自動車保険の見積もり取るなら【三井ダイレクト損保】は絶対に取っとけ!!

三井ダイレクト損保の特徴って!?

三井ダイレクト損保というのは三井住友海上グループの自動車保険の事で設立された頃から通販型に特化する事によって安い保険料を実現させています。
補償内容に関する自由度が高い事にも評価が高く、成長を続けている保険会社の1つです。

保険料の安さに関しては様々ある通販型の自動車保険の中でもトップレベルを誇っています。
もしも事故を引き起こしてしまった時は1事故1人の専任担当者が付いて対応してくれますし、示談交渉なども代行して行ってくれるので安心です。
さらに希望者にはネット上で事故解決の状況や解決までの進捗状況などを見る事が可能なMyページサービスなどといったサービスなども行われています。

ロードサービスに関しても24時間、年中対応していてサービスの拠点も全国でおよそ3000箇所以上あって非常に豊富です。
事故の対応の際のサポートにも定評のある保険会社となっています。
イネットから見積りを行って、契約をすれば最大で4500円も割引される事もありますのでオススメです。
三井ダイレクト損保は沢山の無駄を省く事で必要とされる補償と十分なサービスを提供し続けているのです。
保険の補償を充実させたい!補償を絞り保険料を減らしたい!などといったように、それぞれのニーズに合わせ内容を設計する事が可能で使いやすいです。

 

三井ダイレクト損保ってどんな保険プランがあるの?

三井ダイレクトとは三井住友海上火災の子会社で、MS&ADインシュアランスのグループ企業にも分類されます。
通販型の保険を追ってきた人にとってはソニー損保とシェア競争を広げきた通販型自動車保険の代表的な損保というイメージが強いと思います。

三井ダイレクトの自動車保険の特徴として挙げられるのは保険料の安さでしょう。
最近は新たな通販型保険が自動車保険の市場に参入してきた事もあり、目立たなくなってきている傾向も見られます。
しかし、走行距離が長く見積もりを取っても保険料が下がらない人の場合は三井ダイレクト損保で見積もりを取ってみても良いでしょう。

三井ダイレクト損保はハッキリとは謳っていませんが走行距離によらずリスク細分を採用しています。
そのため、走行距離が長い人の場合でも保険料を安くする事が出来る傾向にあります。
しかし、車を使用する目的というものは反映されますので営業利用の人の場合はそこそこ高くなってしまうと考えられます。

三井ダイレクトの車両保険は車両全損時臨時費用や難時代車等費用、さらにはロードサービスの無料などが含まれているのが特徴です。
さらに車両保険セット割引があり、これは車両保険を付けて契約を行えば対人や対物などといった基本的な補償の保険料が割引きされるというものです。

 

三井ダイレクト損保の口コミを集めてみた!!

三井ダイレクト損保の自動車保険に関する売りとして挙げられるのは、やはり安い価格の保険料でしょう。
様々なランキングでも常連で名前が出てきます。

走行距離はもちろん、免許の色なども保険料に影響がなく、無駄を省いて簡略化させている料金体系が特徴で分かりやすいです。
特約制度や割引制度も充実した内容で顧客を契約する際に、満足させる力に関しては非常に高いです。

24時間年中無休の事故の受付や故障やトラブルの際もしっかりと対応してくれます。
サービス拠点の数は全国でおよそ3000箇所以上で、1事故1担当制となっていて安い価格なのにも関わらずに
基本的なサービスやサポートは充実しているのです。

また、車両保険セット割引を利用すると保険料をさらに割引させる事も可能となっています。
しかし、唯一の弱点として挙げられるのは顧客対応にムラがある事でしょうか。
安さだけを求め、対応に嫌悪感を持って乗り換えをする人も多いです。

レジャーや通勤、または通学する人や車が好きで良く乗る人は三井ダイレクトがオススメです。
新たな通販型の保険会社ではSBI損保と似ています。
全体的に見ると地味な印象のある三井ダイレクトだがお得になるように作られている所も多くあります。
口コミには上記のような意見が寄せられていました。興味のある方は参考にして下さい。

 

三井ダイレクト損保の加入者の評判ってどうなの?

三井ダイレクト損保は自動車保険会社の事で、満足度ランキングなどでも上位にランクインしている実績を持っており、保険料が安い!と評判の中でも多く見られる傾向にあります。

特徴として言えるのは車両保険を付けたら契約する条件に関係なく対人賠償や対物賠償、
さらには搭乗者傷害保険や人身傷害保険などといった保険料が安くなる車両保険セット割引というモノがある点でしょう。
一般的には車両保険を付けたら保険料は上がってしまうものですので、これは非常に有難いサービスと言えます。

下記にて口コミで寄せられていた加入者の評判を紹介したいと思います。

「私は三井ダイレクトは2度ほど対応してもらう事がありましたが、どちらも完璧と思います。
両方友電話のみの対応だったのですが、とっても親身になってもたって対応のスピードも早かったので満足しています。」
「保険料の安さはもちろん、サポートがしっかりしている点が有難いなと思いました。とても素早い対応だったので大変助けられました。」

上記の他にも実に様々な口コミや評判が寄せられていますが、最も多いのは事故対応に関する意見が多かったです。
三井ダイレクト損保の事故対応の早さや安心感で満足された人達が非常に多くいます。
しかし、あくまで評判は人それぞれなものですので鵜呑みにせず、自分自身で確かめてみる必要があるので注意しましょう。

 

三井ダイレクト損保の2ch評価

三井ダイレクト損保は納得する事が出来て、安心で便利な自動車保険を目的としているそうです。
この三井ダイレクト損保の特徴として挙げられるのは賠償保険や傷害保険、さらには車両保険などの3つの補償を非常に安い保険料で提供してくれる点でしょう。
契約をネットから行えば4500円割引きされますのでオススメです。

事故を起こしてしまった場合は専任スタッフがしっかりと対応してくれます。
解決するまで専任になっているので安心する事が可能でしょう。
サポートに関しては事故の対応のみならずロードサービスにも活かされている所も嬉しいポイントです。

全国的なネットワーク体制と非常に丁寧なコールセンター、簡単で便利なサイトなど万全の体制を整えています。
三井ダイレクト損保の保障内容に関しても非常に優れており、他人のための保険とも言える賠償保険も自分自身に役立つ傷害保険にしても、車のための車両保険にしても特約も割引もユーザーに沿ったものに作られています。

初心者の運転者でもベテランの運転者でも満足の補償とサービス内容には定評があります。
ネットから手軽に申込みを行う事が可能となっているので自宅にいながら保険をじっくりと検討して選ぶ事が可能な所も魅力の1つです。

三井ダイレクト損保の評価はネットを見ていると様々寄せられている事が分かります。
2chでの評価に関しても賛否両論あり、人それぞれで異なるようです。

 

 

三井ダイレクト損保の事故対応について

自動車保険を選択する時に比較しておきたいのが、それぞれの保険会社にあるロードサービスや事故対応に関してです。

最近はそれぞれの損保ともに保険加入者に対し、無料でロードサービスや事故対応を提供するのが普通になってきています。
しかし、その中でも通販型の自動車保険の方が代理店型の保険と比べても充実したロードサービスを提供している傾向にある事が分かっています。

24時間で年中無休の事故対応サービスというのは名前の通りで、いつでも事故の対応の受付を
行ってくれるサービスとなっており、三井ダイレクトのみならず、最近では実に多くの保険会社で提供しているサービスになっています。

1事故1専任の担当制というのもよく聞くかもしれませんが、これは事故を引き起こした時に専任の担当者が事故を解決するまでしっかりと対応してくれるサービスとなっています。
担当者が最後まで対応してくれますので連絡を入れる度に担当者が変わり、困ってしまう!なんて事もなくて安心する事が出来ます。

さらに三井ダイレクトの場合では対人事故、または対物事故についての中途経過をサイト上で確認出来ます。
これによって今は一体どんな状況になっているのか?という事が常にリアルタイムで知る事が可能となっています。

 

三井ダイレクト損保の保険料って他と比べて高い?安い?

三井ダイレクト損保の評判に関してですが、保険料は他の所と比べても非常に安い部類になります。
5段階中評価では4となっていますが、しかし人件費の削減で保険料に還元している事もあり、口コミなどでは事故の対応に関して、つまり電話やメールの対応に少し不安を残す利用者達もいます。
やはり保険料が安いという事には、それなりの理由も存在する事を利用者側は認識しておかないと言えるでしょう。

しかし、何も悪い事だけではなく、費用の安さに見合わないロードサービスの内容は非常に高く評価されているのです。
車の鍵の閉じ込みを無料で行ってくれたり事故を起こした際のレッカーサービスも30キロまでなら無料でしてくれます。
それによって、いざという時に安心した!という方達も非常に多くいます。
免許証の色や走行距離に関わらず、平均的に見て毎月の出費を抑制させる事が出来るのが三井ダイレクトと言っても良いでしょう。
その反面として、車両保険のかけられる費用は他と比較すると低い傾向にあるようです。

仮に本田のフィットに乗っている場合では他の保険会社で175万だったら三井ダイレクトの場合では140万ほどになりました。
逆に言うとチューリッヒみたいに等級プロテクトはないが、車両保険を1回使用しても
チューリッヒの保険料より安くなるケースもありますので、要は考え方次第で良いと思える保険です。

 

 三井ダイレクト損保の補償内容って?

三井ダイレクトというのは三井住友海上、三井物産が主な株主で設立されたネットを中心的に個人向けの保険を扱っている通販型の保険会社の事を言います。
本当に必要とされる補償を分かりやすく説明する事、簡単な手続き、満足する事が出来る保険料、これらを掲げてサービスの提供に努めているのです。

顧客満足度ランキングでも1位を取った実績も持っていて非常に分かりやすく、自分の自由自在に組み合わせながら契約をする事が出来ます。
保険料の費用を出来るだけ抑えたい!補償をしっかりと充実させたい!などといったように様々なニーズに合わせて内容を設計する事が出来るのでオススメですよ。
三井ダイレクト損保の保険は賠償保険と傷害保険、そして車両保険といったように3つに分かれていて、非常に分かりやすい補償となっています。

新規でネットから契約を行えば4000円の割り引きが適用され、証券不要でeサービス特約を付けたら、さらに500円割り引かれるお得な割引制度があるのも特徴です。

三井ダイレクト損保で契約を行うと全ての車のトラブルを無料でサポートしてくれるのも有難い点でしょう。
車両保険を付けていない契約もこのサービスの対象となり、車のレッカー移動はもちろん、故障の際の修理、さらには50キロ以上遠方で故障した場合では宿泊費のサービスもあります。

 

三井ダイレクト損保のロードサービスについて

三井ダイレクト損保は保険をネットで提供する事を通し、利用者に本当に必要とされる補償を分かりやすい形で、簡単な手続きで、満足のいく保険料で、という事を心がけて提供している。
ロードサービスに関しては契約している車が故障、または事故やバッテリー上がり、鍵の閉じ込みなどといったトラブルにあった時にも24時間年中駆けつけてくれるので安心です。

三井ダイレクト損保で契約した全ての車のトラブルを無料で徹底的にサポートしてくれるのです。
車両保険を付けていない契約もこのサービスの対象となるので非常にオススメできます。
車のレッカー移動や故障の際の修理はもちろん、遠方で故障した場合でも宿泊費用のサービスや搬送サービスなどといった補償を受ける事が出来ます。

また、ロードサービスを使用しても次の年の保険料は上がらない点も良いです。

さらに三井ダイレクト損保で契約して2年経つ利用者には50キロ以上の遠方で受ける事が出来るロードサービスのメニューが上がります。

全国でおよそ3200箇所以上の拠点と年中無休で駆けつけてくれる点は非常に嬉しいでしょう。
しかし、離島やレッカー車が入る事が不可能な場所、湖沼や海岸や河川敷、さらには山間部などでは対応する事が出来ないケースもありますので注意しましょう。

 

三井ダイレクト損保の新規契約ネット割引について

三井ダイレクト損保は走行距離や免許証の色で保険料が左右される事はありません。
ネットから申し込みをして契約すると、最大で4500円の割引を受ける事が出来る点も魅力的です。
これはネット契約割引の4000円と証券不発行割引の500円を足した額となっています。

三井ダイレクト損保を選ぶと保険料を月払いにする事も選択出来ますので家計も考えた支払いをする事が可能となるでしょう。
優良ドライバーは1年間で無事故なら、次の年の保険料が今までのノンフリート等級の割引に加えて、さらに2%割引きされるのでオススメです。

これまでに1年間で無事故の19等級から20等級で年齢条件を26歳以上、もしくは30歳以上に設定した場合は次の年の保険料が3%割引になります。

また、運転者を本人とその家族だけに限定してやれば保険料はおよそ5%引きになります。
運転する人の年齢に合わせ4つの年齢条件を選ぶ事が出来て、限定する年齢が高くなれば高くなるほど保険料も安くなるようになっています。

友達などといったように家族とは別の人が運転する時は、この特約を付けておくと
年齢条件を変えるよりも保険料が安くなります。
また、11等級から20等級の場合で2台目以降の契約をしたら7等級が適用される事となるセカンドカー割引というサービスも設けられています。

 

三井ダイレクト損保ってどんな自動車保険料支払い方法があるの?

契約を行う前にいくつか自動車保険の見積もりを取るようにして、実際に見比べて選ぶのは大事ですが、もう1つ知っておきたい事として保険料の分割払い特約が挙げられます。
自動車保険料の支払い方法は年1回で払う他に保険料分割払特約を付けて、保険料を所定の回数に分割して支払う方法があるのです。

分割払いにしたら1回につき支払いもしやすくなるので保険料を確実に払う事が出来るようになる点がありますが、
保険料が割増しされてしまいますので年間で払う額は多くなってしまうのです。

三井ダイレクトは分割払いに対応しており、月払いはクレジットカードで利用する場合に限って可能となっています。
ただし、月払いの場合は保険料は全体的に5%割増しになるので注意しましょう。
クレジットカード会社の分割払いはもちろん、リボなども利用する事が出来るので便利です。

三井ダイレクトで利用する事が可能なのはクレジットカードでの月払いで
カード会社の分割払いではないので、分割払いをする手数料自体はかからないという特徴を持っています。
しかし、何度も言いますが保険料は5%割増しされるので気をつけるようにしましょう。
人それぞれで異なると思いますので、支払い方法は自分の環境に合った払い方を選択するようにして下さい。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ