【ダイレクト系自動車保険】ダイレクト系の車保険なら得する人!!

ダイレクト系の自動車保険って?

ダイレクト系の自動車保険とは「通販型」と呼ばれる自動車保険の体系です。保険加入者が直接自動車保険会社と契約を結ぶタイプの自動車保険になります。
従来の日本の自動車保険は代理店という保険を扱う会社が仲介に入っていたのですが、近年の保険の自由化に伴って保険会社が直接、ユーザー(加入者)と契約するような体系が流行っています。勢い的にもダイレクト系の自動車保険の方が加入者が増加傾向にあります。
もともと代理店を仲介しないと自動車保険に加入できなかった時代に比べると自動車保険選びにとても自由度が増して加入者も気軽に保険会社を選べることができるようになったのです。最近のCMで流れている自動車保険会社のほとんどがダイレクト系の自動車保険会社です。
代理店という仲介がいなくなったため、自動車保険会社もお金の使い道を代理店ではなくテレビ広告、インターネット広告に使うようになってきているんです。

 

ダイレクト系の自動車保険のメリットって?

ダイレクト系の自動車保険のメリットは保険料の安さです。上記でも言ったように、代理店(代理人)という仲介者がいなくなったぶん、本来、保険加入者が代理店に支払っていたお金が浮くので保険料は安くなります。単純に仲介人がいなくなるというのはその分、加入者にも保険会社にも金銭的な負担が減るので、その分、保険料が安くなるという仕組みです。
これだけでなく、保険会社の代理店への還元がなくなるので、その分の還元が加入者に回ってくるのでより保険料は安くなるのです。代理店型だとこれまでは保険料的にマイナスだったのが、プラスに転じているので、加入者の体感からすると、とても保険料が安くなるんです。
これに加えて、加入方法も簡単になりました。今やインターネット通販などは簡単になっていて自動車保険も通販で購入することができる商品になっているのです。ダイレクト系=通販型と言われているのも、こういった背景によるものです。
ネットで簡単に加入できるということは、ネットで簡単に解約し他の自動車保険会社に加入することもできるっていうことにもなるので、ユーザーはより安い保険会社を簡単に乗り換えることができるのです。そういったユーザーの動きから自動車保険会社は値崩れがでてきており、加入者にとってはかなり安く自動車保険に加入できるようになったのです。

 

なぜダイレクト系自動車保険は安いの?

ダイレクト系の自動車保険はどうして安いの?と思われる方も多いでしょう。

ネットで見てみると難しく解説されている所も多いので、ここではとても簡単に説明したいと思います。

ダイレクト系の自動車保険というのは別名、通販型自動車保険とも呼ばれており、一般的に言われているのが保険料を安く抑えれる!という事です。
この安くなる理由なのですが、ダイレクト系は代理店型と比較すると人件費や広告費、さらには代理店に発生する仲介料などの費用を徹底的に少なくしているためです。

ネットから申し込みを行うと代理店への仲介料は発生しないし、広告費に関してはテレビのコマーシャルや街中で見る事になる広告などとなりますが、これも代理店タイプと比較すると圧倒的に少ないのです。
そして人件費に関してだが通販型の場合はサービスの拠点を少なくする事によって人件費を大きく削減する事に成功しています。

通販型自動車保険の方が代理店よりも事故処理拠点数が少ない傾向にあるのも、こうした理由からと言えます。

極端に言うとダイレクト系自動車保険は事故を引き起こしてしまった時にお金は支払うので他の事は自分でして下さい!というイメージでしょうか。

対応に関しては、それぞれの保険会社で様々なので違いがありますが、これといって大きい違いはないでしょう。

 

ダイレクト自動車保険の評判ってどうなの?

自動車保険はそれぞれの保険会社により、非常に様々な商品が出ています。

近年、人気が集まっている通販型自動車保険は今まで主であった代理店型の自動車保険よりかなり安くなっています。
通販型自動車保険は契約するための手続きなど、自動車保険を取り扱っている代理店を通さなくて保険を販売している会社と加入しようと考えている自分自身が直接的に契約をします。

そのため、代理店に対して支払う手数料などが発生しないので代理店型の自動車保険と比較すると非常に安くなっているのです。
さらに通販型自動車保険はリスク細分型と呼ばれている仕組みを取り入れており、これも安い保険料を実現させている理由の1つです。
リスク細分型というのは保険を契約される人の等級、車を使う目的、住まい、年間の走行距離や免許の色、さらには年齢や車の種類などといった事に応じて保険料が増減するように設定されているのです。

事故を引き起こす確率が少ない傾向にある運転者には保険料を安く設定して、事故を引き起こす確率が高いと見られている運転者には一般的な保険料か高めの保険料が設定されます。

全く同じ内容でも保険に入る運転者の状況、または車の状態に合わせながら保険料の設定を行う事が出来るのも特徴です。

 

ダイレクト自動車保険の満足度ランキング

自動車保険に入る時に気になる点として挙げられるのが、その保険会社を利用した事のある人達の満足度、つまり顧客満足度と言われています。

最近は非常に多くの保険商品がコマーシャルなどでも顧客満足度が1位!などといったようにアピールされています。
有名なダイレクト自動車保険のイーデザイン損保は保険料の安さのみならず、色々なランキングでバランス良く上位に挙げられています。

保険料や事故対応などといった様々な項目でバランスが良い優等生とも言えるような評価を得ています。

東京海上グループ、そしてNTTグループとが合体して誕生したので、こうした後ろ盾も利用者達から支持されている理由と言えます。
イーデザイン損保は比較的、新しめの保険会社ですので、まだ知らない人も多いでしょう。

しかし、業界の中でも大手と言われている東京海上グループの通販型自動車保険なのです。
東京海上日動は通販型の他の大手の中では08年から2012年までのとる自動車ランキングで1番高い評価を得ていました。

東京海上グループの品質の良さはもちろん、満足度はこうした所からも知る事が出来ます。

通販型自動車保険が人気を集めている最近の流れの中で質に定評がある東京海上グループの通販型保険が高評価となった事は、当然の結果と言っても良いでしょう。

 

 

ダイレクト自動車保険「ソニー損保」の特徴って?

ソニー損保というのは完全に保険をダイレクトで販売しているの通販型の自動車保険です。
取り扱っている種目がソニー銀行の住宅ローンに付いている火災保険の他は、このソニー損保だけだ!と限られているのです。

しかし、02年からとあるダイレクト自動車保険ランキングの中で連続で1位を取っているなど、非常に評価が高い自動車保険を提供してくれているのです。
利用者達から人気が高まっている要因としては、高い質の事故解決サービスと利用者目線で考えられたと言われているユニークな商品が挙げられます。

ソニー損保の自動車保険はネットの口コミ評価などでももトータルで高いので、内容をしっかりと確認してから気になったら見積もりをとってみましょう。
ソニー損保の最大の特徴として言えるのは1年間での走行距離で保険料が割引かれる事です。

他の保険会社でも1年間での走行距離というものは、リスク細分型の条件設定をする際にある項目なのですが、ソニー損保の場合は独自の保険料算出があります。

キャッチコピーとなっている「走る分だけ」という保険料を実現させているのが最大の特徴です。
走りすぎてしまった、または事故を引き起こしてしまった!などといった場合では一体どうなってしまうのか?と心配に思われる方も多いでしょう。

この場合、契約した距離区分を訂正し直して1年間の保険料の差額分を払う事で対象となる事故の保険料は全て払われる事となります。

 

ダイレクト自動車保険「三井ダイレクト損害保険」の特徴って?

三井ダイレクトの自動車保険が個人向けとしてダイレクト販売されています。
「三井」とつくと三井住友海上のイメージが非常に強くて代理店型の自動車保険では?と思われる方も多いです。

しかし、最近では三井ダイレクトも通販型自動車保険の中で人気が高まっている保険なのです。
この三井ダイレクトがダイレクト型の自動車保険の中でも人気が高くなっている保険と認知されているのは、事故を起こした時の対応の評価が高いからです。
さらにロードサービスにあるメニューも非常に豊富となっていて手厚いサポートが多いです。

こうした点も三井ダイレクトの人気が高まっている理由の1つです。
三井ダイレクトの傷害補償に関しては人身傷害補償担保という特約を主として組まれているのが特徴です。

この人身傷害補償担保という特約は一般的なものと補償を絞っている搭乗中というタイプから選択する事が可能となっています。

それから搭乗者傷害が必要と思われる人は、付けておくのも良いと思います。

無保険車傷害特約は自動的に付けられるますが、自損事故傷害は補償を出来るだけ厚くしておきたい人用となっています。

このように人身傷害補償担保の特約を中心として、色々な補償を考えやすく作られていると言っても良いでしょう。

 

 

ダイレクト自動車保険「SBI損害保険」の特徴って?

SBI損保は代理店に発生する中間マージンを徹底的に省く事によってダイレクト自動車保険ならではと言った安い保険料を実現させる事が出来ています。

また、走行距離が長い場合でも保険料は変わらないという走り放題の保険料が採用されているのも特徴です。

これによって、長距離の運転や遠くへの旅行など、自動車をよく使う人でも安心して利用する事が出来ます。
全国でおよそ9600ヶ所あるロードサービス拠点や公式サイト上にリアルタイムで質問をする事が可能なWebチャット機能も搭載されており、サポート体制もしっかりとしています。

SBI損保は保険料の安さという点で見ても業界トップレベルの結果が出てくると言っても良いでしょう。
保険料を重視して比べて一度検討してみたい人はアクサダイレクト、三井ダイレクトなどと一緒に見積もりを取っておいた方がいいと思います。
とくに1年間での走行距離は保険料に反映されないのでレジャー目的で遠出する機会も多くて、それなりに自動車を走らせる!という人にオススメです。

事故を起こしてしまった時の対応に関しては、比較的営業歴で言うと短い新たな保険会社となりますので、傾向が明確に出ている訳ではないです。

 

ダイレクト自動車保険「セゾン自動車火災保険」の特徴って?

セゾン自動車火災保険というのは事故を起こす危険性が低い傾向にある40代から50代の人に特化していて、この年代の人なら保険料を大きく抑える事が出来るでしょう。

直販型となっていてネットから加入の申し込みを行うと最大10000円が割引きされます。

レッカーサービスに関しては1度の走行不能につき15万円が限度で実費支払いとなっており、他社と比べると内容は違います。
また、ロードサービスを受けるためはロードアシスタンス特約と呼ばれる特約を付けないといけません。

これを負担だ!と感じるかは人それぞれで意見が分かれる所だと思います。
日常生活を送るにあたって起こる身近なトラブルでの法律相談、または心や体の悩みに関しての健康相談を専門家や弁護士や看護師、さらには保健師に相談する事が可能なサービスもあります。

1つの事故につき1人が担当する制度になっているので示談交渉サービスまで行ってくれます。

そのため、40代から50代といった中年の人は一度検討してみる事をオススメする自動車保険と言えます。
保険選びに納得したい!と考えている人に対してバランスの良いを自動車保険を提供してくれるのが最大の特徴です。

事故を起こす確率が少ない傾向にある40代~50代の人は当然ながら、子供が運転した時でもバランスの良い保険料を実現させてくれます。

 

ダイレクト自動車保険「イーデザイン損害保険」の特徴って?

イーデザイン損保とは、日本国内で最も大手と言われている保険会社である東京海上日動火災、そしてNTTファイナンスが共同出資した事で生まれたダイレクト自動車保険で営業を開始しました。

公式サイトでは自動車保険を全般的に分かりやすく、配慮がされて作られています。

イーデザイン損保に関心がない人も、通販型の保険で補償を自分自身で考えて組む人の場合は参考になるサイトとも言えます。
オリコンの自動車保険ランキングで1位に選ばれた事もあるイーデザイン損保は比較的浅い自動車保険会社なので、これからが十分に期待できます。
日本に存在するダイレクト自動車保険のルーキーとして現れて通販型ならではとも言える安い保険料を武器にして業界のトップになった保険会社なのです。
保険料にしても、事故対応にしてもダイレクト型だけではなく代理店型も含めた保険業界全体で見てもトップレベルの満足度となったのです。

特徴としてはソニー損保と同じで走行距離による保険料体系が採用されており、他には免許の色や年齢や運転者の範囲、自動車を使う目的などといったリスクを細分化する事によって保険料を安く出来ています。

数ある自動車保険の中でも、なかなかオススメの自動車保険なので興味がある人は一度、見積もりと取ってもて検討してみてください。

 

ダイレクト自動車保険「チューリッヒ保険」の特徴って?

チューリッヒの自動車保険は中間で発生するコストを削減し通販型販売での自動車保険となっており、利用者達から評判も非常に高くなっています。

自動車保険で評判が良い!というのは、多くの場合で事故の対応やロードサービスが良いという事になります。

チューリッヒの自動車保険の評判が高いのはこうした所にあると言えます。
最近ではどの自動車保険のロードサービスでも24時間いつでも動いてくれるものです。

また、ロードサービスでサポートしてくれる補償も、それぞれの保険会社に大きい違いはないと思います。

しかし、じっくりと比べてみるとこの差が大きくなるケースもあります。
代理店型の自動車保険より、ダイレクト型の自動車保険の方が一般的にロードサービスの対応に関しては数も多くて豊富だと言われています。

しっかりと比べてみるとチューリッヒ自動車保険が対応しているロードサービスは内容が全く同じでも他の保険会社と比較しても充実しているのです。

当たり前の事かもしれませんが全く同じ額の保険料を支払う場合は、ロードサービスは充実している方が良いものです。

事故対応で悩んでいる方は是非、1度チューリッヒを見積もりしてみて、検討してみると良いでしょう。

 

 

ダイレクト自動車保険「そんぽ24損害保険」の特徴って?

そんぽ24損害保険とは日本興亜グループであり、ダイレクト販売で自動車保険を提供している保険会社です。

ダイレクト型の自動車保険で、そんぽ24損害保険は大手である日本興亜のネットワークを利用する事が出来るのが最大のメリットで、そのロードサービスの拠点の数は何と8200ヶ所もあるのです。
口コミなどの評判を見てみると、中にはマイナスな評判もあるのですが、トータルすると高い評価が多いです。

自動車保険の口コミというものは良い感想と悪い感想が入り混じってしまうものなのであくまで参考として考えるぐらいが良いでしょう。

そんぽ24損害保険には、これからも利用者目線のサービス提供に期待出来ます。
そんぽ24損害保険の保険を自分自身で組み立てるなら、モデルプランが公式サイトに挙げられているので参考にすると良いでしょう。

このプランはフルセットプランとバリュープラン、そしてスタンダードプランという風に3つあります。
ポイントとなる補償は人身傷害補償となっていて、フルセットプランでは搭乗者傷害が付いた人身傷害補償を付けたプランとなっているのが特徴です。

バリュープランの場合、搭乗者傷害を除いた人身傷害補償を付けたプランになっているのが特徴です。

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ