドカー割引やエコカー割引、さらには福祉車両割引などといったものが用意されているのです。
こうした条件に当てはまる人の場合は一般的よりも得な掛け金で補償を受ける事が出来るのです。
もしもの時に行われる事故の対応に関しては全国各地に損害調査員が存在するので事故の処理も万全の体制を整えていると言っても良いでしょう。

実際、事故の対応を経験された人達の意見にも特にトラブルは発生する事なく、無事解決したという意見が多く見られます。

 

農協の自動車共済って?

農協の自動車共済は自動車保険だと思われている人も多いかもしれないが、自動車保険ではなく、自動車保険みたいなだけで自動車共済に分類されます。

JA共済というのはその名前の通り農協が取り扱っている共済を言います。

農協が扱っている共済ですので組合員じゃないと加入する事が出来ないの?と思われる人も多いでしょうが、一般の方でも入る事が可能なのです。
JA共済は自動車のみならず、医療や傷害保険や学資保険など様々取り扱っているのが特徴です。

保険会社と同じ感じのサービスの提供をしていますが、保険会社以外は保険という名前を使う事は出来ないので自動車共済となるのです。

払うのは保険料という形ではなく、共済掛金と呼ぶようです。
一般的に言われる特徴としては掛金が安い事と自賠責と同じような自賠責の共済も扱っているので、併用して加入すれば割引きを受ける事が出来る点でしょうか。
事故の対応としても24時間いつでも受け付けており、レッカー移動のサービスやロードサービスも行なっているのも自動車保険と同じです。

指定の工場は全国でおよそ1700ヶ所あると言われており、損害調査のスタッフは全国でおよそ6000人もいますので、体制もしっかりと整っています。

 

自動車保険と共済を比較するときのポイント

自動車保険を選択する時の選択肢の1つに共済を考える人も多いと思います。

自動車共済とは特定の地域や職業などといった団体に限定された人達を対象とした助け合いの制度の事を言います。
農協や全労災が共済の代表として挙げられるが、絶対にこの組織に属していなければいけない!という事はないです。

組合に入っていない一般の人でも申し込みは可能となっています。
共済の特徴は保険料が安い点でしょう。

もともと互いに助け合いの趣旨で設立されていて営利目的ではありませんので、利益を上げないといけない保険会社と比べると安くなるのです。

保険料が安くなると気になってくるのが補償やサービスの内容だと思います。

以前までは様々あったみたいですが、最近では共済も自動車保険とほとんど同じレベルのサービスを受ける事が出来るようになっています。
スタッフの対応は共済の方が丁寧だ!といった口コミもよく見かけます。

こうした点でも何も不安に思う事はないと考えられます。
良い点だけではなくて自動車保険と比べて共済が劣ってしまう部分があるのも事実です。

仮に自動車保険はリスク細分型と呼び、補償の内容を細かに設定してやる事によって保険料を安く出来るようになっているが、共済は出来ないのです。

 

自動車共済の種類って?

共済の保障は非常に様々な種類が用意されており、また共済の保障を受ける場合は保険という言葉は使用されないのです。

自動車事故の保障を例にして見ると自動車保険とは言えなくて、自動車共済と呼ぶのです。
共済には基本的にどのような種類の商品があるのか?気になる人も多いと思います。

一般的に知名度の高いJA共済とJF共済、そして全労済の商品を例として見てみましょう。
JA共済は人や家や車に関する保障という分野に分かれているのが特徴です。

医療と年金、障害、さらには終身、こども共済、癌共済、建物更生、自動車共済、その他となっています。
JF共済の場合は人と家といった保障の2つに分かれており、普通厚生や終身や定期満期、こども、中途給付や特別終身、さらには特別養老や乗組員厚生、生活総合や火災、団体生命が扱われています。
そして最後に全労済ですが、ねんきん共済やマイカー共済、交通災害や自賠責火災などといったいます。

このように非常に様々な種類の商品が提供されており、その他のそれぞれの共済でも商品の種類や料金はもちろん、サービスなどは異なります。

自動車共済の種類をしっかりと理解するようにして、加入への参考にしてくれると嬉しいです。

 

マイカー共済ってなに?

マイカー共済というのは共済組合が提供している自動車事故への補償の制度の事となっています。

損害保険会社が提供する自動車保険と同じようなものの事です。
保険会社が提供しているものが自動車保険で、共済組合が提供している自動車の補償制度の事をマイカー共済と呼ぶ事を覚えておきましょう。

我々がよく使用する保険という言葉は保険業法で認められている損害保険や生命保険のみ使用する事が出来る言葉となっています。
したがって全労済やJA共済が提供している自動車の補償制度は保険と言えず、共済と言う訳なのです。

保険という名前は不特定多数の人達に提供する事が出来る商品に対して付けらている名前だからです。
そのため、組合形式を取る全労済やJA共済などが提供している補償制度の事は保険とは言えなくて、共済と呼ぶので覚えておきましょう。
監督官庁や根拠になる法律が異なる点も保険と共済の違いと言っても良いでしょう。

保険の場合は保険業法を根拠にしているが、全労済の場合は消費生活協同組合法だったり、JA共済の場合は農林協同組合法だったりするのです。

役所同士の争いみたいな感じもしない事はないのですがこうなっているのが現状です。

 

ja自動車共済ってなに?

JA共済が提供する自動車保険と同じようなもののJA自動車共済というのは民間の損害保険会社が提供している自動車保険と比較すると非常に得になる点があるものです。

JA共済はその母体が農協となっており、自動車保険の他にも生命保険や火災保険なども取り扱っているのが特徴です。
JA自動車共済は自動車保険と同じで無事故の期間が長くなれば長くなる程に掛け金が割引きされる無事故割引というものがあって、20等級で最大の割引率はおよそ62%と自動車保険の最大割引率である60%と比べると少しだけですが有利となります。
さらに民間の自動車保険からJA自動車共済に乗り換える際、無事故期間を引き継がせる事が出来て乗り換えた時点から無事故の割引きを受ける事が出来るようになります。
また、JA自動車共済は全労済のマイカー共済と同じでリスク細分型ではないです。

民間である保険会社の自動車保険、または外資系である通販型の保険はリスク細分型を拡充して個人の環境、自動車の内容で細かに保険料が異なるものです。
条件により、民間損保や通販型保険の自動車保険の方が保険料が安く場合も考えられます。

気になる方は是非一度保険会社見積もりを取ってみると良いでしょう。

 

自動車保険より自動車共済の方が安いって本当?

自動車保険には保険、そして共済に分けられると思います。

保険と共済は一体何が異なるのでしょうか?気になる人も多いでしょう。
自動車保険には保険業法と呼ばれる法律に基づいて保険会社が取り扱う事が可能なものの事を言うのです。

保険という言葉を使用するには保険業法で認可されていないと使用する事が出来ません。

そのため、自動車共済は保険という名前を使用せずに共済という言葉を使用しているという訳なのです。

と言っても、このような法律や認可などといった事は利用者からするとどうでも良い事だと思います。

主な違いとして挙げられるのは保険は不特定多数の人達を対象としているに対し、共済の場合は地域や職業など限定された人達を対象としているという違いでしょうか。
また、保険と共済で保険料は異なるの?と疑問を持たれる人達も多いです。

保険と共済の異なりはそれぞれの自動車保険の保険料が異なるのと同じ感覚で考えて良いでしょう。

共済と言って安い!という事や自動車保険だから高い!なんて事はありません。

保険料の差が出てしまうのは共済や保険に関わらず運営されている所が違うためと言えます。

自動車保険は保険料の競争化が激しくなっているので、保険料が安くなっている所も多くなってきています。

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ