損害保険会社の一覧

損害保険会社の一覧の一部を紹介したいと思います。

・三井ダイレクト

ネット契約割引と合わせると最大で3500円割引が魅力的です。

 ・東京海上火災保険

充実の補償と非常に上質なアシスタンスの融合を可能としているトータルアシスト。

・全労済

月払い掛け金3440円からあります。

・損保ジャパン

ニーズ細分型自動車保険となっています。

・ソニー損保

自動車保険の元受正味保険料がダイレクト系損害保険会社で4年連続No.1という実績があります。

・三井住友海上

相手に迷惑をかけたとしても、しっかりと賠償してくれる所が評判となっています。

・あいおい損保

トップラン補償もサービスも保険料も満足の自動車保険として人気です。

・アクサダイレクト

抽選で各月500名にアクサダイレクトオリジナルチョロバイが当たりますよ。

・チューリッヒ保険

保険料が最大でおよそ40%OFFになる事もあります。

 

 

損害保険とは?

暮らしの中には様々な危険が潜んでいるものです。

それらは日常生活を送る中で意外なところからあらわれてくるものです。

盗難や交通事故、災害などの普段はニュースでしか目にしない事が自分に及んで被害をもたらしたらどう思いますか?

これらは自分に非があろうとなかろうと、ある日突然襲ってくるものかもしれません。

備えあれば憂いなしでこれこそ損害保険を考える上で最も集約された言葉だと言えるでしょう。

保険の契約をする前、自分の身の回りにはどのような危険があって、その内どの危険から自分を守りたいのかをしっかりと考えるようにしましょう。

まず、この点をハッキリとさせる事が自分に合った損保選びの第一歩となると思います。

保険商品を選んで契約を結ぶ前に、まずは損害保険会社や損害保険代理店、ホームページなどで詳しい情報を頭に入れておきましょう。

損保22社が会員となっている日本損害保険協会を通じてまとめて入手するのが非常に便利な方法なのでオススメですよ。

 

 

損害保険比較をするために

損害保険というのは保険の補償対象となっているものが受けた損害を補償する保険の事を言います。

この補償は実損、つまり実際に受けた損失額を補償するものです。

生命保険の人命が保障になっているような曖昧な保険金額ではなくて明確な保険金額となるのが損害保険の特徴と言って良いでしょうか。

しかし、場合によっては実損の金額に満たない保険金額になる事もあるので注意が必要です。

あくまで実損の金額を基準とし、保険金額が算出されるという意味になります。

こうした損害保険には自動車保険や火災保険など様々あるものです。

損害保険比較してみると本質はどれも同じなのですが補償の条件や内容に大きな違いがあります。

損害保険選びでは1つのグループとなります。

例えば自動車保険なら自動車保険同士で比較させる必要が出てくるのです。

そのためには自動車保険の基本となる情報を認識しておく必要があると思われます。

自動車保険比較をするため、自動車保険の基本となる情報をこのサイトで勉強しておくのがオススメです。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ