【評判どうなの!?】三井ダイレクト損保の自動車保険の真実

三井ダイレクト損保の自動車保険の良い評判と悪い評判

三井ダイレクト損保の自動車保険の良い評判と悪い評判を集めてみました。
(20代 男性)
とにかく保険料が安くて助かっています。20代なのでまだまだ高くて10万円は切っていませんが、昔の代理店で契約していた時よりかはかなり安くなっています。20代は自動車保険が高いから諦めろ!なんて周りからは言われていましたが、ちゃんと探すと同じ条件なのに安い保険が見つかるもんですね!事故とか起こしたことがないので、事故対応の質にかんしては通販型・代理店型と比べることはできませんが、僕的にかなり満足しています。
(30代 男性)
初めてインターネット自動車保険に加入しました。通販型?ダイレクト系?とか言われているらしんですけど、昔は代理店を経由して東京海上日動に加入していたんですが、保険料の違いに驚愕しています。こんなに違うのかってくれい違います。
三井ダイレクトが安いのか?それとも東京海上日動が高すぎたのか?2社でしか加入したことがないので比べようがありませが、今の三井ダイレクトにかなり満足しています。今もまだ代理店から自動車保険を契約している人は、試しにネットで見積もりをとってみたほういいですよ!無料でできるので!
(20代 男性)
初めて自損事故をしました。自損事故が初めてっていうわけじゃなく、車で事故をして保険を使ったのが初めてです。かなり動揺してしまい、どこに連絡したら良いのかわかりませんでした。警察にまず電話して、それから保険会社に電話しろっていわれて電話しんたんですけど、三井ダイレクトの担当者が来てくれるまでかなり時間が経っていました。事故現場からはレッカーとか色んなことを担当者がやってくれたんですが、そのあとのガードレールと電柱の弁償代に関して、すごく保険の支払いを渋っているような感じでした。自動車保険で保険を使う時って担当者はどこの会社も渋るのでしょうか?始めたなのでこれが普通なのかと思っていますが・・・
(30代 女性)
三井ダイレクトで自動車保険に入っています。あまり車を乗らないので、安い保険をネットで探していた一番安いのが三井ダイレクトでした。自分でもビックリするくらいの保険料の安さで、いいんですか?って思うくらいです。私と同じように週末に1度車に乗るか?っていう人は三井ダイレクトで見積をとってみてください。かなり保険料が安くなると思いますよ!

 

 三井ダイレクト損保の自動車保険の特徴って?

三井ダイレクト損保の自動車保険は保険料の安さが特徴的です。顧客満足度も高いのですが、そのほとんどが保険料の安さからきているものです。ダイレクト系の自動車保険の中でも上位クラスの保険料の安さみたいなので、一括で自動車保険を見積もる際はかなりず三井ダイレクト損保を入れておきましょう。
ロードサービスに関しては、ダイレクト系でお馴染みのソニー損保やチューリッヒなどに比べると拠点の数が少なく感じますね!大手ダイレクト系ではロードサービスの向上で、拠点数を増やしている傾向にありあすが、三井ダイレクト損保は拠点数3000箇所と大手のダイレクト系の損保に比べると半分位です。
24時間356日無料で事故対応サービスを受け付けていますが、拠点数が他と比べて少ないというのはマイナスです。事故を起こさなければいいだけの話ですが、加入者としては自動車保険に入っていて万が一の時に力を発揮してくれないと困りますからね!!
しかし、満足度が高いのは保険料の安さだけじゃなく、少ない拠点数でも迅速で丁寧なサービスをしているからなんでしょう。事故の対応に関しては、多くの経験者が会社ではなく担当者だと言われていますからね!!どんだけ良いと評判の自動車保険会社に加入していても、担当者が無能だと意味がないですからね!そういった視点でみると保険料の安さだけで自動車保険を決めるのも悪くないのでしょう。

 

三井ダイレクト損保の加入者の口コミ

三井ダイレクト損保というのは自動車保険の顧客満足度ランキングなどで常に上位になっており、保険料が安いと多くの方達から声が寄せられています。

事故対応に関する評判はインターネット上ではあまりよくないのでは?といったイメ-ジを持っている人も多いかもしれません。

しかし、1事故専任担当制を採用している事で、休日の事故の場合でも受付のみならず、初期対応まで行ってくれますので他の保険会社と比べると安心する事が可能な体制は整っていると言っても良いでしょう。
さらに休日でも来てくれる休日お客様急行と呼ばれるサービスも魅力的となっています。

ただし、これに関しては21時までとなっていますので真夜中の事故の場合は対応していないので注意しましょう。
特徴として挙げられるのは車両保険を付けたら契約条件に関係なく対人賠償や対物賠償、搭乗者傷害保険、さらには人身傷害などといったように保険料が割引きされる車両保険セット割引きというものがあるのです。

車両保険を付けたら保険料は跳ね上がりますので、非常に嬉しい割引きになると思います。

さらに満期日が1年先の契約までインターネット上で見積りを取る事が可能となっていますので便利でオススメです。

 

三井ダイレクト損保の特約ってどんなのがある?

三井ダイレクト損保の自動車保険は非常に沢山のサービスがあり、どれも安心する事が可能な内容となっています。
三井ダイレクト損保は対物賠償保険は無制限となっており、これはもしもの事故に備えて対人賠償保険と同じで対物賠償保険も補償を無制限にするべき!といった三井ダイレクト損保の考えに基づいて採用されているのです。
三井ダイレクト損保ならば、賠償金がどれだけ高額になっても安心という訳です。

さらに三井ダイレクト損保には対物超過修理費用と呼ばれる特約があるのも特徴です。

この特約を自動車保険に付けておくと相手側の自動車の修理にかかる費用が時価を超えてしまっている場合でも保険料が払われる事となるので安心です。
さらに三井ダイレクト損保には対歩行者傷害補償という特約もあり、これを付けておくと歩行者と事故を引き起こした際に過失の割合に関係なく、相手側の損害の全額を補償してくれる良い特約となっています。

ゴールド免許割引き、走行距離などといったリスク細分型の自動車保険会社が多い中で、三井ダイレクトは保険料の体系が分かりやすくなっているのも特徴の1つでしょう。

こうした条件を組み込まなかったとしても保険料がわりと安い傾向にあるのが三井ダイレクトの最大の特徴と言っても良いでしょう。

 

三井ダイレクト損保加入者のリアルな評価

三井ダイレクト損保はMS&ADインシュアランスグループの傘下で通販型の自動車保険を取り扱っている保険会社として人気を集めています。

契約の申し込み画面がかなり使いやすくて、利用者から高い支持を集めているようです。
三井の名を冠する信頼性からも営業を開始した当初は非常に高い評価を得ていて、数ある通販型の売り上げの中ではソニー損保の次に高くて2位を取った実績も持っています。

事故の対応に関わる評価は他の項目と比較すると低くなっているので、さらに高い評価を得るには体制を見直す事もも必要になってくると考えられます。
三井ダイレクトはブランドの力と非常に使いやすい画面で高評価を得ているという訳なのです。

私自身も今のSBI損保に入る前は三井ダイレクト損保に入っていた事があり、良さも実感しています。
SBI損保に変えたた理由としては単純に保険料が安いためだが、ネット上では事故の対応や保険料の支払いに関して悪い評価を少し見る事があるので、その辺りを頭に入れておくと良いと思います。

そうは言っても総合的に見ると非常に良い通販型の自動車保険と言っても良いでしょう。

ただし、自動車保険は人それぞれで合うか合わないかが変わってきますので、興味がある人は一度見積もり依頼をしてみましょう。

 

三井ダイレクト損保って加入者の満足度は高い?低い?

年間で走行距離が多い傾向にある人やゴールド免許じゃない人でも他の人と全く同じ条件、保険料となるので、三井ダイレクト損保はこうした人達から支持を集めていると言われています。

反対に年間での走行距離が少ない傾向にある人、ゴールド免許を持っている人の場合は特にメリットがないので他の保険会社の方が安くなるケースも多いです。
保険自体、必要な補償だけを組み合わせるようにして充実したラインナップの特約を付けて補完していくオーダーメイドタイプの保険で、顧客のニーズに合った保険を作る事が出来ます。

他にも車を持っていない人達を対象にしている「eドライバー保険」と呼ばれるモノも取り扱っているのが特徴です。
三井ダイレクト損保のユニークな部分は自動車のみならず、自転車を運転している間に起こった、引き起こしてしまった事故に関しても保険が適用される所でしょうか。

普段、あまり自動車を運転しないけれど、自転車によく乗る!という人にはかなりオススメの保険と言えるでしょう。
ロードサービスはある程度揃ってはいるが、他の保険会社と比べるとサポート体制には弱い部分があると思います。

サービス拠点は全国でおよそ3200箇所あり、指定の修理工場は全国でおよそ1100箇所とサービス拠点のネットワークは他と比べると弱いと言えます。

 

三井ダイレクト損保の保険料ってどういう風に決まっているの?

三井ダイレクトは三井住友グループの通販型の自動車保険です。

2営業を始めてからというもの着実に業績を伸ばしてきている人気の自動車保険です。
三井住友グループの通販型保険を担う会社として知名度としては自動車保険業界の中でトップレベルとなっています。

しかし、この数年間での業績は横ばいとなっており推移しています。

毎年、5%から10%の売上げの伸びを見せている自動保険会社が多くある中で見ると少し苦戦しているとも言えます。
通販型の自動車保険を扱っているのですが、中でも割安感のある保険として利用者達からは高い支持を集めています。

実際に新規顧客の加入した際の満足度は通販型保険を扱っている保険会社の中で最上位を記録しています。
割引きの制度もかなり豊富となっており、支払いに関しては月払いも出来るので家計の負担も小さく済み、ファミリー層の方達からも評判が高いです。

三井ダイレクトは入りやすさで高評価となっていて審査もスピーディーなのが特徴なので、そうした所も人気に繋がっていると思います。
保険の内容としては年齢などによるリスク細分型となっていますが、走行距離、免許の色などはリスク細分項目に含まれていません。

こうやってリスク細分型だけれど保険料の体系を簡単にしているという訳なのです。

 

三井ダイレクト損保の車両保険と免責金額について

距離を多く走る運転者に対して三井ダイレクトが良い理由は三井ダイレクト損保の自動車保険は、明確には謳っていないものの走行距離に関係ないリスク細分型となっているので、車を走らせる距離が長い人の場合でも保険料が安くなる仕組みになっているのです。
しかし、自動車を使用する目的は反映されますので営業利用の人は高く出てくると思います。

日常、またはレジャーや通勤や通学で使用する人で自動車が好きだから良く乗る人なら三井ダイレクト損保がオススメです。
新たなダ通販型保険の場合はSBI損保と傾向が似ていると言っても良いでしょう。

車両保険は一般的なタイプと限定のタイプから選ぶ形となります。

限定のタイプの場合は車対車+限定Aとなっています。
また、自動セットの特約ではないのですが三井ダイレクト損保の車両保険では車両全損時臨時費用保険料や難時代車等費用保険料、そしてロードサービスの無料が含まれているのです。

さらに車両保険セット割引きというサービスがあり、これは車両保険を付けて自動車保険の契約を行う事によって対人賠償や対物賠償などといった基本補償の保険料が割引かれるというものです。

少し地味なイメージのある三井ダイレクトだが、お得になるように考えて作られている部分は沢山あります。

 

三井ダイレクト損保のサービス対応の評価って?

三井ダイレクト損保のロードサービスに関してですが自動車保険に加入している全員に対し、通常のサービスとして受ける事が可能となっています。

そのため、車両保険に加入している人だけ、またはこの特約を付けないと適用されない!などといった所とは異なるので良い点と言えます。
しかし、ロードサービスの内容としては基本的な事は揃っているが1年目はガス欠をした際のガソリン代が実費などといったようにロードサービスの充実に優れているチューリッヒなどと比べると劣ってしまいます。
また、インターネットから申し込みを行うと割引きが最大で4000円になりますので、これも良い点の1つとして考えられます。

しかし、他の通販型自動車保険の場合は、5000円以上の割引をしている所が多いし、イーデザイン損保となると1万円が割引きされますので弱い気もします。

さらにゴールド免許割引きもありませんので、残念な点として挙げる事が出来ます。
運転者の範囲に関して言うと3つの段階があって、年齢の条件の設定も35歳まで設定する事が可能となっていますので、人それぞれに合う内容で割引きをする事が出来るでしょう。

保険料は安くさせたいけれど外資系の通販型に加入するのは不安だ!という人や通販型を検討している人の場合は一度見積りをしてみても良いと思います。

 

三井ダイレクト損保の各種割引制度

三井ダイレクト損保の自動車保険は1等級~20等級までという等級によって保険料が割増し、または割引きされる等級制度が採用されているのです。

割増引の確率は他の自動車保険会社はもちろん、農協や全労済など共済からも引き継がせる事が可能となっています。
ネットから契約をすると保険料が4000円も割引きされるのでお得です。

さらに保険証券の送付を省略する「eサービス特約」を選ぶと保険料がさらに500円割引きされます。

この2つの組み合わせによって4500円の割引となるので是非活用しましょう。
三井ダイレクト損保の場合は保険料の支払いも月払いを選択する事が可能ですので家計の負担を分散させる事も出来るでしょう。

保険料の年払いや月払いに関しては見積り結果のページで確認、または選ぶ事が可能となっています。
また、三井ダイレクト損保は走行距離、ゴールド免許などといった事には関係なく分かりやすい保険料の体系で提供しているのが特徴となっています。

運転者を限定させる事で受けれる割引きはもちろんの事、ABSやエアバッグや横滑り防止の装置などといった安全装置割引きもありますので積極的に活用してください。

興味がある人は是非、一度見積もりを取る事をオススメする自動車保険です。

 

 三井ダイレクト損保の自動車保険ってどんなプランがあるの?

三井ダイレクト損保が販売している自動車保険は1年間で走った走行距離や免許証の色に左右されない料金体系を採用していますので走行距離が多い人はもちろん、ゴールド免許じゃない人はオススメです。
補償の内容を各ニーズに合わせながら設定する事が可能となっており、必要な補償だけにしてやる事で保険料を安くさせる事も出来ます。
一般的に沢山ある通販型の自動車保険は1年間での走行距離や免許の色などといった事故リスクの低さによって保険料が算出されているのです。

しかし、三井ダイレクト損保の自動車保険は走行距離、免許の色は関係なく保険料が決められるのです。

そのため、走行距離が多くて他の保険会社では高い!という人の場合でも三井ダイレクト損保の自動車保険に乗り換えると安くなるケースは十分に考えられます。

三井ダイレクト損保は人それぞれのニーズに合わせながら自分の好みでカスタマイズする事が出来る自動車保険で補償を削って保険料を安くさせる事も出来るし、その逆で保険料は少し高くしてでも補償を充実させる事も可能なのです。

事故の対応に関しては1事故専任担当制を採用しているので安心と言えるでしょうか。

24時間受付をしていて休日でも初期対応を行ってくれますよ。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ