【リアル口コミ】セゾン自動車火災保険の評判はどう!?

セゾン自動車火災保険の自動車保険の良い評判と悪い評判

セゾン自動車火災保険の自動車保険の良い評判と悪い評判を集めてみました。
(20代 男性)
セゾン自動車保険のおとなの自動車保険という保険に加入しています。先日もらい事故で車が凹んでしまって修理費として30万円近くかかりました。保険がすぐに適用されたのですが、レンタカー代なども負担してくれてかなり助かりました。車が修理でなくなるとキツイなって思っていたところに、こういった話が来たのでスゴく助かりました。これがおとなの自動車保険なのか?ってすごい感動した覚えがあります。
(30代 男性)
ソニー損保やSBI損保などの通販型自動車保険に加入したことがあります。今はセゾンのおとなの自動車保険に加入しているのですが、今までで一番保険料が安い保険です。ソニーやSBIは20代の頃の保険なので、自分の条件も保険料が高くなるのはしかたないんですがね!僕的にオススメは20代はソニーやSBIなどの有名どころの通販型に加入しておき、30代になったらセゾンに乗り換えるっていうのがいいと思います。
(30代 女性)
昔、事故を起こしたことがあります。その時が>セゾンの自動車保険だったんですが、電話のやりとりなど書類の確認だの面倒くさい思いをした覚えがあります。そして、最近になってまたもや自損事故を起こしてしまいました。今はソニー損保に加入しているのですが、またあの時のように面倒くさいやり取りがあるのか・・・って憂鬱になっていたら、ソニー損保の担当者さんは1日で解決してくれました。あとは自分に任せてくださいと言ったような感じで、ほとんど私はノータッチの状況でした。
この対応を見るとセゾンの時の担当者は無能で仕事ができなかったんだなって感じます。
(20代 女性)
今年でセゾンの自動車保険の加入歴が3年になります。親から紹介してもらって加入しているので、親子割引みたいなのがあるらしいです。しかし、先日自動車保険の無料一括見積もりサイトっていうのを利用すると、一番安かった保険会社で今のセゾンよりも20000円も安いのです。正直言って、車にあまり乗る機会がないので保険料はできるだけ抑えたいのですが、親の紹介と割引の兼ね合いで、私だけ違う保険会社にするのはどうなのか?と悩んでいます。気軽に保険会社を乗り換えることができる状況の人は一度やってみたほうがいいですよ!

 

セゾン自動車火災保険の自動車保険の特徴って?

セゾン自動車火災保険の自動車保険と言えば「おとなの自動車保険」です。40代、50代をターゲットに保険料が安いという特徴がありますが、30代でもかなり支持を得ている自動車保険です。満足度も高く、加入者の93%が事故対応の良さに満足しているというアンケート結果があります。
ロードサービスも24時間365日無料で、サービス拠点は全国で8000ヶ所もあります。
おとなの自動車保険といってもプラン(パック)ではないので、おとなの自動車保険の中で自由に補償や特約を組み替えることができるようになっています。また、こういった自由性の高い自動車保険プランになっているので、20代でも加入者が多くいるんです。もともと、20代・30代はターゲットではなかったんですが、事故対応の良さとロードサービスなどが高く評価されているようで、親子で加入している人も多いみたいですね。
また、子供特約系が充実しているのもおとなの自動車保険の特徴だと言ってもいいでしょう。子供が車を運転するようになったという親は急激に保険料がアップしてしまうので、保険料が高くなってしまいがちですが、そんな状況に充実の対応をしてくれるのがおとなの自動車保険の特徴なんです。親子が同じ車を運転するようになった方は、他社からセゾン自動車保険に乗り換える人も多いようですよ!!

 

セゾン自動車火災保険の加入者の口コミ

自動車保険を考える時は、まず保険料の見積もりを行う事と補償の内容を確認する事が先決となります。

最近では自動車保険を一括で比較するサービスなどもいっぱい出てきていますので、こうしたサービスを利用するのも良いです。

しかし、それ以上に様々な自動車保険の公式サイトを見ていると、各保険会社が1番アピールしている点やオススメの商品が分かりやすく紹介されており、内容もしっかりと説明されているので理解が簡単になっています。
各自動車保険にはメリットとデメリットの両方あるものです。

しかし、自分の加入条件に最も合っており、補償も充実していて保険料が安い所を探しているなら、セゾンの自動車保険を検討に入れてみると良いでしょう。
事故対応サービスの満足度が何と93%を超えているセゾン自動車保険であれば、万が一の際でも安心してサービスを受ける事が出来ると思います。

また、おとなの自動車保険の場合は40代や50代の保険料が安くなるなどといったように独自である保険商品によって手厚い内容の補償を安い保険料で提供する事が可能な意欲のある保険商品を取り扱っているのです。

ユニークと言えるような商品の展開をしているのは常に利用者の意見に耳を傾けているから出来るのだと思います。

 

セゾン自動車火災保険の特約ってどんなのがある?

セゾン自動車火災保険の補償対象は一体どのようなものがあるのでしょうか?
基本的な対人賠償と対物賠償は当然で人身傷害や無保険者傷害、さらには自損事故傷害や搭乗者障害などといった特約も付ける事が出来るようになっています。

さらに自動車の補償としては車両保険はもちろん、特約として車両全損修理や事故時代車費用、車両新価や車両無過失事故などの特約があり、補償を充実させる事が出来るのです。
細かい気配りのロードアシスタンスサービスや事故などで必要となった弁護士費用や個人賠償責任、さらにはファミリーバイクや車両積載動産の特約まで様々取り扱っているのです。

このような特約を組み合わせ、自分に必要な補償を組み立てる事が可能な点が強みと言えるでしょうか。
自動車保険なんてどこを選んでも同じだ!必要な時に必要な補償を受ける事が出来るのか?と疑問に感じている人の場合は、このようなセゾン自動車火災保険みたいなカスタマイズ型、それぞれのニーズに合わせた自動車保険を選択するのが良いでしょう。

実際に自動車利用者の意見を反映した保険となっているので、自分がこのような補償が欲しい!と新たな保険の提案者になるのも良いでしょう。

保険のニーズというものは時代で移り変わっていくものですが、そうした事にしっかりと対応しているのがセゾン自動車火災保険と言われています。

 

セゾン自動車火災保険加入者のリアルな評価

セゾン自動車火災保険が非常に画期的とも言えるプラン、または時代のニーズに合うプランを提供しているのが話題となり人気になっているようです。
それは「おとなの自動車保険プラン」で知る事が出来るでしょう。

この保険プランはわりと事故を起す確率が低い傾向にあるベテラン運転者である40代や50代の方の保険料を安く出来る利用者達のニーズに合ったプランとなっているのです。
走行距離、または自動車の型式や免許の色だけで保険料に違いがあるだけでなく、統計上として1番事故が少ない世代とされる利用者の保険料を安くするのは時代のニーズに合っていると言っても良いでしょう。
実際に、最近では若い人の自動車離れや中高年が自動車を手放す傾向が高くなっているそうで、カーシェアリングや公共交通機関を利用する傾向に流れている事が指摘されているのです。
しかし、40代や50代の方はまだまだ子育て世代と言えて自動車を足として利用してきた中高年達にとって、自動車は日常生活に必要不可欠なものなのです。

高い自動車保険料や車の維持費に悩まされている人も多いものなのです。
そうした人達も簡単に加入する事が出来てネットから申し込みを行えば最大で1万円の割引きを受ける事も出来ます。

セゾン自動車火災保険の「おとなの自動車保険」は毎月の家計や自動車の維持費を両立させる事に頭を抱えている運転者には非常にオススメです。

 

セゾン自動車火災保険って加入者の満足度は高い?低い?

セゾンの自動車火災保険は補償内容を非常に分かりやすく簡潔に説明されているので嬉しいです。

公式サイトなでもイラストなどを利用していて、かなり分かりやすく説明してくれているのです。
ロードアシスタンスはオプションになる!というような重要な事をしっかりと銘記してくれているのです。

サービスの内容はお得感を出すためか、無料という事を全面的に押し出していますがその無料期間は1度回しかない事、場合により有料になる場合も明確に載せているような自動車保険も実は少なくて、実際に場面に直面してから話が違う!といったトラブルになる事もあるそうです。
こうした苦々しい経験をした事がある人の場合は自動車保険は万が一の時に役に立たないといった偏見を持ってしまう事もあります。

そうした誤解を避けるためにもセゾンでは内容を分かりやすく簡潔に説明しているという訳なのです。
利用者の方でも契約の更新時などといった見直し時期に、自分自身で契約内容などを確認するように心がけましょう。

契約者本人が補償の内容を見ていないケースは非常に多いと言われており、このせいで様々なトラブルに巻き込まれてしまう事も多くなってしまうのです。

 

セゾン自動車火災保険の保険料ってどういう風に決まっているの?

セゾン自動車火災保険は損保ジャパングループの傘下の自動車保険なので、知名度としては少し低いのですが保険会社の信頼性は高い方だと言われています。

この保険会社が扱っている自動車保険は「おとなの自動車保険」と呼ばれる保険で会社の名前よりも商品名の方が有名になっており、不思議な現象が起きています。

比較的新しく販売が始められて、とくに40代から50代の人達から指示されている保険となっているのです。
この保険の特徴として言えるのは事故を起す確率が低い傾向にある40代から50代の人達の保険の料率を1番低く設定している事で安い値段の保険料を実現させています。

実際、40代から50代の人のおよそ90%以上が今までの保険と比べるとかなり安くなった!と満足されている人も多いです。

インターネットから新規の申込みを行うと保険料が1万円割引きされます。

継続の契約でも適用されるので非常に評判が高くなっています。
この他の年代の方の場合は高いの?と疑問に思われる人も多いのですが特にそういう訳ではなく、30代の人でも保険料の安さに惹かれて入った利用者も多いそうです。

バイクの保険は扱っていないが原付なら、特約で補償する事が可能となっています。

 

セゾン自動車火災保険の車両保険と免責金額について

セゾンの自動車保険が扱っている車両保険は基本的に一般タイプ、そして車対車+Aに分かれています。

しかし、補償項目を限定すれば一般タイプだけでも4つの種類となって車対車+Aタイプだけで4つ分けられ、あんまり見かけない自動車同士だけを補償してくれるエコノミーも選ぶ事が可能なので車両保険のみで合計9つの補償パターンから選ぶ事が出来ます。

保険料は選択した補償分だけになりますので車両保険に入りやすくなると感じられる人も多いと思います。

車両保険だけで9つもあるのはセゾンの自動車保険だけと言っても良いでしょう。
仮に電話の対応に問題のある担当者がいた場合、担当者の変更を申し出るのも1つでセゾン自動車火災の事故対応に関する評価は、悪い評価が目立っているように思えます。

良い評価も寄せられていますが気になるのは事故対応よりも、電話の対応での評価が悪く、多くの意見が寄せられている所です。
セゾンは1事故選任担当者制となっているので、仮に担当者の対応に不安を感じた!というなら、担当者を変更する事を申し出るようにしましょう。

ただ良い評価をしている人もいるので、全ての人に対して悪い!という訳ではないのでこの辺りは難しいですが。

 

セゾン自動車火災保険のサービス対応の評価って?

セゾン自動車火災保険は保険料の割りには補償の内容は標準的に付いている補償が多くて、この辺りで割安感を感じさせてくれる内容になっています。

特約もしっかりと非常に充実していますので、必要とされる補償をしっかり組み込む事が出来る保険になっています。

さらにロードサービスは特約扱いとなっていて特に必要ない!と思われる人は付けない選択も可能です。

その分として、さらに保険料を下げる事も出来るようになっているのです。
また法律相談や健康の相談がサービスとして付いてくるのも特徴で、シニア世代を狙いとした保険ならではとも言えるサービスでしょう。

通販型ですが、基本的な補償を全部無制限で固定しているので保険料を低価格化にしているのには限界があるものです。

低コストにしたい!と考えている人には、あまり安くないじゃないか!と感じる人も多いと言われています。
販売開始からまだ浅いので契約数はおよそ10万件ほどと他の保険会社と比べると少ない傾向にあります。

保有契約数を大手の東京海上日動と比べたら、たったの1%の規模でしかないのです。
また、事故対応の数が少なくて事故対応と処理の評価も非常に少ないです。

今後に期待がかかる自動車保険と同時に、新参者ならではと言える不安要素も持った、現段階では未知数な自動車保険と言っても良いでしょうか。

 

セゾン自動車火災保険の各種割引制度

セゾン自動車火災というのは82年に設立された保険会社であり、個人用の自動車保険と火災保険を通販と代理店で販売している所です。

株主はクレディセゾン、そして損保ジャパンで損保ジャパンとは業務の提携も行っている関係です。
セゾン自動車火災は日本で最初にリスク細分型の保険を扱った保険会社と言われています。

セゾンの自動車保険を見ると、確かに時代の流れを上手に掴んだリスク細分型の割引きが目につくのです。
仮にセゾンの自動車保険では免許の色、自動車を使用する目的、年齢、運手者の限定の他に住まいや走行距離を加味した保険料算出を取り入れている特徴があるのです。
さらにセゾンの自動車保険は割引きされる項目が非常に多いのも特徴です。

ネット割引や高齢運転者不担保の割引き、イモビライザー割引きや長期優良契約や福祉車両の割引、さらにはノンフリート多数割引きや新車割引きなどもあって、代理店型の自動車保険にしか見る事が出来ないような項目も導入しているのです。

特に注目できるのが高齢運転者不担保という割引きで、この割引は70歳以上という高齢者の人を補償の対象外にする事によって35歳以上補償の保険料を安くしてくれるものでオススメです。

 

セゾン自動車火災保険の自動車保険ってどんなプランがあるの?

セゾン自動車火災保険は大手損保ジャパングループの保険会社で通販型自動車保険に参入してからはまだ日は浅いもので、2011年に「おとなの自動車保険」を販売開始した事が始まりです。
この「おとなの自動車保険」というのは名前の通りで中高年の方達をターゲットとして作られた自動車保険となっています。

事故を起す確率が低く考えられている40代や50代の方達の保険料はかなり安くなります。

販売はネットでの通販型となっていますが、事故対応に関して言うと損保ジャパンと連携した体制となっているのが特徴です。
セゾン自動車保険は40代から50代の中高年用として様々な保険の提供をしています。

とは言ってもオリコンなどといった顧客満足度のアンケート調査では40代以上の指示率が1番高いのがイーデザイン損保となっていて、非常に高評価を得ている!とは言えないのです。
評価は一般的なもので、とくに良い点も無ければ悪い点もないという感じです。

セゾン自動車火災で最も評価が高い所は子供が運転するようになった時でも親の年齢を基準として年齢の設定を行っているので子供を運転範囲に追加する時の負担が他の保険会社と比較するとかなり有利になる点でしょうか。

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ