ダイレクト自動車保険なのに【事故対応◎評価】そんぽ24損害保険のロードサービス!!

自動車保険「そんぽ24損害保険」について

そんぽ24損害保険はウェブサイトやコールセンターを利用して代理店を通さずに直接申込みが可能な保険会社として営業を始めて、現在は日本興亜グループに入っています。

そんぽ24損害保険は利用者に出来るだけ分かりやすい保険商品を、満足のいく値段で提供する事と、利用者の万が一の事故に関しては万全のサービスを提供する事を目的としています。
個人向けであるリスク細分型の保険を利用者達に様々案内して、申込みはそんぽ24損害保険の公式サイトからかコールセンターで直接行えるので非常に手軽です。

もしも事故を引き起こしてしまった場合ですが、日本興亜の全国にあるネットワークと連携する事によって、万全の事故対応サービスを提供する事が出来るようになっています。

日本興亜損と損害保険ジャパンが経営統合した事で「NKSJグループ」が出来ました。
それによってそんぽ24損害保険も晴れてNKSJグループの1つとなったのです。
また、そんぽ24損害保険は割と新しい保険会社と言えますが、日本興亜損保と連携している事で事故対応に関するノウハウも共有する事が出来ていますので事故対応の満足度も非常に高いです。
オススメの自動車保険となっていますので、検討されている方は選択肢の1つに入れてみるのも良いでしょう。

 

そんぽ24損害保険の特徴って!?

自動車保険を取り扱っている保険会社は非常に多くあるものですが、そうした中でもそんぽ24損害保険は人気が高まっています。
そんぽ24損害保険にはレジャーや通勤目的で車使う人や1年間での走行距離が少ない傾向にある人、本人や配偶者のみ運転するという方、さらにはゴールド免許、1年無事故だった人などの場合は保険料が非常に安くなるでしょう。

そんぽ24損害保険の保険の特徴として挙げられるのは事故やトラブルの際のサポートが24時間年中無休で受付け可能な点でしょうか。
ロードサービスの手配はもちろんの事、自動車の修理工場の手配まで行ってくれるのです。

もしも事故にあった場合も日本興亜損保と提携している事によって、いつでもどこでも事故の受付は可能となっています。
さらに事故の際や車が故障してしまった時に必要なレッカー移動やバッテリー上がりなどといったロードサービスも素早く、ほとんどが無料で対応してもらう事が出来ます。
全国に提携している修理工場が沢山ありますので、自動車の修理も早く行えるのが特徴です。

補償の内容としても基本的な3つのプランから、それぞれで必要に応じて選ぶ事が出来るので分かりやすく無駄がないで。
自動車保険というのは手続きが非常に面倒と思われますが、そんぽ24損害保険はインターネットから少し
質問に答えるだけで保険料の相場を知る事も可能ですし、見積もりや申し込みもインターネットを利用すると非常に簡単に行えます。
かなり効率的に作られているので興味のある方は是非、オススメします。

 

そんぽ24損害保険ってどんな保険プランがあるの?

そんぽ24損害保険の保険料は本人、または配偶者限定の特約や新規契約が7等級以上となっていて前契約の契約中に保険を使用する事故が起きなかった場合は前の1年の無事故特別割引が適用されたり、1年間での走行距離によって保険料が変わってくるといった特徴を持っています。

さらにネットから申し込みを行うと保険料がさらに5%割引されるといった嬉しい特典もあるのです。
他にも自動車を仕事で使わない人やゴールド免許を持っている人などといった場合では保険料が割引きされます。

そんぽ24自動車保険は非常に分かりやすい補償内容と車の使用スタイルや様々な条件に合わせて満足のいく保険料を実現させてくれます。

このそんぽ24の自動車保険では基本的な補償プラン3つあり、そこから選ぶ事が可能となっています。

フルセットプランは対人賠償と対物賠償、そして人身傷害保険などといった基本的に必要な補償が全部セットとして付いているプランになっています。
バリュープランは上記のフルセットプランから搭乗者傷害特約を外したプランとなっており、スタンダートプランは人身傷害が付いていないタイプとなっているのです。
自動車の使用目的や1年間での走行距離、さらには運転者の限定などといった豊富な保険料の割引サービスがあり、交通災害や事故の備えとして24時間年中無休で事故受付けをしてくれるのも安心です。

 

そんぽ24損害保険の口コミを集めてみた!!

そんぽ24損害保険の保険はリスク細分型のダイレクト系自動車保険に分類されますので、保険料は非常に安くなるケースがあります。

割引サービスも様々あり、充実した内容となっているので他の保険会社と比べるとわりと安く見積りを取れるケースが多いです。
全国でおよそ8000ヶ以上のロードサービスの拠点も持っているので、もしもの時も安心する事が出来ます。

サポート拠点の数はおよそ160箇所あり、レッカーの移動サービスは15キロで少い物足りないように思えます。
しかし、レッカーの移動サービスは指定の修理工場でない場合は距離が無制限となりますので、安心です。
親会社が日本興亜損保なので会社の信頼度においては裏付されていると考えても良いでしょう。

日本の中でも大手損保の日本興亜損保の全国にあるネットワークと連携する事で充実の事故解決サービスを実現させているのです。
非常に安い保険料で他の会社に負けないレベルの事故処理や対応に関しては考慮に入れる価値がある保険と言えます。

公式サイトでは「みんなの広場」といって利用者の声を集めたページも公開しており、
このページでは実際にそんぽ24損害保険に加入されている方達の意見をそんぽ24損害保険がどうやって反映しているかが紹介されているので目を通してみて下さい。
中にはよくある口コミサイトでは見る事が出来ないような意見が見られますので興味がある方は参考にしてみるとよいでしょう。

 

 そんぽ24損保の加入者の評判ってどうなの?

コマーシャルなどでも馴染みがあるそんぽ24損害保険は日本興亜保険に属していて日本興亜損保が持っている全国的なネットワークと連携されている保険会社なのです。
リスク細分型の保険を提供しているのが特徴で非常に安い保険料、そして高い知名度が特徴でしょうか。

契約されている人数も非常に多く、そのため口コミなどでも色々な意見を見られるようになっています。
そんぽ24損害保険の評判は日本興亜損保が運営する通販保険だから安心して加入したという方も多いです。
また、保険料が安いし外資系ではないので選んだ!などといったように興亜が株主という点に評判も高いのです。

事故対応については日本興亜のロードサービスと連携しているので、親会社の評価がそのまま繋がっていると考えられます。

しかし、事故の対応に関しては通販型の保険という事もあってか電話が繋がりにくい点や事故対応の相談に応じてくれない、などといった口コミもよく見かけます。
どれだけ日本興亜損保のノウハウがあっても、対応するのはそんぽ24損害保険になるという事です。
通販型の保険という事もあって、どうしても対応力としては日本興亜保険とは異なるので注意しましょう。

 

 

そんぽ24損害保険の2ch評価

そんぽ24損害保険は日本国内の損保会社の中でも大手の日本興亜損保グループの子会社に分類されます。
コアラのテレビCMを見た事がある!という人も多いと思います。

日本興亜損保の子会社となってそんぽ24損害保険と名前を変えたのは2004年なので、そんぽ24損害保険としての歴史はまだ比較的浅いと言え、まだ未知数の自動車保険とも言えるでしょう。
日本興亜損保グループという点が最も安心出来るでしょう。
通販型自動車保険なので保険料も安く、満足されている方は非常に多いです。

ネットから申し込みを行うと最大で8%の割引きを受ける事が可能なので保険料が高ければ高い人ほど割引も大きく感じる事が出来ます。
10万円の保険料だとすると5000円も割引きされますのでお得です。

通販型自動車保険ですので代理店型の損保と比べると保険料は遥かに安いでしょう。
通販型は対応が不安だ!という方も非常に多いのですが、その点でもそんぽ24損害保険の場合は大手損保会社が親会社なので比較的安心感があるという評価が多いです。

実際2chや口コミでも大手の損保会社の子会社だから安心!といった意見を寄せられている人は多いです。
外資系は不安だけれど代理店タイプの自動車保険は高い!と思われている人にオススメの保険会社です。

 

そんぽ24損害保険の事故対応について

そんぽ24損害保険は通販型の自動車保険を販売している自動車保険会社なのですが、提携している銀行などを媒介代理店としている販売手法にも積極的に取り組んでいるという特徴があります。
さらにシンプルな内容で分かりすい補償といった方針もあり、通販型としては非常に珍しくて割引サービスや特約が分かりにくいという事がありません。

24時間、年中無休の事故受付していて急に起きる交通災害、もしもの事故の時に備えて、いつでもどこでも事故受付をしています。
必要に応じ、ロードサービスも手配していて状況によってダイレクトガレージネットワークでの提携修理工場も手配してくれます。

そんぽ24損害保険は大手保険会社の日本興亜損保の子会社で事故タイプによって経験豊かな専任チームを結成していて事故解決にあたってくれます。
日本興亜損保の全国的にあるネットワークと連携しており、充実の事故解決サービスも受ける事が出来ます。

事故を起こす事によって自動車の修理が必要になった際、ダイレクトガレージネットワークによって質の高いサービスを提供する事を可能としています。
事故により、修理が必要となった際はそんぽ24損害保険と提携している修理工場ネットワークを使ったサービスを受ける事が出来るのです。
さらに提携している修理工場では車検費用が割引きされるサービスなどといった特典もあります。

 

そんぽ24損害保険の保険料って他と比べて高い?安い?

そんぽ24損害保険は社名が変わっていて日本興亜損害が100%出資している保険会社の事です。
そんぽ24損害保険では非常に安い保険料でありながら充実のサービスを提供するためとして、ネットシステムとコールセンターをフル活用している特徴があります。

保険は明確な補償内容となっており、保険料に関しても利用者達が満足する事が出来る金額になっていると言っても良いでしょう。

そんぽ24損害保険の自動車保険は非常に分かりやすい補償の内容と利用者側の車のスタイルや様々な条件などと合わせ、満足のいく安い保険料を実現させているという訳なのです。

仮にレジャー、または通勤でしか車に乗らないという人、走行距離が少ない人、さらには本人か夫婦しか運転しないという人やゴールド免許の人、前の年は無事故だった人などといった場合では保険料はかなり安くなると思われますので1度見積もりをしてみると良いでしょう。
さらにネットから申し込みをして契約をすれば、保険料が5%割り引かれます。

そんぽ24損害保険に契約している人なら無料でロードサービスが付いてくるので満足されている方も多いです。
ロードサービスは全国に拠点があって急なトラブルにもスピーディーにも対応しています。
仮に事故などにより、自動車が自力で走行する事が不能になってしまった場合は最寄の修理工場を手配してくれて無料でレッカー移動も可能となっています。

 

そんぽ24損害保険の補償内容って?

そんぽ24損害保険の補償内容に関してですが、基本的に対人賠償は無制限となっています。
しかし、対物賠償については500万円から無制限となっていて自分で決める事が可能となっています。
対人賠償や対物賠償は無制限だけでしか加入できない保険会社も非常に多いので、
対物は無制限でなかっても良いので保険料を安くさせたい!と思われている人にはオススメです。

契約をする時は人身傷害補償か搭乗者傷害保険のどちらかの特約を付けなければいけません。
自動車の車室の中やトランクの中、またはキャリアに固定された身の回り品に関して、事故によって損害が出たら、20万円を限度額として保険料が払われる身の回り品補償という特約が、車両保険を付けたら自動的に付くという特徴も持っていますのでオススメのポイントです。

さらに走行距離に関しては非常に細かにリスク細分が行われており、契約する際に予想の走行距離を4千キロ未満、4千キロ以上8千キロ未満、8千キロ以上1万2千キロ未満、そして1万2千キロ以上1万6千キロ未満と1万6千キロ以上という5つから選ぶ事が可能となっています。
これらの区分から選んで保険料がそれぞれで違ってくるのです。
1年間での走行距離が少ない傾向にある人の場合は保険料がかなり安くなるケースもありますので、これも視野に入れて検討すると良いでしょう。

 

 

そんぽ24損害保険のロードサービスについて

そんぽ24損害保険は無料のロードサービスがあります。
これは様々なトラブルのサポートをしてくれるサービスとなっており、事故や故障などの自動車のトラブルに対して30分以内で作業する事が可能な緊急サービスを提供しているのです。
レッカー移動のサービスは事故で故障で自動車が自力で走行する事が不可能になった時、最寄にある指定の工場を手配してくれて、無料でレッカーしてくれるので便利です。
利用者が指定する修理工場に移送する場合は15キロまでが無料となりますので覚えておきましょう。

また、即時で入庫する事が出来ない場合は24時間を限度として無料で一時保管もしてくれるサービスもあります。
自宅から50キロ以上離れている遠方での事故、または故障などでレッカー移動サービスを受けた人に対しては
宿泊費や帰宅費、さらにはレンタカーの費用や修理が完了した車を自宅へ無料で配送してくれるサービスもあります。

そんぽ24損害保険に契約して人全員に対して、このロードサービスが無料で付いてくるのでお得です。
15キロまで無料レッカー移動サービスに始まり、車の鍵の閉じ込みやバッテリー上がりなどといったトラブルをサポートしてくれます。
遠方でのアクシデントに関してもサポートやサービスなどは充実しており、便利なロードサービスと言っても良いでしょう。
日本全国におよそ8200箇所以上のロードサービス拠点を持っているのも特徴で事故、または故障で車が自力で走る事が出来なくなってしまった時に近くの修理工場を手配してくれて、無料でレッカー移動してくれるのです。

 

人身傷害と搭乗者傷害の違いはなんなの?

そんぽ24損害保険は大手である日本興亜損保グループの1つで、通販型の自動車保険ならではとも言えるような非常に安い保険料が最大の特徴になっています。
さらにネット経由から申込んで契約を行うと保険料が最大で8パーセント割引かれます。

搭乗者傷害保険というのは契約している車に搭乗している人が事故によって死んでしまった、後遺障が残ってしまった、怪我をしてしまった、などの場合で治療費や収入に関係なく契約した際に決めた金額が払われる保険となっています。
人身傷害補償や人身傷害補償担保の特約は契約している車、または他の車に乗っている間に起きた事故によって本人や同乗者が死んでしまったり、後遺障害が残ってしまう、ケガをしてしまった時に補償される事となります。
この保険は乗車している間の事故のみならず、歩行している間の事故の場合でも補償される事がポイントです。

搭乗者傷害保険は加入しておいた方が良い保険であるのに対して人身傷害保険は加入していれば手厚い補償を受ける事が出来るのでカバー型の保険と言っても良いでしょう。
両方に加入する事で両方の費用を補償してもらえるので最も良いと言えますが、その分保険料も高くなってしまいますので悩まされる所でしょう。
基本的に人身傷害保険の方が厚い補償を受ける事が出来るようになっているのです。

 

そんぽ24損害保険の車両保険ってどんなのあるの?

そんぽ24損害保険の自動車保険の内容はかなり充実していると言われています。

保障内容は対人賠償と対物賠償はもちろん、対物超過修理費用補償や人身傷害補償などの特約があります。
さらには搭乗者傷害保険などといった車両保険も様々用意されています。

この他にも非常に沢山の特約を付ける事が可能となっているのですが弁護士費用等補償や身の回り品補償、さらには代車費用補償、ファミリーバイクなどといった特約などがあります。
それから全部の保険に付いてくる特約として他社運転危険補償というモノです。

ネットから自動車保険の契約を行うと保険料がさらに8%安くなる割引も受ける事が出来るのです。
そのため、そんぽ24損害保険を契約する際はネットから行うのが良いでしょう。

そんぽ24損害保険の車両保険は他の自動車との衝突や接触はもちろんの事、飛来物や落下物との衝突、火災や洪水などの自然災害、さらには盗難まで補償してくれます。
他にも車両全損時臨時費用や運搬、または納車費用、仮修理費用や盗難車引取費用などと様々用意されているのです。

そんぽ24損害保険を検討されている方はネットなどを口コミで見る事が出来ますので参考にしてみましょう。

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ