自動車の任意保険が大切な理由

自動車任意保険はその名の通り加入は任意、つまり自由となっている保険の事です。

保険料をなるべく安く済ませたいと考えている方は強制加入になる自賠責保険だけで十分だと思われるかもしれませんが任意保険は自賠責保険ではカバーしきれない部分を補償する事ができるものです。

そのため、自動車を運転する人のおよそ70%もの方が任意保険に加入していると言われているのです。

 

例えば自賠責保険で適用されるのは人身事故だけです。

そのため、相手の車を傷つけるなどといった物的な損害を与えた場合は補償されないのです。

しかし自動車任意保険に加入していると、それをしっかりカバーする事ができるのです。

 

また、人身事故の補償に関しても自賠責保険は死亡事故で3000万円、怪我で120万円、後遺障害で4000万円という十分とは言いきれない補償金額となっているのです。

この部分に関しても任意保険なら手厚い補償を受ける事が可能なのです。

例えば20代サラリーマンの男性をひいてしまって四肢麻痺になってしまった場合で考えると2億円以上の賠償金請求をされる例も珍しくはありません。

そうした高額な賠償金を補償するために必要なのが自動車任意保険となるのです。

 

任意保険の相場

任意保険の基本的な補償内容は対人、対物が無制限で、これに傷害保険が、搭乗者傷害1000万円と人身傷害補償が3000万円、無保険車傷害が2億円、そして車両保険が一般車両保険で免責を2回目以降に10万円をつける所が多いでしょう。

この内容で排気量2000ccのミニバンで計算すると日常、レジャー利用ならばおよそ年額で7万円台かと思います。

月払いでは毎月6千円ほどの負担で、このあたりが一般的な任意保険料の相場だと思います。

しかし、全ての方が排気量2000ccの5ナンバーの車に乗っているという事ではないので相場という言葉を使うのは適切ではないかも知れませんね。

 

それでも一般的な大衆車を日常利用で乗っている方の感覚であればこれぐらいの保険料となるでしょう。

通販型の任意保険にしていて年間で5万円で済んでいるという方もいるし、車両保険金額が500万円クラスの車であれば15万円ほどになってしまうかもしれません。
つまり基準をどこに持っていくかで相場となる金額も大きく変わってくるものなのです。

3ナンバーのオーナーであればここで示した保険料の相場は低いと思うでしょう。

また、軽自動車に乗っている方からすると高い印象を持つ方も多いと思います。

任意保険の保険料の相場というのは人それぞれで捉え方が違ってくるものなのです。

 

格安の自動車任意保険は見積もりで!

安い任意保険を見つけるためには複数の見積もりを取り、比較して検討するのが手っ取り早い方法だと考えられます。

一括見積もりの申し込みは簡単で早いと5分、初めての方でも15分もあれば完了できます。

最初に1度入力するだけで複数の見積もりが簡単にまとめてとる事ができるのです。

 

見積もりの際は無料で1円もかからないのです。

比較できるのは保険料だけではなく、補償やサービスも合わせて徹底的に比較できるので自分の条件に合った格安の任意保険を一発で見つける事ができるのです。

無料で簡単に早く格安任意保険が探し出せる、こんな便利なサービスは絶対使わない手はないと思います。

一括見積もりを使わずに格安の任意保険を見つけるのなら様々な保険会社から1つ1つ見積もりを取っていかなければならなくなってしまいます。

これでは時間がかかるし、第一面倒で嫌になってしまうと思います。

一括見積もりを利用すれば、たった1度の入力だけで複数の見積もりがまとめてとれるのです。

見積もりメールが届いた後はじっくりと比較検討して自分の条件に合った任意保険を見つけたのなら本契約となります。
インズウェブ自動車保険一括見積もり

車の任意保険を安くするには?

任意保険は車の維持費の中で調整可能な経費の事です。

放っておくと何も変わらないが少しの工夫で現在払っている任意保険料を安くできる場合もあるものなのです。

任意保険に安く加入する一番単純な方法としては車両保険をハズしてしまう事でしょうか。

特に高いクルマに乗っている場合は車両保険をハズすだけで保険料も下がるでしょう。

しかし、高級車や人気の高い車は盗難率も非常に高いので万が一の損失を考えれば保険料が多少高くても車両保険はハズせないものと言えるでしょう。

もちろん、高い車でなければ車両保険をつけなくても良いという事でもないのですが。

車両保険をハズしても問題がないのは乗り潰すぐらいの気持ちで乗っている車の場合と言えるでしょう。

一定の補償を保ちながら車両保険を安くするためには契約をエコノミータイプにする事と免責をつける事が考えられます。

保険料を少しでも抑えたいのなら基本的な事と言えますがこの2つしかないでしょう。

それと任意保険加入以前の事とし、車両クラスの低い車を選ぶのも任意保険を安くするためのコツと言えるでしょう。

車は、乗りたい車があるから購入する訳なので車両クラスを基準に車選びはできないかも知れないと言えます。

しかし車両クラスに無頓着では任意保険を安くする事はなかなかできないと思います。

乗ろうと考えている車があるのならば2番目の候補と見積もり比較をし、保険料の違いを見るようにしましょう。

 

 

自動車任意保険の種類

自動車任意保険の種類について少し紹介したいと思います。

・対人賠償保険

これは交通事故を起こしてしまった際に乗車中の方や歩行者などの他人を怪我、もしくは死亡させてしまった場合、自賠責保険で補えない損害賠償に対して支払われる保険となっています。

注意しなくてはいけないのは対象があくまでも他人なので経済的共同体内部の人間である運転手、記名被保険者や父母、配偶者、子の怪我や死亡には保険金が支払われる事はない所でしょうか。

・自損事故保険

自賠責保険と対人賠償保険は自爆と言われる単独事故や相手側の過失がない交通事故により、運転手本人が怪我や死亡をしてしまった場合には保険金が支払われないものなのです。

自損事故保険は運転手の自己責任による事故の事で運転手同乗者が怪我や死亡した場合で保険金が支払われるといったものなのです。

この保険は対人賠償保険と自動的にセットになっているものです。

他にも搭乗者傷害保険や無保険車傷害保険、車両保険や人身傷害補償保険などがあります。

 

車両の任意保険

車両の任意保険というのは自賠責ではカバーし切る事のできない各種の補償をカバーするものとなります。

自賠責が強制的に加入する事を義務付けられているのに対し、任意で加入する事から任意保険とも言われています。

自賠責だけでは残念ながら最低限の補償しか備えられていないのが現実なのです。

万が一、死亡事故を起こしてしまった場合は賠償額が1億円を超える事もあります。

もしも任意保険に加入していないと自賠責からの3000万円を差し引いた残り7000万円を自己負担で支払う事になってしまうので負担は大きいです。

任意保険はネットでの申し込みや自分で各社に直接電話し、資料を取り寄せる方法や地域の代理店や農協などからも加入可能です。

交通事故で涙するのは被害者の親族だけではないのです。

加害者本人やその家族もどれほど辛い立場に立つかという事も考えておきましょう。

お金だけで全て解決できる訳ではないが、それでも任意保険がある事によって救われる事も多いものなのです。

 

直販型の任意保険料

代理店系の大手と比べれば直販系は全体に安いのが特徴と言えるでしょうか。

およそ3万円位は変わってくると言われています。

直販系はネットのみで見積もり、契約まで済ませれば割引きされるようです。

例えばアクサダイレクトの場合、3500円引きになるから3万8560円となります。

三井ダイレクト損保などはネット割引を利用すれば4万3050円になるそうです。

日常、レジャー目的であれば保険料は直販系が圧倒的に有利だと思います。

自動車保険は1年契約で満期になれば更新の案内が届き手続きをしないと自動的に更新されるのが一般的です。

しかし最近は満期ごとに保険を見直すユーザーが増えているそうです。

ネットで手軽に見積もりが取る事ができますし、契約申し込みまでネットで済ませられる事がそうした理由となっているでしょう。

更新時に保険料やサービス内容を見直し、適切な保険に乗りかえるケースが増加しているのです。

 

軽自動車の任意保険

・対人賠償保険。※自賠責でも少しだけ出るもの。

事故を起こしてしまった際、他人を怪我させてしまったり命を奪ってしまった時の賠償責任を補償する保険の事です。

・対物賠償保険(他人の財産への賠償)

乗車中に事故を起こしてしまった際、他人の車やバイクや家などの財物に損害を与えた場合の賠償責任を補償する保険の事です。

例えば、運転操作を誤って他人の家の壁面に激突してしまった、相手の車にぶつかって車を壊してしまったなど。

・搭乗者傷害保険

乗車中の人が自動車事故で死傷した時に支払われるものです。

例えば隣に乗っていた奥さんが事故で怪我をしてしまった、後ろに乗っていた友人などが事故で怪我をしてしまったなど。

・自損事故保険

運転中に電柱に衝突したり、崖から転落したりなどの単独で事故にあってしまった際に自賠責保険によって補償が受けられない時に支払われるものです。

 

 

安い任意保険の秘密

ダイレクトの自動車保険は等級や使用目的、地域や年間走行距離、免許証の色などの様々な項目でリスクの細分化を行なっているようです。

リスク細分というのは統計的に事故が少ない客には安い保険料を提示し、獲得して逆に事故を起こす可能性が高い方には通常より高い保険料を提示し、契約を引受けないビジネスモデルと言えます。

事故を起こす確率が低い客は既存の任意保険よりも保険料を安くしてたとしても保険会社は儲かるという訳なのです。

私はよくどこの任意保険が安い?と聞かれますが任意保険のリスク細分の方法は各社のノウハウや企業秘密なので実際に見積りをしてみないと分からないものなのです。

このため、一括見積サイトの存在価値があると言えるでしょう。

一括見積サイトで見積の依頼をしたとしても各社ごとに微妙に異なった見積り条件になっているので正確な比較は困難なものなのです。

そこで勧める方法としては 一括見積サイトである程度、会社を絞り込んでから気になる任意保険会社については、その任意保険会社のサイトで改めて見積りをしてもらうのが良い方法だと思います。
インズウェブ自動車保険一括見積もり
 

 自動車の任意保険

重大な事故の場合、自賠責保険だけでは不足して、また物損事故には対応できないけれど潜在的加害者である運転者の中で自力で十分な補償能力をがある方は稀であるので強制保険以外にも任意で他の保険にも加入しておく事が勧められます。

これを任意自動車保険と呼ぶのです。

保険期間は通常は1年となっていますが長期や短期の保険もあります。

保険料率は車種の他に運転者の年齢や運転者の範囲などの分類によって定められており危険度の高いグループほど高い保険料率となるのです。

他にも車両の安全装備や盗難防止装置の有無による割引制度など、様々あるのです。

任意保険は自賠責と同じで自動車1台ごとに1契約が基本となります。

しかし、1台の車を共同利用していた時代とは違って多数の方が運転免許を保有するようになり、家族で数台の車を使用する状況になれば車ごとの危険度の算定では実態にそぐわなくなってきた面が考えられるのです。

最近の保険料自由化によって各保険会社が独自に細分化されたグループ毎の危険度の算定や複数保有割引の導入が行なわれているのには車の保険から運転者個人の保険への移行の流れとなっていると言えるでしょう。

しかし保険料率の細分化は事故率の高い若年運転者の保険料の高騰となって収入の低い若年層の無保険化を招く事態も引き起こしているのです。

 

 

車の任意保険料を安くするには?

車の保険料を安く抑えるためには補償内容を見直す方法がある。

補償内容を見直す場合は車両保険に加入しているのなら車両保険金額を下げる事でしょうか。

ただし、保険会社にもよるのですが任意で保険金額を下げる事が出来ないケースもあるそうです。

車両保険の区分を一般からエコノミーAなど車両保険がおりる範囲を限定するものがあります。

これは当て逃げなどで相手が不明な場合は保険金の支払い対象にならない車両保険となっています。

車両保険自体の加入をやめる、対人対物賠償などの補償額を下げたり補償範囲を限定する事、具体的には搭乗者傷害保険の補償を日額から部位症状別払いにするなどが言えます。

ただし、賠償請求額が億単位になる可能性がある対物賠償と対人賠償は無制限に設定しておくのが良いでしょう。

また、同じ補償内容でも車の保険を取り扱っている損害保険会社により、車の保険料に大きな差があるものです。

ほとんどの損保では車の保険を取り扱っているので各社から見積りを取り寄せて比較検討してみれば、こんなにも違いがあるのかと驚いてしまう事もあるでしょう。

 

 

車の任意保険はどんな種類があるの?

ここでは車の任意保険の種類をいくつか紹介したいと思います。

・対人賠償保険

これは車を運転中の事故によって家族を除く他人に怪我や死亡させてしまって法律上の損害賠償責任が生じた際、自賠責保険で補償される金額を上回った部分を補償するものです。

・損事故保険

これは対人賠償保険に自動で付帯される保険の事です。

自動車の単独事故や相手の過失が100%で自賠責保険の対象にならない、運転者か車の所有者の怪我や死亡、後遺症となった場合に補償されるものです。

 ・対物賠償保険

これは車を運転中の事故によってガードレールなどの物を壊すなどしてしまって法律上の損害賠償責任が生じた際に補償されるものの事です。

・搭乗者傷害保険

これは自動車保険をかけている被保険自動車に一緒に乗っていた方が車の事故で怪我や死亡、後遺症となった場合に補償されるものの事です。

運転者の死傷の場合も適用される。

 

 

自動車の任意保険の重要性

自動車保険には任意保険と自賠責保険の2つに分けられます。

一般的に自動車保険といった場合は任意保険の事を指しており、自賠責保険では補償されない損害をカバーするために自動車の保有者や運転者が任意に加入する保険となっているものです。

これは、損害保険会社によって商品内容もそれぞれ違いがあるものですが基本的には対人賠償保険や対物賠償保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、人身傷害補償保険、車両保険の7つの保険から構成されているものの事なのです。

車の運転において、誤って人を跳ねて死亡させてしまったり重い後遺障害を負わせてしまったりした時に事故の加害者は億単位の損害賠償額を被害者側から請求される事があります。

また、人に怪我を負わせなくても他人のモノを壊してしまった場合でも多額の損害賠償責任を問われる事があるのです。

自動車任意保険はこうした不測の事態に備えるもので対人賠償保険と対物賠償保険の契約金額については無制限で契約しておくと安心でしょう。

また、付帯サービスの示談交渉サービスや無料ロードサービスなどはもしもの時にも非常に重要となるものなので充実したものを選ぶのが良いと思います。

 

 

任意保険料を比較して節約しよう!

現在の保険料は年払いで25800円だが今月任意保険の更新が来ています。

10年間近く保険会社を変えた事はなかったが、試しにネットで現在の補償内容を変えず、他社の見積もりを取ってみたのです。

ネットの一括見積もりを利用し、全部で10社ほどから見積もりを取ってみたのですが6社で今よりも保険料が安くなったのです。

最安の所では18300円の保険料があったのです。

正直、等級も結構上がっていましたのでそんなに保険料は変わらないだろうと期待していなったのですが7500円もの差があるとは思わなかったです。

今年は今の所のまま更新してしまいましたが来年はまたじっくりと保険料を比較して検討してみたいと思いました。

見積もりは無料で入力も簡単になっているので任意保険の更新が近い方は一度見積もってみてはいかがでしょうか?

見積もりの結果はメールや郵送で送られてきて、電話などは一切かかって来ないので気楽に見積もりが可能となっています。

またネットから加入の申し込みをすればネット割引きが受けられる保険会社も多いです。
インズウェブ自動車保険一括見積もり
 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ