【無保険車のリスク】自動車任意保険の必要性

無保険車との事故

もしも、事故を起こしてしまった際、相手の車が無保険車だったら悲惨なものです。

自分が任意保険に加入しているなら無保険車傷害補償保険は自動的に付帯しているものなのですが、この保険は死亡、もしくは後遺障害が残ってしまった時の損害を補償してくれるものなのですがケガの治療費は補償してくれないのです。
相手側の車が自賠責にも入っていない違法車両だったら、政府保証事業から自賠責保険に準じた治療費が支払われるのです。

しかし、政府保障事業の場合は自賠責保険と異なり、過失割合が厳密に適用される事となるので被害者側に過失がある場合は、その分減額される事となるのです。
自賠責を超える額に関して言うと自分の保険を使うしか方法はないと思います。

こういった時に役立つのものが搭乗者傷害補償保険と人身傷害補償保険でしょう。

これらは自分と自分の家族を守るための保険と言って良いでしょう。
搭乗者傷害保険は定額で日数払いと部位症状別払いが選択できて他の保険と重複していたとしても支払われるものなのです。

搭乗者傷害保険の保険金を請求しても、単独請求の場合は翌年のノンフリート等級に影響しないノーカウント事故とされるので搭乗者傷害保険に加入しているのなら忘れずに請求するようにしてください。
人身傷害補償保険は実際にかかる治療費を補填してくれるものとなっています。

もし不幸にも後遺障害が残るような場合では、ここからは無保険者傷害を最大限に活用する事ができるでしょう。

 

自動車任意保険の必要性

任意保険の加入はあくまで個人の判断での加入となります。

事故なんて起こさない、という人であれば保険料を払う必要は全くないと考えられるでしょうか。
しかし、世の中で事故を起こしたくて起こしている人なんて誰もいないものです。

でも年間で120万人近くの人達が人身事故に巻き込まれているというデータがあります。

これは100人に1人の計算になるので恐ろしいものですよね。

自分が安全運転しているのに事故に巻き込まれる事もあるかもしれないのです。
もし、交差点で青信号で進入したにも関わらずに相手方も青信号で進入したと主張されてしまったら?

もし、優先道路を走行中に脇道から急に出てこられたら?どうしますか?
車を運転する以上にこうしたリスクは常に存在する事を覚えておきましょう。

自分が常に安全運転を心がけていたとしても子供が急に飛び出して来たら、車の責任を逃れるのは自動車賠償責任法がある限り無理な事だと思います。
自賠責保険だけでは無理な額の賠償金の場合は自己負担となってしまいます。

また、自賠責保険は人身事故だけ対象となっているので物損事故や盗難事故が起きたとしても費用は全て自己負担となってしまうのです。
最高裁の判決を見れば対人事故は1億円以上の判決も多いそうです。

物損でも場合により、2000万円近い賠償判決も出るそうです。

いくらお金が沢山あるという人でもこれほどの負担は厳しいのではないでしょうか?

こうしたリスクを減らす最良の方法として任意保険があるという訳なのです。

 

自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険というのは強制保険とも言われているものの事で自動車やバイクを運転する時には必ず加入する事を義務付けられている保険なのです。
交通事故被害者への最低限の補償と救済を目的としているので加入に関して自動車損害賠償保障法という法律で強制加入しなければいけないのです。

この自賠責保険の保険の補償対象は対人賠償のみとなります。

物や車両にたいしては補償の対象外となるので注意しましょう。
また、対人についても自賠責保険の限金額は死亡の場合で3000万円、後遺症でも4000万円、それ以外が120万円と設定されているのです。
この補償内容では交通事故で他人を死亡させてしまった場合は賠償金額が足りないものですし、車両の損傷や対物の賠償をカバーする事なんてできないものなのです。

そこで自賠責保険に加え、多くの方が加入する事になるのが任意保険という訳なのです。
この任意保険では自賠責保険だけでカバーしきる事のできない部分の補償を受ける事ができるようにするものの事です。
仮に他人を死傷させてしまった場合の損害賠償に備える対人賠償や車や建物などに損害を与えてしまった時などの損害賠償に備える対物賠償などがあります。
さらに車の盗難や事故での車の損傷に備えるための車両保険などが任意保険となるのです。

任意保険に関しては加入はあくまで任意となっているものですが実際にはほぼ全ての方が加入していると言われていますよ。

 

自賠責保険の補償内容

自賠責保険は対人賠償責任保険となっています。

任意保険では対人賠償は無制限とするのが一般的なものとなっていますが自賠責保険ではどの保険会社で加入していたとしても保険金に上限が設けられていて、その金額にも違いはないものなのです。
自賠責保険の支払い限度額は次のようなものとなっており、被害者1人についての限度額となるので参考にしてください。
死亡させてしまった場合3000万円で後遺障害に至った場合なら4000万円、傷害だけの場合は120万円が限度額となります。

なので個々に損害の範囲を確定して補償金額が上限額の範囲で支払われる事となるという訳なのです。
死亡による損害の場合は葬儀費や逸失利益や慰謝料が損害の範囲となるものなのですが利益は被害者が生存していたら得られたと考えられる収入額を算出する事となり、そこから生活費を控除し計算される事になるので、相手側によって補償金額にも違いが出てくるものなのです。
さらに、死亡による損害での慰謝料では遺族の人数により金額も変わってくるので事故案件で全体の補償金額は大きく異なるという事を覚えておきましょう。
後遺障害による損害については後遺障害の程度や介護の度合いによっても常時介護か随時介護かなどにより金額は大きく変わってくるものなのです。
逸失利益にしても基礎収入額や労働能力逸失率や期間などによって計算されるものなので相手方の年齢により、賠償金額も大きく変わります。
怪我だけの場合は診察料や手術料などの治療にかかわる費用の他にも近親者の付き添いや医師が看護の必要性を認めた場合での看護料や自宅看護料、通院看護料、費用なども決められた金額で補償される事となるものなのです。

 

無保険車傷害保険

事故相手が事故に対する備えをしっかりとしているとは限らないものです。

実際に保険未加入者と事故を起こしてしまい、被害者が苦しい思いをする場合というはのは多いと言われています。
このような状況に備えるためにも無保険者傷害保険があるのです。

無保険車というのは任意保険の対人賠償保険に加入していない、対人賠償保険に加入していたとしても補償金額が少額である自動車やバイクの事を言うのです。
その無保険車との事故に巻き込まれて命を落としてしまったり、または傷害を負ってしまった場合では加害者から十分な損害賠償を受ける事ができないのです。
しかし、無保険車傷害保険に加入しているとしっかりと賠償金を受け取る事ができるという訳なのです。
支給金額というのは自分が契約している対人保険と同額になると言われています。

無制限の対人保険に加入している場合では限度額は2億円となるという訳なのです。
しかし、無保険車傷害保険が対象としている無保険車にも様々な条件があり、事故相手である無保険車が次の条件のどれかに該当しているのならば保険金の支払いを受ける事ができるでしょう。
・任意の対人保険に加入していない。

・対人保険に加入しているけれど、運転者年齢条件などといった規定にそっていないので保険がおりない。

・事故の加害者が特定できない。

・対人保険に加入しているけど、保険額が被害者に支払う賠償額に満たない。

 

自賠責保険に無加入だとどうなるの?

原動機付自転車を含んだ全ての自動車は自動車損害賠償保障法に基づいて自賠責保険に入っていないと運転はできないのです。
自賠責保険に加入せず、人身事故を起こしてしまうと、もともと自賠責保険から支払われる賠償金が自己負担となってしまうという訳なのです。

任意保険に加入していたとしても支払われるのは自賠責保険の補償限度額を超えた金額分だけとなるので注意しましょう。
仮に被害者が死亡してしまった場合は自賠責保険に加入しているなら3000万円を限度とした保険金が払われて限度額を超えた分が任意保険から払われる事になるのですがもしも、未加入だった場合ならば、この3000万円を自分で賠償しなければならないという仕組みになります。
仮に事故を起こさないとしても自賠責保険に未加入で運行している場合は1年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金となるのです。

さらに自賠責保険の証明書を所持していないだけでも30万円以下の罰金が科せられるので気を付けましょう。

また無保険での運転は交通違反となって6点減点となるので免許停止処分となってしまいます。
加害者が自賠責保険に加入していなくて国土交通省が損害賠償責任者に代わり、被害者に損害を行った場合は被害者が本来の損害賠償責任者に対し、損害賠償請求権を代位取得する事となり損害賠償責任者に対し求償を行うものとする。
また、もしも被害者が国民健康保険や労働者災害補償保険などといった保険を利用した場合は国土交通省以外の政府機関からも損害賠償額を求償される事となるそうです。

 

無保険車との事故

加害車両に任意対人賠償保険が付けられていないケースというのは多くあるそうです。

さらに法律で加入が義務付けられている自賠責保険さえ付けていない場合もあるそうですよ。

これらは「原付バイクの場合に特に多いとされているようです。
また、当て逃げなどによって加害車が不明だという場合が考えられますよね?

この場合では保険が付けられていたとしても使う事ができないのです。

こうした場合には、もうあきらめるしかないのか?
こういった場合での手立ては結構あるそうです。
交通戦争などと呼ばれてからかなりの年月が経っているので交通事故による人身被害については各種制度によって救済が図られてきたものとなっているのです。

そのため、何とかどうにかなる場合も多いと考えられます。
特に任意保険には様々の保障があるものなので被害車に付いている任意保険や被害者、やその家族が加入している任意保険や加害者、その家族が加入している任意保険をしっかりと調べてみるようにしましょう。

案外、使える保険が見つかるかも知れないという事なのです。
加害車に任意保険が付いていない場合、被害者側が任意保険に加入しているのならば、被害者側の対人賠償保険が、その加害車に付いているかのようにして被害者側の任意保険で無保険車傷害保険、SAPやPAPに自動付帯、保障を受ける事も可能かもしれないという訳なのです。

 

自動車任意保険が必要な理由

自動車任意保険というのは加入は任意、自由となっている保険の事となります。
保険料をなるべく安く済ませたいと考えている方は強制加入となる自賠責保険だけで十分だろう。

と思われている方も多いと思いますがこの自動車任意保険は自賠責保険では補えきる事ができない部分を補償する事ができる保険となっていますよ。

したがって、自動車を運転する人のおよそ70%もの方たちが任意保険には加入しているというデータになっています。
自賠責保険で適用されるのは人身事故だけとなります。
そのため、相手の車を傷つけるといった物的な損害を与えた場合では補償は下りないのです。

しかし自動車任意保険に加入しているなら補う事ができるという訳なのです。
また、人身事故の補償も自賠責保険だけは死亡事故でも3000万円、怪我で120万円で後遺障害でも4000万円といったように、とてもじゃないが十分とは言えない補償金額となっています。
これらの部分に関しても自動車任意保険に加入していると手厚い補償を受ける事が可能なので安心なのです。
仮に事故で20代サラリーマンの男性をひいてしまって麻痺という後遺症が残ってしまった場合は2億円以上の賠償金請求をされるという事も珍しい事ではないのです。

そうした高額な賠償金を補償するため、必要となるのが自動車任意保険となるでしょう。

 

 

自動車任意保険未加入で事故

 

自動車任意保険を加入していなくて事故にあうとどうなるのか?
ここでは自動車任意保険未加入によって事故に遭ってしまったケースについて考えましょう。
自賠責保険は道路を走る自動車の全てが加入しているものです。

万が一交通事故に遭ってしまって相手側が自動車任意保険未加入だったとしてもまず、相手側の自賠責保険から保険金が支払われる事となります。

しかし、自賠責保険の保障内容は死亡によって1人3000万円、怪我などでは最高120万円までが限度となっているのです。
もし交通事故で死亡してしまった時でも最高で3000万円が支払われる事になり、重症でも120万までしか支払われない事となるのです。

それを超えた分は任意保険で賄うのが一般的なのですが、ここで、問題となるのが自動車任意保険未加入の事故の場合という訳なのです。
この場合、自賠責保険の保障限度額を超える分としては補償では払われないので加害者が自分で負担しなければいけなくなります。

相手が死亡するというような事故の場合は損害賠償金も1億円を超える事も多いものです。
もしも、損害賠償金が支払えないとなってしまうと非常に面倒な事になってしまうのです。

任意保険未加入率は自動車で20%、バイクは恐ろしい事に60%の車両が無保険車両と言われているのです。

もしも、自分が交通事故に遭ってしまい、損害を被ったとしても加害者側が自動車任意保険未加入で高額の損害賠償金が支払う事できない可能性もある事を覚えておきましょう。

 

任意保険をかけないのは危険?

破産や個人の民事再生を行う人の中には任意保険を支払うお金がなくて任意保険に加入せずに自賠責保険にだけ加入している人が多いと言われています。
バイクの場合特に顕著と言えるでしょう。

自分は事故にあわないとでも思ってしまっているのです。

しかし、相手方の身になって考えてみましょう。

お金のない人の運転の自動車や二輪車の被害者となって自賠責しかもらえないというのはとても気の毒な事だと思います。
歩行者の道路への飛び出しについても賠償しなければならないものです。
信号機のある交差点で歩行者が赤で自動車が青の場合でも自動車の過失割合が0ではないのです。

そのため、任意保険をかけないのは大きいギャンブルともいえるでしょう。
例えば宝くじは小さく支出し、あたると大きな賞金がもらえるものですよね。
しかし、任意保険をかけないのは小さい支出を惜しんだため、身の破滅を意味するとでも言えるでしょうか。
税金と同じで態様によっては破産しても免責にならない、つまり、非免責債務になってしまう可能性も非常に大きくて破産で債務をなくす事もできなくなってしまうかもしれません。
若い人なら、まだまだ挽回も可能かもしれないが、ある程度の年の人の場合は挽回も不能であり、一生自分名義の財産はもてなくなる可能性は高いと言えるでしょう。

被害者の方に弁償もできないようになってしまうと自分は刑務所暮らしだけで済むかもしれませんが被害者の方の一生を台無しにしてしまうのです、そうした罪は非常に重いものなのです。

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ