搭乗者傷害保険の補償

a0001_015106

搭乗者傷害保険は加入している車両でケガをすると治療費が支払われる保険になります。似たような保険で人身傷害保険があり、最近では保険会社もどちらか片方がしかすすめないようになっているようです。

搭乗者傷害保険と人身傷害保険は全く同じ保険や補償というわけではありませんので、二つの保険をよく理解してどちらかを選ぶほうが得策だと思えます。

しかし、搭乗者傷害保険と人身傷害保険どちらにも加入している人も少なくありませんのでそういった人はどのようなメリットを感じて似ている両保険に加入しているのかをチェックしてみます。

搭乗者傷害保険と人身傷害保険の補償の違い

人身傷害保険は仮に車両の中でケガをすると、そのケガにたしいての損害金額で補償されます。一方、搭乗者傷害保険の場合は車両内でケガをした場合、部位や症状を基準に補償されます。

搭乗者傷害保険

【頭部のケガ】
打撲・捻挫 5万円
挫創 15万円
骨折・脱臼 60万円

 

【手指のケガ】
打撲・捻挫 5万円
挫創 5万円
骨折・脱臼 20万円

頭部もケガして、指も骨折した場合は金額が高い方をとって補償されることになります。

 

搭乗者傷害保険と人身傷害保険の保険金支払い

似たような保険内容の搭乗者傷害保険と人身傷害保険ですが、体験者の多くが語るのが保険金支払いのスピードの違いです。

人身傷害保険は車両内でケガをしたとしても、治療費が確定した後でないと保険金が支払われません。しかし、搭乗者傷害保険場合は車両内でケガあり、どこにケガしたのか、どんな症状なのかが把握できれば、その時点で保険料は支払われます。

また、人身傷害保険は契約されている車両でケガをした場合、配偶者や親族は補償されますが、他人だと補償されません。しかし、搭乗者傷害保険に加入していれば、家族や配偶者などの区別なく適用されますし、本人も補償されることになります。

搭乗者傷害保険は車のドアに指を挟まれて突き指しただけでも保険が降りるのは強みですね!!
似たような保険内容でも状況や補償範囲はかなり変わるんですね!!

これだけの違いを分かっていれば二重で保険料を支払っているという考え方にはなりませんよね!

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ