【自動車保険の乗り換え】満期前!?満期後!?自動車保険の乗り換えタイミング

自動車保険の満期は乗り換えのタイミング?

自動車保険を乗り換える際は満期日がベストなタイミングです。自動車保険には等級という割引があって、等級は1年間無事故で保険を使わなかったら1つあがり、割引率が増えます。自動車保険が歳を重ねるたびに安くなるっていうのは、年齢条件だけでなく、等級が1つずつ上がって割引率が高くなるっていう理由もあります。
そして、この等級は満期日に決定されるので、満期日を迎えず他の保険会社に乗り換えると、その乗り換えた日からまた1年間になってしまいます。だから、せっかく無事故だった期間が先送りになってしまって本来等級が上がるはずだったのに、繰り越しになってしまうんです。
上記でも言ったように等級の割引率はかなり大きいです。1~20まで等級があり、20までいくと割引率は60%以上にもなるんです。だから、1つ上がるだけでも大きな割引の差がでてくるので、保険料が安い他の会社を見つけたとしても、満期日まで待って乗り換えた方が結果的にお得ということなんです。

 

自動車保険は満期前に乗り換えるべき?

自動車保険の乗り換えのベストは満期日です。満期前にほかの会社に乗り換えてしまうと等級の移動が繰り越されるので損する場合が多いです。また、保険料を年間で一括で支払っている人の場合、満期前に乗り換えてしまうと、支払った保険料が還ってきますが、満額還ってくるわけではありません。手数料を引いて帰ってくるのでこれも損することになってしまいます。
自動車保険の乗り換えは満期日の当日がベストなんですよ!!万が一、満期日前に今の保険会社よりもかなり保険料が安い保険会社を見つけた場合でも結果的に支払う料金は変わらなかったという事があります。データ的には満期前にほかの会社に乗り換えるなら最低でも3万円は安くなっていないと、結果的に変わらないようです。
今よりも安い保険会社を見つけたらすぐにでも乗り換えたいっと思ってしまいますが、等級割引の踏まえて考えないとあまり旨みはないんです。それほど、等級が1つ上がるというのは割引率が増えるってことなんです。

 

自動車保険って何もしなければ勝手に更新されるの?

基本的に自動車保険は1年契約になっているので、満期日を迎えたとしても加入者自身が更新契約をしなければ、勝手に解約される仕組みになっています。保険会社によっては自動更新という特約がありますが、これは加入時に加入者がそういう契約をしていないといけません。
ダイレクト系では自動契約更新というチェック項目があって、満期日を向かたら自動的にまた1年間契約されるという仕組みもあります。契約更新の手続きが簡単になったという点では嬉しい機能ですが、自動車保険の保険料は毎年コロコロと変わるので自動車保険の乗り換えをする人にとっては盲点になってしまいます。
保険料を節約している人などは自動契約更新は絶対にしません。毎年安い保険会社が変わるっていうことを知っているので、一度見直しをした後に再度契約するという形をとるようです。
保険料は全く気にしないっていう人は、同じ保険会社の自動契約更新を申し込んでおいて良いと思います。

 

自動車保険は満期前に解約するの?

 
自動車保険の満期がくる前に保険会社を替える場合の注意点は今入っている自動車保険を解約する手続きは一切必要ないです。
新しく乗り換えを行う保険会社とは、いつでも契約を行う事が可能となります。

満期の日に開始するようにすると等級を引き継がせる事も出来るのです。

解約手続きを行うと等級を引き継がせる事が出来なくなってしまうので注意するようにしましょう。
今加入している自動車保険に自動的に継続される特約が付いていないかもしっかりと確認するようにしましょう。

もしも自動継続特約が付いている場合は加入している間の保険会社に更新をする意志がない事を伝えるようにして下さい。
自動車保険に乗り換えをする際の注意点として挙げられるのは、新しく契約する保険会社を出来るだけ早く決めておくのが良いでしょう。
最低でも満期の前には契約を済ませるようにしましょう。

と言うのも、自動車保険の場合は過去の事故歴などといった事から引受けを断ってくる所もあるためです。
自動車保険は保険会社と直接的に契約する事が出来る通販型と代理店に仲介してもらって契約する代理店型に分かれているもので、メリットもデメリットもそれぞれにあります。

最近では通販型の自動車保険に加入される人が増加している傾向にあるそうです。

 

自動車保険の途中解約は解約金がかかる?

 
何かの都合で自動車を手放さなければいけない時もあると思います。

こんな時、一般的なら自動車保険を途中で解約する形になるのです。
自動車保険の保険料を一括で支払っている場合に途中解約を行うと支払いが済んだ保険料の中で、残り期間に応じた金額が還付され、これが解約返戻金と呼ばれるものです。

解約返戻金の還付の手続きは自動車保険を解約する手続きと同時並行でされるのが普通となっています。
しかし、残り期間を月割りにした金額が解約返戻金として戻ってくるとは言えないのです。

自動車保険を1年に満たずに解約してしまうと年間の保険料に対し短期率と言われる料率をかけ合わせ返戻金を計算するというパターンもあるのです。
短期率により、計算された金額は単純な月割り計算した金額より少なくなってしまう傾向があると言われています。

短期率や解約返戻金を計算する方法は、それぞれの保険会社で違ってくるようです。

金額はそれぞれの保険会社に自分からしっかり確認する事が重要となります。

解約返戻金は任意保険のみならず、自賠責保険にもありますが自賠責の契約の残存期間が1ヵ月以上ないと無理です。

さらに自賠責保険は公道を走る自動車全部に加入する事が義務な保険となっているので解約するためには事前に廃車にするか、自賠責共済に入るなどといった別の手続きも必要になる事を覚えておきましょう。

 

自動車保険ってどうやって切り替えるの?

自動車保険の保険期間というものは1年間となっており、この間で環境や状況も様々変化します。

自動車を乗り換える事もそうです。

新車を購入した時、中古車を買った時、同居している家族や子供が自動車を購入した、または家族や他人から自動車を貰ったなど多くのケースがあるものです。
まず自動車を乗り換えた場合の基本として自動車の乗り換えに関してはもちろん、保険の基本的な手順を理解するようにして下さい。
一般的にはこうして前もって手続きをしておく事で納車のタイミングで保険も新たな自動車に切り替える事が可能です。
しかし、もしも保険会社に連絡するのを忘れたりしてしまうと大変だと思います。

乗り換え連絡がない状態で事故を引き起こしてしまったら保険を使用する事が出来なくて、修理にも対応する事が出来ないケースも考えられるのです。
複数の自動車で検討されているなら、それぞれの保険会社で見積もりを取る事も出来ます。

車両の納車日が決まる、大体の日が決まった時に自動車保険会社に連絡を入れましょう。
保険の変更は保険会社に連絡を取ると自動車の正確な情報が求められるので車検証を送って、保険の日数を考えて保険料が計算してもらいましょう。

 

自動車保険を他社に切り替える際の流れって?

テレビを見ていると非常に様々な自動車保険のコマーシャルが流れてくるものです。

そんなコマーシャルを見て興味を引かれている運転者の方も多いと思います。

中には興味から行動に移して自動車保険を切り替えた人もいるでしょう。
それでは今の保険会社から新たな保険会社に切り替える場合は、どのような手順で行う方が良いのか?

まず、自動車保険の一括見積もりサービスを利用して保険料や補償の内容から自分に最も合う自動車保険会社を選択する事にしましょう。

この選択する!という作業が、最も時間も手間もかかってしまうものですが一括見積もりなら簡単です。
決定すると今と新しい方、両方の保険会社に伝える事となります。

新たに加入する保険会社にも乗り換えをする事を伝えて下さい。

これらはネットで行っている場合でも同じ事が言えます。
そうしなければ今の等級を引き継がせる事が出来ずに、再び6等級から始まる事となってしまうので等級が上がっている人は注意が必要です。

さらに今まで加入していた保険会社と新たな保険会社の両方に加入する事になる期間が無いようにするのにも切り替え日を決めておくようにして下さい。

その後は、各保険会社に従いながら書類を記入して提出していくだけとなります。

 

自動車保険を他社へ乗り換えると保険対象外の日がでてくる?

自動車保険に入っている人なら誰でも知っていると思うのが等級の制度でしょう。

全部で20等級あって最初は6等級から開始する事となります。

そして1年の間無事故を続ければ1等級上がって、事故で保険を使うと3等級下がってしまいます。

この等級により、保険料の割引率や割増の率は大きく変わってきます。
無条件という訳ではないのですが等級を引き継がせる事は可能になっています。

他の損保会社に自動車保険の乗り換えをする人は保険の自由化に伴って非常に様々な補償の内容や保険料の自動車保険がありますので増加しています。
他の保険に乗り換えをする場合は基本的に前の契約が満期である、または解約で終了した日の次の日から7日以内なら、等級を引き継がせる事が可能となっています。
7日を過ぎてしまうと等級は失効となって、再度新規で契約する、つまり6等級から始まる事になるのです。

しかし、やむを得ない理由によって7日以内に契約、または更新出来なかった場合は8日から30日以内なら、前の契約と同じ保険会社に限ってですが等級の引継ぎを行う事が出来るケースもあります。

ある一定条件を設けており、一部の等級を引き継がせる事が出来ない損保会社、共済などもありますので乗り換えを検討されているなら、一度確認しておくのが良いと思います。

 

自動車保険の等級は満期に変更される

 
自動車保険を他の所に変える場合、前の保険の等級を新しく加入する保険に引き継ぐ事が出来ます。

自動車保険というのは1台の自動車に対し、1つ加入する事になりますが等級もセットで付いてくるものです。
満期になって他の保険会社に乗り換えをする場合は、新しい保険が有効となった時に前の保険は無効となるので、とくに難しくはないですが契約の途中で乗り換えを行うなら、等級の引き継ぎに関して損する事ないように保険期間通算特則と呼ばれるものを活用するようにして下さい。
また、保険料が割増となる3等級以下の人の場合でも、その等級は引き継がれる事となります。

事故を引き起こしてしまって等級が下がったので、1回解約して新しく保険に加入し直しても前の保険の解約から13ヶ月以上経っていなければ等級は引き継がれる事となるのです。
もし満期を過ぎた場合でも7日以内なら、乗り換えや等級の引き継ぎをする事は可能です。

7日を過ぎてしまった場合も全く同じ保険会社なら、等級を引き継がせる事は出来ます。
補償はもちろん、等級も非常に重要なものなので保険を更新する事は必ず忘れないように心がけてください。

自動車を手放すなどで保険が必要じゃなくなる場合でも、中断証明書と呼ばれるものを発行しておくと10年の間は等級を引き継がせる事が可能となっています。

 

自動車保険の満期時にやることって?

自動車保険というのは素人には面倒くさい手続きばかりと思います。

そのため、代理店型自動車保険で担当の人に言われるままに加入している人も多いでしょう。

しかし、保険切れなどで保険を自分自身で見直す機会が増えたという人も多いと思われ、最近ではある程度なら自分自身で保険を選ぶ事が出来るようになっています。
満期切れで救済措置のチャンスもなくなって等級も6等級から再び始まる、なんて事もあるかもしれませんが、何事も経験だと思います。

私自身も保険の更新が近づく度に保険を見直すように心がけています。
もしも自動車保険を満期で解約する!という時は一体どうしたら良いのでしょうか?

保険を解約する機会と言いますと他の保険に乗り換える、または自動車を処分するなど、そうした時のようにキリが良い時に満期で解約したい!と思われる人も多いでしょう。
満期で解約する場合はとくに難しい事はなく、簡単だと思います。

手順通りに手続きを行うと簡単に手続きを終わらせる事が出来ます。
しかし、注意しておきたい点として挙げられるのは自動継続特約と呼ばれる特約が付いている時です。

今入っている保険の契約書をしっかりと確認し、これが付いているならば他の保険に乗り換えるにしても解約する事を保険会社に必ず伝えるようにして下さい。

 

自動車保険の満期日が過ぎてしまったら?

自動車保険が満期を迎えて契約の更新手続きを行わなかった場合、期限切れになってしまいます。

しかし、期限切れした日から7日以内なら前の契約を更新する事が可能なのが一般的だと言われています。
更新する事が可能なのか?という判断はそれぞれの保険会社により、異なる可能性もあります。

詳しく知りたいなら入っている保険会社に直接問い合わせるのが早いですが、7日以内なら更新する事が可能な可能性も高いです。
さらに保険会社を乗り換える時も、前の保険が切れてから7日以内なら等級を引き継がせる事が可能な可能性は十分にあります。
自動車保険というのは一般的に1年契約となっていて、満期が近づけば保険会社、または代理店から更新の通知がメール、またはハガキで届くものです。

更新の連絡が来ない事はないですがアドレスや住所が変わったのにも関わらず保険会社に届け出をしないと確認する事が不可能な可能性があるのです。
車検みたい自動車に期限が書かれている訳ではありませんので、更新の連絡が来たとしてもつい更新するのを忘れてしまう人も多いと言われています。

7日を過ぎてしまって再び契約する時は等級は最初の6等級となるので注意しましょう。

20等級の割引率というのは50%なのですが、6等級の割引率は10%となっているので更新を行うのは必ず忘れないように心がけてください。

 

自動車保険の継続手続き何をすればいいの?

自動車保険の更新をする手続きを行うのを忘れてしまって、満期日を過ぎてしまった経験をされた事がある人も多いと思います。

これには焦らされるものですが、落ち着いても大丈夫です。

と言うのも満期日の次の日から計算して7日以内なら、等級を引き継がせる事が可能となっています。
保険の満期日から7日を過ぎた場合は残念な事に等級は最初の6等級から再び開始する事になってしまって、更新したとしても6等級からなのです。
しかし最近は自動車保険が自動で継続、または更新されるような特約を付ける事の出来る保険会社が増えています。

もしも満期までに連絡がとれなくて、契約者側から更新の申出がない時、更新特約にもとづいて更新する前の契約と同じ内容で契約を自動的に更新してくれるのです。

自分の保険にこのような特約が付いているかどうかを保険会社にしっかりと確認するようにしてみてください。
自動車保険の更新というものは非常に重要な事となるので、更新の日どりを忘れないようにして出来るだけ早く手続きを行っておくようにして下さい。

全く同じような条件だったとしても保険会社により、驚くぐらい保険料は変わってくるのです。
自動車保険の保険料の相場を比べるのにオススメするのが、一括見積もりサービスです。

数分だけ簡単な入力を行うだけで、いくつかの保険会社の見積もりを取る事が出来ます。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ