【加入者が語る】あいおいニッセイ同和損保の不満と良い所!!

自動車保険「あいおいニッセイ同和損保」について

あいおいニッセイ同和損保はあいおい損保とニッセイ同和損保の2つの保険会社が合併して誕生しました。
また、三井住友グループと経営を統合した事によって互いの足りない部分や地域を補いし合う事で全国で経営展開をしています。

あいおいニッセイ同和損保の保険は個人向けの自動車保険であるタフと家庭向け自動車保険であるタフシンプルという2つから選べます。
補償の内容にはどちらも差はないのですが、大きく違う点はリスク細分型となっている個人向けとリスク細分がなく家族構成に左右されない家庭向けになっているという所でしょうか。

具体的に言うと個人向けのタフはゴールド免許割引が適用されたり、年齢区分も35歳以上に設定する事が出来ます。
さらに自動車の使用目的を選べたり、運転者も本人限定を選ぶ事が出来ます。
人身傷害も自動的に付いてきて、このようなリスク細分は家庭向けにはないのです。
対応車種に関してはタフシンプルの方が広く、タフの場合は自家用8種だけが対象となっていて人身傷害も特約扱いになっているという訳なのです。
ロードサービスが売りの1つでレッカー移動も60キロまでは無料で行ってくれます。
興味のある方は是非、1度検討してみてはいかがでしょうか?

 

あいおいニッセイ同和損保の特徴って!?

あいおいニッセイ同和損保というのは「あいおい損保」と日本生命の「ニッセイ同和損保」が合体して誕生した保険会社となっています。

昔の大東京の流れを汲みながら現在でも拡大している会社です。
あいおいニッセイ同和損保は車の保険に対して強みがあります。
その一方で世界一の自動車メーカーとも言われているトヨタ自動車や生保業界の大手である日本生命の資本が入っている点も凄いです。

頼る事が出来る、スピーディー、優しいという事をキーワードとしてタフと呼ばれる
商品名で保険が販売されています。
インターネット上でもADタフクラブと呼ばれるサービスが提供されており、カーライフのサポートや懸賞など様々実施されているのです。

リサイクル部品使用特約と呼ばれる修理をする際、リサイクルパーツを使用する事を契約しておくと保険料が5%割り引かれるので非常お得になります。
中古部品でも問題ない!という方にはオススメです。

自動車保険には非常に力を入れており、自賠責を含めると売上げのおよそ60%が自動車保険関連だとされています。
トヨタ関連の保険の扱いで非常に強みを発揮してくれるでしょう。
日本生命のバックアップもあるので、生保損保どちらの利用者にも強みがあると言っても良いでしょう。

 

 

あいおいニッセイ同和損保ってどんな保険プランがあるの?

あいおいニッセイ同和損保で扱っている保険プランには様々ありますので紹介します。

まず「あいおいニッセイ同和損保」の見積り充実プランについてですが、これは事故を引き起こしてしまった時にある一定は充実した補償を受ける事が出来るプランとなっています。
次に「お見積り標準プラン」ですが、これは自動車保険に加入される人が最低限付けておきたいプランと言っても良いでしょう。

最後に「お見積り節約プラン」ですが、これは家庭に自動車が複数台あるという人で、等級が1番高い自動車に補償を付けている人の場合、2台目として検討するとお得なプランになっています。
保険料の割引についてだがリサイクル部品を使って修理するので構わないのであれば割引となるリサイクル部品使用特約という便利な特約もあります。

非常にユニークな保険となっています。
また、車両保険には全損時諸費用保険があり、これは保険料の10%、上限20万円まで補償してくれるもので自動的に付いているのです。
また車両保険をつけている契約に関しては全部ロードサービスを無料で利用する事が可能となります。

自分に合ったプランをお好みで選らんで、さらに自分に必要と思われる特約を付けて無駄のない保険を組み立てましょう。

 

 あいおいニッセイ同和損保の口コミを集めてみた!!

あいおいニッセイ同和損保というのは比較的最近、あいおい損害とニッセイ同和損害という2つの会社が合わさって出来た新しい保険会社の事を言います。

有名な動画サイトであるユーチューブでも公式のチャンネルを持っており、コマーシャルや商品の説明ビデオなどのアップロードに利用しています。
保険商品の中で車の保険に当てはまるのはタフとタフシンプルの2つあります。

この他に自動車保険には運転者の保険や自賠責保険なども扱っているので幅広いです。
割引サービスや保険料に関しては自動車を使う目的や免許の色、年齢などで変わってきます。

また、福祉車両やエコカーで割引されるサービスもあり、ロードサービスに関してはタフとタフシンプル、どちらの場合でも自動的に付けられます。

レッカーの無料距離は一般的に15キロまでとなっており、JAF会員なら30キロまで無料になります。
ただ、自動車を運搬する費用に関わる特約も自動的に付いていますので、実際はさらに長い距離を無料で移動させる事が出来ます。

他にも自動車に関わる税務相談やベテランの運転者のスタッフによる安全運転の電話相談など様々実施しているのです。
口コミでは、電話や事故の時の対応に関する意見が多く見られます。
電話の対応は割りとしっかりしていますが、事故対応の場合は担当者によるものが大きいです。

 

あいおいニッセイ同和損保の加入者の評判ってどうなの?

あいおいニッセイ同和損保というのは以前、自動車保険業界で支持を集めていた「あいおい損保」が「ニッセイ同和損保」という会社と合併した事によって誕生した割と新しい保険会社となっています。

前身とも言える「あいおい損保」と同じでトヨタを始めとしたディーラー達との関わりが非常に深くて代理店タイプの保険では車を買う際に最初の保険としてよく勧められます。
また、三井住友海上と経営を統合していてメガ損保のグループ会社の1つになりました。

しかし、設立してからあまり日が経っていませんので、基本的に掛け捨てが当たり前の自動車保険の中ではあまり情報が無いです。

ネットで「あいおい」で検索したら、あいおい損保の頃の保険商品だった「トップラン」や「IAP-F」などといった情報、または口コミが様々出てきます。
しかし、これをいくら調べても合併した事で、その頃と今ではまったく別の商品体系になっています。
そのため、調べる場合は注意するようにしましょう。

商品が変わるとサポートマニュアルも当然違ってきますし、合併に伴って人員や拠点も変わっています。
以前の口コミなどは参考にならない!と言えますので注意するようにして下さい。

 

あいおいニッセイ同和損保の2ch評価

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険であるタフは基本的な補償となる対人賠償と対物賠償、そして人身傷害、さらに車両保険や特約も様々あり充実した内容になっています。

他の保険会社には無いような特約もあり、対歩行者等傷害と対物差額修理費用補償には目を惹かれます。
この特約は以前からよく起きる事故のトラブルを参考にして考えられた事故トラブルを回避するための特約になっています。

仮に、もしも歩行者や車に乗っている人を車で引いてしまっても確実に保険が下りる!とは言い切れないのです。
事故の相手側の歩行者が急に自動車の前に飛び出してくる、または標識を無視して飛び出してきた自転車を引いてしまったなどといった場合、相手にも悪い所がありますので、その分は対人保険からは支払われない事になるのです。

しかし、車と人の事故の場合では、どうしても人へ被害が大きく出てしまいます。
そのため、出来るだけ治療費を保険で払い、事故を解決したい!と思われる人も多いでしょう。
そのような時に対歩行者等傷害が役立つ事となります。
対人賠償責任保険だけでは補償される事のない他人の過失を含んだ他人の損害に対して、人身傷害保険の基準で計算した保険料を限度として支払われるようになっています。

 

 あいおいニッセイ同和損保の事故対応について

あいおいニッセイ同和損保というのは、比較的歴史が浅い保険会社と言えますすが、根幹には業界の中で大手として培ってきた実力があるのです。

確かに保険料で考えると安い方ではないですし、特約が多いという所も逆に補償を厚くすると保険料も高くなってしまうという事になります。

通販型の保険の中で最低限の補償と比較するとおよそ3倍、4倍ぐらいの差が出るケースもあると言われています。
したがって自動車保険を検討する際、安い保険料に重点を置いて考えている人にはオススメではないです。

しかし、自動車保険があまりよく分からなくて自信がなかったり、補償をしっかり付けておきたい!と考えている人の場合は選択の1つに入れても良いと思います。

保険の内容としては人によって生活スタイルで必要と思われる補償も変わってくるので一概にはいえません。
あいおいニッセイ同和損保が設立されてから間もないので、事故対応に関しても合併してからの評価を見る事が可能な情報も少ないのが現状なのです。
さらに「あいおい損保」は典型的な代理店タイプの損保となっていましたし、ニッセイ同和損保も代理店タイプの保険会社ですが生保部隊の保険募集も多いので特殊な代理店型であったとも言えるでしょう。

 

 あいおいニッセイ同和損保の保険料って他と比べて高い?安い?

あいおいニッセイ同和損害というのはわりと最近である2010年の10月に「旧あいおい損害保険」と「旧ニッセイ同和損害」が合体して出来た保険会社となっているのです。
主力の保険商品のタフシリーズは自動車の保険と住まいの保険、そして医療の保険と介護の保険、さらには怪我の保険と様々あり、我々の日常生活を送る中で安心を提供してくれているのです。
タフシリーズの他にも自賠責保険や地震、火災、海外旅行、国内旅行傷害、年金払積立傷害などといった様々な保険が用意されています。

あいおいニッセイ同和損保は代理点で契約を行う保険となっていますので、保険料は安い!という訳ではありません。
また、他の保険会社には無いような特別なサービスを提供している!という訳でもないので言ってしまえば平均的な自動車保険という印象も持ってしまいます。

最近では非常に沢山の自動車保険を扱っている保険会社が出している緊急の際の宿泊費と帰宅費のサポートは特約を付けないとサービスを受ける事が出来ません。
したがって、この辺りはマイナスなポイントと言っても良いでしょう。

他の保険会社と比べると良くもなく、悪くもなくといった印象ですが大手損保会社として培ってきたノウハウがあります。
事故対応などで安心感がある!と感じる方も多いので、興味がある方は検討してみてください。

 

あいおいニッセイ同和損保の補償内容って?

あいおいニッセイ同和損保というのはトヨタグループと非常に深い関わりを持っていた大手代理店型の保険会社「あいおい損保」と生命保険業界の中でトップを誇っていたニッセイ損保が合わさって出来た大手損保会社となっています。
現在ではメガ損保の1つである「MS&ADホールディングス」の企業の1つとなっているようです。

あいおいニッセイ同和損保の保険はタフとタフシンプルに分けられています。
両方とも自動車保険としての基本的な補償は一般的な補償が揃っているのですが、所々に独自の割引サービスなどが設けられているのが特徴で、ユニークな面を持っているのです。

1つ挙げられるのは運転者の限定の設定に関してでしょうか。
タフにしてもタフシンプルにしても別居している既婚の子供とその配偶者まで補償の範囲に含めてくれる
「子供ワイド」と呼ばれる特約を家族限定に付ける事が出来るのは独特でしょう。

割引サービスについては耐損傷性、修理性割増引と呼ばれる「あいおいニッセイ同和損保」が最初に取り上げた割引制度が利用する事が可能となっているのです。
これは耐損傷性と修理性の評価を保険料に反映させており、割引制度なのですが評価が低い自動車になれば割増しで反映されてしまうケースもあるので注意が必要です。

 

あいおいニッセイ同和損保のロードサービスについて

あいおいニッセイ同和損保が扱っている個人向けの自動車保険のタフ、
これは基本的な補償として対人、対物賠償と人身傷害はもちろん、車両保険や特約も沢山あります。

あまり見かける事のない特約である対歩行者等傷害特約というのと、対物差額修理費用補償特約は非常に珍しいので注目が集まっています。
この2つの特約は過去によく起きた事故トラブルを元として作られた、まさに車の事故トラブルを避けるための特約となっています。

また、ロードアシスタンスに関しては故障、もしくは事故によって自力で走行が不可となった時に
現場から15km以内の修理工場まで無料でレッカー移動をしてもらう事が可能となっています。
しかし、実際は15kmを超えたレッカー移動に関しては運搬費用、搬送費用を補償してくれる特約が自動的に付きますのでレッカーのみならず、クレーン作業も補償されるようになっています。

15万円か保険料の10%のどちらか高い額が支払い上限になるように出来ています。
したがってレッカー移動の距離が60km以上になっても、この金額の範囲なら大丈夫ですので、使い勝手も随分と良くなったと言われる人も多くいます。
特約は自動的に付いてきますが、無料ではないという事を覚えておきましょう。

 

あいおいニッセイ同和損保の他社運転特約ってなに?

他車運転特約とは正式名称を「他車運転危険担保特約」と言い、自分自身が契約していない自動車に乗っていた時に事故を引き起こしてしまった場合、自分の自動車の保険を使用して補償する事が可能な特約となっています。
仮に友達の自動車を借り、相手側に怪我をさせてしまうような大きな自動車事故を引き起こしてしまったとしましょう。
その時に通常なら、友達の自動車の自賠責と保険を使用する事になるのです。

しかし、他車運転特約に加入している、もしくは自分の両親の車などに付けていると友達の自賠責より優先して、その自動車保険を使って補償を出来るのです。
これは、つまり保険対象となっている人などが自らドライバーとして運転している形になります。
別の自動車を契約されている自動車として保険料が支払れるという訳なのです。

基本的に他車運転特約というのは自動車保険の商品に自動的に付いている場合が多いものです。
しかし、細かい補償内容に関してはそれぞれの自動車保険会社により、違いがありますので確認が必要となります。

あいおいニッセイ同和損保でも、この他社運転特約が扱われており、少しマニアックな特約とも言えますが付けておくと万が一の時に助けられる事となるでしょう。

 

あいおいニッセイ同和損保の「タフ・クルマの保険(個人総合自動車保険)」って?

あいおいニッセイ同和損保で扱っている自動車保険はタフと呼ばれる保険商品が販売されているのが特徴です。
補償の内容と保険料どちらも代理店タイプの保険として一般的な水準と考えても良いでしょう。

通販型の保険と比較すると保険料の安さを考えると見劣りしてしまうのですが補償内容で見てみると特約の豊富さ、細かさが厚いので補償をしっかりと考えるのであれば十分と言えます。

人身傷害保険には人身傷害自立支援費用補償や無保険車傷害などといった特約が付いてきます。
オプションとして傷害一時金を給付する保険、人身傷害の入院諸費用を補償してくれる特約、さらには交通事故傷害や犯罪被害事故傷害、子ども育英費用補償などといったように一般的な通販型保険では見ないような特約も様々用意されています。
自分自身はもちろん、家族への補償にも対応する事が可能に作られています。

あいおいニッセイ同和損保独自と言える割引制度は、以前の「あいおい損保」の頃から扱われている耐損傷性割引や修理性割増引があります。
これは独自の実験で得た車両の壊れ難さや修理のしやすさなどといった評価を保険料に反映させている制度となっており、最大では何と15パーセントの割引がされます。

 

あいおいニッセイ同和損保の車両保険について

あいおいニッセイ同和損保は以前あった2つの保険会社が合併した事によって、出来た新しい保険会社の事を言います。
国内でも大手の保険会社という事で知名度も高くて、2つの保険会社が合併する前から世話になっている人も多くいます。

この知名度の高さは「あいおいニッセイ同和損保」の最大の特徴と言っても過言ではありません。
知名度が高いという事は、そのまま安心感に繋がると考えられるのです。

自動車保険に関して十分な知識がある人だけでなく、代理店の人に話を聞いて保険の詳細を決めていく人も多くいると思います。
この時に安心感があるかどうかは非常に重要な事で、あいおいニッセイ同和損保は非常に高い安心感があるという訳なのです。

保険料を見てみるとあいおいニッセイ同和損保は流行の通販型保険ではありませんので安くはありません。
保険に加入される時、スタッフの対応は非常に細かな所まで考えてくれて、それぞれに合った保険をしっかりと考えてくれるのです。

自動車保険というのは細かな条件も多くなってしまうものですが、資料も非常に見やすくて分かりやすく作られています。
このように利用者の事をしっかりと考えてくれるというポイントも「あいおいニッセイ同和損保」の特徴と言えます。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ