富士火災海上の車両保険

富士火災 くるまの保険

富士火災海上のくるまの保険では、

ひとつ上を行く自動車保険「ベリエスト」

まもる。ふせぐ。ささえる。ドライバー想いの自動車保険「MUSE」

という商品があります。

他には

働く人を応援する自動車保険「ON/OFF」

自由な設計が可能な自動車保険「FAI」

リスク細分型の自動車保険「FAP NEO」

などがあります。

 

 

 富士火災海上 車両保険の特徴

富士火災は正式名称を富士火災海上保険株式会社と呼びます。

富士火災の特徴としては、国内大手損保に多く存在する兼業代理店制による商品の販売がメインではなく、基本的には、自社で教育した保険代理店による販売・管理を強化しているところが特徴です。

富士火災は損保の中では中堅で比較的地味な損保会社ではあるのですが、顧客満足度、事故対応満足度調査ではかなり高い評価を得ているのは、自社で教育した代理店のレベルの高さの証しだと言えるでしょう。

富士火災の自動車保険は、少々商品は複雑な構成になっています。

「ベリエスト」と「ミューズ」という2つのタイプの自動車保険があって、それぞれに一般用総合自動車保険と家庭用自動車保険に分かれます。

個人で車を使用するには、家庭用総合自動車保険(FAP NEO)を選択することになると思います。

ベリエストは基本補償が対人・対物賠償保険と人身傷害保険、相手車全損時臨時費用特約、弁護士費用特約、事故時搬送費用特約と始めから厚めの補償内容をセットしています。

そして、ベリエストの一番のウリは「ベリエスト専用ダイヤル」にあるようです。

富士火災では、事故受付完了から1時間以内に初期対応状況を知らせる「安心コレクト1ワン」や事故受付完了から48時間以内に担当者が自宅を訪問し、今後の対応について対面で説明する「事故時ご自宅訪問」が事故対応で富士火災が高評価を受けている理由のようです。

 

 

富士火災海上の車両保険の金額

富士火災海上は全体的に言えることは、事故対応力が高いという口コミがかなり多いです。

「もしも」の時の対応力の高さはユーザーにとって安心感につながっています。

事故が起きてから1時間以内に対応してもらえたりするのは、かなり評価が高いと言っても良いでしょう。

逆に

「保険料が高い」

という口コミも少なくないようです。

ベリエストという商品は、基本的な補償は他社と大きくは変わらないのですが、事故対応時のスピードはかなり早いです。

明確に対応時間を打ち出している保険会社は富士火災海上のみです。

それだけ事故対応に人員を割り当てているということなので、保険料が多少割高なのは、仕方がないといえるかもしれません。

 

 

富士火災海上 車両保険の免責

富士火災海上でも例外なく、免責金額を高く設定しておけば保険料は下がります。

車両保険の加入を考えている人も多いと思いますが、保険料の高さから加入を躊躇されている人も多いでしょう。

そこで、免責金額の設定方法を知っていれば、車両保険が必要な事故を起こした場合、修理費用等、一部自己負担が必要ですが、保険料を割安にすることができます。

例えば、修理費が30万円掛かる事故を起こしたときに、免責金額を10万円に設定しておくと、30万円の内の10万円は自己負担になりますが、残りの20万円は保険でまかなえます。

免責金額を保険契約期間中、1回目と2回目の事故で金額を分けることも可能です。

 

 

富士火災海上 車両保険盗難

自動車の盗難や車上狙いなどの被害を補償してくれるのは、車両保険だけなので盗難が気になる人は、車両保険を検討しなければなりません。

車種で見ると、盗難被害が多い車種ほど保険料が高くなる傾向があります。

ちなみにワースト3が「トヨタ プリウス」「トヨタ ハイエース」「トヨタ ランドクルーザー」です。

人気車種ほど、盗難の確率が上がり、また保険料が高くなりやすい傾向があります。

 

 

富士火災海上 車両保険の見積もり

富士火災海上の自動車保険は、

ひとつ上を行く自動車保険をキャッチフレーズにした「エリザベス」

このエリザベスは、各種の補償をパッケージ化し、充実した補償やサービスを提供している商品です。

他には、

働く人を応援する自動車保険「ON/OFF」

FAI/FAPNEO(一般用総合自動車保険・家庭用総合自動車保険)

などがあります。

 

富士火災海上のメイン補償は

・対人賠償保険

・対物賠償保険

・搭乗者傷害保険

・自損事故保険

・無保険車傷害保険

・車両保険

・人身傷害補償保険

 

特約は、

・他車運転危険担保特約

・ファミリーバイク特約

・代車費用担保特約

・身の回り品担保特約

・弁護士費用特約

などがあります。

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ