東京海上日動の車両保険

ここでは東京海上の車両保険について解説していきたいと思います。

 

東京海上の車両保険の特徴

東京海上日動は、日本最大手の損害保険会社の一つと言っても良いでしょう。

大手であるが故に、たくさんの代理店を抱えています。

よって、代理店の対応にかなりばらつきがあるようです。

東京海上日動のメイン保険商品は「トータルアシスト」と呼ばれるものですが、この「トータルアシスト」の特徴について触れていきたいと思います。

トータルアシストは、3つの基本補償と3つの基本特約から構成されています。3つの基本補償のみでプランを組むこともできます。

かつての大手の損保会社の自動車保険は特約が非常に多く、複雑でわかりにくい商品が多かったのですが、トータルアシストでは、大幅に改善されているようです。

トータルアシストは割引制度もたくさんあり、ノンフリート割引、新車割引、福祉車両割引などや車両保険を安くできるイモライザー割引などがあります。

トータルアシストの車両保険は、自動でセットされている特約はなく、必要に応じて特約をつける形になります。

車両保険を付けていないと、燃料代サービス、レッカー費用などロードサービスが有料となるためトータルアシストの商品を選んだ場合は、保険料を安く抑えたい場合でも最低限「車対車+限定A」をセットしておくことをおすすめします。

 

 

東京海上日動の車両保険の金額

車両保険を付けるのか?付けないのか?によって保険料の金額はかなり変わってきます。

東京海上日動は代理店型の保険会社のため通販型(ダイレクト型)よりも補償内容が同じでも保険料は高くなりがちです。

保険料の金額をなるだけ安くして、補償内容を厚くしたいなら通販型を検討してみると良いと思われます。

東京海上日動の保険料は、代理店型の中では割安な部類に入るのですが、通販型と比べると安さではやはりかないません。

東京海上グループですと、イーデザイン損保という通販型の系列会社がありますね。

イーデザイン損保に乗り換えると、補償内容は同じでも、保険料は大幅に節約することができるのです。

東京海上日動では、47800円だった保険料が

イーデザイン損保では28290円。

東京海上日動では、83700円だった保険料が

イーデザイン損保では52970円。

と大幅に削減できるケースが多いです。

 

 

東京海上日動 車両保険の免責

車両保険は免責金額を設定することができます。

免責金額を大きくするほど、保険料は安くなるのですが事故の際の自己負担金は増えます。

ただし、東京海上日動の場合も例外なく、全損事故の場合、免責金額は差し引かれません。

東京海上日動の場合設定できる金額が

定額方式 0円、5万円、10万円

増額方式 「0-10万円」「5ー10万円」

となります。

これは、一般的な設定方法ですが、

東京海上日動の場合、設定方法に幅があり、

定額方式 3万円、7万円

増額方式 「3-10万円」

などを選ぶことができます。

 

 

 東京海上日動車両保険 盗難

車両保険では、一般タイプでも車対車+限定Aタイプでも車の盗難は補償対象になっているのですが、どのような場合でも補償されるのか?と言ったら、そうでもなく、最低限の盗難防止はしていなければなりません。

盗難補償の対象にならないケースとしては、盗難された車が発見された際、キーシリンダーが壊されていなければ、保険会社に鍵をかけていなかったのでは?と疑われてしまいます。

純正の鍵がかかっていたまま、乗り捨てられていたらドアに鍵をかけないで管理していたのでは?と見られます。

盗難の補償は盗難に遭った日から規定の日数内に見つかった場合は、保険金が支払われないのですが、盗難の管理に問題があると保険金の支払いが適用にならない場合があるので注意が必要です。

 

 

東京海上日動車両保険の見積もり

東京海上日動の自動車保険 車両保険の見積もりは、東京海上日動のホームページもしくはカスタマーセンターで見積もりをとることができます。

もしくは、代理店・営業店からも見積もりをとることができます。

トータルアシスト自動車保険のみ「自動車保険インターネットお見積もりサービス」というのが存在しますが、新規の契約手続きはできないようです。

カスタマーセンターから見積もりをとる場合は、自動車検査証と、既に自動車保険を契約している場合は、現在契約中の自動車保険証券もしくは契約内容のわかるものを用意した上で問い合わせればスムーズです。

契約の車の用途・車種・契約内容によっては、見積もりができないこともあるので注意が必要です。

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ