【低燃費タイヤ】タイヤを変えるとガソリン代節約になる!

低燃費タイヤはお得?

低燃費タイヤというのは果たして得なのでしょうか?
一昔前まで良いタイヤと言うと、優れたグリップ力を持っているスポーティなブランドを意味していましたよね。

しかし最近はエコの時代となり、優れたグリップ性能よりも燃費の良いスマートなタイヤのニーズが高くなっているのです。

この流れを先読みしたJATMA日本自動車タイヤ協会はが新しい指針を打ち出したようです。
その内容を見てみると転がり抵抗係数とウェットグリップ性能の2つを表示する、というものとなっています。

転がり抵抗係数だけ表示すれば電車のような鉄の輪が最も良い数値になってまうと考えられます。
低燃費タイヤの難しさは転がり抵抗を減らしながらウエット性能を保つという事になるのかもしれませんね。
タイヤの転がり抵抗係数で燃費に違いが出てるのか?と思う人も多いと思います。
実際にテストしてみると相当違う事がわかっているのです。

空気の少ない自転車のタイヤとパンパンに充填したタイヤの差をイメージすると分かりやすいと思います。

低転がりタイヤに履き替えれば明らかに燃費が変わる事がわかっているのです。
極端な場合で言うとプリウスのタイヤを転がり抵抗の大きいスタッドレスタイヤに交換すればそれだけでも、およそ10%前後落ちると言われています。

仮に22km/L走るものの場合は20km/Lになるのです。

スタッドレスタイヤではなく普通の銘柄の夏用タイヤに替えたとしてもおよそ5%近く下がると言われているので驚きです。

 

低燃費タイヤでガソリン代節約

転がり抵抗とグリップ性能というのは大雑把に言えばトレードオフの関係にあると言えるでしょうか。

そのため、多少燃費が悪かろうがグリップ性能が高い方が安全だという理屈は決して間違っていない事なのです。
しかし、昨今のエネルギー問題や環境問題を考えれば燃料の浪費は好ましくないと言えるだろう。

転がり抵抗が少なく、グリップ性能も良いタイヤはないのか?

と誰もが思う事だと思います。
テストとしてレンタカーのプリウス3台を使用してみました。

タイヤは全銘柄を新品で揃えました。
今年の年末から欧州でタイヤのラベリング制度が始まったそうです。

転がり抵抗や通過騒音やウエットグリップ性能といった基準を定めたものです。

日本のグレーディングは欧州の基準を参考として作られたものと言われているのです。

それまでは各メーカーが独自に何%転がって抵抗低減するなどの表示を行っていたもので低燃費タイヤを謳っていたが、この基準は曖昧なものだったのです。
そこでユーザーへの低燃費タイヤの普及促進を目的として、国土交通省と日本タイヤ協会が低燃費タイヤのガイドライン、つまりタイヤのラベリング制度を作ったのです。
それぞれのメーカーが同等の基準であるグレーディングを採用して、一定の基準である転がり抵抗はAAA~Aとして、ウエットグリップはa~dを満たしているものを低燃費タイヤと呼ぶ事としたそうです。

全てのメーカー共通の基準によって転がり抵抗とウエットグリップが分類される事となり、大雑把だが性能を横比較できるという点で考えてみても非常に画期的な事だと考えられます。

 

エコタイヤって?

エコタイヤというのはミシュランのグリーンタイヤ構想が発端となったと言われているものなのです。

1992年に初めて実用化され始めて今までのタイヤと比べて転がり抵抗が低減されているのが最大の特徴だったのです。
これは「シリカ」と言われる特殊な素材をコンパウンドに配合する事によって達成されていたと言われています。

シリカを使う事によって転がり抵抗が低減されて低温の路面にしてもグリップが良くなるようになったのです。
それまでは転がり抵抗の低減を図ろうとすればグリップや磨耗性能が犠牲になってしまう事も多く、そう考えられてきたのですがこの技術によってミシュランはエコタイヤを見事実現したという訳なのです。
そして、今日のエコタイヤはミシュランの発想が基礎となって発展してきていると考えられるのです。

ミシュランのエコタイヤに影響されている国産タイヤメーカーは新らしい技術の採用によってタイヤを開発して、それはエコタイヤを超えた超エコタイヤとも言われるように成長したのです。
近年の環境保護、とくにCO2の排出量削減が大きな問題となっている時代背景によってタイヤメーカーでは頻繁にエコを唱えており、
その影響か一般ユーザーにも関心が高まってきて、今ではエコタイヤは新らしいタイヤ選びのカテゴリーとして定着しているのです。
エコタイヤはタイヤの転がり抵抗の低減を図る事によって車の燃費向上効果を得る事ができて、その結果としてCO2の排出量削減を目指すというものなのです。

 

エコタイヤと底燃費タイヤ

エコタイヤは表示されているデータに関し、それぞれメーカー独自の見解によったものとされており、ユーザーに対し、公平な情報提供が求められていたと言われています。
そこでデータ計測の統一的な見解、情報提供などについて業界自主基準として示されるこ事となったのが低燃費タイヤという訳なのです。
平成の22年の1月から導入が開始されて以来、3シーズン目を迎える今シーズンでは3ステージ目に入る事となったのです。

低燃費タイヤは毎シーズンごとに変革が進んでおり、カテゴリーの充実も勢いがあり、進んでいるものなのです。
しかし、コンフォートタイヤやスタンダードタイヤのカテゴリーと比べて性能の対極距離が著しくなったスポーツタイヤ、スポーツコンフォートタイヤなどは実現へのハードルが非常に高いと感じていると言われているのです。
いずれにしても全体としては低燃費タイヤへの進化は非常に堅調とされており、エコタイヤから低燃費タイヤへの移行は順調に進んでいると言って良いでしょう。
低燃費タイヤの性能要件としてはタイヤのラベリング制度によって転がり抵抗係数がA以上でウェットグリップ性能がa、b、c、dの範囲内にあるタイヤの事を指しています。
低燃費タイヤへの進化の構図としてはタイヤからエコタイヤとなり、そして超エコタイヤとなってから低燃費タイヤと進化していったと言えるでしょうか。

 

ECOタイヤについて

最新のタイヤトレンドはECOタイヤとなっています。
実はタイヤのエコにも2通りあるとされており、1つはタイヤの製造過程で地球に優しい素材を使うという事が考えられます。
そして、もう1つとしては自動車の燃費を向上させ、ガソリンを節約する事によってCO2の排出量を減らそうという目的があるものです。
ここで紹介するのは後者である自動車の燃費を向上させ、ガソリンを節約するECOタイヤについて紹介したいと思います。
目的のタイヤがエコタイヤなのか、また、どれぐらい効果があるのかは一目瞭然だと言われています。

低燃費タイヤのマークを見ると簡単に判かるものだと思います。
車を支えているタイヤというのは一見して、どこまでも転がっていきそうなものだが実はかなりの抵抗があるものとなっているのです。

転がり抵抗の原因はタイヤの柔らかさにあると考えられます。
柔らかいタイヤというものは重い自動車を支える事によって下部が押しつぶされているのです。

自動車が進む事によってタイヤが転がって押しつぶされた位置が変わるのです。
その時に新らしい潰れる部分ともともとの形に戻る部分が同時にできる事になるのが分かるかと思います。

つまり、このタイヤの変形によってエネルギーを取られる事となり、これがタイヤの転がり抵抗の大部分と説明できるのです。
さらに、空気を下に押し込むためである空気抵抗や雨天の時の水を跳ねる時のエネルギー吸収や他にも様々な抵抗がタイヤにはかかっているものと考えられるという訳なのです。

 

 

国産の低燃費タイヤ

低燃費タイヤというのは燃費が非常に良いタイヤの事を表します。

エコタイヤと呼ばれる事もあるものです。
今までのタイヤと比べるとおよそ5%程、燃費が良くなると言われていますよ。

例えばハイブリッド車などによって20km/Lの燃費が21km/Lになる事があるそうです。
しかし、低燃費タイヤだからと言い、アクセルを踏めば簡単に5%のアドバンテージというのは消えてしまう程度のものとなっています。

しかし、いつもと同じようにアクセルに気を付けて乗るなら5%節約できるという訳になります。
仮に毎月1万円のガソリン代を使っているとすれば年間で考えると6000円分のガソリン代が節約できる事となるのです。

もう1点注意すべき点としてはタイヤの空気圧でしょうか。
低燃費タイヤと言っても適正な空気圧でないと、その真価も発揮しないと考えられます。

私の場合は少し高めに空気を入れ、乗り心地がゴツゴツしてたり、タイヤの真ん中が減るようなら少し下げるようにして適正圧の範囲で折り合いをつけるように心がけていますよ。
低燃費タイヤというのは燃費を良くするために転がり抵抗が少なく作られてあるものなのです。

その分としてグリップ性能は少し落ちてしまうものなのです。

つまり、急ブレーキの際の制動距離が少し伸びる傾向があるという訳なのです。
そのため、グリップ性能重視のスポーツタイヤに慣れている方の場合は注意が必要だと思います。
しかし各メーカーでは、これらの相反する要素に加えて、乗り心地や静粛性も加味した上で、より高度なタイヤを作るためしのぎを削っていると言われています。

 

低燃費タイヤの選び方

燃費向上術は様々あるものですが低燃費タイヤへの買い替えもその内の1つと言えるでしょうか。
しかし、タイヤがまだ新しい、タイヤの溝が十分に残っている場合はもったいないので、そのまま使用するようにしましょう。
そろそろ交換かなというタイミングで導入を考えるのが1番良いかと思います。

その時に注意したい点として、まず自分の愛車に適合するかどうかをしっかりと確認しましょう。
基本中の事だと思われますが例えばこんな話があります。
フィットRSにエコタイヤを装着しようと思って大手カー用品店に向かいます。

日本を代表するコンパクトカーなのでサイズはいくらでもあるだろと思っていました。
しかし、その店の在庫には185/55R15という純正サイズに合う低燃費タイヤは置いていなくて、近くの倉庫から配送してもらう事となったのです。

フィットの中でも14インチならば、いくつかのメーカーから選ぶ事もできましたが。こういった事もあるので、まずはホームページなどでサイズをしっかりと確認した上で在庫があるか問い合わせておきましょう。
低燃費タイヤが低燃費とされる所以は転がり抵抗が低い事、つまりよく転がるからと言われています。
逆に、よく転がるという事は特に雨天時などに止まりにくいというデメリットとして言えるでしょうか。

よく転がる事によって燃費を良くする、その一方で雨などで滑りやすい路面でもきっちり止まる、この両方の要素を満たすタイヤがほしいものですよね。

 

タイヤで燃費は変わる?

最近ECOタイヤという言葉をよく耳にする人も多いのではないでしょうか。

どのようなECoなのか?まずECOタイヤの概念から説明しましょう。
基本的な事として2つのアプローチがあります。

1つは転がりの抵抗を減らして燃費を向上させている事です。

燃費向上は二酸化炭素削減となるので地球温暖化防止のために有用となります。

もちろん燃費が良くなれば経済的にも良いものです。
こう説明すると転がり抵抗の違いはそんなにも大きいのか?と思う人も多いでしょうか。

例えば、プリウスの場合で考えると15インチの標準タイヤを同じサイズのスタッドレスタイヤに交換しただけでも15%以上燃費は悪化すると言われています。
そしてもう1つが資源のECoというものでしょうか。

具体的に説明すると材料の見直しやリサイクル性の向上、廃棄する時に出る二酸化炭素を少なくするというものとなっています。

この2つの特徴を持っているのがECOタイヤだと言えるのです。
ECOタイヤの元祖と言えるのが横浜ゴムと言われていますよ。

横浜ゴムは前からDNAというブランドで転がり抵抗の低減に取り組んできているところで認知度も高いようです。

そこの最新商品がDNAアースワンです。

一般的にECOタイヤは全体的に転がり抵抗を減らした分としてグリップ力という性能面で厳しくなってしまう事が考えられます。

そこを克服しようと様々なメーカーが頑張っているのがDNAアースワンはコンパウンドに食器用の洗剤で知られているオレンジオイルを配合しちえるのが特徴です。

その結果として転がり抵抗を減らしながらもゴムはしなやかさを増して接地面全体が天候や温度などのコンディション問わずに路面にしっかりと食い付くのです。

 

タイヤと燃費の関係

車のレースが好きな方や車のドレスアップが好きだという方の場合はタイヤを交換する事によって車の性能が劇的に変化するという事も知っているでしょう。
タイヤ交換というのは燃費向上にも非常に大きくに関わっているものなのです。

タイヤサイズの変更は燃費にも影響があり、ノーマル状態のタイヤから1インチタイヤサイズをあげれば転がり抵抗が増加してスピードも以前より出て、燃費が悪化するという現象が発生するようなのです。
その原因としてはタイヤをインチアップする事によってタイヤと路面の接地面積が増えてしまってタイヤの転がり抵抗が増加する事が考えられます。
転がり抵抗が増えるという事は車が前進するために抵抗がかかるMつまり余分に燃料を必要としてしまう事になるのです。

その結果、燃費が悪化するという訳なのです。
燃費を向上させるためならタイヤは出来るだけ細い方が良いのでしょうか?

実際に燃費の良さだけを競争対象とするマイレージレースで使用されるタイヤでは自転車競技に使われる細いタイヤだそうです。

少しでも転がり抵抗を押さえるためと考えられます。

では何故レースでは使われないのでしょうか?

それはスピードが上がる事によって車体と路面の接地面積を増やしグリップを稼ぐためと思われます。
最近ではエコタイヤも様々販売されていてエコタイヤの特徴として扁平率の低さと耐久性の向上が考えられますが、その反面として乗り心地という観点からは従来のタイヤに分があると言われているようです。

 

スタッドレスタイヤの燃費

ここではスタッドレスタイヤと燃費の関係について調べてみました。

興味のある方は参考にしてください。

冬が近づくにつれてスタッドレスタイヤの販売合戦が始まってくるものです。

そのため、スタッドレスタイヤの交換時期を検討している人も多くなるものです。
スタッドレスタイヤは雪道走行の場合での事故を回避するアイテムとして重要なモノとなっているが、その反面スタッドレスタイヤにすれば燃費が落ちると言い、装着期間を最小にして燃費を稼ごうという方も多くいるのではないでしょうか?
実際、燃費がどうなるのかを同じ条件のもと比べるというのは非常に困難なようで、インターネット上でも燃費にについて諸説言われていますが、冬の期間はノーマルタイヤでも、およそ普段と比べて10%近くも燃費が落ちるという話をよく聞くものです。

新型のプリウスで燃費を計ってみたらスタッドレスタイヤに変えると燃費が落ちたと言う記事も多くあるのです。
求められる性能が違うので構造の違ったスタッドレスタイヤはノーマルタイヤと比べると道路との摩擦も異なるので燃費も悪そうな気がしないでもないものです。
ただし、燃費や安全について出来る事は非常に多いと思います。

1つは夏の間保管しておいたスタッドレスタイヤを使用する時はしっかりと適正空気圧にする事を心がけるようにしておきましょう。
空気圧と燃費は大きく関わっていると言われています。

もう1つは夏の間のスタッドレスタイヤの保管方法に注意し、タイヤの劣化を防ぐという事考えられます。
スタッドレスは冬の間はどうしても必要となるモノなので燃費を少しでも向上するためにもタイヤについて基本的なケアはしておいた方が絶対に良いでしょう。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ