対人賠償・対物賠償はどうする?

a1640_000174_m

「対人賠償保険」と「対物賠償保険」はご存知でしょうか?

そして、補償額はどうすれば良いのでしょうか?

対人・対物両方に共通しているのは、事故を起こしてしまった時、相手方に支払う保障であり、自動車保険の最も重要かつ、メインの部分でもあります。

ちなみに、

・対人賠償保険とは

自動者事故によって他人を死亡もしくはケガをさせてしまった時の補償

・対物賠償保険とは

自動者事故によって他人のクルマ・荷物・建物等を壊した時の補償

 

もう一つ、すべてのドライバーが強制的に加入を義務づけられている

「自賠責保険」と基本的に入る入らないは自由な「任意保険」がある。

「自動者保険」というのは、この「任意保険」のことを指します。

「任意保険」には90%の人が加入しているようです。

 

「自賠責保険」は通称「強制保険」と呼ばれ、すべてのドライバーが加入している。

自賠責保険は、被害者救済のための制度で、もしひき逃げ等で加害者が見つからなくて示談するにできない場合であっても自賠責保険の補償の範囲では必ず支払われる。

 

自賠責保険の補償の範囲

db0bf9739e98be5e84c9eb8e410babf0

傷害による損害 最高120万円まで
死亡による損害 最高3000万円まで

後遺症による損害は、

①神経系統の機能・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残す場合

⇒第1級最高4000万円、第2級最高3000万円

②他の後遺障害

⇒第1級最高3000万円~第14級最高75万円

※物損事故については保険の対象外

※同乗者にケガをさせてしまった時でも支払われる死亡事故で、

支払われる保険金は一人当たり3000万円までなのですが、

実際に死亡事故を起こした場合、億を超える賠償金を請求されるケースは珍しくないです。

 

そうなると、自賠責保険ではまかないきれない。

そのような時に、
自賠責保険の上限を超える額をカバーしてくれるのが任意保険の対人賠償保険というわけです。

 

任意保険の対人賠償限度額を1億円にしても無制限にしても、
保険料の差は年間数百円でしかない。

 

大体、ディーラーなどでオススメされるプランでも、対人賠償は無制限にしていることが多いので当サイトでも対人賠償は必ず無制限にすることをおすすめしたい。

 

対物賠償の限度額について

property-damage

一度、今ある保険証書を見て確認してみてほしいのですが、対物賠償の限度額を無制限にはせずに、1000万円とか2000万円に設定している人がいます。

当然、限度額を低く設定すれば保険料の節約にはなるし、大きな事故を起こさなければ良いということでもある。

対物賠償に対して、限度額を設定したほうがお得なのか?お得でないのか?
今一度考えていただきたい。

最終的には、あなたが判断すべきものなのですが、
当サイトでは「絶対に対物賠償も無制限」にすることを推奨したい。

対物賠償は無制限にすることをおすすめする理由としては、
まず生命保険と自動車保険は少し考え方が違う。ということをとりあえず頭に入れて欲しい。

生命保険というのは基本的に貰える保険金額を上げれば上げるほど、
正比例するように掛金も増えていく。

 

わかりやすい数字で例えると、
死亡保険が死亡時1億円に対し、掛金が月1万円だったとして
死亡保険が死亡時2億円にすれば、掛金は月2万円になるという考え方でいいです。

※年齢などその他の条件はまったく同じだった場合

自動車保険の場合は、賠償限度額と保険料の金額は正比例の関係にはならない。

一定レベルの限度額までいくと保険料はあまり変わらなくなる。

 

生命保険と自動車保険はココが違う

 

なぜこのようなことが起こるのかというと

賠償金100万円の事故を起こす確率と

賠償金1億円の事故を起こす確率では、

圧倒的に賠償金100万円の事故を起こす可能性の方が高いというところにある。

 

逆に生命保険の場合は、人が死ぬ確率というのは常に一定だからというわけです。

対物賠償の上限を1000万円から無制限にしても
年間の保険料は1000円強ぐらいしか変わらない。

月100円程度の保険料を節約して、1000万円を超える賠償金のリスクを無制限で背負うのはリスクが高すぎると当サイトでは判断します。

 

自動車保険の賢い使い方は、なるだけ自分にかかるコストを低くして、金銭的リスクを保険会社に背負ってもらうことにある。

 

もう一つ、保険会社は賠償金の上限までしか示談交渉しない。

 

賠償限度を超えると保険会社は示談交渉を放棄するというのもリスクが高い。

どういうことか事例を挙げて解説すると、

保険に加入していたAさん対物賠償の上限を3000万円に設定し、
保険料を節約していました。

ある日、運悪く輸送中のトラックと衝突

幸いお互い大きな怪我はなく済んだのは良かったのですが・・・
トラックには高額な精密機械が積まれていて、精密機械は破損。

相手方からの請求金額は6000万円。

当然Aさんは青ざめ保険会社に報告します。
保険会社の対応は、、、

3000万円までは無条件でお支払いします。

あとの示談はそちらでお願いします。

 

これは、保険会社が無責任なわけではなく
3000万円を超える示談交渉は保険会社はできないのです。

わずかな保険料を削ってまで、あなたは同じようなリスクを背負いますか?

 

このような理由で、当サイトでは
対人・対物ともに無制限に設定しておくことを強くおすすめします。

 

上限を設定したときの保険料と無制限にした場合の保険料の差は
一括見積もりをとりあえずしてみれば、すぐに確認できますよ。

>>自動車保険の一括見積もりはこちらからすぐにできます

 

これだけは知っておきたい自動車任意保険の基礎知識




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ