【商用車限定】貨物自動車の任意保険料は安くなる!!



商用車用でも任意保険の年齢条件を指定できるの?

商用車用に乗っている方は任意保険の年齢の条件を指定する事が可能かどうか気になる方も多いと思います。
ここでは商用車の任意保険について調べてみましたので興味のある方は参考にして下さい。

小型貨物自動車は4ナンバーに分類され、このナンバーの車の任意保険は基本的に商用車扱いとなるので
年齢条件を付ける事は出来ない契約となるのです。
しかし、個人使用の4ナンバーの車なら、最近ではほとんどの保険会社で普通車と同じように
割引条件を設定する事が可能となっているようです。
4ナンバーの車は年齢の条件が付ける事が出来ないので保険料が高い!と思われていた人も多いでしょうが
通販型の任意保険も4ナンバーで年齢条件を付ける事が可能な所は沢山あるので確認してみましょう。

しかし細かく見ると特約などによって加入の条件が付く事や保険料が高くなってしまうケースもあるのです。
さらに車両保険は最近では中古でも高い価格で取引しているハイラックスにもなると高めになるでしょう。

保険料の相場として言えるのは一般的な普通車と同じぐらいと考えても良いでしょう。
しかし、車種によって高くなってしまう事もあるので注意しましょう。
自賠責に関しては4ナンバーは1年ごとの契約となりますので、普通車よりも少しだが高くなるようです。

 

 

1ナンバーの任意保険について

自動車保険は一般的に1ナンバーの車の保険料は高い傾向にあります。
自動車保険の中で1ナンバーというのは車に付いているナンバープレートの数字の事をあらわしています。
ナンバープレートの数字は陸運局の場所を示す地名の後、2桁から3桁の番号で出来ており、1で始まる車が1ナンバーの車となるのです。

普通貨物車扱いとなりますので、一般的な普通車などと比べると保険料が高くなる傾向にあります。
新規で自動車保険の1ナンバーとして加入する場合、保険料の相場は1年間で10万円を越える事もあります。

自動車保険では1ナンバーなどといった商用車両には家族割引、または年齢制限などを付ける事が出来ないのです。
商用車両は多くの人数が乗る事になるのが一般的で、家族などを対象にしている保険と比較すると
保険料にしても特約にしても違ってきます。

普通貨物車はネットを利用する通販型タイプの自動車保険では契約を行う事が出来ないのです。
このように保険料の安さがウリの通販型を利用する事が出来ないのは残念と言えます。
1ナンバーの手続きは基本的に代理店から契約する形となります。
最大積載量が0.5トン未満の貨物車の場合は電話で見積もりを行う事が出来る所もあると言われているのでオススメです。

 

 4ナンバーの任意保険について

4ナンバーの車は小型貨物車という分類になっていて個人で所有している車なら保険に加入する事が可能出来るようになっています。
任意保険の費用は4ナンバー車の場合、普通車と比較すると割引の項目がかなり限られます。

保険会社により、家族限定が付けれない場合もあり、 4ナンバーの車の保険は運転者の年齢制限がないので、若い世代の方には保険料が安くなる事もあります。

しかし、他の割引きの事を考えると一概に保険料が安くなるとは言い切れません。
そのため、4ナンバーの車の保険料は必ずそも安いとは言えないという事なのです。

保険の契約内容、特約の内容や加入する際の条件などで保険料が高くなってしまうケースもあるので
4ナンバーの車の保険に入る場合は沢山の保険会社から見積りを取り、時間をかけながら比べて検討をする事をオススメします。

4ナンバーの車は小型貨物車に分類されており、全長は4.7メートルで幅が1.7メートル、高さが2メートル、排気量が2000cc以下の貨物車両とされています。
一般的に、4ナンバーの車は商用車扱いとなりますので普通車と比較すると車両の装備は最低限になっている特徴があります。
保険についてもっと知りたい方はネットなどで調べてみましょう。

 

 商用車の維持費と一般車両の維持費ってどのくらい違うの?

自動車の中で最も維持費が安い車は軽自動車と言えますが、軽自動車には5ナンバーの乗用車と4ナンバーの貨物車に分けられています。
この2つは一体どこが違うのかと言うと、5ナンバーの乗用車の場合は4人乗りで走る事を前提として作られている車になります。

年間の自動車税に関しては5ナンバーが自家用車なら7200円で、4ナンバーの場合で4000円とされています。
普通車の場合では1000cc以下の自動車でも1年で29500円するので、それを考えると軽は非常に安いと言えます。

自動車税は4ナンバーの軽が維持費の面で考えると安いが、任意保険が商用車の場合では少し高くなってしまいますので1年での維持費を考えたら一般家庭では5ナンバーの軽に乗る方が安く済むケースも多くなると思います。
ただ、4ナンバーの軽の方が維持費が安くなる事もあるもので、それは同居している家族の35歳未満の人が運転をする時になります。

これは商用車の保険には最初から年齢制限が設けられていません。
したがって任意保険の費用が5ナンバーの時よりも安くなるので4ナンバーの方が1年での維持費は安くなるという事なのです。
維持費に関しては人それぞれ、車の使用頻度などで異なってきますので一概には言えません。

 

 大型トラックの任意保険料ってどのくらい?

1ナンバーの車両は大型トラックになります。それと普通車の保険契約に関して見てみると様々な違いが出てきます。

とにかく1ナンバーの車の保険には運転者の年齢条件を設定する事は出来ないのです。
しかしこの条件、若い人の場合は保険料が高く設定されているので、1ナンバーの車を運転する人が若い場合、普通車と比較して安く済むケースも多いのです。

さらに保険会社により、家族限定を付ける事が出来ない所もあるのですがエアバック割やABS割、走行距離による保険料の設定などといったように多くのオプションがあります。
1ナンバーの車は保険の車種は自家用普通貨物車と扱われ、自家用の普通車とは異なる種類に分類されているのです。

人が乗る事を目的として作られている自家用の普通車とは異なって、貨物運搬を目的としている車という認識になっています。

1ナンバーの車を維持するのには毎年ごとに車検を受けないといけません。
しかも自賠責保険、任意保険などは普通車と比較すると非常に高く、また高速道路を乗る際の料金もかなり高くなるのです。
1ナンバーは主に大型トラック、特殊車両などがあり、保険もそうですが特に維持費という面で見ると普通車とはかなり異なってきます。

 

 4ナンバーの車両保険について

4ナンバーは普通車と比べると保険料の算出法が異なりますので、保険料や税金が得になる!といった話をする人が多くいるものです。
税金に関しては貨物車の場合、自動車税や重量税の面でかなり優遇されています。
そのため、自家用の普通車などと比較するとおよそ半額になるケースも沢山あるようです。
この辺りは得と考えても構わないと思います。

しかし、普通車や軽の車検が初回が3年で、それ以降は2年ごとになっているのに対し、
4ナンバー車は初回で2年で、それ以降は毎年ごとになるのです。
そのため、毎年ごとの車検にかかる費用の事を考えたら、必ず節約する事が可能だ!という事は出来ないです。

保険料に関してですが、まず自賠責保険は小型貨物車の場合で普通乗用車と比較するとおよそ2000円程度安くなる傾向にあるようです。
これは1年契約時の保険料を見て比較した場合で、小型貨物車の場合は36ヶ月などといった
契約がありませんので長期で契約するときの割引きされた保険料で見比べる事は不可能なのです。
車検が毎年ごとに行われるので契約更新が一般的とされている自賠責保険は、
長期的な契約が用意されていない!という事が原因になると考えられています。

 

 

1ナンバーの車両保険について

通販型の自動車保険の場合、車両クラスが「9」の車は車両保険を付ける事が出来ないという保険が多いです。
そこで仕方なく車両保険ナシの状態で契約を行うと、一般的な自動車の任意保険ぐらいで収まるのだが、代理店タイプの保険会社が扱っている任意保険であれば車両保険を引受ける事が出来ます。

そのため、それで見積もりを取ればとランクルの1ナンバーなどの場合、一般的な保険料の2倍ぐらいは見ておかなければいけません。
ランクルの1ナンバーというのは盗難率も非常に高くて、車両保険も必然的に高くなってしまう訳なのですが、人気が高い車ではないのなら、普通車とほとんど変わらない1ナンバーの車もあるのです。

さらに3ナンバー、5ナンバーから1ナンバーに乗り換えをした場合、各保険会社で今までの保険を個別に置いておき、1ナンバーのために新しく契約しなければいけなくなる事も考えられます。

しかし、個人で使う場合で等級割引が継承する事が可能だと1ナンバーの車でもそこまでは高くはない保険料で更新する事が可能なケースもあるのです。
車種により、このような差が大きく生まれるので、1ナンバーの車の保険料の相場を表す事が出来ない部分も多いです。
1ナンバーに乗り換える際に割引継承を行う事が可能かどうかは、保険会社で扱いも異なりますので、事前からしっかりと確認しておかなければならないと言えます。

 

4ナンバーの自動車保険相場ってどのくらい?

自動車の4ナンバーというのは小型貨物自動車に当てはまる車であり、主に商用車として使用される事が多いです。
マツダのボンゴ、トヨタのハイラックスなどといった車種は個人で使用する分として乗っている方が沢山います。

バンなどといった主に運送用として適している自動車や貨物用として荷台を加工している自動車が4ナンバー車という事になるのです。
商用車として製造されている4ナンバーの自動車は内装が簡素になっていて装備品も最小限になっているのが目立つのですがハイラックスクラスともなると普通車としても十分に楽しむ事が出来る車となっています。

4ナンバーの魅力は非常に様々ありますが、主に税金が安く済むのが1番のメリットになると言えます。
だから5ナンバーの普通車を改造の申請を行なって4ナンバーとして登録されている人も多いのです。

保険料の差はどれくらい異なるのかと言いますと、仮に5ナンバーのワゴンの場合は
自動車税が年間で3万9千500円で重量税が1万8千900円かかるのですが、バンの場合では自動車税が1万6千円で重量税が8千800円しかかからないのです。

また、4ナンバー車は車検は1年ごとに必要となりますが、ユーザー車検を利用すると大きな負担にはならないと思います。
非常に高い経済性、そして質実剛健な部分が4ナンバー車の最大の魅力と言えます。

 

 

1ナンバーの自動車保険相場ってどのくらい?

1ナンバーというのは普通貨物自動車に分類される自動車の事です。
基本的に普通貨物自動車と聞けばトラックと思われる方も多いかもしれませんが、ランクルやサファリなどといった車に代表される大型4駆にも1ナンバー車はあると言われているのです。

エンジン、または車体の耐久性に優れているので大型4駆に乗っている人も多いのですが、
維持費や税金も高くなってしまいますので本当に好きな人だけが乗り続ける事が可能な自動車とも言えるでしょう。

さらに1ナンバーは3ナンバーや5ナンバーと比較すると自動車の税金が非常に安くなるのです。
車検が1年ごとになる事と高速料が少し高くなるのがマイナス点と言えますが、自動車の税金に関しては大体2倍ほど違ってくるので構造の変更を行い、1ナンバーに登録されている人も多いのです。
もちろん、自動車の税金での差額が維持費の差を全部埋める事になるとは限りません。

1ナンバーに切り替える時、さらに気になる点として挙げられるのは保険料の相場は一体どれくらいなのか?という点だと思います。
これは結論から言うと1ナンバーの場合にしても、車種や年式で保険料は異なってきます。
しかし、全く同じ1ナンバーでも人気が高い車種の場合は車両保険を付ける、または付けないでも保険料が大きく変わってくると言われているのです。

 

 

普通貨物車と一般車両の保険料ってどのくらい違うの?

実に沢山の人達が車のナンバープレートは5ナンバー、もしくは3ナンバーの車に乗っているはずです。
しかし、中には1ナンバーの車に乗られている方もいるのです。

1ナンバーというものは基本的に普通貨物自動車として分類されている自動車の事で、
簡単に言うとトラックが該当するのですが、ランドクルーザーなどといった大型4WDも1ナンバーとして登録する事が可能となっているのです。

この1ナンバーの車両の任意保険に関しては3ナンバーと比べると少し高くなってしまう事が考えられます。
1ナンバーの任意保険についてはキャンピングカーなどと同じで通販型の自動車保険では、まず受けつけてもらう事が出来ない場合がほとんどなのです。

車の分類は貨物車扱いとなりますので、年齢の条件なども付ける事が出来なくて、これは一般的な保険の目的と合わない!と考えられているからなのです。
1ナンバーで任意保険に加入されたい場合は、保険料の安い通販型タイプで見積もりを取り、
受け入れを断られるならば、代理店タイプの保険会社で申し込むようにして下さい。
販売店で自動車を購入した場合は、その店で任意保険も一緒に申し込む事が出来るようになるでしょう。

3ナンバーと比べると1ナンバーの方が、かなり自動車の税金が安く済みます。
そのため、1年ごとに車検があっても維持費は1ナンバーの方が確実に安く済むでしょう。





サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ