【自動車保険の保険料相場】自分の条件だと保険料の相場はいくらなの!?

年間いくらなら自動車保険は安いと言えるの?

自動車保険の保険料というものは知っている方もいるように、年齢や車の種類や等級、さらには1年間の走行距離や免許の色や運転する人の数、車の使用目的や保障の内容などといった様々な条件によって違いが出るものです。

自分自身の保険料が高いのか?または安いのかを知りたい場合は一括見積もりを利用してみる事をオススメします。
全く同じ補償内容で手軽に最も安い保険会社を見つける事が可能なので便利です。

自動車の保険は大体1年契約になっているので、毎年ごとに見直しが必要と考えられます。
一体どこの自動車保険が良いのかと様々探してみるけれど、あまり分からなくてディーラー、または販売店が勧めるままに加入して更新している人も多いと思います。

任意保険というのは強制的に加入させられる事となる自賠責保険では賄う事が出来ない補償を付ける事が出来るものです。
自賠責保険とは被害者の最低限の賠償を行うために必要な保険となっており、自分自身のケガや自動車の修理には補償されないので気をつけましょう。
自動車保険の弁護士費用特約は付けるのがオススメで、他にも故障した際のロードサービスの内容なども各社異なるので知っておくようにしましょう。

 

等級によって自動車保険ってどのくらい変わるの?

自動車保険は今までに事故を起こした事があるかどうかによって等級が変化するもので、それによって保険料も変わっていくものです。
実際には一体どれぐらい変わるものなのか気になる方も多いです。

等級は1等級から20等級まであり、最初に自動車保険に加入すると6等級から始まります。
等級が4等級以上なら保険料は割引となって3等級よりも下なら割増となってしまうものです。

等級により、50%以上の割増から60%以上の割引があるので非常に差が出るものです。
基準となる料金を1万円とすると1万5000円近く払わないといけない人と6000円程度で済む人がいるので大きな差だと言えます。

事故を引き起こしてしまった場合は翌年に等級が3つ下がってしまいます。
6等級の人の場合は等級は3等級になる事となり、10%割増されてしまうという訳です。

これは事故1件で3つの等級が下がってしまうという事なので、初年で2件以上事故を引き起こしてしまったら最低の等級まで下がってしまいます。
事故を引き起こさずに契約期間を過ごすと1年で1等級ずつ上がっていく事になるのです。
そのため、6等級から始まって無事故で3年経った人は4年目では等級が9等級となるので33%も保険料が割り引かれる事になります。

 

どんな車種が保険料高くなるの?

最近の自動車保険というものはリスク細分型の保険が主流で、事故を引き起こしやすい自動車ほどに保険料が高くなってしまいます。
スピードの出る自動車は事故の確率も高いと考えられるので保険料も上がってしまい、
車両保険なら高級な自動車は事故を引き起こした際の部品や修理にかかる費用が高くなってしまうので保険料も上がります。

こうして自動車保険は事故の確率が高い自動車、または修理代が高くかかる自動車の保険料は上がる傾向にあるのです。
車の種類による保険料の差は料率クラスというモノにより、定められているのです。

料率クラスというものは過去、どのような車種の自動車がどれぐらいの頻度で事故を引き起こしていて、保険会社がどれくらいの保険金を払ったかというデータを元として9つのクラスに分けられているものです。
この数値が大きければ大きいほど保険料も高くなっていくのです。

料率クラスというのは1年に1回見直しが行われているもので、全く同じ自動車に乗っていたとしても料率クラスが変わると更新をする時に保険料が異なるケースもあるのです。
料率クラスは車両保険の保険料に対して非常に大きく影響してくるのですが、対人賠償や対物賠償、さらには人身傷害や搭乗者傷害にも料率クラスが設定されている事を覚えておきましょう。

 

 車両保険の保険料相場ってどのくらい?

 
車両保険を付けるか付けないかで迷われている人の中には、保険料が気になっている!という人がほとんどだと思います。
車両保険の保険料とは一般的には個別に算出されないもので、実際に見積もりを取ってみると分かるかと思われますが任意保険とセットになっている金額でしか知る事が出来ません。

そのため、車両保険の目安になる金額や平均、概算などを調べるためには車両保険がある場合と無い場合の2つのパターンで見積りを取った上で差を確認する事となるでしょう。
さらに車両保険の費用は車両標準価格表と呼ばれる一覧表の本で決まっているのです。
この金額は車両価格や製造された年、そして各自動車の事故の発生率などで計算されているものです。
だから車両保険の保険料というのは運転者によって異なってきます。
平均がどの程度なのか?という点には一概には言えません。

実際、見積もりを取ってみると分かる事ですが車両保険の相場は、あったとしても自分に当てはまるモノとは言えないのです。
と言うのも車両保険というのは車の種類や型式や年式などで保険料も異なってくるからです。
見積りの条件がほとんど一致するデータが相当な数集まらなければ平均や相場と言えるような数値は出す事が出来ません。

 

自動車保険の最低ラインの保険内容って?

自動車保険と言っても相手に対する保険はもちろん、物に対する保険や運転者や同乗している人に対する保険などのように様々な種類があるものです。
対人賠償というのは自動車保険の中で1番の要になっている最も重要と考えられる保険となっています。
契約されている自動車で事故を引き起こしてしまい、もしも相手を死亡させてしまった場合に保険料が支払われる事となるのです。

契約を行った時に保険料を決める事になるのですが、この際に無制限で加入しておくのが一般的になっています。
実際、見積もりを依頼するとほとんど全ての保険会社では最初から無制限になっています。
この理由は被害者の救済と考えられ、どのような事故が起きてしまった場合でも被害者に対し万全なケアを行う事が出来る被害者救済のために無制限で加入する事が必要と考えられているという訳なのです。

この次に重要なのは対物賠償で、これも対人賠償と同じで非常に大事な保険です。
補償の対象となるのは相手側の自動車や家屋などの財産です。
自動車の中でも観光バス、またはタンクローリーなどといった車種の場合、修理している間の休業の補償も含まれてしまうので賠償の金額はかなり高くなってしまうのです。

 

 通販型の自動車保険の相場ってどのくらい?

自動車保険は、それぞれの保険会社で様々な種類の商品があるものです。
最近人気となっているのが通販型の保険で、従来の代理店型よりも安くなっています。

通販型の自動車保険は契約の手続きなどといった事を行なう主に保険の取り扱いをしている代理店を通さなくて、保険を販売されている会社と加入を希望する本人が直接的に契約を行ないます。
そのため、代理店に払う事になる手数料が発生しませんので代理店型自動車保険と比較すると非常に安くなるという訳なのです。

さらに通販型タイプの自動車保険の場合はリスク細分型と呼ばれるシステムを取り入れており、これも安い保険料を実現させている理由の1つになっています。

リスク細分型と言うのは自動車保険を契約される人の等級、車を使う目的、住まいや走行距離、さらには免許の色や年齢や車の種類などによって保険料が変わるように設定されている事です。
これは一体どういう事なのかと言いますと事故を引き起こす確率が少ない運転者には保険料を安くし、事故を引き起こす確率が高そうな運転者には一般的な保険料か高く保険料を設定するというものです。
したがって、通販型タイプの自動車保険でリスク細分の条件が違ってくるので補償内容にはあまり違いがないのに払わないといけない保険料に差が出てしまう特徴も持っているのです。

 

代理店で頼むと自動車保険の相場はどのくらい?

代理店型タイプの自動車保険というのは保険会社と契約を結ぶ代理店を通してしか加入する事の出来ない自動車保険となっています。
自動車を買う場合のほとんどはカーディーラー、または中古車販売店などを利用する事になると考えられますが、商談中に自動車保険も同時に勧められる事があります。

自動車を販売するお店の多くが保険会社の代理店となっているので車を売りながら保険の募集も行っているのです。
それとは別で保険の販売業務を主としている店は専業代理店と言って通販型の自動車保険とは全く異なって保険社と契約者の間に入って沢山のサポートを行ってくれるのが自動車保険の代理店となっています。

サポートを受ける代わりとして契約者は代理店に対して15%から20%程度の手数料を払う形となるのです。
代理店を通し、契約を行うと例外なく手数料を払う事になり、手数料に関しては代理店が獲ている契約の数や損害率で関係しているものなので一概に数字は出せません。
目安としては大体15%から20%と言われているので保険料が1年間10万円とすると年間で1万5千円から2万円程の手数料を支払っているという事になるのです。
代理店で依頼した時の自動車保険の相場は一概に言えないのが現状ですが、安く済ませたい方は通販型の方が良いでしょう。

 

10代だと自動車保険の相場ってどのくらいなの?

自動車の免許を取って、念願のマイカーを手に入れた方も多いと思います。
その時に考えなければならない事に自動車保険があります。
事故を起こすリスクが高いとされる初心者という点と初で契約を行うという2つの点で保険料はどうしても高くなってしまうのです。

そのため、安全運転を心掛けて無事故を出来るだけ継続させていく事で等級を上げるようにしましょう。
そうする事によって免許の色も緑から青になって最終的にゴールドになります。
ゴールド免許になるまでには長い時間が必要になるものですが、無事故と無違反を続けていく事が保険料を節約する事にも繋がってくるので安全を心掛けて運転に勤めてください。

自動車保険を選ぶ時、相手への補償となる対人賠償と対物賠償は無制限で加入するようにしましょう。
これは無制限にしておいた所で保険料は大きく変わらないので。

次に自分や同乗者に対する補償を考えるようにして、主に人身傷害や搭乗者傷害などでしょうか。
人身傷害補償は契約している車にのみ適応される保険と他の自動車に乗っている場合でも補償されるタイプがありますので自分に合ったモノを選択すると良いです。
保険会社によっては人身補償を特約としている保険もあって、
この場合は搭乗者と自損事故、さらに無保険車事故などといった補償がセットで付いているので安心です。

 

20代だと自動車保険の相場ってどのくらいなの?

20代という若い世代の方の自動車保険の平均はどうしてもかなり高くなってしまいます。
若い世代の方の場合、事故を起こしやすいという事が統計的にデータとしても出ているので免許を取った初心者が多い世代とも言えます。
こればかりは仕方がないとしか言えません。

18才の時に免許を取ってマイカーを買ったのは良いけれど保険料が高くて頭を抱えた方も多いと考えられます。
保険料を節約するのには家族限定や本人限定などの条件や車両保険に加入する場合は免責額の設定やエコノミーワイドなどの補償範囲を狭くする事が大切になってくるでしょう。

仮に親と同居してて車を1台持っている場合、その保険の等級を引き継ぐ事を勧めます。
親が契約されている保険の等級が高いほど自動車保険に安く加入する事が出来るようになります。
親の自動車保険は新規契約する事になってしまいますが、年齢の条件や特約などを付ければ20才の人が新たに契約する事と比較するとかなり安い料金で契約を行う事が可能となるのです。
保険料は環境や条件によって違いがあるものなので、それぞれに合った保険を見つける事が重要で、一括見積もりサイトなどを利用する事をオススメします。

 

30代だと自動車保険の相場ってどのくらいなの?

30才から40才の30代の自動車保険の内容を考えた際、様々な重要なポイントが出てくるので紹介します。

まず、環境の中で1番大きく変わる点としては沢山の方がこの年代で家庭を持つ事だと思います。
それにより、子育てや教育資金などといった事で支出が増えます。

さらに、30代では自宅を買う比率も高くなる傾向で住宅ローンの支払いが発生してしまう世帯も増加する事が分かっています。

簡単に言えば30代とは独身、もしくは子供が生まれる以前と比べると家計の支出がかなり増加する年代と言っても良いでしょう。
細かな状況は人それぞれ家庭により、違いがあるものだと思いますが、大きく見たら支出が増えるという事は共通点と言えるのです。

これは生命保険にも同じ事が言えますが、責任世代の入り口と言ってしまっても良い年代で事故を起こすリスクに備えて補償はしっかりと付けておきたい所です。
しかし、補償を手厚くしながらも保険料をでるばく抑えたい!と思われる人も多いでしょう。

運転歴はわりと長くなってきた頃ですので、事故を引き起こす危険性も20代の頃と比較すると低くなってきていると言えるでしょう。
年齢条件も30才未満不担保といった特約を付けれますので保険料を安くさせる事は可能だと思います。

 

40代だと自動車保険の相場ってどのくらいなの?

30代は結婚生活が始まる年代と言えて、30代の後半になるにつれて子供の教育費などの支出が増えていくものです。
41才から50才の40代にしても支出に関しては増えていくと言えます。

それぞれの家庭で傾向も様々になると思いますので一概に言う事は出来ませんが、40代というのは家計の支出が最も増加する年代とも言われています。
したがって、節約に関して敏感に反応するようになるのも、40代が多いです。

子供に必要な費用を確保するのは当然ですし、住宅ローンなどの支出もまだ終わりを見ない年代と言えるのです。
したがって運転の際を事故に対してしっかりと注意して、自動車の修理にかかる費用や事故の賠償金などの支出は避けるようにしたいものです。

40代の保険に関して言えば等級は割と高くなってきている人も多いでしょう。
したがって、保険料にあまり左右されない補償の設定を行う事が出来ると考えられます。
20代や30代の前半の頃とは違って、運転技術もある程度は高くなってきているので落ち着いた運転をする事が出来ると思います。

それによって事故を引き起こす確率も低いと判断される事となり保険料も安くなります。
また、自動車の保険に対して理解も高まってきていると思いますので出来るだけ自分で設計して保険料が安くなるようにしていきたい年代とも言えます。

 

 50代だと自動車保険の相場ってどのくらいなの?

家庭を持つ事になる年齢は人それぞれで個人差があるものです。
そのため、たとえ50代を過ぎたと言っても子供の教育費用などの支出が減る!という訳ではありません。
しかし、緩やかですが子供が自分で収入を貰い出す頃になってくると家計の支出も減少して助かります。

住宅ローンについても50代前半で見ると完済している人はほとんどいません。
しかし、夫婦共働きされている人の中には住宅ローンを完済されている方も出てくる年代と言えます。
こうなってくると家計はかなり楽になってくると言っても過言ではないでしょう。

しかし、支出が楽になったとしても単純に喜ぶ事は出来ません。
老後を苦労せずに過ごす事が出来るかどうかは、これから先の資金管理が最も重要となってきます。
そのため、意味のない無駄は出来ません。
自動車保険に関しても出来るだけ細かく考えるようにして必要のない支出は減らすようにしましょう。

安全運転を続けてきた人の場合なら、等級も1番高くなっていると考えられます。
そうした方なら保険料に関してはかなり安くなっているでしょう。
安全運転に対する意識も非常に高くなっていて運転の技術も安定してきたと思います。
50代を終えて60才を過ぎたら運動神経が衰えてくる事も十分に考えられますので、事故を起こさないように注意していかないといけないでしょう。

 

60歳以上だと自動車保険の相場ってどのくらいなの?

近年では社会が高齢化しており、60才以上で車を運転される人の割合も増えているようです。
少子高齢化の影響はもちろん、高齢者だけの世帯が増加している事も原因として見られています。
このように運転者が高年齢化していく現象は、これから先も継続していくと予想されているのです。

免許を取り立てだった10代、または20代などといった若い頃は保険料も高かったです。
それから、年を取るごとに保険料も下がってくるものですが、
30才以上、もしくは35才以上はまとめられていたのが、最近は高齢者の事故が増えてきている事もあって各保険会社が高齢者の保険料を値上げする方針を出しています。

今までは事故を引き起こす確率の高い年代層の契約を、事故を引き起こす可能性の低い30才~60才未満の人の契約に含める事で保険料のバランスは保たれてきたのです。
それが事故を引き起こす高齢者の割合が高くなってきてしまったのでバランスが崩れてしまいました。

最近の仕組みでは30才~60才未満の年齢層の負担がかなり増加してしまい、契約者の間の保険料の公平性をキープする事が困難になってきてしまったのです。
こうして考えるようになった保険会社が次々に増えてきているのが現状なのです。

 

 

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ