自動車保険の一括見積もりサイトを使う理由

a0001_017444_m

自動車保険の一括見積もりサイトってよく見かけますよね?

確かに、1回の入力で数社の一括で見積をとってくれるのは便利ですが、
保険会社をコロコロ変えるやり取りがメンドクサイ・・・ですね。

しかし、この一括見積もりで保険料が安くなるって言われると話が変わってきます。

そうです。
自動車保険は一括見積もりするだけで保険料が安くなります。

なぜ??

それは「保険の自由化」がポイントです。

保険の自由化って1998年から始まったんですけど、
この自由化が始まる前までの自動車保険ってどこの会社も同じ保険料だったんです。

自動車保険料率算定会っていう機関が

「この条件の人はこの保険料」
「こういう条件の人はこの保険料」

ってな具合に決まっていました。

そのルールに各自動車保険会社は「はい、わかりました!」と頷いて
我々保険加入者に保険を提供していたんです。

要するに、どこの保険会社を選ぼうが保険料は変わらなかったんです。

 

それが自由化によって自動車保険料率算定会を無視して
各社独自の基準で保険料を決めてもOKになりました。

「各社独自の基準で保険料を決めてもOK」とされたので、
同じ条件でも「A社の保険料は10万円」「B社の保険料は8万円」というバラつきがでてきだしたんです。

 

自由化以降は、、、

”条件によってお得な保険会社が違う”という事なんです。

これが自動車保険をややこしくしている問題でもあるんですが、
そのややこしいと思う部分を一括見積もりサイトがやってくれているんです。

 

人それぞれ条件が違うからこそ保険料は安くなる

自動車保険に加入する際の条件って人によってバラバラです。

年齢が違う、車の使用目的が違う、事故歴が違う、
走行距離が違う、車種が違う、補償額が違う、などなど

本当にバラバラです。

保険会社も加入者の条件がバラバラだから、
それぞれに適用した保険を作ろうとしているんです。

そこに各自動車保険会社の独自の基準が出来上がっているんです。

これが、リスク分散型の自動車保険です。

 

各自動車保険会社がどういった条件をリスクだと思うのか?
それによって保険料を決めていこうっていう考え方です。

保険会社からすれば、
「事故リスクが低い人は保険料を安く」
「事故リスクが高い人は保険料を高く」もらいます。

 

そして、事故リスクは各社によって考え方が違う…

各社の事故リスクの方針を
イチイチ調べることなんて面倒くさすぎますよね?

だから、自分の条件を複数の自動車保険会社に提出して
保険料を計算してくれる自動車保険の一括見積もりサイトがオススメなんです。

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ