【年齢別でわかる】任意保険相場はコレくらいが妥当!

任意保険の保険料はなぜ年齢によってこんなに違うの?

自動車の任意保険の費用というのは運転者の年齢条件によって全然異なってくるものです。

それぞれの保険会社に問い合わせて聞いてみると年齢の若い人ほど運転経験も浅く、事故を引き起こしやすいからという事が分かりました。
さらに自動車保険の費用はそれぞれの会社で異なります。
どの保険会社が安い!と決まっているのではなくて、自分が乗っている車や年齢などといった様々な条件が関わってくるものなので各保険会社で見積もりを取るようにしましょう。

年齢条件を設定する際、注意しないといけない点として挙げられるのは家族で1台の自動車を使っている場合でしょう。
この場合は絶対に運転する可能性のある人を全部カバーしてくれているのかどうかを確認する事が重要となります。
保険会社により、子供特約や臨時運転者特約などといったものもあるので、こうした特約を上手に活用すると安心出来るようになります。
仮に長い間、30才未満不担保で車に乗り続けてきた人も子供が免許を取り、同じ自動車で運転をはじめると年齢条件を変えておくか子供特約を付ける対応が必要となると考えられます。
この際、何の対応もしないと子供が事故を引き起こしてしまっても保険料は払われないので注意しましょう。

 

年代別の任意保険料の平均金額って?

自動車保険の保険料の相場を知る事で、自分に合った保険プランに入る事が可能となるでしょう。

しかし、近年は非常に沢山のサイトなどがあるので、一体どこのサイトの相場を参考にしたら良いのかが分かりにくいのが現状です。
一体、どうしてこのような事態が起きてしまうのか?調べてみましたので参考にして下さい。

自動車保険の保険料の相場とは細かな条件が人それぞれで違ってくるので正確な費用を出す事が困難とされている事によって、オススメの保険プランもどこが良いのかが分かりにくい状況になっているという訳なのです。

そこでネットである自動車保険の一括見積もりサイトを利用するのが良い手段と言えるでしょう。
見積もりを取ったら必ず契約をしないといけない!という事もないので安心して利用しましょう。

あくまで自動車保険の相場を知りたいだけの場合で、利用する事が出来るというものなのです。
これで自分の保険料の相場を知る事が出来たら保険プランを選ぶ事も簡単になるでしょう。
見積もり自体は無料で行えますので、今の自分の状況では一体保険料はどの程度なのか?気になられている人は1度利用してみる事を強く勧めます。
その上で自分に合った自動車保険を契約するようにしておきたい所です。

 

任意保険の年齢限定の範囲ってどうなっているの?

自動車保険の保険料が割引されるサービスは様々あるものですが、比較的割引率の高いのが無事故割引と年齢条件だと言われています。

年齢条件というのは自動車を運転される人の年齢を制限すると保険料が安くなるというものです。
一般的に年齢の若い人が事故を引き起こす確率も高いとされているので、若ければ若いほど保険料も高くなってしまうという事になっているのです。

等級は無事故の期間を継続していくしか方法がないのですが年齢は自動的に対象になるのです。
しかし、契約者の年齢によって自動で年齢条件が付いていくモノではないので、自分から申告しなければいけません。

年齢の条件は5種類に分かれており、20才以下の人が運転をされる時は全年齢補償にしないといけないでしょう。
仮に26歳以上補償としている自動車を25歳の人が運転して、万が一事故を引き起こしてしまった場合では補償されないので気をつけましょう。
しかし、この年齢条件は全員が対象になる!という訳でもないのです。

年齢限定の範囲としては保険に加入されている本人と配偶者、加入者か配偶者の同居している親族、これに当てはまる人の業務に従事中の人となっています。
勘違いされている人も多いが、自動車保険の年齢条件というものは基本的に本人、同居している家族が対象になるものなので覚えておきましょう。

 

任意保険の年齢条件別の割引率って?

自動車保険の任意保険の費用を決める要素の中で非常に大きく占めているのは年齢条件と言えます。
一般的な生命保険の場合は加入する際の年齢が高いほど保険料も高くなっていきますが、自動車保険は低く年齢ほど保険料が上がっていくように出来ているのです。
これは若い年齢の人ほど、どうしても事故を起こす可能性が高くなる傾向があるためです。

免許を取る年齢は人それぞれでバラバラで、車に乗り出す年齢というのは一定では決められません。
18才で初心者の方もいれば、30才で初心者の人もいるものです。
しかし、この場合で最初に加入する保険料で差が出ます、若い人方が損をしてしまう気もするのですが無事故を継続していけば加入した時の年に関わらず毎年の等級は上がっていって保険料が安くなるのです。

この辺りを考えると自動車保険は誰に対しても平等に出来ている保険と言えます。
最近の自動車保険は若い世代の人でも加入する際の条件によっては、割引が適用される保険会社も増加しているのです。
以前まではどの自動車保険にしても同じような保険料、若いと誰でも高い保険料だったのにも関わらず、最近では誰でも得で自分に合った保険を見つける事が出来るのです。

よく、26歳未満不担保の人は21歳未満不担保に変えると保険料は一体どの程度変わるの?と疑問に思われる人も非常に多いのですが、若い年齢になる程保険料は上がっていくという事を覚えておきましょう。

 

誕生日になると継続して加入している任意保険は勝手に安くなるの?

誕生日になると自動車保険の年齢の設定を変えると保険料が安くなるケースがあるのでオススメします。

自動車保険は年齢の条件により、保険料に非常に大きな差が出てくるものです。
今までのデータでは事故を引き起こす頻度というのは若い世代の方が高くて年齢が21歳と26歳、そして30歳と上がっていくにつれて低くなっていく傾向が出ているのです。

このデータを保険料に反映させているのが21才以上、26才以上、30才以上補償、などといった年齢条件なのです。
若い世代まで広く補償してくれる条件では保険料も高くなってしまいます。

したがって、21才や26才、または30才という節目の誕生日になったなら、年齢条件の設定のし直しましょう。
しかし、同居している家族など運転する可能性がある人の中で最も若い人の年齢に合わせて設定をしなければいけません。
もしも次の年で26才になる!という場合は保険に加入する本人と同居の家族などといった中で自分より若い人が運転する可能性が無いのであれば年齢条件を26才以上に変える事で保険料を前よりも安くする事が可能となります。
家族以外の人が運転する可能性がないのなら、運転者家族限定を付けておいて保険料を安くさせる方法もあります。

 

 

任意保険は何歳から安くなるの?

任意保険は一体何才から安くなるのか?と気になる方も多いと思います。
しかし、基本的に年齢条件もそうですが人それぞれの環境によって異なりますので一概には言えません。
一般的には年齢が若ければ若い程、保険料も高くなる傾向にはあります。

自動車保険に年齢の制限をかける事で保険料が安くなるのですが、今まで夫婦で乗っていた自動車に18才になった子供が乗る場合もあると思います。
この場合は一体どうすれば良いのか?説明したいと思います。

子供の年齢に合わせたら年齢の条件は全年齢となってしまうので保険料は高くなってしまいます。
子供に自動車を譲る場合なら、それでも構わないと思いますが、たまに運転する子供のために年齢条件を下げてまで加入するのは良くありません。

その時、役に立つのが子供特約と呼ばれるもので保険会社により、子供追加特約や子供運転者年齢限定特約などと呼び名も異なります。
この子供特約というのは、保険に加入する人の子供について主な契約とは別で運転者の年齢条件を設定する事が可能となる特約となっています。

年齢条件が30才以上になっている保険に対して、21才以上の子供特約を付けると30才以上の保険に加入している人と21才以上の子供の両方が補償される事となるのです。
年齢の条件を子供に合わせて、21才以上に設定した場合と比べると保険料は安く済みますので1度検討してみてください。

 

18歳の任意保険料の相場って?

18歳になる子供は高校卒業したら就職、または進学の合間に車の免許を取る事が多いです。
そのため、それに応じて自動車保険も見直してみる事をオススメします。
18才の子供が免許を取った時に一体どうやって自動車保険の見直す事が出来るのか?説明をしましょう。

以前までは夫婦のみで自動車の運転をしていた場合は重要なポイントが2つあります。
まずは運転者限定特約を見直す事で、これは自動車保険が補償される範囲を夫婦だけか家族だけか、といったように限定する事で保険料を抑える事が可能になる特約となっています。

この運転者限定を家族だけに限定すれば、18才の子供が運転して事故を起こしてしまった時でも補償を受ける事が出来るようになるのです。

もう1つは運転者の年齢条件を見直すという事が重要で、これは自動車保険が補償される範囲を運転する方の年齢で限定する事によって保険料を安く出来る特約となっています。

18歳の子供が補償を受ける事が出来るようにするには、全ての年齢の人が運転する事が可能な全年齢に切り替えなければいけません。
もしもの時の備えとして、18歳の子供も補償を受ける事が出来るように保険を見直すようにしましょう。

 

21歳の任意保険料の相場って?

20代の人は自動車の任意保険の費用が1番高いとされています。
と言うのも20代という若い世代の方は事故を引き起こすリスクも高くなる傾向にあるからです。
任意保険の費用とは、こうして年齢が若いとその分保険料は高く設定されてしまうのは仕方ありません。

20代の人達にオススメとされている任意保険の選び方は充実した補償内容よりも、もし事故を引き起こしてしまった場合を優先に考えて選ぶ事でしょうか。

具体的に言うと事故をした後の自動車の修理や廃車になってしまった場合の補償はもちろん、対人と対物を無制限にして既婚者の場合は人身傷害補償を付けておく、独身の場合は搭乗者傷害保険を付けるようにしておく、一般車両保険にするなど保険料を無理なく支払えるようにしておき、必要な補償を付けていく事でしょう。
独身なのか、または既婚なのか、1人で暮らしているか同居しているか?などの環境も考えましょう。

任意保険を見直す事ががある時は独身の場合でも人身傷害補償を付けるなどと自分で工夫して不足と考えられる補償を付けて、より保険を充実させて自分に合った内容にしてきましょう。
21歳の任意保険料の相場に関しては、やはり人によって環境や条件は異なりますので一概には言えません。

 

 26歳の任意保険料の相場って?

 
26歳の人の中には自動車保険の加入を考えている人も多いと思います。
26歳で加入される自動車保険と言っても適当に保険会社を選択して加入してしまうと、費用は安くなる事もありません。
自分に合った保険会社をしっかりと探して、加入するのは経済的負担を考えても重要な事なのです。

とは言っても26歳で自動車保険に入るというのは良いタイミングとも言えるでしょう。
一体どうしてそうやって言えるのか?と言いますと、自動車の保険には運転者の年齢条件というものがあるためです。
この年齢区分として、多くの保険会社が26歳以上という年齢限定を設定しているのです。

もしも26歳未満で加入する場合は一般的に21歳以上補償に加入しなければならなくなってしまうのです。
そうなってくると補償される範囲が広くなって、保険料も高くなってしまうという訳なのです。

仮に26歳の誕生日を迎えてから保険に入るようにすると、それだけで費用は安くする事が可能となるのです。
そのため、26歳という年齢で保険に加入されるのは、良いタイミングと言う事が出来るという訳です。

26歳の任意保険料の相場に関しては人それぞれで変わりますので、知りたい方は一括見積もりサイトを利用して調べてみる事をお勧めします。

 

30歳の任意保険料の相場って?

30歳で自動車に乗られている方は任意保険に対して様々考えている人が多いでしょう。

30代で加入される自動車保険は20代の頃と比べると経済的な負担は少ない事が予想されます。
しっかりと保険会社を見比べてから選んで加入すると、さらに費用を抑える事が可能となるでしょう。
実際に30歳で自動車保険に入るのは絶好のタイミングと言えます。
それは知っている方も多いように自動車保険には運転者の年齢条件というものがあるためです。

年齢区分の中に30歳以上補償というものが用意されており、30歳未満で加入してしまうと一般的に言うと26歳以上補償に入る形となってしまうのです。
そうなってしまうと補償範囲が広くなってしまうので保険料も高くなってしまうという訳なのです。

しかし、30歳になってから自動車保険に加入すると30歳以上補償が適用される事となります。
それによって保険料をかなり安くする事が可能となります。

したがって30歳で自動車保険に加入される方は、実に良いタイミングだと言う事が出来るのです。
自動車保険に加入する事を検討されている人は、事前から自分自身に合った自動車保険会社を探すようにしましょう。
30歳の任意保険料の相場は個人によって違います。
相場を知るためには自動車保険の一括見積もりサイトなどを利用する事をお勧めします。

 

30歳以上の任意保険料の相場って?

30歳以上になり、年を重ねてきたので自動車保険の見直しをしてみようと考える人も多くいると思います。
40代の人の場合、子供がいるなら子供成長してきて割と落ち着いてくると考えられます。

40代は人によりますが、教育の費用やローンで頭を悩まされている方も多いと思います。
なるべくなら、自動車保険での出費は安く済ませたい!と考えるのは当然の事と言えます。

40歳で自動車保険に加入する場合は、一体どのような保険プランや割引サービスを受ける事が出来るのか?調べてみました。
ほとんどの自動車保険の会社が前々からある割引プランを継続して設定しているようです。

最近では加えてニーズを考えて新しい割引制度を提供していて、顧客の注目を集めている保険会社も多いのです。

ほとんどの保険会社が運転者の補償範囲を35歳以上にしている中で日新火災は年齢を細かに細分化させていて40歳以上50歳未満といった補償範囲も設定しているのが特徴です。
そうする事によって補償される範囲を制限させて保険料を安くする事を可能としているのです。

また、ネットから申し込みを行うと割引をしてくれる保険会社も非常に多くあります。
チューリッヒの自動車保険なら、保険を開始する45日前までに申し込めば早期契約割引というサービスを受ける事が出来ます。

 

任意保険は年齢条件と運転者限定を見直すと安くなる!

車の運転技術というものは経験と比例すると考えられているので免許を取ったばかりの人とずっと運転をしてきた人とでは事故を引き起こすリスクに大きな差があるものです。
実際に年齢層別の免許保有者の事故発生を見てみると、1番人身事故の数が多かったのは16才から25才までの若い世代の人という事が明らかになっており、10代の事故発生率の高さは非常に目立っています。

したがって、それぞれの保険会社では自動車保険に対してある一定の年齢制限を設定しているのです。
年齢制限というものは各保険会社により、違いがあるものなのですが一般的に全年齢と21才以上、26才以上、そして30才以上という4つに分けられている傾向にあります。

自動車保険とは事故を引き起こす可能性が低い人ほどに保険料が安くなっていくものです。
自動車を運転される人を限定してやれば保険料を安く済ませる事が可能なのが、この運転者限定特約という訳なのです。

運転者を限定しておくと、対象となる人以外が運転して事故を引き起こしてしまった場合は補償されないです。
家族の他の人が運転される可能性がある!などといった場合では付ける事が不可能ですが本人、または家族だけしか乗らない!という場合では付けても良いと思います。

 

車両保険の保険料の平均って?

自動車保険には基本的に代理店型タイプと通販型タイプの2つに分けられます。
代理店型の方は保険会社の代理店で手続きをして加入するタイプになっています。
車を買ったディーラーや修理工場、さらにはプロの代理店など様々な形があります。
担当者からアドバイスをしてもらう事が可能なのがメリットと言えます。

一方、通販型は電話やネットから代理店の人を出来るだけ排除して加入する事が可能なタイプです。
ネット型の場合ならば、人件費や手数料などが一切かからないので保険料は非常に安くなります。

自動車保険の保険料というものは契約により、人それぞれで差が出るものです。
車両保険が有るか無いかで補償される内容によっても保険料は全く異なってくるのです。

または運転される方の年齢やゴールド免許、車種や車を使用する目的などによっても差が出るものです。

さらに契約する保険会社でも保険料は異なってきますので一口で自動車保険と言っても料金の幅は非常に大きくなります。
安く済む人もいれば、高くなってしまう人もいるのです。
自動車に乗り続けるのなら、保険料を下げる工夫を考えて行うようにしましょう。
自動車保険の相場を調べるためには、まず保険会社の公式サイトで見積りを取ってみましょう。
そうする事で自分自身の条件だけでの保険料の相場が分かるでしょう。

 

 自動車保険会社によって年齢条件割引の仕組みって違うの?

一般的な自動車保険は補償対象となる運転者の年齢を限定させる事によって保険料を安くする事が出来るようになっています。

仮に自家用自動車とする場合では年齢に関係なく、その自動車で事故を引き起こしてしまった時に保険料が払われる全年齢担保を基準にして考えると大きく変わってきます。
21才以上補償に変更するだけでも保険料は下がって、26才以上や30才以上、さらには35才以上というように対象になる年齢を絞り込んでいく事で保険料は安くなるようになっています。

年齢条件を設定する場合、その自動車は一体誰が運転する事になるか?という点をしっかりと考える事が重要となります
1台の自動車を家族全員で使用する場合は免許を持っている家族の中で、最も若い運転者の年齢に合わせるようにしましょう。

さらに1番若い運転者が21才か26才か30才、または35才などといった契約を行う保険会社の年齢条件に当てはまる年齢になったら、すぐに年齢条件の変更を行う事も大事です。
保険期間でも変更を行う事は出来るので迷わずに変更手続きを行いましょう。

また、一時払いで保険料を支払っている!という方の場合は再計算で安くなった分の費用は返金されると言われています。

 

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ