お得なバイク保険を見つけよう!

バイクの任意保険

バイクの任意保険は車と同様に非常に大切なものなのです。

車のような金額も掛からずに手軽に保障を行ってもらう事ができるのでバイクに乗っている人であれば必ず加入しておくようにしておきましょう。

バイクは特に2人乗りなどもする場合もあるので高速道を走る事も多いと思いますしいつ何処でどのような事故が起きるかなんて分からないものです。

車のように車体の中に乗らないので、そのまま体が飛んでいってしまって非常に危険なものです。

当然だがバイクが転がって、その先に民家や人がいた場合を考えると全て保障しなければならなくなります。

自賠責の保険だけでは処理できなくなるでしょう。

どれだけ運転に自信があったとしてもバイクに乗っている1人の人間のマナーとしてバイクの任意保険に入っておく必要があると思われます。

 

バイク保険の金額

バイクの任意保険の保険料と年、無事故継続年数との関係について調べてみました。
興味のある方は参考にしてください。

車の保険を考えてみると分かるものなのですが基本的には若い人の方が安くなっています。

なぜなら瞬発力もあって事故を起こしにくいと考えられているからだと思います。
事故を起こしていない期間が長くなるほどに保険料は安くなるものですし途中で事故を起こしてしまって保険を使ってしまえば保険料は高くなってしまうものなのです。
バイクの任意保険の保険料と年や無事故継続年数との関係としてこのような事が言えますがやはり、保険の内容により金額も大きく異なるものなのです。
補償内容が全て無制限だったら、もちろん高くなるのです。

付帯内容も多くあればあるほど高くなり、あくまで保険料というのは、事故が起きてしまった時だけのためのものと言えるので、内容がしっかりとしているものの方が良いでしょう。

保険料が高い条件だったからと言い、任意保険に入っていない場合に、もしも事故を起こしてしまうと全て実費で処理しなければならなくなってしまうのです。
それを考えるとバイクの任意保険の保険料と年や無事故継続年数との関係に左右される事なく安心する事のできる内容の保険を組んでおくようにする事が最も安心で安全にバイクに乗れる事になると考えられます。
車よりもバイクの事故の方が件数も多いとされていますし、損傷も酷くなる傾向が強いものです。

もちろん、怪我も酷くなってしまう事が考えられるので決して甘く見ず、念には念を入れ、保険内容を決めましょう。

 

バイクの対物賠償保険は必要?

対物賠償保険というのは一体どのようなものなのでしょうか。

これは事故により、相手のバイクや自動車や他人の物を破壊してしまって法律上の損害賠償責任を負ってしまった時、損害賠償額を払う保険となっています。
1事故で被害者1人につき修理費などといった損害賠償額を保険金額を限度として実際の損害賠償額を支払う形となるのです。
この保険は免責設定をする事も可能とされています。

例えば対物賠償限度額の設定を無制限として免責金額を3万円に設定した場合は物損の相手への賠償金額は3万円を引いて、無制限で支払うという契約の事となります。

賠償額の内、3万円は自己負担となるという訳なのです。
しかし、事故を引き起こす確率というのは低いものですので免責を設定して置くと保険料が安価で済むというメリットもあると考えられるのです。
また、支払われない事もよくあるそうです。

父母、配偶者や子に対する損害賠償や地震や台風や津波、洪水、高潮などといった自然災害での影響の損害などがこれに当てはまるという訳になります。
と言っても万が一の時のための保険というものです。

仮に列車に衝突してしまったり、家屋やトラックの積荷などに被害が及んでしまえば場合によっては数億単位といった賠償が発生してしまう事もあるものです。

したがって、無制限のバイク保険に加入しておくのが得策と言えるでしょう。

 

バイク保険の車両保険について

バイクというのは自動車と比べると事故率も非常に高くて危険性のかなり高い乗り物だと言えるでしょう。
もしも、事故を起こしてしまった時に強制で加入しなければならない自賠責保険というものがあるのですが、実際にはこの保険だけでは相手への損害賠償しかなくて、自分の治療費などは補償されないものなのです。

そのため、バイクに乗る方には任意保険に加入する事を強くオススメするという訳なのです。

バイクの任意保険というのは自動車保険と大きく違う部分もあるので覚えておきましょう。
例えば車両保険についてでしょうか。

車両保険というのは自分のバイクが事故をした際の修理費用や買い替え費用に関した保険となっているのですがバイクの任意保険の場合は保険会社のホームページやパンフレットを見てみてもあまりこの車両保険について書かれている部分が少ないのです。

それというのも、そもそも扱っている保険会社が少ないという事が理由として考えられます。
それだけバイクというのは事故が非常に多くて車両保険は保険会社にとってはあまりつけたくない商品という事になるのです。

そうは言っても全くないという訳でもありませんので、保険会社に確認してみるのが良いと思います。
しかし、自動車保険と比べると高額であるという点や転倒などといった単独事故や盗難による損害には補償されない点が考えられるので注意が必要だと思います。

 

バイクの自賠責保険について

バイクの自賠責保険はオートバイ、原付やスクーターも含みます。

これらのバイクを購入して公道で走らすようにするためには絶対に加入しなければならない保険となっているので別名で強制保険とも呼ばれているものなのです。

※自賠責保険に加入しないければバイクの車検を受ける事もできないのです。
そこでここではバイク自賠責保険の補償範囲や保険料、名義変更、解約などについて紹介したいと思います。
※私有地でしか運転しない場合、公道で走らす事のないバイクなら自賠責保険に加入する必要はないと考えられます。
バイクの自賠責保険に未加入のオートバイや原付を公道で走らせる場合は自賠法、道路交通法によって下記のようなの処分がなされるので覚えておきましょう。
・1年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金とする。

・違反点数は6点。

・自賠責保険証明書の不携帯でも30万円以下の罰金とする。
違反点数6点となると違反暦がない方でも一発で免停となるし、もし違反暦があった場合なら免許取り消しの可能性だってあるので注意するようにしたいものです。

また、車検のない250cc以下のバイクや原付バイクでは自賠責保険の有効期限切れに気付かない事もよくあると言われているので注意を払ってください。

 

バイク保険のロードサービスについて

バイクは乗用車と違って接触事故や転倒した時、走行に支障をきたす故障が起こりやすいという特徴Gああると言っても良いのではないでしょうか?
旅行先で転倒して故障してしまって、そういったように仲間に迷惑をかけないようにもロードサービスは充実したものを選んでおくようにしたいものですよね。
バイク保険のロードサービスは保険会社により、内容も大きく違いが出てきます。

そこで、特にバイクで遠出する方には次に紹介する点に注目しましょう。
まず、ロードサービスの内容について考えてみます。

無料レッカーサービスというものがあり、これは事故や故障現場から最寄りの修理工場や自宅まで○○kmまで無料や○○円を限度に補償するというように、その内容には様々なものがあります。

一般的にレッカー業者を手配した時の料金はおよそ20kmで2万円前後となるので距離数に換算して比べるようにしましょう。
そして、遠方で修理した後に自宅までの搬送するサービスがあるかないかにも注目しておきましょう。

搬送サービスはないのですが引取りに行く時の交通費を補償するという保険会社もあるのです。
保険会社によって詳細は異なるものですが現場で30分程度の緊急修理サービスを無料で提供してくれるというところが一般的だと言われています。

具体的に言うとバッテリー上がり、タイヤパンク修理、ガス欠などの補償をしてくれる保険会社もあるという事なのです。
また、バイクが旅行先で動かなくなってしまった場合に帰宅費用を受取る事のできる宿泊、帰宅費用サービスというものもあるところもあるのです。

 

バイク保険の相場

バイク保険の相場について調べてみましたので興味のある方は参考にしてみてください。
年やバイクの種類や走行距離、購入時期やラ生活スタイルなどにより保険料は様々なものとなります。

バイク保険の相場というものはそもそも存在する事なくドライバーの数だけ、その相場があると言っても良いでしょう。
事故など万一に備えるためのバイク保険とも言えますが多くの場合で比べきる事ができないような状況から営業マンに言われるがままに契約を行って結果的に無駄な費用を知らない間に支払い続けている事が多いのもバイク保険の特徴だと言えます。
あらゆる場合に備えようとし、あなたに起こり得ない事まで備えていたり、自分の状況に特化していない割高になっている保険会社を選んでしまっているような事も考えられます。
相場を知る事より、同じ条件で最安値のバイク保険を探すという事の方が重要なポイントとなるかと思います。
バイク保険をそのままに放っておくだけでも何万円も多く保険料を払ってしまっている場合というのは非常に多いと言われていますよ。

車より事故率が多いバイクなので保証もしっかりとしておきたいと考えなければなりません。
保証をしっかりしときたいからバイク保険を見直すのは大損から抜け出すためにも必要不可欠なものだと思います。

そこで、オススメなのがネット社会になって登場したバイク保険無料一括見積もりが挙げられます。

簡単に手軽にスピ-ディに自分に合った保険を一括で見積る事が可能なので便利ですよ。

 

原付きの自賠責保険と任意保険

車検のない車として真っ先に挙げる事ができるが原付バイクや250ccまでのバイクでしょうか。
これらのバイクには自賠責保険の期限切れは多いと思います。

一般的に車検が必要な車種の自賠責期限切れは滅多にないでしょう。
原付などといったバイクとは違って車や中型大型バイクなどには車検対象車となっているのでもちろん、自賠責保険の加入切れが分かると車検は受けれなくなるのです。
車検も忘れてしまうようではその車種は廃車も同然の車として扱われるのです。
車検には自賠責保険の加入がなければ通す事ができない規則となっているので自賠責保険切れでの車種としては原付バイクが1番代表的なものとして考えられます。
車検が切れたとしても車検対象車種の車の場合は自賠責保険は1ヶ月程にわたり契約している場合がほとんどとされているのでほとんどの場合で車検も受ける事ができるでしょう。
これは自賠責保険の期限切れを防ぐため、気を利かしている事と思えます。

ただし、気が付いたのであれば早めに手配しないと、余計な費用や時間がかかってしまって手間取る事になるので損をしないようにしましょう。
そうなれば原付きバイクや250cc以下のバイクを所持している方の場合は最も注意しなければならない事と言えるかもしれません。

この場合の自賠責期限切れで思いつく所としては車検がない車種という事と言え、保険会社や販売店からの連絡も滞ってしまうような場合が最も多いとされているようです。

 

バイク保険の見直し

バイク保険の保険料や補償の内容やサービスは会社によって様々なものとなっています。

また、自分の生活スタイルが変わると必要な補償やサービスも変化してくると考えて良いでしょう。

そのため、なるべく得な保険料で自分に最も合ったバイク保険に入るためには定期的な保険の見直しが重要なポイントとなってくるでしょう。
バイク保険の見直しは自分に必要な補償やサービスがしっかりとカバーされているのかどうか?

無駄な保険料を支払っていないかどうか?をよく確かめる事から始めてみては?
ここではバイク保険の詳しい補償内容について解説したいと思います。

また、複数の保険会社に見積もりを依頼し、保険料を比較する事が手軽で便利なのでオススメですよ。
保険は万一の事態の時のために備えるものなので、いざという時に役立たなければお金の無駄と言えるでしょう。
補償額や補償範囲を理解していない人なら、すぐにでも自分のバイク保険を見直すようにしましょう。

補償が足りないものがあるのならプラスする必要があると思いますしその逆に必要のない補償を削ると保険料の節約にも繋がると考えられるという訳なのです。
バイク保険は保険会社により、保険料の算出方法にも違いがあるのでまったく同じような条件だったとしても保険会社を変えるだけで保険料が安くなる可能性も十分に考えられるという訳なのです。

また、自分に合った運転者年齢条件や年間走行距離などを設定する事によって保険料を抑える事だって可能という訳なのです。

その時にもしも不必要と思う補償があるのなら外してしまっても問題ないと思います

 

 

バイク保険の特約

自動車に関しては任意保険に加入している人は非常に多いものなのですが、バイクとなると自賠責保険にしか加入していない場合が多いと言われています。
バイクの任意保険の普及率というのは今の所で大体3割程度に過ぎないと言われています。

驚くほどの低い加入率と思います。

交通社会のモラルとしても当たり前の事だと考えられますが、やはりバイク任意保険には加入すべきだと思います。
また、バイク任意保険にはわりとお得な特徴がいくつかありますよ。

それらについて紹介したいと思います。
・他人のバイクを借りた時の事故を補償する、車運転危険担保特約です。

友人のバイクを借りて事故を起こしてしまったとなると、とても最悪な状態だと考えられます。

さらにその友人のバイクには保険が掛けられていないとなると最悪の上塗りと言えるでしょう。
・ツーリングをする時は必須の任意保険であるのが携行品担保特約です。

これは自分の持ち物に生じた損害について補償してくれるものとなっています。

例えばツーリングの際、持って行ったケータイやカメラといった携行物も補償してくれますよ。

自分の身の回りの物であればバイクで運んだかどうかという事は問わないそうですよ。
・バイクが盗難にあってしまった際は車両盗難時の臨時費用が役立ちます。

任意保険契約の対象であるバイクが、仮に盗難にあった場合は新規でバイク購入する場合に限り、その費用として2万円が支払われる事になる。

しかし、盗難が確定してから60日以内、再び保険期間中に1度だけ効果的な二輪任意保険とするようです。

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ