【初心者に優しい】自動車保険の見直しポイント

自動車保険の対物・対人は無制限!

自動車保険の最大に重要な機能とも言える、事故の相手方に対する賠償について調べて見ました。

これについて、他人の怪我を補償する対人賠償保険はもちろん、モノの損害を補償する対物賠償保険にしても無制限を選択しておくべきだと考えられるという訳なのです。
これら、どちらも最近では高くなっている傾向にあり、損害賠償請求額が億単位となっている場合も珍しくなくなってきていると言われているのです。
そして、契約の保険金額が足りないなんていう事になってしまうと保険会社による示談代行サービスを受ける事ができずに相手との示談交渉を自分だけで行なわなければならなくなってしまうかもしれませんので特に注意が必要な事だと思います。
自分自身の怪我の補償についてだが、これについても不景気だからこそ十分に備えておくようにしたいところです。
自動車事故によって怪我をすれば思っているよち経済的な負担も大きくなるものなので治療費が実費で補償してくれる人身傷害補償はつけておきたいものです。

まだ、付けていないという人なら自損事故や無保険の車との事故も想定した上で、まず最低補償額で付帯を検討すると良いでしょう。

 

自動車保険の見直しポイント‐家族限定

車を家族しか運転しない場合なら家族限定特約が適用される事となります。
ここでの家族のメンバーは記名被保険者である1番頻繁に車を運転する人とその配偶者、内縁を含みます。

そして同居している親族、結婚歴のない別居の子供も含まれる事となります。
この特約を利用すればおよそ5%の割引が適用となるのです。

さらに、最近では家族全員の特約だけではなくて夫婦だけ、本人だけといったようにさらに細かく分ける事ができる場合も非常に多いので保険会社に確認する事でさらに割引できる可能性も考えられますよ。
しかし、自動車保険が法人契約の場合なら家族限定の適用はできないので注意しましょう。

例えば、個人事業主によって家族だけで店をやりくりしている場合、店の名前で加入した場合でも家族限定の適用ができない事となるので覚えておきましょう。
また家族限定特約として注意すべき点としては適用すれば当然、家族以外が運転して事故を起こしてしまうと補償されないのです。

仮に友人と遠出して途中で眠くなったからといって友人と運転を変わってもらうというような事は出来なくなると思っておきましょう。
したがって家族以外の人が運転する可能性がないかを慎重に検討し、家族限定特約の有無を決定するようにしましょう。

 

自動車保険の特約を見直し

一昔前と異なり自動車保険の補償内容や保険料はそれぞれの保険会社により、随分と変わってきていると言われています。

最近ではそれぞれの保険会社が独自の方法で様々な特約を用意しているのでこれについてもしっかりと理解しておけば条件の良い保険に加入できる場合も多いと思われます。
補償範囲を広げたり、補償範囲を狭めたりする事によって自分に合った自動車保険を選ぶ事も可能となっているのです。
しかし保険を加入する際、継続する際には多くの人が1社、2社の見積りだけで決めてしまう事が多いと思います。

今の保険会社でそのまま継続する、知り合いが保険代理店を行っている、車の購入の際に店ですすめられたなどと他社で保険の説明を受ける事は面倒がってしまうものだと思います。
しかし、最近は自動車保険も様々な種類が出ているものなのです。
例えば、年齢条件で見てみても保険会社によって割引を設定している年齢も異なるものなのです。

また、購入した車が新車なのか?中古車なのか?どうかによって補償内容も異なったり代車費用や保険継続し忘れなどに対応しているなど内容は様々なものとなっているのです。
こうした事は補償範囲を広げるという事を意味するのでなく、反対に補償範囲を狭める事で保険料が節約できる可能性もあると言われていますよ。

 

自動車保険を抑えるコツ

自動車保険料は加入していると、わりと高額になってくるものです。
自動車保険を比べてみてもどういった会社も料金が変わらない場合もわりと多いと言われているのです。
そうした時こそサービスを充実させ、料金は出来るだけ安く済ませたいと思う人も多いでしょう。料金も工夫する事で安く済ませる事は可能なのです。
まず、自動車保険を比べてみる事を忘れずに行いましょう。

比較する事によっておよその相場や一体どれだけ安くなるのかが知る事ができるのです。
そしたら次に乗る人を限定してみるのも良いでしょう。

家族で車を活用している場合は旦那だけ運転するような条件にしてみるのも良い方法です。
旦那だけの場合では対象年齢も上げる事が出来るでしょう。

また、古い車なら車両保険に入らない方が得となる事も場合によっては考えられます。

さらに免許書がゴールドカードで無事故無違反となっているのなら1万円前後で加入する事も可能だと思います。
中途半端に家族が乗ったりすると料金も上がってしまうのです。

事故を起こしたり違反をすると保険料も上がっていくのでもう1度自動車保険を比較し、今よりも安く出来るように検討してみてはいかがでしょうか?
形だけでも入っておき場合はダイレクト型保険が良いでしょう。

料金も非常に安いし、スピーディーに加入する事ができるので。

 

自動車保険の特給制度

任意保険の保険料を決定する1つの要素として等級制度というものが考えられます。
車社会の現代では1家に1台、もしくは2台と複数所有する人も多いと言われており、実際、車を運転する人も多くいるものなのです。
その中に、何十年も無事故無違反の優良ドライバーもいるなら頻繁に事故を起こしていてよく保険の世話になっているドライバーもいると思います。

そうしたドライバーをひとくくりにし、同じ保険料を徴収してるのでは不公平だと考えられます。
そこで、考えられたのがこの等級制度という訳なのです。

この等級制度には保険会社独自と共通のものがあるとされているのです。
ここでは共通のルールについて紹介したいと思います。
まず、等級は1等級~20等級まで、全部で20段階の等級に分類されているもので等級が上がれば上がるほどに保険料金も割引される事となり、逆に等級が下がれば下がるほどに割増されるという仕組みになっているものなのです。
初めて自動車保険に加入する際は誰もが6等級からスタートすることになります。

その後、事故を起こさずに保険を使わなければ毎年に1等級ずつ上がっていき、反対に事故を起こしてしまうと次の契約更新の際に3等級が下がってしまうという訳なのです。

保険料については等級によって最大で60%の割増しから最大で60%の割引となっているのです。

 

自動車保険の満期前に乗り換える

今、加入している自動車保険の解約手続きは必要ないと思います。
新しくに乗り換える保険会社とはいつでも契約できるものなのです。
満期日に開始するようにするとその等級を引き継ぐ事だって可能なのです。

解約手続きを行えば等級を引き継ぐ事が出来なくなってしまうので注意するようにしましょう。
まず、自動車保険に自動継続の特約が付帯しているかいないかを確認するようにしましょう。

もしも、自動継続の特約が付いている場合は加入中の保険会社に更新の意志がない事伝えるようにしましょう。
自動車保険の乗り換えの際の注意するポイントとしては新らしく契約する保険会社を早めに決めておく事が考えられます。

最低でも満期前には契約しておかなければいけないと思います。

それは自動車保険の場合は過去の事故歴などから引受けを断る所もあるためだと言えます。
保険会社と直接契約する通販タイプと代理店に仲介していただく代理店タイプに分かれているものです。

これら、どっちにもメリットもデメリットあるものですが、最近は通販タイプの自動車保険の加入者が圧倒的に増加している傾向にあると言われています。
通販型は代理店に仲介して貰わなくて済むから保険料が安いというところが最大のメリットと言えるでしょうか。

デメリットとしては同じような通販型の保険会社でもサービスセンターが少ない事やロードサービスなど付加価値にたいして差が出てしまう事が考えられます。
通販型の保険会社は料金だけではなく事故の際の対応や、細かなサービスが用意されてる所を選ぶのが良い選択だと思います。

 

自動車保険の割引を見直しよう

自動車保険の保険料というものは基本的には車の種類や等級により算出されるものとなりますがそれぞれの保険会社が提供している割引制度を活用する事によって、さらに保険料を節約する事は十分に可能だと思われます。
割引制度というものは保険会社によって違いがあるし、全ての方が利用できるというものでもないが条件をクリアすれさえすれば、およそ3~50%ほどの保険料を節約する事もできるという事なのです。

車に装備されている安全装置の有無により保険料を割り引く制度などもあると言われています。
これは安全装置が多ければ多いほどに割引率はアップするというものとなっています。
さらに契約内容により、保険料が割引きになる制度もあり、ゴールド免許を持っている人をメインドライバーに設定すれば保険料が割引きになる制度もあります。
そのほかにも運転者の年齢を一定の幅に限定する事によって割引きを受ける事ができる制度や21歳以上や26歳以上や30歳以上などといった制限がもうけられるものもあります。
さらに運転者を家族だけに限定すれば保険料が割引きになるものや16等級以上の方で過去1年間無事故だったならさらに割引きになる制度もあります。
まったく同じ保険会社で2台以上契約した場合は保険料が割引きになる制度も便利ですし、1台目の車が11等級以上の場合なら、新らしく契約する2台目以降の車の等級が7等級からスタートするという制度など様々あるのです。

 

自動車保険の等級の引き継ぎ

等級というのは20つに分けられていて、加入後1年間無事故の場合にランクが1つ上がるのです。

ランクが上がるごとに保険料の割引率も高まって保険料を安く抑える事が出来るというものになっています。
自動車保険を見直す事になり、保険会社を変える場合は今までの等級は引き継がれるのか?と思う方も多いでしょうが可能となっています。
前契約を満期な、解約によって終了した場合、その翌日から7日以内に保険会社に手続きを行う事によって等級を引き継ぐ事が可能となっているのです。
また、保険会社によっては長期入院などといった理由によって、その期間内にどうしても手続きが行えなかった場合は8日目以降で30日以内まででなら、等級の引継ぎが出来る特例規則もあると言われています。
しかし、自動車保険に初めて加入した時は6等級からのスタートとなるが事故を起こしてしまって保険を利用したなら等級が下がり、保険料も割高になってしまうものです。
こうして等級が6以下となっている場合で別の会社の自動車保険に変更しても等級が6に戻るという事はないので注意しましょう。

等級が6以下の場合でも引き継がれてしまうという事を頭に入れておくように。

つまり、安全運転で事故を起こさないように気を付ける事が保険料を安くするための非常に重要なポイントとなるという事なのです。

 

自動車保険の仕組みって?

自動車を購入した際、それと同時に自動車保険についても検討しないといけないものです。

自動車保険というのは自動車を購入した時に自賠責保険には絶対に加入しなければなりませんがそれだけでは不安のある場合として任意に加入する事のできる自動車保険の加入も検討しなければなりません。
自賠責保険はあくまで自分自身の運転により、被害を受けてしまった相手のだけが補償の対象となるものです。

つまり、自分自身の怪我や相手の車を壊してしまったという場合には補償金は払われないものなのです。
しかも、自賠責保険の保証金というのは死亡時でも最高3000万円で失明などの障害を与えてしまった場合では障害の程度によるが最高で4000万円となります。

賠償金がこの金額を超えてしまった時は超過分は自己負担となってしまうものなのです。

そしてこうした事故を起こしてしまった場合はその賠償金は簡単にこの範囲を超えてくるのが一般的なのです。
一方、任意自動車保険は補償範囲が格段に広がってくるものなのです。

被害者への補償は自賠責保険に付加する形をとるとさらに手厚くなるし、車をぶつけてしまった、運転していて怪我をしてしまったなどの場合でも自分への補償もしっかりとしてくれるものなのです。

また、相手の車や家屋などといった財産に被害を与えてしまった場合にも補償金が支払われる事になるのです。
こうして自賠責保険だけでは補償範囲が限定されている事となるのでもしもの時に補償金が支払われない場合も多くあるのでそれを補うのが任意保険という事です。

 

外資系自動車保険会社の特徴

外資系の自動車保険会社の特徴について調べてみました。

興味のある方は是非、参考にしてみてください。
最近ではテレビやラジオなどの様々な媒体でも外資系の自動車保険会社のコマーシャルなどが目立ってきています。
現在、日本では国内の自動車保険会社を利用している方は大半を占めていると言われ、外資系の保険会社を利用している人なら、およそ3%程度と言われているようです。
国内の自動車保険会社はサービス面を重視している事に対し、外資系では、保険料の価格設定の安さという所が最大の特徴であり、魅力的なポイントとなっているのです。
外資系の自動車保険ではネットを使用した販売戦略が卓越しているという事もあり、まったくの同じ補償内容だっとしてもさらに安く提供できるのが大きな魅力と言えるかもしれません。
また、もし交通事故を起こしてしまって保険料が支払われる事になった場合は、その保険料の額が多めに設定されているというところも大きなメリットの1つと言えるかもしれません。
今から自動車保険の加入を検討しているという方の場合は自分は一体何を重視するのかが重要なポイントとなると考えられます。
もしも、自分が価格を重視するというのなら、外資系の自動車保険会社を選択する方が保険料を安く抑えられる事も多いと言われているので一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ