【徹底比較!!】自動車保険の保険料と補償内容を比べてみました!!

自動車保険のどこを比較すればいいの?

自動車保険の各会社を比較しようと思っても、どこを比較していいのかよくわからないって人も多いと思います。そこでお得な自動車保険を見つけるための比較ポイントを紹介します。

・保険料を比較!!
まずはなんといっても保険料です。これは多くの人が比較ポイントとして知っているかもしれませんが、ここは重要です。正直言って、補償内容なんて自動車保険に関して比較しようがありません。なぜなら、保険会社によって補償内容や補償プランは全く違うからです。

だから保険料金は比較のポイント!!また、最近ではネットで一括見積もりをすれば簡単に保険料の比較ができます。
しかも、全く同じ条件(補償内容など)で各社に見積もりを取ることができるので、正確な保険料の高い安いが判断できるんです。

 ・事故対応を比較!!

事故対応などサービス対応を比較したいところですが、こればかりは各社で交通事故や車両トラブルを起こさないと比較しようがありません。ですから、加入者の口コミや体験談を元に判断していくしかないのです。しかも、同じ保険会社でも担当者が違うだけで事故対応やサービス対応は大きく変わってきます。この辺を踏まえると、事故対応を比較するっていうことは不可能なのかもしれませんね!

 

自動車保険の比較をする時の注意点って?

自動車保険を複数社見積もりをとった時に比較する注意点は「料金」。これは欠かせません!!補償内容と保険料金は各社バラバラなので比較するポイントであって注意点であることは間違いありません。

自動車保険の見積もりを取る際は、1社づつ公式サイトから見積もるのではなく、一括見積りサイトでまとめて見積もってもらわないと保険料の比較ができないので注意です。各会社の条件を少しでも変えてしまうと、正しい保険料比較ができないので、一括見積りサイトを使って、全く同じ条件を複数社に流して見積もりをしてもらいましょう。

基本的な補償内容、対物・対人などはどの会社も一緒だと思ってください、大きく変わってくるのが特約だったり割引だったりします。一方の会社ではこの条件だと割引は適用されないけど、違う会社だと全く同じ条件で割引を受けることができるっていうパターンはよくあります。

これも全く同じ条件で各社に見積もりをとっているから分かることなので、自動車保険会社を比較するときは見積りサイトを絶対に利用しましょうね!

 

 

見積もりをとってから自動車保険を比較しましょう!

自動車保険をどこにするか迷っている人は、まず各社の見積りをってから比較していきましょう。自動車保険って各社同じようにみえて、補償内容や特約の内容、割引の対象など全然違うので、正直なところ見積もりをとってみないと比較しようがありません。

各社の公式サイトをウロウロして、比較して見るよりも見積もりをとってみたほうが早いですし、的確な比較をすることができますよ!!

最近では、自動車保険の一括見積りサイトがあるので使って行きましょう!!
一括見積もりサイトは1度自分の条件を入力するだけで、その情報で各社に見積もりを出してくれるので同じよ補償内容で保険料金が比較できるのでこれが一番オススメです。

ちなみに、一括見積もりサイトではインズウェブが一押しです。最大で22社見積もりできるので、加入予定者が多くの会社を選んで比較できる方がいいですからね!

 

 

自動車保険を口コミで比較してみましょう!

自動車保険の口コミってネットで探せば多くありますよね!!悪かったっていう口コミも良かったっていう口コミもあります。
正直、どの口コミを信じて良いのかわからないと思います。個人的には良いと言っている口コミのほとんどは嘘だと思っています。

基本的に良かった体験や当たり前の体験をした時ってネットに口コミを書く人はほとんどいないと思います。逆に「ありえない」「考えられない」っていう負の意見はクレーマーみたいな感じになって書き込むことが多いとのです。

だから、口コミは良いと言われているものではなく、悪いと言っているものをじっくり見ていきましょう。悪い口コミを書いているユーザーは怒りからきているので、それも話半分くらいの感じで受け止めていいと思います。クチコミのほとんどは事故対応に関するものなので、正直なところ事故対応なんて保険会社よりもその担当者に左右される事の方が大きいので、ある会社の事故対応がよかったからって言っても担当者しだいでは最悪ってこともあるので!!

口コミは観覧するだけで、全て話半分っていう捉え方が一番ですね!

 

自動車保険の保険料をみて比較しましょう!

自動車保険の保険料は保険会社によって違います。←これ当たり前だ!!って思うかもしれませんが、ビックリするのは全く同じ条件なのに保険料が違うってことです。これも当然のことだって思う人もいるかもしれませんが、人によっては全く同じ条件なのに「保険料が3~4万違う」ってこともあるんですよ。

個人的には統計では、5年間以上同じ保険会社で26歳以上の人は他社から今と全く同じ条件で見積もりをとってみると数万円は年間で変わってくると思います。

なぜそんなにも変わるのか?って意見にもなりますが、これは各保険会社がどういった条件の人をリスクと判断し、どういった条件の人を優良と判断しているかの違いなんです。A社では年間走行距離が長い人ほど事故を起こすリスクが高いと言って、B社では走行距離じゃなくて車の使用目的が○○だったら自己リスクが高いって言っているように、保険会社によって条件とリスクの重みが違うんですよ!!

だから同じ条件なのに保険料が変わってくるんです。自動車保険会社のリスクが高い=保険料を高く取るっていうことなので、こればかりは、全く同じ条件で見積もりをとって保険料を比較するしかないんですね!!

全く同じ条件で複数社の見積もりを取るなら自動車保険一括見積もりサイトを使うと時間短縮で簡単ですよ!

 

自動車保険の見積もり比較の重要性って?

自動車保険に関して見積もりはかなり重要です。特に若い年齢層にはとっては年間数十万も支払うものですから、見積もりをとってできるだけ安く、補償の手厚い保険にしたいと思います。

各保険会社から見積もりを取らないと比較もできません。代理店からの一方的なオススメ話や意見を聞いているだけでは絶対にお得な自動車保険は見つからないんです。万が一、代理店から自動車保険を勧められている人がいるなら、その意見を参考に自宅に帰ってから自動車保険の一括見積もりサイトを利用して、代理店が勧めている保険会社以外のところから見積もりをとって比較してみましょう。

自動車保険会社って同じ条件・同じ補償でも会社が違えば保険料も違ってくるので、複数社から見積もりをとって保険料金を比較するだけでもやっておいた方がいいですよ。また、そういった保険料も毎年変わるので、できることなら毎年満期が近づいたら見積もりをとって安い保険会社に乗り換えましょう。

まずは見積もりをとって比較しないとスタート地点にも経っていないのでまずはそこからです!!

 

自動車保険の選び方って?

まず自動車保険の選び方は大きく別けて2つあります。「通販型」か「代理店型」の2つ。通販型は最近CMでやっているダイレクト系自動車保険と呼ばれるタイプの保険で、加入者が自ら保険会社(公式サイト)に行って契約します。代理店型は保険会社の前に仲介人として代理店が介入して色々な保険会社の保険プランを紹介してくれます。

どちらが良いのか?っていう問題になりますが、最近では通販型の自動車保険で契約する人が増加傾向にあります。仲介人(代理店)をかまさないので、そのぶん保険料が安くなるってことから通販型が人気になっています。一方、代理店型は代理店経由で契約する人は減ってきている傾向にあります。

仲介人のせいで料金が上がってしまうことに対してバカバカしいと感じる人が増えてきているってことですね。しかし、代理店はいわば保険のプロフェッショナルですから、どういった補償内容でこんな時に役立つなどの情報を握っているので、保険料だけではないメリットがあります。むしろ、その情報を保険料を通して教えてあげているっていうイメージです。

保険の知識がある人、保険のことを少しは勉強したいと思っている人は通販型でも良いと思いますが、全く無関心な人なら少しくらい高い保険料を支払って代理店から契約する方がいいのかもしれませんね!

 

自動車保険を少しでも節約する方法って?

自動車保険に関して保険料を節約するポイントはたくさんあります。その額が大きく変わる節約方法もあれば、少ししか変わらないけど安くなるっていう節約方法もあります。少しでも安くするため色々な方法があるんですよ!

まず、一番初めにやることは今の自動車保険の内容(補償・条件)をそっくりそのまま、他の会社に照らし合わせて見積もりをとってみることです。これが一番大きな額が節約できる可能性があって、自動車保険節約の登竜門みたいなところです。

これによって、数万円安くなるなんてことは多々あります。5万円以上も安くなる人もいるので、これは節約を考えている人なら絶対にやっておくべきことです。自動車保険は仕組み上、毎年自分の条件で一番安い会社が変わっていきます。もちろん、変わらない場合もありますが、ほとんどの人は毎年、各社自動車保険の見積もりをとってみると最安値の会社は変わっているというのが現実です。

だから、今の保険会社に1年以上契約しているって人は自動車保険を少しでも節約する事ができるチャンスなんです。
一括見積もりサイトを使えば5分くらいで数十社の見積もりを一気に出してくれるので使ってみましょう。

 

保険料が安い自動車保険はやめておくべき?

保険料が安い自動車保険ってなんだか少し不安ですよね、、、通販型は事故対応が悪いっていうのは色々なところで言われていれていますがこれは本当なのか!?安い自動車保険はやめておくべきなのか?って言う疑問はありますよね!

正直なところ、安い自動車保険=事故対応が悪いっていうことは全くの嘘です。事故対応に加入者の保険料は関わっていません。通販型の自動車保険は事故対応が悪いっていうのも本当ではないですね!事故対応っていうのは会社で決まるっていうよりも担当者で決まるものなので、事故対応で保険会社を決めることは不可能なんです。

確かに、保険会社によっては事故対応の教育や方針が違うのでばらつきはでるかもしれませんが、最終的にはその担当者がどういった判断で、どういった解決方法をとるかなので一概には事故対応が悪い会社っていうのを決めるのは不可能なんです。

保険料が安いからといってその保険会社は悪いっていうわけではないんです。むしろ、選ぶなら保険料が安いところから選んでいくのが合理的な方法だと言えますよ!

 

 自動車保険はどこで見積もりすればいいの?

自動車保険会社の見積もりは各社の公式サイトで取ることができますが、これだと1社とるのに数分かかってしまい、複数の自動車保険会社を比べてみたいって人には時間がかかりすぎてしまいます。また、1社ごとに毎度毎度同じ条件をいれて見積もりをとっていくのでとても非合理的なんです。

ですから、自動車保険の見積もりを取る際は一括見積もりサイトを使ってとるのがベストです。一括見積もりサイトだと一度条件を入力すれば自分の指定した保険会社にその条件で見積もりをとってくれるので、手間がかなりはぶけます。
指定できる保険会社も選ぶことができるので、自分がいいな~っと思う保険会社をしていするだけです。本当に5分くらいで複数の会社から見積がとれるので簡単です。

見積もりをとったら、自分で保険料や補償内容を比べてみて、コレだ!と思った保険会社と契約すればいいだけです。ネットでできるので、見積内容も見積依頼をだしたらすぐにメールできますし、そのメールから契約手続きに進むことができるのでとっても簡単です。

一括見積もりサイトも多く存在していますが、複数社の見積もりをとるならできるだけ多くの保険会社の見積もりを扱っている一括見積もりサイトを利用しましょう。ちなみに、一番多くの保険会社を扱っているのがインズウェブという見積もりサイトです。最大で22社も一括で見積もりできるのでオススメですよ!

 

自動車保険の比較ポイントってどこ?

自動車保険の見積もりはとったけど、どこを比較していいのかさっぱり・・・っていう人のために比較ポイントを紹介します。
まず、初めて見るところは保険料ですよね!これは皆さん簡単に比較できると思います。安いか高いそれしかありませんからね!!

次に見るのが年齢条件です。運転者の年齢条件は20代の人だと保険料に大きく響いてくるので絶対にチェックしておきましょう。
基本的に21歳と26歳と30歳で年齢条件は区切られているので、この区切りの年齢の人は見落とさずチェックしておきましょう。
また30歳以上は保険会社によって年齢の区切りがバラつきますので、30歳以上の人は保険会社によって年齢条件が違うことを知った上で契約していきましょう。

補償内容の確認も重要です。ある会社ではここまで補償してくれるのに、ある保険会社は補償してくれないってことがあるので同じ名前の○○補償でも中身が会社によって違うので見落とさないように!

また、特約に関しても補償内容をチェックしておきましょう。ムダな特約もあるので、これが保険料を安くするコツだと行ってもいいでしょう。各社で割引も違いますので、どんな割引が自分の条件で適用されるかも知っておく必要がありますよ!

 

自動車保険比較での注意点って?

自動車保険会社は各会社によってサービスや補償内容が違っています。加入者が選べるようになったというのはとても良いことなんですが、選べるがゆえに迷ってしまうっていう事です。本当に各社独自のサービスを多く展開しています。サービスの充実度やとてもオススメされている補償などもあります。

しかし、これは単純に多くの人の意見っていうだけであり、自分に当てはめると全然メリットのないサービスだったりすんです。
だから、口コミでオススメされている補償とか会社が一押しするサービスとかは、一度自分の条件で使ってメリットがあるのかどうかを判断することが大切です。

逆に、全然人気のないサービスや補償プランでも自分の条件ではかなりお得になったりします。ただたんに言葉に釣られて契約するのではんくてサービス自体の形態をしっかり理解して各社を比較していきましょう。

また、各社の料金体系が違うので、サービス内容とともに料金との兼ね合いでも比較することが重要ですよ!!

 

自動車保険の免責ってなに?

自動車保険を調べているとよく免責っていう言葉を目にすると思います。自動車保険の契約において免責はとても重要です。
そもそも免責とは「保険を使うときに自己負担したければならない金額」のことをいいます。車の修理に100万円かかるとして、保険を使うときに契約していた免責が5万円だと、5万円は自分で支払ってあとの95万円を保険で支払うっていうことになるのです。

もちろん。免責金額を高く設定すれば毎月(年間)の保険料は安くなります。しかそ事故を起こして保険を使うときは自己負担する金額も増えるっていう仕組みですね!!事故リスクを保険会社だけに押し付けるだけじゃなくて、加入者もリスクを負うことで、事故に対しての警戒心が高くなるっていうことなんです。

 車両保険の免責金額と設定。
例えば、「1回目5万円に設定した場合の事故ケース」
損害10万円なら 保険会社5万円負担 契約者5万円負担
損害100万円なら 保険会社95万円負担 契約者5万円負担

という風になります。

 

任意保険と自賠責保険って何が違うの?

自動車保険には2つあって任意保険と自賠責保険があります。任意保険はいわゆる自動車保険や損害保険なんて言われる保険でその名のとおり任意で契約して加入するタイプの保険です。自賠責保険は通称「強制保険」と言われていて、車を購入して道路を走るために絶対に加入しないといけない保険になります。

自賠責保険に加入せずに道路を走っていると、50万円以下の罰金または、1年以下の懲役になります。加えて、違反点数6点で免許停止処分になってしまいます。かなり重い処罰なのでこればかりは自動車を所有してるのなら絶対に入らないといけない保険なのです。

任意保険は色んな会社が保険プランとして提供しているので、ドライバーにあった内容の保険会社を選ばないといけません。
できるだけ保険料を安く加入したいのが、任意保険ですが補償内容もしっかり手厚い内容しておくことは重要です。そうでないと、万が一の事故のときに、任意保険に加入しているのに自分の補償内容・プランではこの事故では保険がおりないっていうパターンになります。こうなれば任意で加入してい保険料金は全く無意味な保険になってしまいますからね!

また、自賠責保険でも人身事故・対物事故の際は補償されるようになっています。しかし、対物に関しては120万円までしか適用されないのと対人補償も3000万までが上限になっているので、死亡事故を起こさいた際は自賠責保険ではカバーできないの現実になっています。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ