お得な自動車任意保険を見つける為のコツと契約方法

お得な自動車任意保険を見つけるには一括見積りが重要!

毎年支払わないといけない自動車保険の費用ですが、補償の内容が充実しているなら掛け金は出来るだけ安いにこした事はないです。

安い自動車保険を選ぶためには見積もりサービスで複数の保険会社の見積もりを一気に比べるのがオススメです。
条件によりますが、1年でおよそ数万円も保険料が安くなるケースも実際にあります。

自動車保険の一括見積もりを行えば国産の自動車はもちろんの事、外車や軽など様々な車種の見積を行う事が出来ます。
大手の損保から外資系のリスク細分型保険まで取り扱っており、知り合いの保険屋に頼むよりも掛け金が安くなる場合もあります。
任意保険に入っている車の割合はおよそ70%を超えており、この加入率が示しているのは、万一の際に自賠責保険の補償のみでは十分ではない!といった認識を沢山の人が持っているからと考えられます。
自賠責保険と任意保険の異なる部分をしっかりと知り、保険の正しい知識を身につける努力が大事です。
保険料は補償の内容により、左右されますので自分で必要と考えられる補償の範囲と金額を選んで無駄の少ない保険選びを行なうようにして下さい。

 

自動車任意保険は1年契約が基本!そのメリットとは?

自動車保険には3年で契約する長期のものと1年で契約するものがあります。
これらはそれぞれどのように違うのでしょうか?そのメリットとデメリットについて調べてみました。

3年契約のメリットとして言えるのは初年や2年目に事故を引き起こしても契約期間中なら等級は下がらない所です。
契約する際にゴールド免許なら、直後にブルーになってしまっても満期である3年が来るまではゴールド免許として扱われるのです。
そのため、保険料が上がってしまう影響も受ける事なく、契約時の水準が3年間は適用されるのです。

逆にデメリットとして挙げられるのは期間中に2度事故を引き起こしてしまったら3年後は1年契約より1つ等級が下がってしまう事です。
2年目にゴールド免許になったとしても満期までは適用されません。
どちらにしても、変わらない事がメリットとデメリットになるという訳なのです。

では1年契約の自動車保険の場合はどうなのでしょうか?
この場合では長期契約とは逆なのでゴールド免許になると適用がすぐにされます。
基本的には1年契約を行う方が保険料を安く済ませる事が出来ますし、価額協定特約を付ける事が可能な点もメリットと言えます。

デメリットとして言えるのは事故を引き起こした時に等級がすぐに下がってしまいます。
このように悪い方の変化に対しても素早く反映されてしまう事でしょうか。

 

 

自動車保険と自動車共済の違いって?

保険に加入する際、保険会社を比べて見る人は非常に多いと思いますが、その時に共済も含めて比べる人は少ないです。
共済と聞いた事があっても、あまり分からないという人が多いみたいです。

共済というのは組合員から資金を集めて困っている組合員を助ける事が基本になっているのは保険と全く同じです。
しかし、保険と大きく異なる点は営利目的で行っていない所でしょうか。
だから保険より掛け金が少ない傾向があるのです。

また、共済にも死亡保障や医療保障もあって生命保険や医療保険の代わりとして加入されている人も多くいます。
特に都道府県民の共済はそれぞれの地域で特徴が違って、埼玉県民共済の場合はどんな保険よりも保障が手厚いのが特徴となっています。

共済では保険という言葉は使用されないが、保険とほとんど同じものだと考えて良いでしょう。
共済の自動車保険になるモノを自動車共済、またはマイカー共済と呼ぶので聞いた事がある方も多いでしょう。

保険の等級と同じで事故割引等級制度も設けられており、自動車の仕様や補償の内容を限定させるモノもあるので、保険と似たように考えて大丈夫でしょう。
自動車保険より共済の方が優れている!とは一概に言う事は出来ません。あくまで比べる時の候補として考える事が大事なのです。

 

自動車任意保険を解約する時に気をつける点!

車を手放す、または乗らなくなるなどで、自動車保険を解約する事がありますが、解約する際はいくつかの注意点があるのでで紹介したいと思います。

自動車保険を解約したら契約していた補償が全部なくなってしまう事を覚えておきましょう。
車を運転しないので問題ない!と思う人も非常に多いでしょうが、絶対にそうなる!とは限らないものです。

例えば個人賠償責任特約やファミリーバイク特約、さらには自転車傷害特約などは自動車事故とは関係がないです。
しかし、自動車保険を解約すると、これらの特約も解除され継続させる事は出来ません。

必要なら他に契約する事が出来る所を探し、改めて契約しておくようにしましょう。
とくにファミリーバイク特約の場合は注意しましょう。
自動車と同じでバイクを無保険で運転するのは非常に危険な行為です。

解約をした場合は保険の残り期間によって解約返戻金があるものですが、年払いで保険料を払い済みでも半年残っていたら半分戻ってくる!という事にもなりません。

一括払いの場合の解約返戻金に関しては短期率というモノで返戻金の金額が定められるので日割や月割計算と比べると非常に少ない金額になってしまう事もありますので注意が必要です。

 

 

自動車任意保険ってどんな補償内容が基本なの?

自動車保険を安くさせるには、まず一般的な任意保険の補償内容を知っておくようにしましょう。

補償の内容を薄くすると自動車保険も安くなるのですが、それだけでは意味はないでしょう。
充実した補償内容を基本として安い保険を作る事が重要なポイントとなるのです。

対人賠償保険は無制限が基本的で、常識とも言えます。
最近は保険会社により、無制限でしか選ぶ事が出来ない事もある程です。

対物賠償保険に関しては1000万円から2000万円に設定している人が多いですが最近では対物事故を起こした時でも非常に高額な責任が生じる事が多い事もあり、こちらも無制限に設定している人が増加しています。
無制限と2000万円では保険料に関して大きい差が出ない事も多いので、こうした事を考えても無制限で設定しておく方が賢い選択と言えます。

これらの他に多くの運転者が入っているのが人身傷害補償保険というものです。
それぞれの保険会社によって違いがありますが、3000万円から1億円まで設定する事が可能なケースが多くて、1億円に設定すると、保険料も高くなってしまいます。
実際に治療費などは3000万円から5000万円までの範囲で補償されるケースが多いので、この範囲で設定している人が非常に多い傾向にあります。

 

自動車任意保険の特約って必要なの?役立つ特約って?

一般的に必要と思われる特約というのは保険料を減らす効果がある特約、そして運転の環境を考えて付けておく事で有意義な特約でしょうか。

保険料を減少させる効果がある特約として挙げられるのは見積もり条件を入力する時に選ぶ運転者限定の特約や年齢条件などの特約と思います。

人身傷害保険は補償内容が手厚いので、保険料も基本的には高い傾向にありますが、それを抑えるための特約として人身傷害搭乗者中だけの補償をする特約があるので覚えておきましょう。

この特約を付けておくと歩行している間の事故は補償の対象とはなりませんが、
保険料は非常に安くなって自動車保険としては必要な保険として利用する事が可能となるのです。

車両全損時臨時費用特約というのを不要と言われる方も多いのですが、
これは車両保険に自動的に付いてくる特約となっていますので自分では変更できません。

これと同じように他車運転危険補償特約も自動的に付いてくる特約となっています。
自動的に付く特約は、ほぼ全てが何らかの有益な特約だと考えられます。
保険料を安くしたい!と思って、無理矢理外してしまう必要はないのです。
特約には各保険会社によって非常に様々なモノがありますので、色々と調べてみて自分に必要な特約を探しましょう。

 

自動車任意保険ってどんな割引があるの?

任意保険の割引や特約などといった制度は加入者が申し出ない事には適応されないケースがある事を知っておきましょう。
基本的な特約に関する事項や割引きに関する事項には様々な条件があるものです。

エアバッグなどといった安全装置を設置する事による割引きやエコカーなどといった車種よる割引き、
さらには運転する人を限定したり、走行距離での割引きなど様々です。

任意保険に入る際は自分の車種や付いている安全装置、自分以外に運転する機会のある人を把握してから、任意保険の会社に伝えるようにしなければいけません。
そうする事によって保険の費用が思っている以上に割り引かれるかもしれないのです。
任意保険の特約や割引サービスをしっかりと上手に判断して、妥当な値段と最適な補償を考えて決めるように心がける事が大事です。

また、保険の割引にインターネット割引もあり、これはその名の通りネットを利用して保険の申し込みを行えば
保険料が割引になるサービスとなっています。
最近、ほとんどの保険会社が公式のサイトを持っていて、ネット上で任意保険の見積もりを行って申し込み出来る!などといった多くのサービスを展開している傾向にあります。

 

自動車任意保険における等級制度と割引

自動車任意保険は等級別料率制度という制度を利用していて、この制度は無事故を継続している優良な運転者は毎年ごとに保険料を安くして、逆に事故を引き起こしてしまって保険を使用した運転者は保険料を高くするという仕組みになっています。

等級は1等級から20等級で付けられていてその数字が大きければ大きい程に無事故で優良な運転者、つまり保険料も安くなるのです。
自動車保険を新規で契約した際は6等級から始まり、それから1年間保険を使用するような事故がなかったのであれば、その次の年には等級が1等級ずつ上がっていく事となります。

逆に事故を引き起こして保険を利用すると1回の事故につき3等級も下がってしまい、保険料もどんどんと上がっていきます。
そのため、もしも事故を引き起こしてしまった時に損害の負担金額が少しなら、
保険を利用せずに自腹を切って払ってしまった方が保険料との兼ね合いで長期的に見ると安くなるケースもあります。

等級が20等級になるためにはスタートが6等級からなので、無事故を14年継続させなければいけません。
しかし、割引率が最大の17等級以上と1番下の1等級を比べると保険料におよそ4倍以上の差が出ます。
そのため、どれだけ事故を起こさないようにするかが保険料を安くするためのポイントになるかという事です。

 

自動車任意保険の通販型と代理店型の比較

通販型の自動車保険というのはネットや電話などを通して契約者と保険会社が直接的に契約をする保険の事を言います。
そのため、ダイレクト型と言われている事もあります。
保険業法が改正されてから、それぞれの保険会社が保険の料金を自由自在に設定する事が可能になったのをきっかけとして普及してきたのです。
それ以降、保険料の安さと契約を行う手軽さによって人気となり、最近では実に多くの保険会社が通販型の自動車保険を展開している傾向にあります。

その一方で代理店型の自動車保険があり、これは保険業法が改正される前から主であった代理店を通して契約する自動車保険の事となります。
一般的には代理店型保険会社と言われていてダイレクト型と分けられているものです。

通販型はネットから簡単に加入の申込みを行える保険や通販型ならではの割引が沢山ありますので一般的に言うと、代理店型と比較すると保険料が安いです。
さらに通販型の場合は電話やメールでやり取りを行う事が中心となりますので、自分自身で情報の収集をして担当者に質問する、または相談や見積もりを頼む事になります。
自分が満足する事が出来るまで保険のプランを比べながら検討する事が出来る点が最大の魅力でしょう。

 

自動車任意保険は支払い方法でちょっと安くなる!

自賠責保険の保険料というものは基本的に一括で払うのが原則となっています。
しかし、任意保険に関して言うと一括払いはもちろんの事、他に月払いを選択する事も出来ます。

ただ、月払いをする場合は一括で払う保険料を単に分割しているだけではありません。
少し割り増した料金になっている事を覚えておきましょう。
一般的にはおよそ5%の割増しとなっていますので、一括で払う事が出来るのであれば一括で払っておいた方が安く済みます。

支払いの方法は各保険会社により、様々ありますので違いがありますが多くの場合で銀行振り込み、もしくはクレジットカード払いとなっています。
月払いはカード払いで取り扱いになる事が非常に多く、中には口座から引き落とししてくれる所もあるようですが、通販型の保険会社は引き落としに対応していないケースが多い傾向にあります。

口座から引き落としを行うには保険会社から金融機関に依頼する事が必須となり、事務処理を可能な限り効率的にする事によって保険料を少なくしている通販型の保険会社にはハードルが高いと言えます。
当然の事ですが、保険料を引き落としにするなら、残高不足などで引き落とされない!なんて事がないように注意して下さい。

 

 

自動車任意保険選びはロードサービスも重要!

自動車保険には万が一事故を引き起こしてしまった時の保証金の払われる条件、またはどれぞれの保険会社の特約の他にも比べるポイントはあるのです。

それがロードサービスで、このロードサービスの質はもちろん、内容などで保険会社を選ばれている人も多いです。
交通事故というのは時間や季節、さらには場所などといった事を選ばすに突然起こるものです。

自宅の周りで事故を起こしてしまった時は対応する事が難しくはないかもしれないです。
しかし、仮に旅行や出張などで自分があまり知らない土地で事故を起こしてしまうと困難となります。
事故の対応など一体どうして良いのか分からなくなってしまい、パニックに陥ってしまう事もあるでしょう。
しかし、入っている自動車保険のロードサービスの内容がしっかりとしていれば事故をして動かなくなった車のレッカーや帰宅の費用サービス、面倒な手続きを代行してくれるなど色々な事をサポートしてくれるので安心できます。

事故に慣れている人なんて、まずいないと思います。
トラブルをしてしまった時に冷静かつ適切な対応をしてくれるロードサービスは必要であり、非常に便利なものです。
そのため、自動車保険を比べる時は、料金や補償だけではなくこの辺りを見ておくようにしましょう。

 

自動車任意保険の会社一覧

ここでは自動車任意保険の会社をいくつか紹介したいと思いますので、興味のある方は参考にして下さい。

まずオススメなのはアクサダイレクトで、この保険会社は代理店を通さなくて直接契約する事が出来る通販型の自動車保険となっています。
保険料が安い点が最も大きな特徴であり、魅力でしょう。
ネット経由で申込んで契約をすると最大でおよそ10000円の割引が適用される所も魅力的なポイントです。

次にオススメなのはイーデザイン損保です。
この保険会社は通販型自動車保険ならではとも言える手頃な料金が大きい特徴となっており、
保険料を安くしたい!と考えている人達から人気が集まっています。
通販型の保険は保険料は安いけれど事故を引き起こしてしまった際に不安と思われる人が非常に多いです。
しかし、ここは万一事故を引き起こしてしまった場合でも東京海上グループを活かした対応によって専任の担当者が徹底的にサポートしてくれます。

最後にSBI損保を紹介したいと思いますが、ここも通販型の保険で、やはり最大の特徴は保険料の安さにあります。
ほとんどの保険会社が1年間での走行距離が少ない運転者は保険料が安くなるような仕組みにしている中で、走行距離が多くても少なくても保険料は変わらないのが特徴です。
そのため、車をよく走らせて走行距離が多い傾向にある運転者は非常に得です。

 

自動車任意保険はネットで申し込んだだけで安くなる!

通販型自動車保険の最大のメリットと言えるのは何と言っても保険料の安さにあるでしょう。
代理店型の保険会社でも、団体割引などの沢山の割引がありますので、必ず安くなる!とは言い切れません。
しかし、ほとんどの場合で全く同じ条件で比べてみても通販型を選らんだ方が保険料が安くなる傾向にあるのです。

それに加えてネットを経由して申し込みを行って契約するとさらに割引される、または保険証券を発券しなかったら割引などといったように通販ならではとも言える割引も多数用意されているのが特徴です。
近年は実に多くの方がネットを利用しているものなので、ネットを利用して申し込む形で話を進めてきましたが通販型は保険料の安さだけではなく、もう1つメリットはあります。

と言うのもネットから申し込みをすれば、いつでもどこでも見積もりを行ったり、申し込みをするのが出来るという便利さです。
代理店型の場合はお店の休日もありますし、平日でも深夜や早朝まで営業している所なんてありません。
しかしネットで申し込みを行う事が可能な通販型の場合は24時間年中、見積もりや申し込み、または更新や変更などを行う事が可能なのです。

車検証と保険証券と免許を準備してウェブサイトに行くと、たとえ深夜だったとしても見積もりを行う事が可能なので非常に使えます。

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ