対人賠償責任保険の補償

l_03

自動車保険で一番重要なのが対人賠償保険です。対人賠償保険は自動車の事故により第三者、同乗者、相手の車に乗っていた人を死亡させたり、怪我させたりした時に適用される保険です。

対人賠償保険が適用される条件が法律上で賠償責任を負うことになった場合です。ですから、自分と被害者の間で口約束された賠償金に関しては対人賠償保険は適用されません。

自賠責保険(強制保険)でも対人賠償保険はついていますが、死亡で最高3,000万円、ケガの場合で最高120万円とかなり少額の補償になります。

人身事故により人を死亡させた場合、

被害者側の遺族が請求できる賠償金の内訳
葬儀関係費 免失利益 慰謝料 弁護士費用

免失利益=生きていれば稼いでいたお金
慰謝料=被害者本人、遺族の精神的損害

死亡事故の場合の慰謝料相場
一家の支柱 2800万円
母親、配偶者 2400万円
その他 2000万円~2200万円

※裁判所により決められたいる慰謝料の相場です

 

慰謝料は相場通りにならない

交通事故により、被害者を死亡させた場合に裁判所が定めている相場通りにいかないことがほとんどです。加害者側の保険会社は相場額より低く提示してくることがほとんどですが、被害者側の遺族がその相場を大きく上回る慰謝料を請求し、ほとんど裁判所で慰謝料の金額が決められることになります。

また、死亡させた人がどんな自分なのかによっても慰謝料や免失利益が異なるので、相場通りいかないのが普通になります。大学生や高校生を交通事故で死亡させた場合は免失利益が高くなり、賠償金額もはねあがります。

賠償金額は交通事故が悪質な場合でも跳ね上がります。飲酒運転、無免許、居眠り、信号無視などドライバーの運転によっても賠償金額が上下すると思っておいてください。

こういった要素を踏まえた場合、交通事故で死亡させた場合、億単位の賠償金を支払わなければならないケースも珍しくないのです。こうなると自賠責保険の賠償最高額の3000万円ではまかなえない、賠償額になりますので、自動車保険の対人賠償は無制限で加入する人がほとんどです。

 

死亡よりも後遺障害の方が賠償額が高い

交通事故で死亡させた場合よりも、交通事故により被害者に後遺障害を負わせたほうが慰謝料は高くなります。後遺障害の場合、被害者側の親族や配偶者に金銭的(治療費・介護費)な負担もでてくるので賠償金は死亡させた場合よりも上がります。

このようなケースの場合、自賠責保険では支払えない額の賠償金が提示されます。

交通事故により人身事故を起こさないのが一番良いのですが、「万が一の場合」もありますので、対人賠償保険だけは無制限で加入しておくことをオススメします。

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ