【保険会社の比較】自動車任意保険

アクサダイレクトの自動車保険

アクサダイレクトというのはダイレクト販売の最大の強みとも言える中間マージンを削減することによって低価格な保険料を提供する事ができてユーザー側の生活スタイルや車の使用方法などといった要素を反映する事のできるリスク細分型を採用しており、それぞれの方達に合った保険料を提供している保険会社です。

ネット上の申込みや契約更新によって最大で4500円の割引があったり、主に車を運転する方の免許の色や年齢や運転する目的などにより、保険料を設定する形となっているので自分に必要な補償を自分に合った特約で保険料を安く提供できる仕組みになっているという訳なのです。

保険料が安かったとしても国内初の自宅での故障でも対応する無料アシスタンスサービスを全契約者へ提供している事などの事故の際のサポート、ロードサービスなども充実していますよ。

自動車保険は比較すれば自分に合った保険を選ぶ事ができて保険料は確実に安くできるでしょう。

アクサダイレクトの自動車保険を検討、見直しする際は一括見積もりで複数社を一覧比較すれば非常に便利だと思われます。

 

三井ダイレクト損保の自動車保険

三井ダイレクト損保は三井物産が親会社となっている三井系の自動車保険会社の事です。

ここはダイレクト型自動車保険となっており、保険料の安さとそのサポートに評判がある。

三井ダイレクトの自動車保険は20代の若者達にも保険料が安く人気を集めているのですが他にも週末だけ運転する方々にも非常に得な自動車保険と言えるでしょう。

さらにネットで契約すれば最大で4500円の割引もあります。

契約者のニーズに合わせた保障の内容を設計できる所が特徴でしょうか。

対人賠償保険や対物賠償保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、無保険者傷害特約や自損事故傷害特約や車両保険などを組み合わせ、自分に合った保険を作る事ができるのです。

また、ファミリー傷害特約をつければ自動車での事故以外で生じた怪我の保障をしてくれるのです。

万が一、事故が起こってしまった際でも24時間365日いつでもどこでも事故の受付をしており、事故対応は平日でも19時までと比較的遅くまで対応してくれるから安心です。

もちろん、休日でも契約者の要望によってはスタッフが急行してくれるのです。

相手方への連絡や病院への治療費の手続きや自動車修理工場への損害状況の確認などの対応も行ってくれるので安心して任せる事が可能なのです。

 

損保ジャパンの自動車保険

損保ジャパンの自動車保険の特徴としては非常に分かりやすい保険だと点でしょうか。

ニーズ細分型である「One-do」と新しい保険となっている「One-step」の2つがあり、自動車保険の内容が見えにくくて分かりにくいといった概念を払うように損保ジャパンでは自動車保険の説明書を制作しているそうなのです。

どのような契約で何を保証してくれるのかが簡単に分かる取扱説明書となっていて、これは数ある自動車保険の中でもとても画期的な取り組みと言えます。

損保ジャパンの自動車保険の契約約款はイラスト入りになっており、文字も大きく、非常に分かりやすい解説が付いたものになっている。
今までの自動車保険によく見られるような、小さな文字で分かりにくい契約約款といったものではなく、損保ジャパンは契約約款で補償内容が保険の取扱説明書と連動し、読める工夫がされているという訳なのです

さらに契約満了時の更新忘れを防ぐための自動更新もあるので万一の際でも安心だと思います。

新規加入や契約内容変更を行った場合もキャッシュレスで口座振替が使用できるので非常に便利な内容になっていると言えるでしょう。

 

 SBI損保の自動車保険

保険料の安さはもちろんの事、利用満足度でNO.1を誇っているSBI損保はそれぞれの生活スタイルに応じた、細やかな保険料算出を可能な非常に合理的な保険料算出基準を採用しているのが特徴でしょうか。

また、ネットなどを活用し、直接サポートしてくれる事になるので、さらに安心な補償サービスと中間マージンをなくした保険料を実現しているのです。

SBI損保なら、ネットを通じての契約の場合、ネット割引が適用されるのでお得だと思います。

ネット割引の5500円と証券不発行割引の500円で一律6000円割引となるそうです。

さらに車の条件による割引も充実しているようです。

走行距離が長距離だったとしても保険料が変わらないのです。

したがって年間走行距離を気にする事なく、車を運転し放題になるという訳なのです。

特に旅行や帰省に車を使用される方、日常の通勤や通学などで車を使用するという方にはオススメでしょう。

口コミや満足度などでも特に利用者から高い評価を集めているのが24時間365日間、年中無休の事故受付対応サービスとなっています。

仮にせっかくの休日に事故が起きてしまった時などでもまずはSBI損保安心ホットラインへ連絡しましょう。

そうすると不明な点も、オペレーターが丁寧にしっかりと説明してくれるので安心できます。

 

ソニー損保の自動車保険

ソニー損保の自動車保険は1年間に走る分だけ支払いをするだけで良いといった非常に合理的な自動車保険となっています。

まず保険料は走る分だけなのでお得という事が言えるのです。

ソニー損保の自動車保険が、数ある自動車保険の中で選ばれる理由の1つとなっているのです。

損害を補償するサービスもとてもしっかりとしているから自分の納得のいくまで呼応をしてもらう事ができるのです。

そのため、年間走行距離が少ない方で新しく自動車保険を探している人はソニー損保の自動車保険がオススメなので是非、検討してみてはいかがでしょうか??

また、ソニー損保の自動車保険が気になっているの方の場合は一度公式サイトで見積りをしてみるのも良いと思います。

そして満足の事故呼応も人気の秘密となっています。

そして満足の事故呼応も人気の秘密となっています。

ネットからなら、最大で3000円割引されるそうです。

ソニー損保の自動車保険は特に年間走行が11000キロ以下の人なら絶対にお得と思います。

最後にロードサービスが充実している所も魅力的です。

レッカーは20kmまで無料になっており、事故だけでなく故障の際でもソニー損保の自動車保険なら非常に満足できるものとなっているのです。

 

チューリッヒの自動車保険

チューリッヒの自動車保険は2011年のJCSI損害保険業界で1位を獲得した実績があります。

日本最大級の顧客満足度の調査対象選定条件は保険加入者が3年以内に保険金を受け取った、または支払った、ロードサービスを受けたなどの方達が対象となっているもの。

調査方法がネット、モニターを用いた調査になっているのでダイレクト系の保険会社が上位にいるのは致し方のない事と言えるかもしれませんがこの結果はチューリッヒ自動車保険の事故対応やロードサービスがどれだけ優れているかを証明していると言えるでしょう。

ダイレクト系自動車保険の魅力は保険料の安さが一番に考えられると思います。

安い保険料を求め、ダイレクト系からダイレクト系へと切り替える契約者も増加している傾向にあるのですが、事故対応の良い保険会社を選ぶという事は非常に重要な選択肢と言えるのです。

見積もりを取った結果、もしもチューリッヒの自動車保険が自分の納得する保険料だったら迷う事なく契約するのに値すると思います。

 

三井住友海上の自動車保険

三井住友海上の自動車保険MOSTの特徴について調べてみました。

まず、事故や故障をした際の保障やサポートが充実している点が挙げられるでしょうか。

他社の自動車保険では保険料の安さだったり、契約をする側に合った保険だったりする事が多いものなのですが三井住友海上の自動車保険は最も保険らしい保険と言われているのです。

この、三井住友海上の自動車保険MOSTは家庭用の「MOST・家庭用」と事業用である「MOST・事業用」の2つに分けられています。

家庭用である「MOST・家庭用」の特徴は、もし事故をした相手の方が重度の後遺障害になってしまった時に事故だけの問題でなく相手方の介護費用も必要になってくるものですよね?

このような場合でも相手の介護費用をしっかりと保障してもらえるのです。

事業用である「MOST・事業用」の特徴は従業員が事故を起こしてしまって死亡してしまった場合かかる、葬式の費用や代わりの人材を募集する費用までも保険料で支払ってもらえるのです。

MOSTを契約した方には付帯サービスとして「おクルマQQ隊」が付いてくるのも魅力。

 

そんぽ24の自動車保険

そんぽ24で無料見積もり、もしくは自動車保険契約をネット経由で行った場合は保険料が5%割引されるのでオススメですよ。

そんぽ24で実際に自分の場合なら、どの位自動車保険が安くなるのかを知りたいという方なら、このネット割引制度を利用するのが良いでしょう。

このように、そんぽ24はネットを利用する事によって自動車保険の補償やサービスの質を落とさずにコストを削減する事ができて安い自動車保険を実現しているという訳なのです。

契約者側がネット利用により、削減できた分を還元している結果としてネットの申し込みが安くなっているという仕組みになっているのです。

また、自動車保険がさらに安くなるケースあります。

これは他の自動車保険にも共通点が多い事だと言えますが車の使用目的や年間走行距離が少ない事、免許証の色、無事故運転などがあるのなら自動車保険がさらに安くなるというものです。

自動車の状況や自動車の運転スタイルというものは人それぞれ異なるものなので自動車保険料はしっかりと見積もってから初めて分かるものなので目安程度に考えるようにしましょう。

 

あいおい損保の自動車保険

「あいおい損保」は2010年10月1日に「あいおい損保」と「ニッセイ同和損保」が合併して「あいおいニッセイ同和損保」としてスタート切りました。

補償もサービスも保険料も自動車保険の中の一歩先へと進んでいるのです。

サポートセンターの拠点数が強みとして通販型の自動車保険会社よりも多いのが特徴でしょうか。

そのため、サービス重視の方には非常にオススメな保険会社だと思われます。

自動車保険会社は非常に多くありますので、一体どれにしようか迷ってしまうと思いわれます。

自動車保険会社を選ぶのなら、やはり信頼のできる保険会社を選びたいと誰もが思うでしょう。

新規の自動車保険の加入、切り替えなどでどこの保険会社が良いのか迷っている方は無料一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

1社1社時間をかけて調べていく必要もなくなり、短時間で見積もりが可能ですよ。

何より自分に合った自動車保険を簡単に探す事ができるのです。

「あいおい損保」の保険料と他の保険会社との比較も簡単に行えるので便利ですよ。

このサービスを利用する事によって今までと比べて2万円近くも保険料が安くなったという人も多くいると言われているのです。

 

全労災マイカー共済の自動車保険

自動車保険を選ぶにあたり、もしも全労済に加入している場合は全労済の「マイカー共済」をチェックしてみましょう。

全労済のマイカー共済やJAのJA共済などの共済の最大のメリットとして挙げられるのは非営利運営による保険料の安さと言えます。

これら共済は安価な支出でも充実の補償内容が提供されているのが特徴なのです。

全労済に加入していない方にとって共済への加入というものは同時に組合員になる必要もあるという事になりますが、これも1000円程で加入できるので特に問題はないかと思われます。

このように全労済のマイカー共済の安さの理由は非営利だからという訳ですが、実際はそれだけでもないのです。

マイカー共済では補償対象をマイカーだけに限定しているので事故率が低くてその分の保険料を抑える事ができているのです。

補償に関してはリスク細分化でないというようなデメリットもあるのですが、それ以上に無事故割引で最大64%もの保険料の割引などの多くのメリットがあるものなのです。

 

イーデザイン損保の自動車保険

イーデザイン損保というのは東京海上ホールディングスとNTTファイナンスの共同出資によって2009年に自動車保険の申込受付が開始されたと言われています。

そのため、出来て間もないと言え、知名度もまだ低いかもしれませんが、これまでの東京海上グループの経験と実績を生かしたサービスと保障内容にこれから期待できる損保会社となっているでしょう。

イーデザイン損保の事故対応やサービス面では24時間365日の事故受付やレッカーサービスなどのロードサービスは他社と遜色ないレベルと思います。

また、新車割引や証券e割、インターネット割引(最大で10000円割引)、早割、セカンドカー割引など様々あり、それぞれに合わせて適用されるものとなっています。

イーデザイン損保のユニークな点としては人身傷害補償保険の女性の顔手術費用特約や育英費用特約や入院時諸費用特約、常駐の医師の24時間365日サポート体制であるメディカルコールサービスなどの嬉しい特約が用意されている所でしょうか。

 

 

セゾン自動車火災の自動車保険

セゾン自動車火災は自動車保険の中でもとくに40代、50代といった大人の年代に嬉しい「おとなの自動車保険」を展開しているのが特徴でしょうか。

自動車事故率が低いと言われる40代と50代のドライバーのため、割安で使いやすい自動車保険として誕生したのです。

セゾン自動車火災のサービスの特徴としてはドライバーの加入条件や運転状況によって保険料がリーズナブルな価格になると評判となっている点が挙げられます。

中でも40代や50代のドライバーに多いと言われるゴールド免許や優良契約者などに対した割り引き制度が非常に多くて40代や50代のドライバー達にとっては確実に保険料が安くなる自動車保険と言っても良いでしょう。

また、保険料が安いだけではなく事故対応サービスも満足度90%を越えており、いかに、丁寧だという事が分かるかと思います。

リーズナブルさだけではなく事故対応の良さでも人気となっているのでオススメです。

 

ゼネラリの自動車保険

ゼネラリは大正海上火災保険で、後にコンチネンタル保険会社の日本支社となっているそうです。

ゼネラリはイタリアの会社なので外資系となるのです。

PAP、BAPの自賠責保険も取り扱っているそうです。

ゼネラリの自動車保険である「ビアンカ」の大きな特徴としてベースの保険料が安いという所が大きな特徴として挙げられます。

ビアンカは個人だけに特化した自動車保険と言え、リスクを分散させている事によって保険料を安くする事ができているのです。

例えば、車の車種によって安くなったり、運転免許経過年数によっても安くなったりするという訳なのです。

車種やタイプにより、自動車保険料が安くなるRVやミニバンなどといったステーションワゴンタイプの場合は、どちらかと言えば家庭用の大きめの車で安くなるという事で、意外な特徴なのですが様々な統計により、そうした結果になっているという事と思います。

 

セコム損保の自動車保険

セコム損保には魅力ある自動車保険が様々ありますよ。
その特徴として、事故現場への現場急行サービスがある所が挙げられるでしょうか。

これは、慣れない状況での事故相手の方や警察や保険会社への連絡などといった対応を
しっかりとサポートしてくれる非常に便利なサービスで
24時間365日対応してくれるというものとなっています。

今の時代では車両保険に加入している方はほとんどだと思われますが
セコム損保の車両保険に加入するとロードサービスも無料で受けられますよ。

サービスにはレッカー牽引サービスはもちろん、
鍵の閉じこみやパンクやオイル漏れなどといったトラブル、
また、ガス欠した際のガソリン補充サービスなど様々あるのです。

また、セコム損保独自である盗難車両の追尾費用補償サービスもあるそうです。
保険料も日常やレジャー使用目的の車の場合は保険料負担が低く設定されており、
走行距離と関係無い安心の料金体系となっているのです。

 

エース保険の自動車保険

エースの自動車保険はネットによるダイレクト販売と代理店経由によって契約する2タイプの自動車保険を提供しているのが特徴ですが、これらどちらもテレビCMや宣伝は一切行わない事を方針としているようです。

ダイレクト販売の自動車保険は他のダイレクト系自動車保険と比べて販促費がかからない分として保険料も安くなるといわれていますが保険料の支払いがクレジットカードに限定されている所や電話からの見積もりができないなどといった不便な点も挙げられるのです。

販促費を抑え、保険料の削減を強化するという方針は良いのですがユーザビリティの高いサービスが展開できるとユーザー側としても検討しやすくなると思います。

それでも販促費用を抑えた効果が、どれくらい見積もりに反映されるのかが楽しみではあるものなので見積もりはとっておくに越した事はないでしょう。

代理店型自動車保険には安全運転優遇保険とクラッシックカー保険の2つがあるそうです。

 

 

東京海上日動の自動車保険

東京海上日動は東京海上と日動火災が合併した事によって出来た保険会社となっており、安心感には定評ある会社だと言われています。

東京海上日動の自動車保険は国内損保のリスク細分型、補償充実型自動車保険となっており、事故防止から事故後のサポートまで様々なサービスを提供しているのが特徴と言えるでしょうか。

対人賠償責任や対物賠償責任、搭乗者傷害、自損事故、無保険車傷害、人身傷害補償や車両保険、車両付随損害などは全て用意されています。

基本補償の部分については使用目的や免許証の色や同居家族の運転者年齢などの保険料の設定の細分化も行われており、自分に不要な補償を削り、保険料を安くする方法も選択可能となっているのです。

さらに事故防止アシスト、もらい事故アシスト、ロードアシスト、事故現場アシスト、入院時選べるアシスト、メディカルアシストという6つのアシストがプラスされているトータルアシストによって安心のサービスがあるのも特徴であり魅力の1つとなっています。

 

 

日本興亜損保の自動車保険

日本興亜損保の自動車保険について調べてみました。

・カーBOX

対象は契約の自動車を主に利用する方や車を所有して使用する契約車など自家用8車種となっています。

基本補償としては相手に損害を与えてしまった場合の補償、自分自身や家族や同乗者が怪我などをした際の補償、自分の自動車に損害が生じた際の補償、事故や故障をした際の自動車搬送費用が発生した場合の補償などが挙げられます。

その他の補償として代車費用特約や財物損害担保特約ファミリーバイク特約、生活賠償責任担保特約といった4つの特約があって自動車安心サービスや事故対応サービスも様々充実しているのです。

・SIP

対象となるのは上記のカーBOXが対象にならない方と言えます。

その他、ペーパードライバーの方のドライバー保険や契約が義務付けになっている自賠責保険もあって住まいと暮らしの保険や体の保険やレジャーの保険老後の保険なども様々取り扱っているのが特徴となっています。

 

ニッセイ同和の自動車保険

「ニッセイ同和損保」は「ニッセイ損保」と「同和火災海上」が合併してできた損害保険会社の事です。

一般個人向けの自動車保険として「ぴたっとくん」を選ぶ事となるでしょう。

「ぴたっとくん」の1番の特徴としては運転車限定と年齢条件を細かく設定する事ができ、非常に無駄を省いた自動車保険となっている点が挙げられます。

その内容としては臨時運転者特約が自動セットになっており、運転者夫婦限定割引が8.0%割引になるというものです。

年齢条件は21歳以上補償~34歳以上補償までの間が1歳刻みで細かく設定できるようになっているので便利ですよ。

このように合理的と言えば非常に合理的なのですが、31歳の方の場合は35歳にならなければ年齢条件の最大割引を得る事ができないという点もあるので全て年齢の方にとってメリットがあるという訳ではないと言えるかもしれません。

また、運転者本人限定割引の場合は8.5%割引になりますが、本人限定割引を活用する方は非常に限られてくるものなので、一体どれだけ自分自身の保険料の節約に貢献するかどうかは実際に見積もりをとってみるまでは分からないものだと考えられるので1度見積もりを行うようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ