外せない自動車保険の特約について

a0002_01032231_m

自動車保険に加入する上で、ゼッタイに外したくないオススメ特約も存在します。

それは、の3つの特約です。

  • 「弁護士費用特約」
  • 「日常生活賠償特約」
  • 「対物超過修理費用特約」

 

弁護士費用特約について

例えば、クルマの停車中後ろから追突されたなど、いわゆるこちら側が完全に過失がない状態。

相手側の過失が100%の事故の場合。
さらには、相手が任意保険に加入していなかった時、、、、

この場合、こちらの保険会社では示談交渉ができないです。
なぜなら、保険会社の示談交渉と法律上の示談交渉とは意味が違うのである。

法律で示談交渉を生業とできるのは、弁護士だけです。
保険会社が示談を代行することは弁護士法に触れてしまいます。

では、なぜ保険会社が示談代行ような行為が出来るのかというと、
保険会社が事故加害者の連帯保証人になっているからである。

保険約款では、
保険会社は契約者が起こしてしまった事故の責任範囲において連帯保証している。

 

つまりは、契約者が事故を起こしてしまうと、
保険会社は相手に賠償金を払う当事者となります。

保険会社は、その立場を使い当事者として相手との補償の話し合いをすることになります。

 

保険会社が示談代行といっているのは、サービス内容をわかりやすくしているだけであって弁護士の示談代行とは、かなり意味が異なってきます。

そうすると、こちらが過失ゼロの場合、こちらの保険会社は事故の当事者ではないということになります。

いくら自分の保険会社に言っても、対応してくれないことになります。
さらに相手が無保険だった場合、途方に暮れてしまう可能性が高い。

そこで、弁護士費用特約があれば、かなり心強いというわけです。

ちなみに、保険会社によって名前も、補償範囲も異なるためしっかりと確認が必要です。

・自動車事故弁護士費用特約
自動車事故による被害が対象になります。

・交通事故弁護士費用特約
自動車だけでなくバス・電車など「交通事故」全般の被害が対象。

・弁護士費用特約
「日常生活」全般の被害が対象。

 

など、補償の範囲によっていくつかの種類にわかれています。

いずれも、保険会社が示談交渉できない場合に、
弁護士に示談を依頼した場合の相談費用を補償するものです。

この特約は、付けておけばかなり心強いものとなります。
そして、この特約の良いところは、いくら使っても無事故割引(等級)にまったく影響がないということです。意外に使えるのが、日常生活で起きた被害事故すべてに対応してくれるタイプの特約です。

自動車事故だけでなく、傷害にあったなど日常生活でありうる被害事故に対して
弁護士相談費用を補償してもらえるので、かなりオススメな特約というわけです。

 

日常生活賠償特約について

「日常生活賠償特約」というのは、自動車事故以外で契約者及び同居する家族が日常生活の中で起こしたすべての賠償事故に対して補償されるものです。

例を挙げると、

・買い物中に誤ってお店の商品を壊してしまった。

・子供が遊んでいて、よそのクルマに傷をつけた。

・子供が学校で窓ガラスを割った。

というような、思わぬ事故に対応してくれる特約です。

ちなみに限度額は「無制限」

保険料も年間1000円程度とかなり安いのが魅力。
一家でひとつつけておくと家族全員が使えるというのもありがたい。

もともとこの商品は個人賠償責任保険という形で、単体で売られていた商品なのですがお客さんにとって、あまりに割の良い商品であり、逆に言えば保険会社にとって割に合わない商品であるため、現状は特約という形で他の商品とセットになって販売されています。

ちなみにこの「日常生活賠償特約」は火災保険の特約でもつけることができます。

 

この特約をつける場合、「示談代行サービス」がついているものを選びましょう。

古いタイプの保険商品の場合、
示談代行サービスがついていないこともあるので注意が必要です。

 

対物超過修理費用特約について

事故を起こしてしまったとき、相手のクルマの修理費用が対物賠償保険でカバーできない時があります。民法上での損害賠償の考え方として「賠償は時価額が限度」となっているからです。

要するに、被害者のクルマがかなり古いクルマだったとしたら、

例えば、、、

軽自動車で10年経ったクルマの場合、時価は購入時の約10%
新車が100万円だったとしても、時価だと10万円の価値だということになる。

 

修理費用が20万円かかったとしたら、
損害は時価が最大であるため10万円しか賠償金として認められない。
足りない10万円は、被害者の自己負担となってしまいます。

当然、被害者は納得できない。

ぶつけた本人も何のための対物賠償だということになります。
実際に、これでもめるケースも多いようです。
ここで役に立つのが「対物超過修理費用特約」というわけですね。

対物超過修理費用特約をつけておくと、本来の対物賠償で支払われる損害額を上回る修理代がかかった場合、その差額を最大50万円まで保険でカバーできるというものです。

これは、補償であって賠償金ではありません。
ぶつけたときの「お詫びの気持ち」として修理代が時価額を超えた場合も、
できるだけこちらで負担しましょう。

というものです。
保険料も、年間で「数百円」程度で、
どんなクルマにぶつけるかわからないのでできればつけておきたい特約です。

 

これだけは知っておきたい自動車任意保険の基礎知識




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ