【任意保険】2台目(セカンドカー)の任意保険はこうすれば安くなる

セカンドカーの任意保険は新規扱いになるの?

自動車を新たに2台目を購入する場合はセカンドカー割引と呼ばれるサービスを利用すれば2台目の車にかかる保険料を安くさせる事が可能となるのでオススメです。

車を2台持っている人はもちろん、同居の家族などと合わせて車を2台使っている家庭の場合、2台目の車の保険料を割引きさせる事が出来るサービスなのです。
しかし、1台目の保険の等級が11等級以上でなければいけません。

セカンドカー割引で割引されるのはいくら割引かれるとか、何パーセント割引かれるなどといった方式ではありません。
等級の扱いが有利になる!という方法で結果として、保険料が安くなるというものなのです。

1台目の車を買った際は、自動車保険の等級は基本的に6等級から始まるようになっています。
しかし、セカンドカー割引を利用すれば2台目からの車の等級は7等級から始める事が出来るのです。

このため、2台目の車を買う場合はセカンドカー割引を利用し、自動車保険に加入される場合に1等級分、保険料が割り引かれる仕組みとなっているのです。
ちなみに6等級と7等級で保険料はどれぐらい違うのかと言いますと、10%となっているのが一般的のようです。
条件に当てはまる方はセカンドカー割引を1度、検討してみても良いでしょう。

 

セカンドカー割引について

ここでは自動車保険のセカンドカー割引について紹介したいと思います。

セカンドカー割引というのは1台目の自動車の保険が11等級以上の場合にのみ、2台目となる車の保険を普通6等級から始まる所を7等級から始める事が出来るというものの事なのです。

この割引は1台目の自動車保険とは違う他の保険会社でも利用する事が可能なのが最大の特徴となっています。
しかし、新たな保険会社では自分から申告しなければいけません。
さらに2台目の車を所有する人は1台目の所有者と全く同じ、もしくは同居している親族でないとダメです。

仮に父親の等級がすでに35歳以上補償の20等級、つまり最高割引となっている場合で同居している26歳になった子供が免許をとって新たに自動車を購入する場合があります。
その場合に、この割引制度を使用すると子供は普通ならば6等級から始まる所を、7等級で始める事が可能となり、保険料の差も30%になります。
そのため、セカンドカー割引で2台目の車は非常にお得となるのです。

また、ノンフリート多数割引とも呼ばれている制度もあり、これは複数ある保険証券を
1枚の保険証券にまとめる事でおよそ1%から5%の割引きサービスを受ける事が出来るものとなっています。
しかし、2台目以降の車を所有する人を1台目の所有者と全く同じにしなければいけなくて、保険会社も同じ所でないとダメです。

 

セカンドカーの維持費ってどのくらい?

自動車が好きな人のセカンドカーといった意味ではなくて、日常的に生活をしていてもう1台車が必要になった時のセカンドカーには軽が良いでしょう。
車好きの人はもちろん、お金持ちの人の場合はフェラーリなどといったスポーツカーで日常で使用する自動車とは別でセカンドカーを持つ人も多いそうです。

また、田舎の家庭だと複数の車を持っている家庭も多くて公共の交通網が不便な事もあり、、
車は一家に1台という訳でなく、大人1人に1台となっている所も多いです。
私自身も日常的にはミニバンに乗っているのですが、この場合は大きくて小回りも利かないので1人で乗るのには不便に思う事もあります。
また、通勤にも自動車を利用するので家に自動車がなければ嫁さんは子供の送り迎えや買い物すら出来なくなってしまいます。

セカンドカーに軽をオススメする理由としては維持費が安い!という点が最大の理由と言えます。
自動車を持っているとガソリンはもちろん、駐車場代などといった他に保険料や税金など沢山かかるものです。

この辺を考えたら軽ならば税金は非常に安くて済みますし、保険料もかなり安いです。
さらにタイヤも小さいから、その費用も抑える事が出来るでしょう。
最近の軽は機能も非常に充実した内容ですし、乗り心地もかなり良くなってきていますのでオススメですよ。

 

 軽自動車と普通車の2台持ちの場合、任意保険はどうすればお得?

軽自動車にかかる維持費を考えたら普通自動車と比較すると、かなり安くなる傾向にあります。
知っている人もわりと多い事だと思いますが、具体的には一体どのくらい安くなるのでしょう。
運転席に座り、最初に目に入るのが速度計と回転計、そして燃料計と水温計、またはエンジンの油圧計などといったメーター機器でしょう。

オイルの交換時期などといった所はガソリンスタンドなどで見てもらわなければ自分だけでは気がつかないですよね。
このような日常的に消費していく維持費以外は1年に1回か2年に1回程度と考えられますので計算の対象外にします。

軽自動車の魅力というのは何より普通車よりも維持費が安い点です。
特に自動車にかかる税金関係で大きな差が出てきます。

軽自動車の場合、自動車の税金は7200円になりますが、普通車の1000cc以下の車にかかる税金はおよそ3万円で、
1000ccを超える1500cc以下の普通車の場合では34500円もかかります。
さらに1500ccを超えて2000cc以下の普通車の場合はおよそ4万円もかかってしまうのです。
仮にホンダフィットに乗っている人は3万4千500円で、軽自動車と比較すると27300円も差が出るので、非常に大きな差と言えるでしょう。

 

2台目の自動車保険を安くするには?

同居している子供や配偶者のためとして車を2台、もしくは3台持つ家庭が増加してきているようです。
こうした家庭であれば、セカンドカー割引を利用する事をオススメします。
そうする事で保険料をかなり安くさせる事が可能となるのです。

セカンドカー割引というのは1台目の保険の契約が5年以上で無事故の人なら、2台目以降の車にかかる保険料を割引きするという仕組みになっています。

新規契約で自動車保険に入った場合は一般的に6等級からの始まる事となるのですが、
セカンドカー割引を利用すれば、その等級を7等級から開始させる事が出来るようになるのです。
2台目の保険の設定が26歳未満不担保、もしくは30歳未満の不担保なら、何と30%もの割り引きを受ける事が可能となるのです。

しかも、それからは普通と同じで無事故が1年続けば等級は上がっていきます。
そのため、ずっと無事故を継続させていると単独で加入するよりも早く16等級になる事が出来るという特典があります。

2台目の保険に加入する人は1台目と同じ人である事が決まりとなっていますが、同居している家族なら契約を移行させる事も可能です。
また、子供が結婚して別居生活になる場合は別居する前に子供に名義の変更手続きをする事によって等級をそのまま引き継ぐ形で子供の保険にする事が出来るので覚えておくようにして下さい。

 

1台目の車と2台目の車の保険会社が違ってもセカンドカー割引は適用される?

セカンドカー割引というのは自動車を2台以上持っている人なら受ける事の出来る割引サービスとなっています。
別名では複数所有自動車割引とも言われているようです。

最近では自動車は一家に1台!というモノではなく、1人に1台!という時代になってきていますので
家族で合計2台以上車を持っている場合にはセカンドカー割引を利用する事が出来るのでオススメします。

保険会社により、1台目も2台目も契約している人と自動車を所有している人が同一人物でなければいけない条件があります。
しかし、最近では同居している親族までは可能になっている所も増えてきています。

知らない人も多いかもしれませんが1台目、そして2台目の保険会社が別でもセカンドカー割引を受ける事が可能となっています。
仮に1台目の自動車がアクサダイレクトだったとして、2台目の自動車をSBI損保で加入する!という場合ではSBI損保の契約を行なう時にセカンドカー割引を受ける事が出来るようになるのです。

セカンドカー割引で保険に入れば保険料がそのまま割引されるという形ではありません。
保険の等級は一般的に6等級からですが、7等級から始まる事となって1等級分割引の率も高くなるから保険料が安くなるという訳なのです。

 

セカンドカー割引の等級条件って?

セカンドカー割引というのは自動車保険に加入していて今契約されている1台目の車の契約が5年以上無事故の人、つまりノンフリート等級が11等級以上になっている人の場合に2台目以降の車を契約する際に保険料が割り引かれる仕組みとなっています。
車の車種はもちろん、等級などはそれぞれの保険会社ごとで違うケースも多いのですが事前からしっかりと確認しておくようにして下さい。

一般的には新規で自動車保険に入る場合は等級が6等級から始まる事になるのです。
そこでセカンドカー割引が適用される事となると7等級から開始させる事が可能なので、結果的に保険料が安くなるという訳なのです。

そして、もちろん契約してからは一般的な自動車保険と同じで無事故が1年続くと等級も1等級上がっていきます。
そのため、無事故をずっと続けていく事が出来れば単体で加入するのと比べると1年早く16等級なる事が出来ます。

しかし、保険会社によって異なり、等級ではなくて2台目以降の保険費用を何パーセントか割り引きをする複数契約割引になっている所もあるのです。
最近では車は一家に1台という訳でなく、免許を取った人1人に1台という家庭も増加してきています。
そのような場合なら、メリットが非常に大きいサービスと言っても良いでしょう。

 

セカンドカーの車両保険について

近年では家族1人に1台、車を持つという家庭が増加してきています。
2台目、または3台目と家の自動車が増える時に利用をオススメするのがセカンドカー割引という訳なのです。

複数自動車所有割引や複数所有新規割引などと違った名前で取り扱っている自動車保険会社もあるそうです。

セカンドカー割引というのは自動車保険の等級が11等級以上の状態で対象の車種なら、2台目以降の車の契約を新規で加入するより1等級上がった状態から加入する事が出来る制度となっています。

最初に自動車保険を契約する時、原則的に等級は6等級から始まる事となるのですが、セカンドカー割引を使用する事で2台目からの自動車保険が7等級から始まります。
どれだけお得になるのかは、それぞれの保険会社や年齢などで異なってきますが、一般的に言うと運転者が全員26歳以上の場合なら何と30%もの割引を受ける事が出来ます。
また、高校卒業したばかりの18歳の子が運転する時でも20%も安くなるのでオススメですよ。

セカンドカー割引とは自動車保険はもちろん、共済を扱っている所ならば、大体が利用する事が可能な制度と言えます。
1台目と違う保険会社で2台目を契約するケースでも2台目を契約した所に申告せすれば、セカンドカー割引を利用する事が可能となっている事を覚えておきましょう。

 

セカンドカー割引は車種によって適用されない場合がある?

セカンドカー割引は複数所有新規契約とも呼ばれており、11等級以上になっている契約を持っている利用者が、新しく2台目として車を契約する場合に利用できます。
普通は6等級から開始するのが等級制度なのですが、7等級から始める事が可能となる優遇措置とも言える制度です。
2台目以降の自動車に適用されるのでセカンドカー割引という名前が付けられています。

等級を通常よりも高い状態から始める事が可能なので、その分として割引率が上がる事となり保険料が下がります。

車の使用目的が普通車、小型車、軽四輪車、軽四輪貨物車、さらには小型貨物車や普通貨物車、そして特種用途自動車という事が条件となるので覚えておきましょう。
セカンドカー割引というものは1台目と同じ保険会社じゃないと適用されないの?と疑問に思われる方も多いのですが、他の保険会社でも適用される事がほとんどです。

注意点として挙げられるのは自動的に適用されないという点でしょうか。
他の保険会社と、どういう保険契約をしていたか、その内容までは分からないものなので契約する時に自分から申告しなければ割引が適用される事にはならないので注意が必要です。
車を2台持っていて、条件にも当てはまる人は是非、セカンドカー割引を利用する事をオススメします。

 

 子供の車をセカンドカーとすれば任意保険は安くなる?

親が乗っている自動車の保険の等級が高い場合、その自動車と保険の名義を子に変更させて新しく買った自動車を親の名義で保険に加入する事で保険料が安くなる制度があります。
これがセカンンドカー割引というサービスです。

自動車保険にかかる保険料というものは年齢はもちろん、等級などが大きく関わっているものです。
例えば親が20等級の場合、その保険を子が引き継げば子供の保険も20等級を受け継ぐ事が出来るのです。
新規で入る親の保険は6等級になってしまうのですが、年齢が高いから30歳以上や36歳以上の限定を付ける事によって保険料を安くさせる事が出来るのでオススメです。

子供が買う新しい自動車を親がお金を出す!という場合ならば良いと思いますが、その場合なら乗っていた自動車を子供にあげて自分の自動車を新しく買えば良いだけの事だと言えます。
両方とも親の名義という形であるならセカンドカー割引を利用する事が可能となるのです。

未成年者の場合は自動車を親が購入してあげるケースも決して珍しいものではありませんが、
私、個人的にはローンを組んでまでしても子供が自分でお金を払った方が良い気がします。

しか、未成年者というものは保険に加入する際の手続きが非常に面倒となりますし、学生の場合では自動車にかかる費用や保険料を支払っていく事が困難と思います。
それによって、親が助けている家庭が多いと考えられるのです。

 

各自動車保険会社によってセカンドカー割引額は違うの?

セカンドカー割引というのは2台目以降の車で新しく保険に加入する時に普通に新規で保険加入するのと比べて割引率がかなり大きい等級が適用されるという制度です。
一般的に1台目として契約した車の等級が11等級以上になっているなら、2台目を7等級から開始させる事が可能になる仕組みになっています。

1台目の自動車が他の保険会社の保険に加入されている!というような場合でも、車を所有している人と契約している人が同一人物であればセカンドカー割引を適用する事が出来ます。
さらに2台目を契約している人が同居している親族の場合でも、セカンドカー割引を利用する事が可能な所もあるのです。
2台目の自動車を買う、もしくは買う事を考えている場合なら1度保険会社に問い合わせてみるようにして下さい。

それぞれの保険会社によって割引率も異なりますので見積りを行なう事を忘れないようにしましょう。
近年では都会近辺でも自動車を2台分の駐車するスペースが有る住宅も増加しています。
かなりの大都市を除くと車は1人1台持つのが常識になっているような地域も多いです。
こうなってくると自動車保険料も大変大きな金額になってくると考えられ、そこで是非利用しておきたいのがセカンドカー割引という訳なのです。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ