セカンドカーの維持費をより安く!

セカンドカーの自動車保険は安くなる?

最近では1人に1台のマイカーを所持するという家庭も決して珍しくない時代になってきました。

2台目や3台目などというように家の車が増えればセカンドカー割引を上手に活用するようにしましょう。

複数自動車所有割引や複数所有新規割引、さらには複数所有新規契約者に対する特則と呼んでいる保険会社もあるようです。

このセカンドカー割引というのはノンフリート等級が11等級以上であり、特定の要件を満たしている用途、車種なら2台目以降の契約を新規で入るより1等級有利に加入する事ができる制度となっています。

初めて自動車保険に契約する場合は原則で等級は6等級からのスタートとなるのですがこのセカンドカー割引を使えば2台目以降の自動車保険は7等級が適用されるのです。

どれだけ得かなのかは保険会社や年齢条件により、様々な違いがあるのですが一般的に言うとドライバーが全て26歳以上の場合ならは30%割引で高校を卒業したばかりである18歳の方が運転する場合でも20%程安くなるというものなのです。

このようにセカンドカー割引は自動車保険や自動車共済を取り扱っている保険会社や共済なら、大体が活用できる制度と言えるでしょう。

1台目と違った保険会社で2台目を契約した場合でも2台目を契約した所に申告さえすればセカンドカー割引は使う事が可能となっているのです。

 

自動車保険のセカンドカー割引

車を購入すると高くなってしまいがちなのが保険料と考えられます。

しかし、1台持っていてこれから2台目の自動車保険を加入するという方の場合ならば、一定の条件を満たせば通常の6等級からではなく、7等級からスタートさせる事ができるセカンドカー割引という制度があるので上手く活用してみてはいかがでしょうか。

もし、セカンドカー割引が適用される事になって7等級から始める事ができた場合、通常での6等級と比べても20%~30%もの保険料が得になるケースもあるから知っておきたい制度と言えるでしょう。

1つめのポイントとしては1台目と2台目の契約者が別だったとしてもセカンドカー割引が適用となる場合がある所でしょうか。

例えば19歳の息子が初めて車を購入した時、同居の家族でもう1台車を所有しているなら7等級からスタートさせる事ができる可能性があるというものになっています。

2つめのポイントとしては1台目と2台目の保険会社が違ってもセカンドカー割引が適用されるケースがある事でしょうか。

例えば1台目はある会社で自動車保険を契約していたとして、2台目を購入して別の会社で保険を検討する場合でもその会社にセカンドカー割引の制度がある場合なら7等級からが可能となるのです。

セカンドカー割引の適用条件というのは保険会社によって違いがあるので2台目の車を購入した場合はセカンドカー割引が適用されるかどうかを確認するようにしておきましょう。

 

セカンドカー割引について

セカンドカー割引というのは一世帯で2、3台車を所有する人に割安となる自動車保険の事を言います。

ただ、セカンドカー割引を利用するためにはいくつかの条件があるもの。

1台目の自動車がノンフリート等級で11等級以上で2台目以降の契約が割安になると言われています。

新規に自動車保険に加入する場合は6等級の保険料になるのですがセカンドカー割引ではその1つ上の7等級からの契約を行う事ができるのです。

セカンドカー割引は2台目以降の車両の契約となっていますが必ず同じ名義人である必要はないそうです。

ソニー損保や三井住友海上などといった保険会社では配偶者や同居の親族に対してもセカンドカー割引が利用できるそうです。

1台目の契約者の子供の場合も同居していない場合ならセカンドカー割引の対象にはなりません。

また、保険会社により、セカンドカー特約は1台目の保険契約と違った保険会社でも付加できるとされています。

その場合にしても契約する前に保険会社に伝えておかないとセカンドカー特約が効かなくなってしまう事も十分に考えられるので忘れないように。

事故などで急な対応が必要な際は混同しないようになるべくなら同じ保険会社の方が望ましいが保険の見直しを検討しているの場合は比較するのも良いでしょう。

 

セカンドカー割引に条件と特徴

セカンドカー割引というのは自動車任意保険に加入していて契約している1台目の保険契約が5年以上の間、無事故の人の場合、2台目以降の自動車を契約する時に自動車任意保険の保険料が割り引かれる制度の事を言います。

基本的には新規で自動車保険に加入する場合はノンフリート等級は6等級からスタートする事となりますが、もしセカンドカー割引が適用されると7等級からスタートさせる事が可能なのでおのずと保険料が安くなるという訳なのです。

もちろん、契約後は通常の自動車保険契約と同じで無事故が1年続くにつれて等級も上がっていくので、無事故さえ続けているのなら単独で加入するよりかは1年早く16等級になるという事になります。

しかし保険会社により、等級でなく2台目以降の保険料を数%割り引くというようなマルチオーナーシップ割引になっている事もあるのでよく確認しましょう。

今までは1台目の車の保険契約者と所有者が2台目以降の車の保険契約者と所有者も同じ人物でないとダメだったのですが最近は多くの保険会社が2台目以降なら、家族でも対象としているのです。

 

軽自動車と普通車の維持費

軽自動車の維持費を考えると普通車と比べると、非常に割安になります。

知っている方も多いと思われますが、一体どのくらい安くなるのか?

年間で計算している人となれば非常に少ないでしょう。

運転席に座って、始め目に付くの

が速度計、回転計、燃料計、水温計、エンジンの油圧計などのメーター類だと思います。

いつでもチェックできるでしょう。

しかし、オイルの交換時期などは給油所などで見てもらわないと気がつかないものです。

また、こうした日常的に消費する維持費以外は年に1度、また2年に1度ぐらいなのでどうしても計算対象外になってくると思われます。

軽の魅力は何といっても普通車より維持費が安い所にあるでしょうか。

特に自動車税で差が出てくるのは明白です。

軽の場合は自動車税は7200円になるとされています。

それに対して普通車の1000cc以下にかかる自動車税ならば29800円で1000ccを超えている1500cc以下の場合34500円で1500ccを超えていて2000cc以下の車の場合なら39800円かかるのです。

例えば1300ccのホンダフィットに乗っているなら34500円となり、軽と比べると27300円もの差になってしまうのです。

また、車検時に払う重量税も軽自動車は安く設定されており、1年あたりで4400円となっています。

普通車の場合は重量によって異なりますがフィットであれば1年で18900円、最初の車検では3年分となる56700円もの大金を払わなければならないのです。

軽の場合では最初の車検では3年分の13200円となるので差額は43500円にもなるという訳なのです。

 

2台目は自動車保険料がお得

10台以上車を所有しているいわゆる会社などにはフリート契約と言う、まとめて契約すると保険料が大幅に割引されたり、更新の手間が省けたり、事故防止運動によって割引されたりと非常に大きなメリットがいくつもあるものです。

よく、スーパーのバイングパワーが注目されていますが自動車保険でもそれと同じ事が言えるという事になります。

大手の運送会社などは自社保険を採用している場合も考えられるのですが。

ただし、10台以上所有する個人となればいるでしょうか?

いくらセレブな人だったとしても10台は所有しないと思います。

そのため、自動車保険業界を開拓してきた東京海上からミニフリートという商品が販売されたようです。

これは3台以上まとめて契約すれば一律で3%づつ保険料が割り引かれるというもの。

継続手続きも年1度で済んで保険料を分割にしても手数料もかからないのです。

それでも3台所有している人もあまりいないものだと考えられます。

そうした訳で各社2台目割引という割引制度を設けている所がほとんどなのです。

2台所有する人は非常に多いといわれています。

そういった時は別々の保険会社に契約を行うのではなくて、1つの会社にまとめた方が保険料を安くする事もできると思われます。

 

セカンドカーは軽自動車が良い?

車好きの方のためのセカンドカーという意味ではなくて生活していてどうしても、もう1台車が必要だといった方の場合のセカンドカーには軽がオススメだと思います。

車好きの方や金持ちの方であればフェラーリやBMWなどと高級スポーツカーと普段使いやすい車という感じでセカンドカーを持つ事も多いといわれていますが、基本的に一般人にはほど遠い世界の話と考えられます。

実際に私の家庭の場合も2台の車を所持しているのですが非常に田舎で公共の交通網も不便なので車は1家に1台ではなく大人1人に1台がどうしても必要という理由からです。

子供も2人いるから普段はミニバンに乗っているのですが大きくて小回りが利かないので1人で乗るには不便な事もあるのです。

さらに通勤にも車を使用する事になるので家に車がなければ妻は子供の送り迎えも買い物もできないという状況になってしまうからです。
セカンドカーに軽自動車を薦める理由としては維持費が安いというのが最大の理由となります。

車を所有していればガソリンはもちろんの事、駐車場代など保険代や税金などもかかってくるものです。

それを考えると軽なら税金が非常に安いですし保険料も安くなるものなのです。

タイヤも小さいから消耗品の費用も抑える事ができると思われます。

また、最近の軽自動車は機能も充実しており、乗り心地もかなり良くなっていますよ。

 

セカンドカーとノンフリート等級

ノンフリート等級別料率というのは保険契約者の事故暦に応じ、1級~20等級まで区分されているもので、それらの等級により保険料が割増、もしくは割引されるというものの事です。

更新時に保険会社を変更したとしてもそのまま引き継ぐ事が可能のようです。

ノンフリート等級別料率は新規で自動車保険に加入した場合は通常、6等級からスタートするものです。

1年間無事故で保険を使わなかった場合に1等級上がる事になり、翌年の保険料が割安になっていくという仕組みなのです。

しかし、事故によって保険の支払いを受けた場合は1回の事故で3等級も下がってしまい、翌年の保険料も割増となってしまうものなのです。

車両保険事故の中で火災や爆発、盗難、落書きなどの一定の要因によるもので事故件数としては数えない特定の事故があり、これを等級据え置き事故と呼んでいるようです。

この場合は次の年のノンフリート等級が下がらずにそのままの等級が適用されるので保険料も割り増しされないのです。

セカンドカー割引は2台目以降の自動車を新規によって契約する場合、6等級での契約となる所を7等級から契約する事できる割引制度の事をお言います。

条件としては保険契約が11等級以上であり、自動車の所有者と契約者が同一人物の場合など、保険会社によって適応条件も違う事もあるようなので確認するようにしましょう。

 

セカンドカー割引の裏技って?

最近では車は1家に1台という時代ではなくて、1人に1台という風になってきています。

車の台数が増えれば増えるほど、保険料の支払いも大きくなり負担となってしまうと考えられます。

と言って保険に入らないと事故にあった時の補償がまったく受ける事ができなくて節約どころか生活そのものが破綻してしまうという可能性もないとは言い切れません。

そういった家族の場合で2台以上車を所有している人に非常に得な割引制度があるのを知っていますか?

それがセカンドカー割引と呼ばれているものです。

1台目の車の等級が11等級である事が最低条件となっているものです。

保険の新規契約は通常、6等級からのスタートとなるので最短で5年は無事故でなければいけません。

そして条件はもう1つあるのです。

それは車の契約者や所有者、記名被保険者が1台目の車の名義と同一人物である事となります。

2台目の車に配偶者や子供が乗ったとしてもとくに問題はないが名義はあくまで1台目と同じ人でなくてはならないという事なのです。

これにはどういった割引があるのかと言えば、まず2台目の車の等級が通常6等級になる所が、7等級からのスタートとなるので得です。

1年間無事故だった場合と同じスタートとなり、その後の保険料の割引率が上がるのが有利になります。

 

セカンドカー割引&はきだされた自動車を使った車両入替

複数の自動車を所持している方という場合は、できる限りは保険料を安くしたいと考えているのがほとんどだと思われます。

安いに越した事はありませんからね。

また、今は1台だけれど近い内にもう1台購入する予定がある、子供が18歳になって運転免許証を取得して車に乗り始めるなどといった場合は一気に自動車保険料の負担が増加してしまう可能性も十分に考えられる時期と言えるでしょう。

そういった時に使えるのがセカンドカー割引を上手に使った車両入替となるという訳なのです。

あまり馴染みのない方も多いと思われますが紹介してみたい思います。

まず車が増える場合にたいして考えて見ましょう。

現在の所有自動車の等級が11等級以上の場合は2台目の自動車を7等級から保険に加入する事のできるセカンドカー割引を利用する事が可能となります。

6等級の場合は年齢条件により、初年度割り増しになる事も多いといわれているのですがはじめから7等級の場合は割引になるので保険料も大きく変わってきますよ。

せっかくなので自分の自動車保険証券を確認してみてはいかがでしょうか?

もう1つは現在加入している保険に新しい車を車両入替で加入して、今まで乗っていた車を新規で保険加入するという「はきだされた車」と言うやり方もあるでしょうか。

新車だったりすれば車両保険にも入りたいけれど負担が気になると言った方ならこのやり方を行ってみては??

車両保険を追加して古い車は新規で入り直すと言う事と言えます。

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ