搭乗者傷害特約と人身傷害補償保険の違いってなに?どんな人が加入すればお得なの?

a1180_001266

搭乗者傷害保険というのは契約した車に搭乗している人が事故によって死傷してしまった際、治療費、または収入に関係なく契約した時に定めた金額が支払われる保険の事。

搭乗者というのは運転している時に車に乗っている全ての人、つまり運転者と同乗者の両方を含んだ事となります。しかし、正しい位置に搭乗している人だけに限られるそうです。

契約した際に定めた金額というものは死亡、後遺障害、さらには傷害の状態に応じ、支払額は細かに設定されていて死亡してしまった場合では原則として全額支払われる事となり、傷害の場合では定額日数払い、または部位症状別払いの方法で支払われる事となるそうです。

治療費はカバーしきれないことが多い

定額日数、部位症状別のどちらとも治療費に関わらず一定額が支払われるものなので大きなケガを負ってしまった際などで多額の入院費、または治療費がかかった場合ではこれだけではカバーしきれない事が多いものです。

とは言っても搭乗者傷害保険は基本的とも言える補償をしてくれる保険となっているので保険に加入されている方のおよそ80%以上が付帯していると言われています。

搭乗者傷害、そして人身傷害の両方に入ったら基本的に両方の費用を受け取る事が出来るので最も良いと思われますが、その分保険料も高くなってしまうから悩む所だと思います。

基本的に人身傷害保険の方が手厚い補償内容になっていると考えても良いでしょう。

しかし、治療している間に搭乗者傷害保険の保険金を払ってくれる保険会社がある、または逆に人身傷害保険に入る事で本人が一時的に立て替える事もなくて直接治療費を払ってくれる会社があるなどといったように支払いの方法もそれぞれの保険会社で微妙に違ってくるものなのです。

様々なメリット、保険料などといった事柄を総合的に勘案しながら保険会社に直接問い合わせるなどを行ない、しっかりと比較して検討するようにしましょう♪




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ