代理店型の自動車保険を選ぶときのポイント!

代理店型の自動車保険

自動車保険を検討するのなら通販型と代理店型の違いを理解しておいた方が良いかと思います。

保険は一度購入すれば、ある程度の期間は継続するものなので大体でも前もって通販型と代理店型の相違点を理解しておく事が重要となるでしょう。
まず、代理店型の自動車保険についてだがこれの対応窓口は保険会社ではないのです。

もちろん、購入した商品というのは保険会社の自動車保険になる訳だが実際に事故などといったトラブルが発生した場合、味方となってくれるのは代理店の人間となるでしょう。

保険の代理店というのは保険会社の商品の橋渡し的な役として世話をする会社と言えるでしょうか。

例えば、ある保険会社の代理店をしていてたとして、その保険商品の内容によると代理店契約を解除するという事もあるでしょう。
その場合、他の保険会社の代理店にかける事となるものです。

これは保険会社としては非常に損失となるので日頃、代理店に対しては良好な関係を持とうと努力しているのです。
やはり、代理店というのは詳細な保険知識が売りとしているので保険知識がない契約者に対して、その保険の適応外な部分にしても意外に対応してくれる傾向にあると言われています。
ただ、現状では専門知識を活かしきる事のできる代理店業者を探し出す事は非常に困難だと言われているそうですよ。

 

代理店型自動車保険のメリット

代理店型の自動車保険は代理店系とも言われているもので代理店を介して契約するタイプの自動車保険となっているのです。

国内損保のほとんどがこのタイプで、自動車保険自由化の前からあるタイプの任意保険となっているのです。
プロのアドバイスを受ける事ができる所が代理店型のメリットと言えます。

代理店の約9割近くは車ディーラーなどの副業代理店となっていますが保険のプロによる専業代理店も1割強と存在するものなのです。
代理店型のメリットはプロによるアドバイスや相談が可能な点と言えるでしょう。

専業のプロ代理店に恵まれたのなら保険の知識に詳しいから補償内容について様々な相談ができたり事故の際、アドバイスを受ける事も可能なのです。

対面でのやり取りで様々な疑問にもしっかりと答えてもらう事ができるので、特約を含んだ補償内容などについて理解を深めたい人にはオススメだと思います。
しかし副業代理店ではメリットが期待できないかもしれません。

車ディーラーなどの副業の代理店は車のプロではあるが、保険のプロではありませんのでこうしたメリットが期待できない事もあるのです。
これが代理店系の最も注意するべきポイントと言えるかもしれません。
身近で専業のプロの代理店が見つかる場合であれば代理店系のメリットも非常に期待できて代理店型が有力な選択肢になっていくかと思われます。

 

代理店型自動車保険のデメリット

ネットなどによって代理店探しが重要だとよく言われています。
割高な保険料を払うのに一体どうして顧客が代理店探しをするのかと疑問に思う方も多いでしょう。
代理店型の保険料は、およそ15~20%といわれる代理店手数料が加算されているものですので本来ならば契約者がプロのアドバイスなどの割り増し料金に見合ったメリットが受けられる形になっているべきと考えられるでしょう。
一般的な商品で価格は誰でも同じとなっているが品質は特定の購入者だけが高品質になるという商品だとありえない事となりますよね。
しかし現実に、専業代理店は業界の1割強に過ぎずに、多くの場合で代理店型本来のメリットが受けられないと言われています。

プロ代理店のメリットを受ける事ができない地域の契約者の保険料が割安になる事もないという話なのです。
その結果としていざという時の代理店型の方が安心というのも専業プロ代理店に恵まれている場合だけの話と言えます。

この代理店の質の差の問題が代理店系任意保険のデメリットと言えるでしょうか。
損保各社もこれまでの代理店の粗製乱造を反省して代理店数を絞ったり再教育を行うといった対策をしているそうですが状況改善には年月を要すると考えられているのです。

 

ロードサービスは代理店型自動車保険の方が良い?

通販型は保険料の安さに加え、365日24時間の初期対応サービスや車両保険と間違えそうな無料ロードサービスなどといったように代理店型にはないメリットも様々あるものです。

その中でもロードサービスは直接契約の通販型ならではといったサービスとなっており、充実ぶりは保険料の、およそ15~20%が代理店のマージンになってしまう代理店型として敵わないでしょう。
ガス欠の際のガソリン補給やバッテリー上がりはもちろん、事故の場合のレッカー、ホテル、帰宅交通費やレンタカー費用などといった無料サービスを提供している通販各社も多いのです。
この無料サービスも含め、事故対応を比べると通販型の充実具合は一層はっきりしてくると考えられます。
ロードサービスは非常にありがたいサービスと言え、契約者の保険料が契約者本位の形で還元されているものとなるのです。
ロードサービスのような新しいサービスを定着させたのは通販型の功績の1つと言っても良いでしょう。

ネットでもよく見る、いざという時には代理店型の方が安心というものには代理店が事故対応に携わるようなニュアンスが含まれているような気もするものです。

くどいかもしれませんんが現実的に見ても代理店による事故の際のあっせん、仲介は法令違反にあたるので行われる事はないのです。
事故の際の代理店型のメリットとして挙げるのならプロのアドバイスが受けられるという部分でしょうか。

 

代理店型自動車保険「AIU」の特徴

AIUというのはどちらかと言えば法人のリスクマネジメントを得意としているので法人顧客が多いという印象がありますが、個人向けの自動車保険でも高い評価を得ていると言われていますよ。
外資系保険会社として歴史がありながら、ほぼ広告宣伝を行わないので若い世代の方には認知度は低いかも知れないが代理店型の自動車保険を検討している方にはオススメな保険会社でしょうか。
AIUの個人向け自動車保険であるtypeRについて見てみると、いかにも代理店型自動車保険らしい補償範囲の広い内容となっている事がわかります。

基本補償だけでも十分な補償が得られるものとなっているのですが通常オプションとして附帯されるような特約が自動的にセットされているからと思われます。
対人、対物賠償保険に示談交渉サービスが自動セットされているし、他車運転危険補償特約も自動セットになっているのです。
怪我に関する補償も人身傷害補償保険をベースとして設定されており、搭乗者傷害、自損事故傷害、無保険車傷害などが任意セットできる所も最近の自動車保険らしい構成で組まれているので理想的なものとなっています。
また、AIUはユーザーの満足度調査を行っているそうですがほとんどの保険会社ではこのようなヒアリングが実際の営業姿勢に反映されにくい面があると言われているのにAIUの場合は上手に生かされている事によって現在の好評価に繋がっているという訳なのです。

 

代理店型自動車保険「三井住友海上」の特徴

三井住友海上は東京海上日動や損保ジャパンと並ぶ程の大手損保会社となっています。

個人向け自動車保険であるGKは人気女優をイメージキャラクターに起用し、テレビなどでも頻繁に見れます。
代理店型動車保険と言えば重補償型である自動車保険となる場合も多いとされており、難解になりやすいものなのだが三井住友海上の自動車保険であるGKは補償の構成が非常に分かりやすく整理されており、女性ドライバーにもオススメな代理店型自動車保険と言えるでしょうか。
まず基本補償としては3つのタイプに分かれており、希望する補償範囲を細かく検討しなかったとしても3つのプランから選択し、設定する事ができるという訳なのです。

3つのプランは基本プランと標準プラン、充実プランと分かれているのですが1番シンプルな基本プランにも車両保険はついており、補償項目で不足するものはないと考えられるでしょう。

怪我の補償も基本プランで人身傷害補償と無保険傷害が基本セットとなっているから十分だと思われます。
標準プランや充実プランとなっていくと車両保険に全損時諸費用特約が附帯されたり、1番手厚い車両保険ともなれと車両保険無過失事故特約や全損時諸費用倍額払い特約が加わります。

これにMYオプションとして用意されている10るのオプションを自由に選んでつける事ができるそうです。
GKでは万が一の事故の際とトラブルの際はおクルマQQ隊と入院『ホッ』とラインによってしっかりとサポートを受ける事が可能となります。

 

代理店型自動車保険「東京海上日動」の特徴

東京海上日動は損害保険会社の中では国内最大手と言われており、自動車保険契約台数も1200万台以上突破と圧倒的なシェアを誇っているのです。
大事な愛車を最高の補償で守りたい、万が一の事故に最大の安心を得たいと言う方なら東京海上日動を選択に加えてみるのも良いでしょう。
東京海上日動の自動車保険はトータルアシストというものがあり、3つの基本補償と6つのアシストによって様々な補償、サービスが受けられます。
トータルアシストも傷害補償が人身傷害補償保険をベースとして組み立てられているものなのです。

より、補償を手厚くする場合は搭乗者傷害保険を附帯させ、定額の補償金を同時に受取る事だって可能なのです。

自損事故や無保険車傷害の場合は人身傷害補償に吸収されていると言えるでしょうか。
また、弁護士費用特約を付けている方の場合は要望によって東京海上日動の提携している弁護士に示談交渉を依頼する事が可能で、その時の費用も補償範囲に含まれるので自分で弁護士を捜す手間はないので便利です。
ロードサービスは最高の内容とも言われており、日本全国の事故多発地域の情報が得られる事や保険会社が示談交渉する事ができないとされているようなもらい事故について相談する事も可能だったりと様々なサービスを設けているものなのです。
代理店型自動車保険はどこでも補償内容が充実しているものなのですが、東京海上日動の場合は6つのアシストによってロードサービスやメディカルサービスも充実しているので他社との大きな差になってくるでしょう。

 

なぜ代理店型自動車保険より通販型の方が安いの?

昔なら、どこの自動車保険で契約したとしても保険の内容や、保険料に大きな違いはなかったそうです。
保険担当者がこまめな対処してくれるかが自動車保険を選ぶにあたって1番の決め手となっていたそうです。
しかし保険の自由化以降、外資の参入も本格化となってきて保険業界全体で保険の内容や保険料ともに競争が激しくなっていったのです。
そして自動車保険が完全自由化となってからというもの、まったく同じ契約条件だったとしても保険会社によっては12万円かかるところが、別の会社では6万円で済んでしまうなどといった明らかな差が出てしまうようになったと言われています。

1番大きな変化となったのが通販型自動車保険の存在でしょうか。
具体的に言うと自由化より前なら、自動車保険料率算定会が算定した料率をもととして保険料を算定する事が義務付けられていたものなのです。

しかし自算会の料率の使用義務も撤廃されて、自算会の算定料率は参考程度で良いとなって、自社のデータを元として保険料を決定しても良くなったのです。

こうした自由化の影響を大きく受けているのが通販版型の自動車保険と言えるでしょう。
保険料は純保険料と付加保険料に分けられるもので純保険料というのは事故の際に支払われる保険金にあたる保険料の事で付加保険料というものは保険会社の事業費に充当される保険料にあたるという訳なのです。

 

通販型と代理店型の違い

自動車保険には代理店型と通販型に分けられますがこれらにはどういった違いがあるのか考えてみましょう。
まず代理店型というのは保険会社と直接契約するものではなくて、間に代理店が入るタイプのものとなっており、代理店は顧客の要望を踏まえた上で保険を紹介してくれる事となるので自分が求めたい所をしっかりとカバーしてくれるかと思われます。
自動車保険に関係なく生命保険などといった他の保険にしても内容や補償など分かりにくいものになっており、本来ならば必要としない補償まで含めて割高になったり、または逆に必要とするべき補償をつけていなくて後に大きな問題へと発展してしまう場合も十分に考えられるという訳なのです。
しかし、代理店型の自動車保険を申し込む際は保険会社の外交員ではなくて代理店といった第3の目によって適正な助言を受ける事が可能となっているので全てを理解して納得してから契約を結ぶ事ができるので安心なのです。
また、万一の事態に陥った時でも保険会社だけではなく代理店の方にも相談する事ができるのでともて安心感があるのです。
一方、通販型という保険は90年代から登場しだしたわりと最近のサービスとなっており、現在テレビなどといった広告で見る事のできる自動車保険の多くがこのタイプとなっていると思われます。
通販型では保険会社のホームページから自分が直接申し込みを行うので、代理店などを通さない分、安い保険料になるのが最大のメリットでしょう。
ただし、金額を落とす一方で本当に必要な補償を見落としてしまうといった可能性も十分に考えられますので両方の違いをしっかりと理解した上で選択してください。

 

代理店型自動車保険の長所

保険代理店の最大の特徴を挙げるとしたら地域密着型のサービスを様々提供できるという所でしょうか。

困った際、すぐに相談できて非常に細かいサポートを受ける事ができます。

これは保険は難しい事だらけなものなのでと非常に心強い部分だと思います。
保険代理店は複数保険会社の保険を取り扱う事ができるのです。

有限会社や株式会社化しているわりと大きな保険代理店なら、生命保険から自動車保険や火災保険などといった損害保険まで幅広く保険商品を扱っている部分もあるという訳なのです。
例えば自動車事故によるケガなどによって手術や入院した場合は自動車保険や医療保険や入院特約、手術特約、普通傷害保険などといった様々な保険が絡んでくるという訳なのです。

そうした保険に多く加入している方の場合で1つの保険代理店に任せているのであれば事故後の保険の支払申請などといった手続きも非常に楽になってくると思われます。
また、保険の更新などといった手続きもとても楽になる事が予想できます。

ただし実際、そんなに豊富な保険商品を扱っていて信頼もできる保険代理店を見つける方が困難だと思われます。
知識も豊富で優秀で面倒見が良いような保険代理店を見つける事ができたら良いでしょう。
個人的に親しくなれると保険更新時や自動車事故や病気、怪我入院などで保険がかかる際でも親身になってくれると思います。

自動車保険の代理店に関してはカーディーラーや修理工場が保険代理店の紹介をしているケースも多いそうなので色々と評判を聞いてみるのも良いでしょう。

 

 代理店型自動車保険の短所

最近ではダイレクト販売が進んでいる自動車保険では代理店を通し保険契約を行えば保険料が高くなってしまう傾向にあると言われています。

もちろん、人や条件によってはならない場合もあるでしょう。
これが保険代理店の1番の欠点と言えるかと思います。

その他の損害保険や生命保険では代理店を通して契約を行うのが一般的だと思います。
特に火災保険は、ほとんど代理店を通しての契約になるかと思われます。
はっきり言うと保険代理店を通し、保険を契約するのなら代理店がプロでないと意味がないと思います。

保険商品や約款に精通しているのは当たり前で道路交通法や行政処分や刑事責任などの法律や保険金支払いの手続き、税金など様々な知識が豊富であり、優秀である事が絶対条件だと思います。
さらに自動車事故によって示談交渉の際、相手に好印象を与える人柄、弁が立ち交渉を有利に進めれる切れや経験も必要となるものなのです。
もしも、保険代理店で自動車保険の契約などを考えている方の場合では分からない事は積極的に質問するのが良いでしょう。

素人の質問に答えられないようでは頼りある保険代理店とは言えないので。
また、契約前に保険販売の資格の確認、営業年数や示談交渉の経験も確認しておくと良いでしょうか。

さらに顧客の数や代理店としての成績なども聞いてみてもよいでしょう。
自分のお金を払う大事な契約となるので十分に納得してから契約するようにしたいものです。

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ