商用車の任意保険について




スマートフォンで保険やサービス内容を調査すれば様々な形態の商品が表れる事が分かるかと思います。

これらの調査動向では2種類該当して法人名を打ち込み探している人と軽商用車任意などの細かい内容や種別によって検索して来る物と考えられます。

さらに、軽商用車任意が含まれている熟語で探している人が圧倒的に多いとされており、軽商用車任意など様々な人に好奇の目を持たれているのか、その多彩さ。を知る事ができます。

こうした中でAUTO5や保険スクエアインズウェブでは9社~20社の会社を0円で一括で比べる事ができるので軽商用車任意も入れて多く顔を出していると言われています。

そして、軽商用車任意などの保証明細で言うと一括見積りと調べて来た人は一括見積りだけでなく、一括見積りインズウェブなどと、複合語や軽商用車任意を検索するために書く傾向があるとされています。

さらに軽商用車自動車任意保険や単語の間に間隔が入っている軽商用車 任意や軽商用車任意などもあります。

同じ調査語句と言っても「軽商用車自動車任意保険」と「軽 商用車 任意」では間に半角スペースが入っているかなどの違いだが大体軽商用車自動車任意保険などと書き入れしている方はネット初心者か間隔を打ち込むのが面倒な方だと考えられます。

小さい差異の書き入れも多数表現されてきているという訳なのです。

 

商用車の税金

ここでは商用車の税金について紹介したいと思います。

まず、商用車というのは普通乗用車とは異なって後部席の方を貨物積載が可能なものと言えます。

こうした事からも商用車というのは小型貨物自動車とも呼ばれるのです。

そして、付けるナンバーも「4」ナンバーとなるのです。

小型貨物車の特徴は乗車定員が10人以下である事と車両のサイズが小型自動車と同じで全長4.7m、全幅1.7m、全高2.0m、そして排気量2,000ccという、いずれも超えない貨物車である事となるのが条件なのです。

また、ディーゼル車の場合なら排気量制限は無しになるそうです。

商用車のナンバープレートは地域名の次に4、または6から始まる数字が表示されるナンバープレートとなっている事を覚えておきましょう。

貨客兼用車の場合は同じサイズでの違いとしては

貨物を重視としたものが4/6ナンバー車で一般的にはバンと呼ばれるものとなります。

乗用を重視としたものを5/7ナンバー車で一般的にワゴンと呼ぶものの事となります。

車検ついては商用車の場合は新車登録時の最初だけ2年間となり、それ以降は毎年ごとの車検の実施という制度となっているそうです。

4ナンバーのナンバープレートは色の違いもあるので緑だったり黒だったりするが、この辺りは軽4での商用車か普通車での商用車かなどによっても異なってくるものと考えられます。

 

自動車の種別の車検

車検の期間というものは自動車の車種別によって異なるものです。

それは下記のようなものとなっています。

・自家用軽自動車
初回だけ3年後で、それ以降は2年ごととなります。

・自家用軽貨物車
2年ごととされています。

・自家用乗用自動車
初回のみ3年後で、それ以降は2年ごととなります。

・自家用貨物自動車
初回のみ2年後で、それ以降は1年ごととされている。

・営業用自動車
1年ごととされています。

・特殊構造車
初回だけ2年後で、それ以降も2年ごととされています。

・二輪車
初回のみ3年後で、それ以降は2年ごととなります。

自動車の種類は下記の通りとなります。

・自家用軽自動車
いわゆる「50ナンバー」の車の事となります。

・自家用軽貨物車
軽トラックや軽ライトバンなどの。「40ナンバー」のものの事です。

・自家用乗用自動車
いわゆる「3」「5」「7」ナンバーの車の事です。

・自家用貨物自動車
商店や土木や建設会社などで使われているライトバンや
小型~大型トラックの事。「白ナンバー」の4、1ナンバーとなるもの。

・営業用自動車
バスやタクシーや運送会社の貨物自動車などの事です。
「青ナンバー」か「緑ナンバー」の1、2、3、4、5ナンバーのものの事です。

・特種用途自動車
キャンピングカー、タンクローリー、冷凍車など、「8ナンバー」の車の事。

・その他
移動式クレーンやショベルカー、タイヤローラーなど。
前者は「9ナンバー」、後者は「0ナンバー」となります。

 

商用車(4ナンバー)の維持費

4ナンバーの車検費用は一体どのくらいになるか。

気になる方も多いと思うので調べてみました。

排気量2000cc以下の小型貨物車が対象となります。

まず、4ナンバーの車検費用にかかる自賠責保険料としては12250円で重量税が2000キロ以下の場合は8800円で2500キロ以下の場合は13200円、3000キロ以下の場合は18900円、4000キロ以下の場合なら25200円となるようです。

印紙代を含め、2000キロ以下の4ナンバー車の場合は22750円が法定費用として掛かってくるという事になるのです。

点検料金や代行手数料などを合わせた車検費用として考えるけど2000キロ以下で50000円前後で4000キロ以下の重いもので70000円前後で行っている所が多いとされています。

車検費用の自賠責保険料は普通自動車と比べると非常に安い方だと思われます。

任意で加入する保険も他のものと比べても安いし、自動車税も安く設定されているのが特徴でしょうか。

注意しなければならないのが4ナンバーの場合は車検費用に含まれてる自賠責保険料が12ヶ月分だという点でしょうか。

つまり、5ナンバーや3ナンバーの乗用車とは異なって1年間隔で車検を受けなければいけないのです。

軽自動車で4ナンバーのものもあるのですが、この場合は通常の軽自動車扱いになるから車検費用は軽と同じになるという訳なのです。

車検の時期も同じで新車時は3年で、それ以降は2年に1度となるようです。

 

軽商用者の任意保険はお得?

4ナンバーの軽自動車の場合は任意保険も非常にお得だといわれています。

軽自動車は任意保険で考えてもコストパフォーマンスが非常に良い車種となっているのですがさらに、4ナンバーの軽自動車は任意保険も得になるという訳なのです。

そもそも4ナンバーというのは貨物車の扱いになると言われています。

例えば自動車税をとって見たとしても年額で4000円となり、これは間違いなく5ナンバーの7200円と比べるとお得なのは言うまでもありません。

さらに、装備も少なく自動車の購入費用も安めで済ませる事ができますし、軽量だからこその燃費の良さもあって、軽自動車の中でも費用的なメリットはとても大きいものだと言えるでしょう。

それでは4ナンバー軽自動車は任意保険でも他と同じように有利になるのか??

しかし、これは意外な事にそうでもありません。

場合により安くなる事もあるかもしれませんが、あくまでケースバイケースの話になると考えましょう。

4ナンバー車は任意保険も商用車の内容が当てはまる事となるのです。

商用車は一般家庭用の自動車とは違って選ぶ事ができる任意保険の条件や特約が少なめになっているから、そこでの調整が難しい事が考えられるのです。

さらに、年齢区分という発想がないので若いユーザーが加入すると他の任意保険より安くはなるかもしれません。

しかし、年齢の高いユーザーが乗った場合は割高感があると思われます。

これを逆手にとり、若い間だけ商用車で任意保険に加入するという技もあり、利用している人も多いそうです。

 

1ナンバーの保険料相場

1ナンバーの車は普通貨物自動車に分類されるものとなります。

普通貨物自動車と聞けばトラックだろう思われるかもしれませんが、ランクルやサファリなどの大型4駆車も1ナンバー車があると言われています。

エンジンや車体の耐久性の高さから大型4駆を愛している方も多いと思われますが、維持費や税金もその分高くなるので、本当に好きな人だけ乗り続ける事が出来るモノと言えるでしょうか。

また、1ナンバーは3ナンバーや5ナンバーと比べても自動車税は非常に安くなるものなのです。

車検が1年ごとになる事や高速料金が少し高めな事がデメリットとして挙げられるかもしれませんが自動車税がおよそ2倍近く変わるので構造変更を行って1ナンバー登録する人が多いという訳なのです。

1ナンバーに切り替える場合、気になるのは任意保険の保険料が一体どの程度なのか相場はいくらぐらいか?という事が考えられます。

結論から言えば1ナンバー車の場合も車種や年式により保険料も異なるものですが、同じ1ナンバーでも人気が高い車種は車両保険をつけるかつけないかによって保険料も大きく異なるものなのです。

通販の自動車任意保険の場合は車両クラス9のものは車両保険をつける事ができないという保険が多くあると言われています。

仕方なく車両保険なしで契約を行うと普通の車の任意保険並みに収まると思われるが代理店型の大手損保の任意保険であれば車両保険が引受けられる事になるので、それで見積もりをとる事ができればランクルの1ナンバーは普通車の倍ぐらいは覚悟しておかなければならないという事になるかもしれません。

 

3ナンバーの保険料相場

3ナンバーは普通乗用車に分類されるものの事であり、5ナンバーの規定となる車の事です。

全長は4.7mで幅1.7m、高さ2m、そして排気量が2000ccを超えるものがこれに当てはまります。

ただ、排気量が2000cc以下の場合だったとしても外車のように車幅が1.75m以上あるものは3ナンバーになるそうです。つまり、3ナンバー車でも排気量が2000cc以下のものなら自動車税が5ナンバーと同じとなる事を覚えておくようにしましょう。

最近は国産車でも車幅が1.75というものも多いので乗用車の税金はナンバーでなく、排気量や車両重量などで変わってくると考えても良いのです。

3ナンバーの自動車税としては45000円とされており、5ナンバーは39500円なので違いは、あまり大きなものではないです。

また、自賠責保険の金額も3ナンバーと5ナンバーはあまり違いがないので後は任意保険の保険料が3ナンバーと5ナンバー車の違いとなると思われます。

任意保険料の違いというのは車種によっては大きな差が出てくるものなのですがこれは車両クラスで異なるという事なのです。

3ナンバーの車は車両クラスで言うと5~8に多く見られるものですがクラウンの場合は10等級で一般車両をつけたとしても18万円程で車対車なら12万円程度に収まるでしょう。

レクサスにもなれば車両保険価格がクラウンのものを超えてくる事になるので一般車両をつけ10等級の場合だとおよそ24万円、エコノミーにして15万円程度が保険料の相場と言えると思います。

 

4ナンバーの保険料相場

4ナンバーは小型貨物自動車に分類されるものの事です。

商用車として使用される事が多いものなのですがボンゴやハイラックスなどのように個人で愛用している方も多くいるのです。

バンなどの運送用に適している車や貨物用に荷台などを加工している車が4ナンバー車だという事になるという事なのです。

商用車として作られている4ナンバーの車は内装が非常に簡素で装備も最小限というような作りが目立るものですがハイラックスクラスの4ナンバーになれば普通乗用車として十分楽しむ事ができるモノとなっています。

4ナンバーの魅力は様々あるが税金が安くて済む点が最大のメリットと言えると思います。

そのため5ナンバー車を改造申請して4ナンバーとして登録する方も多いと言われています。

その差は一体どれぐらい違うかと言いますと、5ナンバーのワゴンの場合は自動車税が39500円で重量税18900円かかるがバンの場合は自動車税が16000円、重量税が8800円しかかからないのです。

4ナンバーは車検が1年ごととなりますがユーザー車検を使うと大きい負担にはならないと考えられます。

高い経済性が4ナンバーの最大の魅力と言えるのです。

4ナンバーの任意保険は基本的に商用車となるから年齢条件をつけられない契約ろなるが個人使用の4ナンバーなら、最近ではほとんどの保険会社で普通自動車と同じ割引条件を設定できるようになっているそうですよ。

 

 

5ナンバーの保険料相場

5ナンバーは小型乗用車自動車に分類される車の事であり、長さが4.7mで幅1.7m、高さ2m、排気量が2000cc以下の乗用車の事を言います。

5ナンバー車は最も一般的な乗用車となると言え、任意保険の保険料も参考数値としてよく使われるものなのです。

多くの5ナンバー車は9つある車両クラスの内、2~4に集まっている傾向があります。

任意保険の保険料を考え、車を選ぶ際はこの車両クラスをチェックしておくと良いでしょう。

任意保険の保険料は車種や年式ドライバーの等級などによって大きく異なるものだが、車両保険をつける際は車種による違いが大きく出てくるものだと考えられます。

ただ、3ナンバーに比べれば5ナンバーの場合は車種によってのバラつきは割りと抑えられているので5ナンバーの範囲で比べるのなら車種による違いはそんなに大きくないと考えられます。

年齢条件が30歳以上の補償となっていて日常利用、等級が10に達している方であれば一般車両保険をつけたとしても年額で8万円~9万円で通販系の任意保険の場合は8万円を切る程度の保険料が相場となるようです。

 





サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ