対物賠償責任保険の補償

db0bf9739e98be5e84c9eb8e410babf0

対物賠償保険は交通事故で他人の物を破壊してしまった時に、法律上で賠償しなければならなくなった場合に適用される保険になります。交通事故があれば、ほとんどの場合、適用される賠償保険ですが、一つポイントがあります。

対物賠償保険は自分の物を壊したとしても対物保険は適用されません。他人の物というのがネックで、自分が所有している物に対しては法律上で賠償しなければならないということはありません。そもそも、自分の物を壊されたからといって、自分が自分を訴えるなんてありえない話ですよね!!

だから、自宅の駐車場にぶつけて壊した場合などは保険料は支払われません。

 

対物賠償保険は無制限にするべき?

対物賠償保険で一番の悩みどころは補償の範囲です。対人賠償保険なら無制限で決まりなのですが、対物賠償は物ですから、億という単位の賠償を求められる事は想像つきませんよね!!

しかし、ぶつかる物によっては1000万円だけではカバーできないっていう場合もあるんですよ。
信号機や電柱、ガードレールなどの修理代なんて普通に暮らしている人ならイメージできませんよね?

交通事故でよくある対物賠償
電柱 10万円~1000万円
信号機 500万円~1000万円
ガードレール 一枚30万円
標識 50万円

およその金額ですが、これくらいは覚悟しておかなければ、あとあと痛い目にあいます。特に電柱や信号機などは交通事故の衝撃で耐久性が落ちたというだけで新しいのに変えなければならないという規定もありますので、見た目は大丈夫そうでも専門家が見て「危ない」と判断されれば、丸々1つ変えなければならないんですよ。

そうなると対物補償は1000万円では不安ですね!

 

間接損害も対物賠償で補償される

交通事故で物を破壊するというのは直接的な損害です。見た目でわかる賠償箇所ですが、モノを壊されたことによって目に見えない間接的な損害もあるんですよ!!

例えば、飲食店や商店街・小売店などに突っ込んで交通事故をお越した場合、直接的には外装の損害だけしか見えませんが、外装を壊されたことによって営業ができなくなり、本来あったはずの利益がなくなったという問題になります。こういった目に見えない間接的な損害も対物賠償保険で支払わなければなりません。

仮に一日に数百万や数千万円の売上がある小売店なの付近で交通事故を起こし、営業を妨害するほどの被害を与えた場合は1000万円の補償では全然足りなくない事は想像つきますよね・・・・

冒頭に対物賠償保険の無制限か金額なのかは悩むポイントと説明しましたが、交通事故のシュチュエーションによったら無制限で加入しておかないとリスクが高すぎると感じますよね?保険金額を安くしようと考える人は対物賠償保険を金額で設定する人が多いようですが、直接的な損害と間接的な損害を知っているならば、安易に対物賠償保険の無制限を金額に変えることはできませんよね!




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ