ソニー損保の車両保険

ソニー損保の車両保険の基本補償は、契約車両の修理費などを補償します。

補償範囲は2つあって補償範囲の広い「一般型」と補償範囲を限定した「エコノミー型」があります。

ちなみにご契約者さんの半数以上が車両保険をつけています。

車両保険では、契約車両が事故で壊れた場合や、いたずらなどによって修理する場合に補償する保険です。

上限は契約時に設定した金額になります。

故障や地震・噴火・津波などによって生じた損害については補償されません。

 

 

ソニー損保車両保険の特徴

ソニー損保の最大の特徴は、CMで耳にされた人も多いかと思いますが、

「保険料は走る分だけ」

というのがキャッチフレーズになっています。

これは、ひとりひとりのリスク(走行距離)に合わせた保険料算出システムを利用しているため、年間走行距離に合わせて、保険料が変わるというのが大きな特徴です。

契約時に1年間で走ると予想される距離を「3000km以下」~「無制限」の7区分から選択します。

ノンフリート等級が20等級の人でも、年間走行距離によっては、さらに保険料が安くなる可能性があります。

7区分の内訳は

「3000km以下」

「5000km以下」

「7000km以下」

「9000km以下」

「11000km以下」

「16000km以下」

「無制限」

です。

 

ソニー損保車両保険の金額

ソニー損保は、通販型自動車保険の中でもトップクラスの売り上げがあります。

CMで盛んに流れているように、走行距離による保険料の割引では、ソニー損保が一番知名度が高いでしょう。

同じように走行距離による保険料の割引は、「セゾン」「アクサダイレクト」「チューリッヒ」なども行っておりますが、ソニー損保が一番知名度が高いと言えるでしょう。

意外かもしれませんがソニー損保は、シンプルな自動車保険です。

ソニー損保で、保険料が安く感じるためには、30歳以上でかつ年間走行距離が短い場合です。

ある程度年齢がいっていて、かつあまり車を運転しなくなった方が見積もりをとってみると、かなり保険料が安く感じるでしょう。

 

 

 

ソニー損保車両保険の免責

ソニー損保で免責金額を決めるとき、自己負担金が少なめが良いという方は、

0-10万円もしくは5ー10万円

車両保険事故があった際の自己負担金を少なめにしたい方は、

「免責金額5ー10万円」がおすすめです。

 

高額の修理代だけに備えれば良いという方は、

10-10万円

急な高額出費だけは避けたいという方、

10万円くらいまでならなんとかまかなえるという方は

「免責金額10-10万円」がおすすめです。

 

少額出費なら保険を使わないほうがトク。

少額の出費費用で、保険を使って等級をダウンさせるぐらいなら、少額なら保険を使わず自己負担するという方は、「免責金額10-10万円」がおすすめです。

 

ソニー損保車両保険 盗難

車上荒らし、特にカーナビの盗難被害は年々増加傾向にあるようですが、車上荒らしによる被害が自動車保険でどこまで補償されるかご存知でしょうか?

事例としては・・

家の近所の月極駐車場に駐車中、車上荒らしに遭ったケース

クルマの窓ガラスを割られ、ボディにキズ・ヘコミをつけられ、カーナビを盗まれた場合。

このような場合、どこまで自動車保険で補償されるのでしょうか?

この場合、車両保険に入っていれば保険金は支払われます。

損害としては、クルマの損傷とカーナビの盗難になります。

車両保険ではクルマ本体だけではなく、クルマに装着されているカーナビなどの付属品も補償対象となります。

ソニー損保では「一般型」と「エコノミー型」の2種類の車両保険がありますが、車上荒らしは盗難とイコールと考えて良いのでクルマの修理費用とカーナビ両方について保険金が支払われます。

ただし、警察への届出が必要です。

 

ソニー損保車両保険の見積もり

ソニー損保では全国にサービスネットワークを持っていて、2015年4月現在、サービスセンターは全国25カ所、弁護士ネットは全国約200ヶ所、提携修理工場は全国約420ヶ所あります。

保険料は「走る分だけ」+おトクな割引

予想年間走行距離に応じて保険料を算出するシステムをとっています。

その他、保険料がさらにおトクになる、リスク細分・割引項目例として

・車の使用目的に応じて

・運転者の範囲を限定することによって

・年齢によって

・車種・形式によって

・免許証の色によって

・新車割引によって

・繰越割引によって

・保険証券をペーパレスにすることによってなど

リスクを細分化することによって、様々な割引を受けることができます。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ