自動車保険の被保険者を誰にするかで保険料は変わる!

 a0001_015098

自動車保険の保険料を安くするために、割引制度をうまく利用すべきなのですが、意外に盲点なのが、保険の「被保険者」を誰にするかということです。

 

 自動車保険の「契約者」と「被保険者」

自動車保険の「契約者」と「被保険者」の違いを理解しておくと、
わかりやすいので整理しておきます。

自動車保険の「契約者」とは、
保険の申し込みをして、保険料を支払う義務を負う人です。

普通はクルマの所有者です。

自動車保険の「被保険者」とは、
保険証券の「記名被保険者」に名前が書かれている人のことを指します。

おもにクルマを使用する人となります。
一般的には、自動車保険の契約をするとき、クルマの所有者でもあり、運転者でもある人が自動車保険の契約者であり、証券上の被保険者でもある。

 

契約者=被保険者となっているケースが多い。 

実際にはダンナさんの名義で、奥さんの方が主にクルマを使っているケースはよくある。

「被保険者」は「主にクルマを使用する人」であり、
「クルマを事実上自分のものにしている人」
「クルマを自由に使用できる人」と意味としては幅広い。

ということは、

家族で複数人の運転者がいる場合、
誰を被保険者にするかで、保険料が大きく変わる。

奥さんがゴールド免許で、旦那がブルーの場合、
被保険者を奥さんにしておくとゴールド免許割引が使えます。

あと、等級を継承できるのは「被保険者」のみになる。

例に出してみますと、

  • 家族で1台のクルマをお父さんと息子で使っていました。
  • 保険の「契約者」「被保険者」はお父さんでした。
  • すばらくすると息子は家を出て独立
  • そのうちお父さんはクルマを使わなくなった
  • 息子がお父さんのクルマを欲しいと言った

ここで息子が新たに保険契約をするとき、
お父さんが持っていた無事故割引は使えない。

等級は同居する家族にしか適用されないからです。

この場合、将来お父さんがクルマを使わなくと思ったら、息子が独立する前に被保険者の名義を息子に変更しておけばよかったということになります。

そうしておけば、被保険者である息子は独立後の新住所でもそれまでの無事故割引を引き継いで保険契約をすることが可能です。

うまく「保険の中断」を利用する方法もある。

お父さんがクルマを廃止することになっても、保険を中断しておけば、
もし息子が戻ってきて一緒に住むことになり、息子がクルマを新たに購入することになった場合、「中断」を使って自動車保険を申し込めば、以前の無事故割引を利用することが可能です。

気をつけるべきは、近年高齢者の事故が増えているため、
被保険者が60歳以上の場合、保険料は高くなる。

年齢別の保険料金の設定は、
保険会社によって異なるため、詳細は保険会社に問い合せてみるのが無難なようです。

例えば、70歳のお父さんと40歳の息子の場合、息子が被保険者の方が保険料は安くなることが多い。

 
これだけは知っておきたい自動車任意保険の基礎知識




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ