【実際どうなの?】ソニー損保の自動車保険の評判

ソニー損保の自動車保険の良い評判と悪い評判

ソニー損保の自動車保険の良い評判と悪い評判をまとめてみたので紹介します。
(20代 男性)
数年前の話ですが、僕がソニー損保に加入している時に一度だけ事故を起こしたことがあります。事故じたいは軽い自損事故だったのですが、バンパー周辺が壊れてしまいました。とりあえず、これで運転するのは危ないと思って、ソニー損保のロードサービスを使ったのですが、かなり対応が早くてビックリしました。自損事故とはいえ初めてのことだったので、テンパりまくっていたので、こういった対応はかなり安心できました。
(30代 女性)
ソニー損保に加入しました。乗り換えた理由は保険料とサービスです。友人からの紹介でソニー損保に乗り換えたのですが、その時も友人に保険料が本当に安いから!って言われました。そして、見積もりサイトで自分の条件を入力して見積を発行するとびっくりしました。前までの保険料と2万円くらい違いました。ソニー損保が安いという気持ちよりも、前の保険会社はどんだけぼったくりをしてるか!っていう怒りの方が強かったです。みなさんも、今の保険料に不満とか満足とかかかわらず見積をとってみたほうがいいですよ!!私は前までの保険会社が一番だと思っていて結果がこれですからね!
(40代 女性)
私と息子で一緒にソニー損保に保険を変えました。初めに変えたのは私ですが、保険料が安くなったので息子にも勧めたら息子は3万円近く保険料が安くなっていました。私に関しては6000円くらいしか安くなりませんでしたが、それにしても若いと通販型の自動車保険にすると安くなるんですね。ちょっとビックリです。
(30代 男性)
たまたま、冷やかし半分で自動車保険の見積をしました。あとになって気づいたんですけど、最近では一括見積もりサイトを使うのが主流みたいですね!僕はソニー損保に直接見積をしたので、他の保険会社は全くわかりません。しかし、ソニー損保で見積もってもらうと今の保険料よりも安くなっていました。年間で9000円くらいでしたけどね!僕はソニー損保に乗り換えているわけじゃないので、サービスとか対応とはよくわかりませんが、、、気が向いたら乗り換えようかなって思っています。もともと冷やかし半分だったので今の保険に不満があるわけじゃないので!

 

ソニー損保の自動車保険の特徴って?

通販型の自動車保険で顧客満足度ランキングで常に上位のソニー損保。多くの人が通販型の自動車保険といえばソニー損保を頭に思い描くと思います。それほど、加入者も多く知名度の高い通販型自動車保険です。ソニー損保はCMでもお馴染みの「保険料は走る分だけ」という走行距離に応じた保険料の仕組みを採用しています。今では、他の通販型自動車保険会社もマネしていますが、ソニー損保が一番早かったんですよ!!
保険料と対応・サービスにかなり定評があり、保険料とサービスに対する加入者の満足度が高いんです。特にロードサービスは無料で使えて、幅広いトラブルに対処してくれるので、車両のトラブルが合った際に使われた加入者のほとんどが満足しているという結果があります。
ソニーグループの損保会社なので、通販型としても安心して加入できるという意見が強いようです。ソニー損保は全国に9000のサービス拠点を持っており24時間365日も事故対応してくれます。
最近では一括見積もりサイトで自動車保険会社を複数見積る人が多いようですが、その際にソニー損保はほぼかならずと言っていいほどの確率で見積が取られているようです。それほど、まだ加入者していない人も興味を持っている自動車保険会社なんですよ!!

 

ソニー損保の加入者の口コミ

ソニー損保とは自動車保険の顧客満足度のアンケートで1位を取った事がある実績を持っています。

オリコンの自動車保険ランキングの2012年ではイーデザイン損保が1位となりましたが最近では順位を落としてきているようですね。

このように新たに日本にある通販型自動車保険が誕生してきていますので、負ける結果となってしまいましたが保険料も安くソニー損保は人気もあります。
費用の面やロードサービス、さらには事故の際の対応、その全てで利用者達から総合的に満足されている自動車保険となっているのです。
口コミ、評判などを見てみるとソニー損保は保険料が安い事、対応も安いのにも関わらずに満足だ!といった評価が多い傾向にあります。
保険料は走る分だけ得するといったアピールポイントがあるように、契約する際に予想の走行距離を7つある区分から当てはまるものを選んで保険料として反映させる仕組みになっているのです。

さらに継続する際、走った距離が契約の距離区分の上限数を1000キロ以上下回る場合は、走らなかった分の保険料を次の年の保険料から割引いてくれる「くりこし割引」というサービスもあるのでオススメです。

 

ソニー損保の特約ってどんなのがある?

ソニー損保の1番の特徴として挙げられるのは保険料は走る分だけ!といった保険料体系になると思います。

距離の無制限から3000キロ未満までで全部で7つある区分から選択する事となり、他にも様々な条件によってリスクが細分化する事が出来て保険料を安く出来ます。
特徴的で評判も良い補償として挙げられるのは「おりても特約」という特約で、これは出かけた先で自動車を降りた後に起きた事故でケガや物損や対人傷害などといったものを補償してくれる特約となっています。

主に家族で出かけたりするのが多い人は重宝する特約となっています。

さらにファミリーバイク特約もあるので原付を持っている人にはお得な保険になると思います。
ロードサービスは通販型の中では上位の実績を誇っており、拠点数は全国でおよそ9000箇所あります。

指定の修理工場は520箇所あり、大手の保険会社に負けない規模となっているのです。
事故の対応に関してですが、最近は業界の中でも平均的と言っても良いでしょう。

しかし、通販型だけで比べてみると割と上位になっているので、事故対応に関した満足度はそこそこ評判も良いと思います。

事故の対応に対して少し対応が遅れる事と保険料の支払い率が少し低いデータも見られるが、総合的に見てみると業界の中では平均的な評判と言えます。

 

ソニー損保加入者のリアルな評価

ソニー損保は通販型自動車保険の大手と言われており、10年連続で売上げ1位を取った実績も持っています。

ソニーのブランドを背景として業績をどんどんと向上させているのです。

保険の設計としては、個人ごとの走行距離に応じた保険料算出システムとなっていて、走った分だけ保険料を負担してくれる仕組みになっていて事故の対応の速さも非常に高い評判になっています。
ソニー損保は自分が走った分だけ保険料を負担する事となるリスク細分型のプランが評判を集めています。

テレビのコマーシャルなどでソニー損保の「走った分だけ」というフレーズを聞いた事がある人も多いと思います。
さらに事故の対応の早さとソニーのブランドといった信頼性も評価が高く付けられています。

オリコンで行われている自動車保険の顧客満足度のアンケートでは総合で3位と好成績で、バランスに優れています。
弱点として挙げられるのは通販型としては少し保険料が高い点、そして長い距離を運転する人には保険料が他と比較して少し不利になってしまう点です。

あまり自動車に乗らない人には保険料が安くなる強みがありますが、その逆で車に良く乗る人は仕方ないかもしれません。

そんなに車の運転しない人の場合なら、かなり安くなるのでソニー損保が良いでしょう。

 

ソニー損保って加入者の満足度は高い?低い?

ソニー損保が出している自動車保険は走った分だけの保険料となっていますので、1年間での走行距離が少なくて事故の対応にこだわりがある人の場合はオススメします。

仮に走行距離が長くなってしまっても「こえても安心サービス」というものがありますので安心できます。

事故の対応も非常に早くて9年も連続で売上げを1位にした事もある人気の自動車保険となっています。
保険料は走る分だけというものはソニー損保の1番の特徴とも言えるでしょう。

走行距離が11000キロ以下である場合は保険料がおよそ20%も安くなり、さらに走行距離が短いほどに安くなっていって最大ではおよそ30%まで割引かれるのです。

契約した走行距離より走らなかった場合でも、次の年に繰越しとなり、契約の走行距離を超えるなら、連絡を入れるだけで構いません。
ロードサービスは契約者全員が無料となり、外出先であっても自宅であっても安心する事が可能です。

交通費実費や宿泊の費用を補償してくれますし、さらにはレッカー移動も35キロまで無料となっています。

車検証に載っている定員の数までであれば搭乗員全員分も払ってくれるのです。

事故の受付に関しては24時間いつでも可能となっており、休日で受付のみならず初期対応を行ってくれて、その日中に結果を報告してくれるので安心する事が可能です。

 

ソニー損保の保険料ってどういう風に決まっているの?

ソニー損保のコマーシャルで走る分だけ保険料がお得という言葉を聞いた事がある人も多いと思います。

この言葉の意味を分かるでしょうか?実際は走らない分だけ得になるという事です。
自動車保険の保険料とは事故を引き起こしやすい傾向にあるか?または引き起こしにくいか?の判断によって決められるものです。

交通事故を頻繁に起こすような人は自動車保険料も高くなってしまうという訳なのです。
事故を引き起こしやすいか?起こしにくいのか?という判断で言いますと走行距離が長い人程、その分車によく乗るという事なので事故を引き起しやすいと判断されるという訳なのです。

自動車に乗っている時間が多い人ほど、事故に遭う確立も必然的に上がるという考えなのです。
ソニー損保はこのように利用者にバラつきがある走行距離に合わせ、保険料を決定する仕組みを作っているという訳なのです。

そのため、走る分だけ得という意味になっているのです。

全く同じ内容でソニー損保に入っている人で年間で5000キロ走った人、年間で10000キロ走った人とでは保険料は大きく変わってきます。

そんなに自動車に乗らなかった人の場合は保険料はかなり安くなります。

 

ソニー損保の車両保険と免責金額について

ソニー損保というのは数ある通販型自動車保険の中でトップレベルの売り上げ実績を誇っています。

何と言っても走行距離での保険料の割引きはソニー損保が最も有名だと思います。

広告やコマーシャルの上手さがそれに結びついていると考えられます。
しかし、使用してみると分かる事だがソニー損保の自動車保険は非常にシンプルな保険となっているのです。

ソニー損保の保険料の安さは年齢区分で30歳以上補償になればかなり実感出来るでしょう。
年齢がそこそこ高くて、自動車の運転は好きだけれど、前ほど遠出をする機会もなくなってきたという人は一度見積りを取って見ると保険料は安くなるでしょう。
ソニー損保の車両保険は一般的なタイプと車と車+限定Aから選ぶ事が可能となっており、車両全損時臨時費用と呼ばれる特約が自動的に付いてくるのも特徴でしょう。

以前までは盗難への代車等費用補償という特約も付いていましたが、保険の改定によって廃止となってしまいました。
さらに車両保険を付けているとソニー損保らしい充実した内容のロードサービスも全部無料で利用する事が可能となっています。

また、ソニー損保の場合は代車は特約の任意付帯となるので予備の自動車を持っていない場合は付けておくようにしましょう。

 

ソニー損保のサービス対応の評価って?

ソニー損保は初期対応を即日で実施してくれて、結果報告も即日に行ってくれます。

即日クイック対応、またはクイック報告や1事故につき1担当の制度を取っていて事故の対応に関する細かいサービスが非常に魅力的になっています。

さらに事故の対応や自動車保険の顧客満足度のランキングでもトップに入ってきて、いまや通販型保険を代表する自動車保険とも言えるでしょう。
ソニー損保の事故処理サービスは24時間いつでも事故の受付が可能な点でしょう。

即日クイック対応、即日クイック報告はかなり便利なので助けられます。

休日もその日の間に初期対応から報告までを行ってくれるのです。

仮に0時から20時の間で電話の事故受付が完了した場合はその他は翌日の対応となります。
他にも1事故1担当制、もらい事故相談サービスや面談急行などといったサービスがあり、24時間の受付けのみならず、即日の初期対応には非常に心強いものがあります。

さらに公式サイトで実際に事故対応を経験された人達の声を公開しているのも良い点です。

ソニー損保で事故の対応を経験された人達の意見を不満も含め、ありのまま公開されているので好感もあります。

バッテリー上がり、鍵の閉じ込みなどいったトラブルの際の応急サポートやレッカー移動、事故の場合の宿泊や帰宅費用の補償などといった様々なロードサービスを受ける事が可能となっています。

 

ソニー損保の各種割引制度

ソニー損保が販売している自動車保険の最大の特徴として挙げられるのは走行距離による保険料の体系でしょうか。

契約された走行距離に満たなかった分は次の年に繰り越す事も出来るので安心です。
仮に1万キロ以下で契約していて7000キロしか走らなかったとすると、残り3000キロ分の保険料は次の年に繰り越す事が出来るのです。

もし、このように契約された距離区分を超えてしまいそうな場合は保険会社に連絡し、契約の区分を変えるだけで良いでしょう。
走行距離によって契約を行う形になりますので走行距離が短ければ短いほど、得となるのがソニー損保です。

大手保険会社の保険料と比べて、3000キロの場合はおよそ30%安くなり、7000キロの場合はおよそ25%、そして11000キロの場合でもおよそ20%安くなると言われています。
自動車保険の売り上げが7年連続で1位を取った事があるソニー損保は、何も売り上げのみならず顧客満足度も非常に高いです。

2010年度に行われたオリコンの自動車保険ランキングで総合1位を取った実績を持っています。

事故を起した際などといった担当者の対応、さらにはサポート体制はもちろん、事故を起した際の保険料の支払いも早くて60%以上が30日以内に払われるスピーディーな対応が利用者から好評となっているようです。

 

ソニー損保の自動車保険ってどんなプランがあるの?

ソニー損保は基本的な補償は一般的なものと言えて対人賠償や対物賠償、そして人身傷害保険、搭乗者傷害も付ける事が可能となっています。

さらにここに車両保険を付けておくかどうかを悩む事になるでしょう。
リスク細分型としても免許の色や自動車を使用する目的、さらには契約者の年齢や運転者の範囲、さらに年間走行距離となっています。

その程度なのでネットから見積もりを行ったとして簡単に済ませる事が出来るでしょう。
さらにソニー損保の場合は申告した走行距離を余らしても、次の年の保険料で割り引いてくれる「くりこし割引」というものがあるので安心です。

かなり合理的に出来ている自動車保険と言っても良いでしょう。
ソニー損保は事故対応も非常に評判が良い通販型の自動車保険となっています。

口コミを見ていても悪い評価をしている人は非常に少ないものです、ただソニー損保は通販型保険なので代理店型とは異なり、対応する事が不可能な場合は出来ない!ハッキリと言われる部分はあるでしょう。

したがって、代理店型の自動車保険を長い間利用してきた人の場合は、少し合理的すぎるのでは?と感じてしまう場合もあるようです。

反対に自分自身で掛けておいた自動車保険が通販型のものばかりだとすると、対応に関しては大体は納得する事が可能だと思います。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ