自動車任意保険の種類

対人賠償保険について

対人賠償保険というのは被保険者が被保険自動車の事故によって他人を死傷させてしまい、法律上の損害賠償責任を負担する場合の損害に対し、自賠責保険の支払額を超えた分について保険金を支払う保険の事を言います。

また、対物賠償保険というのは自動車事故で他人の車などの財物に損害を与えてしまい、法律上の損害賠償責任を負担する場合の損害に対し、保険金が支払われるものです。

契約者や配偶者や同居の親族などが被保険者となるのですが契約者の承諾を得て使用するものも被保険者となるそうです。

しかし、車を借りている場合の借り主は被保険者にならないので注意しましょう。

また、地震や噴火や津波による損害は免責で扱われるのです。

この場合は免許取り消しなどの行政処分が科せられたり、刑法上の責任を負わなければならないのは言うまでもありません。

対人、対物賠償事故が発生してしまって被保険者が損害賠償の請求を受けた場合は保険会社は事故解決のために支払責任を負う限度におき、被保険者の同意を得た上で被保険者のための折衝、示談または訴訟の手続きを行わなければならないのです。

被保険者が負担しなければならない法律上の損害賠償責任の額が対人賠償保険金額、または自賠責保険の支払額の合計額を明らかに超える場合は被保険自動車に自賠責保険、または自賠責共済が付いていない場合や被害者が保険会社と折衝する事に同意できない場合などは示談交渉等解決を行わないとされています。

 

対物賠償保険について

対物賠償保険というのは他人の所有物である「物」に損害を与えてしまって損害賠償が発生した際に保険金が支払われる自動車保険の事を言います。

自分の車で他人の建物や自動車やガードレール、電柱などを壊した時が対象となるものです。

対人賠償保険が「人」に対しての補償であるのに対し、対物賠償保険は「物」への補償を目的とした自動車保険となっているという事なのです。

ただ、自動車保険の加入者本人と、その家族の所有物は補償の対象外になっている事を覚えておきましょう。

例えば自宅の車庫入れの際、誤って車庫を壊してしまった場合、家族の所有物であるバイクや自転車などに、ぶつかって壊してしまった場合などがこれに当てはまるかと思います。

原則として他人の所有物を壊して損害を与えてしまった時だけに支払われるものなのです。

具体的な例としては建物の損害、他人の車との衝突、ガードレールや街灯や電柱などへの衝突、建物への飛び込みによる商品や製品の破損の補償、自動車事故によって発生してしまった休業補償、これに関連する損害の補償などになっているのです。

こうして対物賠償保険は事故によって壊したものだけではなく、それにより発生した賠償責任をカバーするものなのです。

物を壊してしまった場合は壊した物の賠償はもちろん、それに関した営業補償や休業補償が必要となってくるものなのです。

このため、予想以上の多額の賠償金が発生する事も十分に考えられるのでそうした事も考えた上で対物賠償保険を検討するようにしましょう。

 

自損事故保険について

自損事故保険というのは自分の過失により起こした事故を保障する保険の事を言います。

ほとんどの場合で自損事故保険というのは対人保険に付帯している特約となっており、料金もかからないものとなっています。

交通事故では相手があるケースをイメージするものですが自損事故は多く発生しているものなのです。

例えば余所見をしていて標識にぶつかってしまった、ハンドル操作を誤ってカーブを曲がりきれずにガードレールに衝突してしまったなどの自分の不注意などで起こってしまう事故の事が挙げられます。

国から加入が義務付けられている自賠責保険というのは同乗者への慰謝料は発生するのですが加入者の損害に対しては保障はできないものとなっているのです。

自損事故保険はドライバーを保障するための保険と言えると思います。

また、単独の自損事故だけでなく、相手がいる場合での自損事故にも適応されるとされています。

駐車場で停車している車にぶつかってしまった、センターラインをはみ出して衝突してしまったなどの相手側に過失が無い事故の場合でもドライバーの保障がされるというのです。

自損事故保険の補償は契約者が死亡ししまった事故は1500万円で後遺障害の場合はその度合いによるが、50万円~1500万円となっているそうです。

治療する場合は1日あたり6000円で通院なら1日あたり4000円の上限が決められています。

保険会社によっては違う点も様々あるので、加入する場合はしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

車両保険について

車両保険というのは衝突などの偶然な事故により被保険自動車に物的損害が生じてしまった場合、保険金を支払う保険の事を言います。

一般の車両保険の場合は衝突、接触、墜落、転覆、物の飛来や物の落下、火災、爆発や盗難、台風、こう水、高潮など偶然な事故により被保険自動車に生じた損害が支払われるというものになっているのです。

ただ、下記の場合などでは保険金は支払われないので覚えておきましょう。

・契約者の故意による損害、無免許運転、酒酔い、麻薬等の影響によって正常な運転ができない恐れのある状態で運転している時に生じた損害。

・地震や噴火や津波による損害。

・被保険自動車に存在する欠陥、摩滅、腐食、サビなどの自然消耗の損害。

・パンクなどといったタイヤの単独損害。

・違法改造した部分に生じた損害に対して、などとなっています。

保険金額のベースは協定保険価額となっています。

これは契約時に保険会社と契約者、もしくは被保険者が協定した被保険自動車の価額の事です。

契約時に被保険自動車と同一である用途、車種や車名や型式、仕様、初度登録年月の自動車の市場販売価格相当額などを被保険自動車の価額として協定して、その価額を保険金額として定めているという訳なのです。

市場販売価格相当額は自家用5車種については自動車保険車両標準価格表に記載されている価格帯の範囲以内の金額で、さらに5万円の整数倍の金額で定めるとされています。

 

エコノミー車両保険について

エコノミー車両保険というのは他車との接触事故や衝突事故の場合にだけ補償される車両保険の事を言い、当て逃げや自損事故や自動車以外の他物との接触事故、災害などでの損害は補償されなくて補償範囲を限定する事によって保険料が割安になるものとなっています。

正式には自動車相互間衝突危険車両損害保険や車両危険限定担保特約付き契約と言われますが車対車と付記されている場合もあるものです。

また、自動車同士の事故でも事故の相手が特定されないと補償の対象外となるそうです。

エコノミー車両保険の補償範囲は下記のようなものとなっています。

・自損事故は対象外です。

・他車との接触事故は対象となる。

・他車との衝突事故は対象となる。

・転覆事故は対象外です。

・墜落事故は対象外です。

・当て逃げは対象外です。

・イタズラは対象外です。

・盗難が対象外です。

・火災や台風や浸水は対象外です。

・爆発は対象外です。

・飛来や落下中の他物との衝突は対象外です。

・自転車との接触事故は対象外となっています。

自動車事故のほとんど大部分は自動車同士の事故となっているのでこのエコノミー車両保険は合理的な車両保険と思えるかもしれませんが、保険会社によってはエコノミー車両保険だけでは契約できなくて車両危険限定担保特約と組み合わせて契約するのが一般的とされているようです。

 

搭乗者傷害保険について

搭乗者傷害保険というのは被保険自動車に搭乗中の方が自動車事故によって死亡してしまったり、後遺障害や傷害を被った場合、保険金を支払う保険の事を言い、人身傷害保険補償保険を保管する内容になっている特徴があるものです。

人身傷害補償保険と同じで過失の有無に関係なく傷害を被った時に保険金が支払われっる事となるので搭乗中の事故については共にに保険金の支払い対象となるものです。

保険料を安く抑えようと思うと搭乗者傷害保険不担保特約をつけるのがオススメです。

保険金こそ少なくなるのですが重複部分を簡単にする事ができるでしょう。

また、この保険は社会保険による給付や加害者からの損害賠償金、自賠責保険や各種傷害保険などとは関係なく支払われるものなのです。

傷害を被った部位や症状に応じ、一定の金額を入通院給付金とし、支払うものと死亡保険金に一定の割合を乗じ、入通院日額を算出するものがあると言われています。

例えば前者の場合ならば頭部の骨折では60万円という具合に。

それに対し、後者の場合では死亡保険金が1000万円であればその1000分の1.5が入院給付金額で1000分の1が通院給付金額となって入通院日数を乗じた金額が支払額となるという仕組みになっています。

注意しなければいけない点としては車に搭乗していると全て対象となるのではなくて、ワンボックスカーの荷台に乗っているような場合なら、保険金が支払われない点でしょうか。

 

人身傷害補償保険について

人身障害補償保険は契約している車に乗っている搭乗者が自動車事故で怪我や後遺障害を負ってしまったり死亡したりした場合に契約の保険金額の範囲内で損害額が支払われる実損払いの保険の事です。

人身傷害補償保険では自分自身の過失も含め、入院や通院した治療日数に関係なく契約した保険金額の範囲内で実際かかった治療費や休業補償や慰謝料などを全額補償してもらえるものなのです。

また、人身傷害補償保険は契約車両に乗っている時だけでもなく、被保険者とその家族は契約車両以外の車に乗っている時の事故や歩行中の自動車事故によって死傷した場合でも補償の対象になるのが特徴でしょうか。

仮に交通事故を起こしてしまって重症を負って2000万円の損害が出たとしましょう。

そこで自分の過失が4割で相手の過失が6割だったなら相手の対人賠償保険からは自分の過失分4割が減額された1200万円が支払われる事になり、残りの800万円は自己負担となってしまうという事です。

人身傷害補償保険に加入していると、このような場合でも自己負担額の800万円を受け取る事が可能になるので損害の全額を保険でまかなう事ができるのです。

もしも、この事故が自分の過失が100%だったとして、相手の過失が0だった場合では相手の対人賠償保険からは1円も保険金が支払われない事になってしまいます。

このような場合でも人身傷害補償保険に加入していると治療費の2000万円が支払われる事になるので安心なのです。

また、相手が任意保険に加入していないといった無保険者の場合なら自賠責の範囲でしか補償してもらえない可能性も非常に高いのですがそうした場合でも不足分を全額補償してもらえる事になりますよ。

 

無保険車傷害保険について

事故相手が事故に対する備えをしっかりしている人とは限らないものです。

保険未加入者と事故を起こしてしまって被害者が苦しい思いをするケースは実際に多くあると言われているのです。

こうした状況に備えるため、無保険者傷害保険というものがあるという訳なのです。

この無保険車というのは任意保険である対人賠償保険に加入していなかったり、対人賠償保険に加入していたとしても補償金額が少額である自動車やバイクの事を指します。

その無保険車との事故に巻き込まれて命を落としてしまったり、傷害を負ってしまった場合は加害者から十分な損害賠償を受ける事ができなくなってしまうのです。

しかし、無保険車傷害保険に加入をしていると、この自動車保険から賠償金を受け取る事ができるという訳なのです。

支給金額は自分が契約している対人保険と同じ金額となるようです。

無制限の対人保険に加入している場合は限度額は2億円。

しかし、無保険車傷害保険が対象としている無保険車にも条件があるそうです。

もしも、事故相手の無保険車が下記にあげる4つの条件のどれかに該当する場合は保険金の支払いを受ける事が可能でしょう。

・任意の対人保険に加入していない。

・対人保険に加入しているにも関わらずに運転者年齢条件など規定に沿っていないために保険がおりない場合。

・事故の加害者が特定できない場合。

・対人保険に加入しているけれど、その保険額が被害者に支払う賠償額に満たない時。

万一のために任意保険にしっかり加入しているドライバーは非常に少ないのです。

 

 

シートベルト保険について

シートベルト保険、またはシートベルト傷害保険とも言います。

これは簡単に説明するとシートベルトをつけた状態で事故にあってしまって死亡、または重度な傷害などが残ってしまった時に保険料が払われるものの事です。

つまり大抵の場合は自分が貰える保険ではなくて遺族に対して支払われる保険といえるでしょう。

2011年頃まではこのシートベルト保険が付いているクレジットカードが存在していたのですが2012年現在では今のところ確認できてません。

予測すれば現在ではこの付帯保険がついているクレジットカードは存在しないものと思われます。

なるべくお世話になりたくない保険と言えますが、特になんの手続きもなくシートベルト保険が付帯保険として付いているクレジットカードを持っているなら自動的に保険に加入している事になるでしょう。

適用条件にも名前の通りで車を運転する際や助手席などに乗る時にしっかりとシートベルトさえ締めていると保険金が支払われる事になるのです。

ただし不吉な事を言ってしまえば事故の規模があまりにも大きすぎて事故時にシートベルトが着用していたと確認出来ない時では保険が降りないケースもあるといわれています。

また、保険適用のほとんどの場合で自分はもう死んでしまっているので自分がシートベルト保険に加入している事すら遺族は知らない可能性も十分に出てくるのです。

そのため、そうした保険に入っている事は遺族になるであろう人にはあらかじめ伝えておくか、分かりやすいように自分が入っている保険を書類やデータなどにまとめておけば良いでしょう。

 

自動車管理者賠償責任保険について

自動車管理者賠償責任保険というのは他人から車を預かった時に破損や盗難などの被害に遭ってしまって車の持ち主に対して法律上の賠償責任を負担した場合に補償してくれる保険の事を言います。

この保険は受託者賠償責任保険の一種であり、他人の車を預かる業務である駐車場管理者や自動車整備工場などが対象となるものです。

ただ、駐車場については常駐の管理人を置くなどといった受託、管理の実態がある駐車場が対象となって月極などの自動車駐車用の場所貸しや店にあるお客様駐車場のような無人の駐車場は受託、管理の実態がないので対象とはならないので注意してください。

しっかりとした管理のもと、駐車場や整備工場などにおいて車の部品が盗まれた、保管施設が火事に遭ってしまい車が焼失してしまった、車庫入れの際に誤ってぶつけてしまった、などの場合は損害が賠償される事となります。

逆に下記のような場合は補償の対象外となるので注意しましょう。

・故意に起こした事故。

・損害の内で法律上の損害賠償責任が無い部分。

・被保険者や従業員などが行ったり、手助けをした盗難によるもの。

・自動車を預けて主に返した後に見つかった損害。

・被保険者や従業員などが業務以外の私的な目的によって自動車を使用した時の損害。

・無免許運転や飲酒運転による事故の損害。

・被保険者の下請け人が管理している間に生じてしまった損害。などが挙げられます。

 

交通傷害相互保険について

交通傷害相互保険というのは交通事故や火災の場合のみによる怪我や傷害に対し、保険金が支払われるものの事を言います。

この保険は損害保険の内の傷害保険の1つとされており積立型損害保険となっているのです。

被保険者は1人に限定する事はもちろん、家族全員にする事も可能となってますが万が一の場合に備え、家族全員で加入している方が多いといわれていますよ。

また、この保険は積立型となっているので満期時には返戻金があるものなのです。

保険期間を通じ、支払った保険料相当額の100%、90%、80%死亡後遺障害保険金額と同額にする事だって可能となっているのです。

さらに、特約により5年、、もしくは10年などと分割して年金形式で受取る事も可能となっています。

※保険期間は5年、10年、15年、20年と5年単位となっています。

この保険の大きな特徴としては積立型という点が挙げられ交通事故や火災により怪我をしてしまった場合に備えての補償はもちろんなのですが満期時には返戻金があるので老後の年金代わりにもなるから嬉しいものだと思います。

また、満期時の返戻金というのは予定利率により定められているものですがこれは契約時から変更する事はないものなので貯蓄目的で加入しようと思っている方も多いと思いますが、そうした方は予定利率が一体どのくらいなのかをしっかりと確認した上で契約を行うようにしましょう。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ