エコカー割引がある自動車保険

エコカー割引とは

エコカー減税というのは平成21年の税制改革から非常に注目されているものなのです。

エコカー減税は今年初めて盛込まれた税制ではなくて平成18年度からグリーン税制と言って実施されてきたものの事を知っていますか?

エコカー割引というのは自動車保険の割引特典の1つと言って良いでしょう。

自動車保険の割引といえばエアバッグ割引、ABS割引、新車割引などの他にも事故を起こさない安全運転の契約者に対して、等級が上がるほどの高い率で割引されたりというものが考えられますがエコカー割引もその内の1つと言えるでしょう。

低公害車や低燃費車、低排出ガス車などといった、いわゆるエコカーと言われる車には自動車保険料が割引される事となるのです。

これは一体どうしてかと言いますとエコカーは大気汚染などでの地球温暖化の原因と言われる二酸化炭素や窒素酸化物などといった排出量が一般的な車と比べると格段に少ないので地球環境保全に貢献しているとみなされるからといえるでしょう。

最近ではエコカーが非常に増加してきているので、そういった自動車を選ぶ事で自動車保険の保険料も抑える事が可能という訳なのです。

現在ではエコカー割引は、ほとんどの保険会社で行われているので自動車保険を申し込む場合はエコカー割引についてもしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

 

自動車保険のエコカー割引とは

エコカー減税の対象となる税金には様々あると考えられます。

平成21年から実施されているエコカー減税の特徴としては平成18年度から実施されていたエコカー減税と比べると減税対象となる税金には少し違いがあるのと適用される期間が長くなっているというところでしょうか。

自動車保険のエコカー割引というのはどういうものなのか考えてみましょう。

自動車保険にはエアバッグ割引、新車割引などといったように様々な割引があるものです。

さらに、優良運転者に対し、等級制度によって割引がされるようになっているものなのですエコカー割引も、その中の1つという位置付けになるでしょうか。

最近ではエコカーを購入する方もとても増えてきているので、ほとんどの保険会社でエコカー割引がつけられている傾向にあるのでエコカーに乗っている方ならば、この割引をつけてもらうのがオススメですよ。

エコカーには低公害車や低燃費車や低排出ガス車などが挙げられます。

これらのエコカーなら二酸化炭素などといった排出量が少なくなるので環境に優しいという事になり、割引されるという事になるのです。

保険料が安くなるという点では財布にも優しい割引と言っても良いでしょう。

しかし、最近はエコカーが増えすぎてしまっている事からもエコカー割引をなくしていっている保険会社も増加している傾向にあるそうです。
そのため、保険を契約する際は事前によく調べてから契約を行いましょう。

 

エコカー割引の廃止について

エコカー減税の減税率というのは新らしく購入する車か自分が所持している車の環境性能がどれ程のレベルなのか?
という事で大きな違いがあって、レベルが高ければ高いほどに減税率も高くなっていくと言われています。

次世代自動車と言われている車は、そうした部分でエコカー減税の恩恵を受ける事ができると思って良いでしょう。

エコカー割引の廃止について説明したいと思います。

エコカー割引といえば自動車保険の割引の1つとして導入されたり、有料道路の割引の1つとして導入されていたりと幅広く耳にするようになったと思います。

しかし、最近は特別に扱うほどエコカーの希少性もなくなってきているといえるでしょうか。

環境問題への取組みが強く叫ばれるようになってからハイブリッドカーなどとういった本格的な車種でなかったとしても一般的な車種でもエコを考えた作りになってたりすれば最近では、ほぼすべての車種が何らかのエコ仕様がなされているという事も多いと言われています。

このような背景からもエコカー割引廃止の方向に進んでいると考えられるという訳なのです。

例えば自動車保険のエコカー割引も各保険会社で廃止の方向とされているそうです。

確かに多くの車がエコカーになってしまうと、この割引も意味がなくなってしまうので当然の事だとは思われます。

ただし、現状ではまだまだエコカー割引を実施している所も多いのでエコカーに乗っている方なら、是非エコカー割引を利用するようにしましょう。

 

 

エコカー減税の対象車種

エコカー減税の対象車種の1つであるハイブリッド車について詳しく説明します。

ハイブリッド車というのは異なる複数の動力源を持っている車の事で環境負荷が非常に低いのでエコカーの代表的な車として扱われているのです。

ハイブリッド車の中でとくに知られている有名な車種はトヨタのプリウスでしょうか。

1997年に発売されてからというもの、ハイブリッド車の先駆けとして注目を集め続けており、プリウスを契機に一般に普及するようになったのです。

低燃費で環境に非常に優しい事からもハイブリッド車はエコカー減税の対象車種になっており、減税率も非常に高いので最近では、そうした理由によってハイブリッド車に変えようとする人も増加していると言われているのです。

また、今まではハイブリッド車と聞くと値段が非常に高いというイメージがあったものですが、最近ではわりと抑えられてきています。

そのため、比較的手に入れやすくなっていると言っても良いでしょう。

ちなみに、ハイブリッド車というのは発電と駆動の方法により、シリーズ方式、パラレル方式、スプリット方式の3つの方式に分かれているのが特徴です。

減税効果の高い車種として1番に挙げられるのがこのハイブリッドカーなのです。

その中でも最も減税効果が高いのは100%減税されるし、補助金まで出るという事でしょうか。

プリウスのほかに減税効果の高い車種を具体的にトヨタで挙げるとするならばエスティマハイブリッド、クラウンハイブリッド、ハリアーハイブリッドなどでしょうか。

 

エコカー減税

エコカー減税というのは正式言うと環境対応車普及促進税制と言われます。

減少した自動車需要を掘り起こすため、業界が政府に強力に働きかけて導入されたエコというのは取ってつけたような内容の税制度と言えるでしょうか。

ハイブリッド車や電気自動車、燃費の良い小型車などが普及すると二酸化炭素が非常に減少して、地球温暖化に対する防御となる事が題目となっていますが実際には減税する事によって自動車の販売促進に繋がって景気に対する刺激となるというような生臭い部分が政府側も積極的に応じさせたものであると考えられるような気がします。

今までも話題となったエコカーの購入補助金制度があったがそれとは別として期間を設け、環境対応車を購入する人に対する優遇税制を指しているようです。

減税対象はそれぞれの低公害と低燃費の程度に応じてレベルも違って非ハイブリッド車の場合では低公害、05年排ガス基準よりも75%以上低減し、低燃費、10年度燃費基準よりもプラス25%以上を達成であれば75%減税で低公害、05年排ガス基準よりも75%以上低減となり低燃費、10年度燃費基準よりかプラス15%以上を達成の場合は50%の減税対象となっているそうです。

また、新車の購入ではなくて中古車の購入の場合でもエコカーの場合であれば減税対象となって2年分の重量税が新車と同等の基準となり50%から100%も減税されるという訳なのです。

 

エコカーとはそもそもなに?

エコカーとはそもそも何なのか?

マスコミやディーラーの営業マンまで最近では誰もが口にするものです。

ここでエコカーとは一体何なのか紹介したいと思います。

エコカーというのは、そもそもエコロジーとカーを組み合わせた造語になります。

もちろん、カーの意味は自動車にあたります。

エコロジーとは生態系という意味に訳されるのです。

直訳すれば生態系の自動車となりますが、これでは良くわからないですよね?

込められている意味としては生態系に優しい自動車という事になるのです。

生態系というのは特定の地域で生きる生物と環境を含めている総合的なシステムの事となります。

全ての生物と環境となるので人間だけの都合を考えてはいけないという事です。

経済効率だけを考えて有害な廃液を流している、人間の都合で森林を破壊していく、こうした行為は生態系によくない行為と言えますよね。

それではエコカー、つまり生態系に優しい車とは具体的に説明すると窒素酸化物や二酸化炭素などといった大気汚染物質をあまり出す事がない、燃費が非常に良くなる、ガソリンの消費量が少ないなどといった条件を満たした車という事になるのです。

プリウスやインサイトといったハイブリット車や各社が開発を進めている電気自動車やメタノール車や水素自動車などが、いわゆるエコカーになるのです。

 

エコカー割引は縮小傾向

エコカーというのは「エコロジカルカー」の略で低公害車となります。

排気ガスが出ない、極端に少なくなる事や電気自動車、メタノール自動車、天然ガス自動車やハイブリッドカーなどがそうです。

エコカーの開発には各自動車メーカーが非常に力を入れていて、この数年でかなりの技術進歩と普及台数を実現していってるのです。

消費者からの人気も非常に高くてモーターショーが開催されると目玉車種の1つとして注目を集めるものなのです。

排気ガスによる大気汚染が問題となっている現在、社会的な意味で考えてもエコカーの導入が奨励されているのです。

しかし、エコカーが登場した直後は最新技術を詰め込まれていた事もあってか、非常に高額なもので一般に普及するには時間がかかるという見解がされていたのです。

こうした状況を背景としてエコカーの普及に保険会社も一役買おうという事によって導入されたのがエコカー割引という訳なのです。

これは、その名前の通りでエコカーのドライバーに対し、保険料を数%割引にするというもの事です。

一部の保険会社を除いて各社ともに社会貢献という意味も含め、積極的にエコカー割引を取り入れてきたのです。

しかし、この数年の間に自動車メーカー各社の技術はどんどんと進歩を遂げており、ハイブリッドエンジンを搭載した車などは日本でもよく見られるようになってきたのです。

標準仕様でエコカーと言われる車も少なくない状況になってきているのです。

 

ディーゼル自動車の規制

ガソリン自動車や電気自動車やハイブリッド車の場合は平成17年排出ガス基準を基準値としてディーゼル自動車やトラックやバスなどの中量車や軽量車の場合は平成21年排出ガス規制といったように別の基準を適用するものとなっているのです。

また、大型トラックなどといった重量ディーゼル車ではガソリン自動車と同じ基準をとるそうです。

ディーゼル自動車ではガソリン自動車と比べると粒子状物質と窒素酸化物の排出量が多くて二酸化炭素の排出量は少ないのが特徴と言えるでしょうか。

ディーゼル自動車から排出された粒子状物質や窒素酸化物は、空気中を長時間浮遊してから大気汚染や酸性雨の原因になったり、人の気道や肺胞に沈着し、健康上悪影響をもたらすと言われているものなのです。

ディーゼル自動車の排出ガス規制は1993年に導入されて以来、1997年、2002年、2005年と強化されてきたのです。

2009年の排出ガス規制により、さらにさらに規制が強化された事によってディーゼル自動車の排出ガス規制未導入の1977年より前に比べたら粒子状物質の排出は99%も減り、窒素酸化物の排出も96%も減っているのです。

この結果としてディーゼル自動車の粒子状物質はガソリン自動車と同じ水準で窒素酸化物は2000年水準と同レベルとなって二酸化炭素の排出量の少ないディーゼル車はガソリン車より環境志向の高い自動車という事が言えるという訳なのです。

車メーカーはディーゼル自動車に排出ガス後処理装置を取り付けたり、粒子状物質や窒素酸化物の原因になる硫黄成分が少ない軽油の導入するなどし、規制に準じたクリーンディーゼル自動車の開発、そして普及に努めているという訳なのです。

 

ハイブリットカー

ハイブリッドというのは英語で言うと2つのものを組み合わせるという意味になるようです。

別名ハイブリッド車とも言われており、違った2つ以上の動力源を持っている新しい車の事なのです。

ハイブリッドカーはエコカーの一種とされており、限りある化石燃料の石油を大事に使う事ができるし、地球温暖化の原因になっている二酸化炭素の排出を減らす事ができるように開発されたのです。

今の自動車業界ではガソリンで動くエンジンと電気で動くモーターという2つを搭載しれいる化石燃料+電気を燃料としたハイブリッドカーが主流と言われています。

二酸化炭素を排出するエンジンと二酸化炭素を排出しないモーターを交互に使い分け、車を走らせる事によってエンジンのみを動力源とした自動車と比較すると消費するガソリンの量も非常に少ななって二酸化炭素の排出量を大幅に減らす事ができるようになったのです。

また、動力源を電気のみに絞った電気自動車がエネルギーの電気補給を、専用の充電スタンドのような設備でないと行えないのに対してハイブリッドカーは全国各地にあるガソリンスタンドで今までと同じように燃料補給を行う事が可能なのです。

今までの施設をそのまま使用する事ができてガソリンの消費量と二酸化炭素の排出量と排気ガスの排出量を大幅に抑える事に成功したハイブリッドカーは世界から高い注目を浴びているものとなったのです。

ハイブリッドカーは発電と駆動の仕組みにより、シリーズ方式、パラレル方式、スプリット方式といった3つの方式分ける事ができるそうです。

 

エコカー補助金って?

エコカー補助金について調べてみましたので、興味のある方は参考にしてください。

エコカー購入促進活動の一環として2009年からエコカー減税と平行し、エコカー購入補助金の支給を開始したと言われています。

エコカー購入補助金を受けるためには条件が2種類あると言われているので紹介したいと思います。

まず、1つ目は新車登録から13年以上経過している車を廃車にし、平成22年度の燃費基準達成車へ買い替えるという事が考えられます。

この場合は普通車では25万円で軽自動車なら12万5000円という購入補助金を受ける事が可能となっているのです。

そしてもう1つは13年未満の車を廃車にし、エコカーを購入する場合か13年以上経過しているけれど下取りを受けエコカーを購入する場合でしょうか。

平成17年の排出ガス基準、75%低減、平成22年度燃費基準と15%以上の車へ買い換える事が考えられます。

この場合は普通車で10万円で軽自動車の場合なら5万円の購入補助金を受ける事が可能と言われているのです。

エコカー購入補助金というのは2010年3月までの期間限定での措置となっていますがエコカー減税とエコカー購入補助金を組み合わせる事によってエコカーをさらに得に購入する事が可能となっているのです。

エコカー購入補助金により、新車のエコカーへの需要が高まると地球温暖化対策の推進と同時に自動車産業を活性化するという効果も期待できるという訳なのです。

 

エコカーの駐車場割引

エコカーの駐車場割引について調べてみましたので、興味のある方は参考にしてください。

エコカーは車から排出されている二酸化炭素や有害物質などの量を低減した地球に優しい自動車となっています。

このように地球に優しいエコカーの普及を進めるために政府や車のメーカーなどが一丸となり、様々な対策を打ち出しているという訳なのです。

駐車場管理会社でもエコカー普及の活動や環境への取り組みとして、期間限定としてエコカー割引契約を実施している所も多くがあるという訳なのです。

駐車場で割引の対象となっているエコカーには電気自動車やハイブリッド車、燃料電池自動車や天然ガス自動車、プラグインハイブリッド自動車やクリーンディーゼル自動車などで駐車場により排出ガス基準や燃費基準なども細かく決められているものとなっているのです。

駐車場契約を行う自動車が割引の対象のエコカーに当てはまる場合であれば駐車場の月額料金から一定額の割引を受ける事が可能だという訳なのです。

エコカーを所持している、または購入を考えている、その車について駐車場契約をしようと考えている方の場合はエコカー割引を実施している駐車場を調べてみるのが良いかと思われます。

駐車場契約をしていない車や時間駐車の車に対しては有人の大型駐車場などによってエコカー割引を実施している所ならあるのですが、コインパーキングといった無人の駐車場の場合はエコカー割引を実施している所はまだまだ少ないとされているのです。

 

エコドライブって?

最近、とても注目されているハイブリッドカーなどの燃費が良い自動車に乗るのはガソリン代節約に繋がる事になるので車の買い替えを考えている方の場合は検討してみてはいかがでしょうか?

しかし、そうそうに車を買い換えるのは簡単な事ではないと誰もが思うでしょう。

そこで、特別な機器を使う訳でもなくて普段通りに車に乗っているのに少しのドライブテクニックだけで燃費が上がる方法があるのです。

これは実践しない手はないと思われます。

この運転方法が、いわゆるエコドライブという訳なのです。

そもそもエコドライブという言葉を知っているでょうか??

言葉だけのイメージから創造するとハイブリッド車に乗ったり停車時のアイドリングストップをする事などを連想する方も多いと思われます。

もちろん、これらも立派なエコドライブの1つと言えますが、もっと簡単に誰にでも実践できる方法があるというのです。

それは走行時や停車する際に少しのテクニックとコツさえ掴めば毎回実践できる運転方法と言えるでしょう。

実際にはどうしたら燃費が向上する運転ができるのかというと押さえるポイントとしてスタート時、走行中、停車時の3つとなります。

基本的にガソリンが噴射されるのはアクセルを踏み込んだ時だけとなります。

したがって、踏み込むタイミングと加減に気を付けてやればいいと言う事になります。

 

エコドライブのポイント

エンジン始動時は最もガソリンの消費量が多くなると言われているが実はアイドリング5秒間によって消費するガソリン量に相当する程だとされているそうです。

つまり、信号などで5秒以上停車する場合ならエンジンを切った方がガソリンを節約できるという事になるのです。

とは言ってもバッテリーにかかる負担も考えられて、乗り心地にも響いてくる事も考えられるので一概には言えないものなのですこまめなアイドリングストップを心がけるようにしてみてはいかがでしょうか?

エコドライブは二酸化炭素削減によって環境に優しいという大きなメリットがあるものですが同時に燃費も向上してしまうものなのです。

車種や道路状況や運転の仕方により、様々違いが出てきますがエコドライブするのとしないのでは、およそ1.5倍ほどの燃費がのびるというデータも実際にあるそうです。

・発進時

ブレーキペダルから足を離したなら一呼吸おいてからゆっくりアクセルを踏みましょう。
オートマチック車の場合、ブレーキから足を離せば自然と前に進む事になるので進み始めてからゆっくりとアクセルを踏んで緩やかな加速を心がけましょう。

・走行時

走行時は出来る限り一定速度で走行するようにして無駄なアクセルワークはしないように注意しましょう。
アクセルは同じ力加減でゆるく踏みっぱなしにして下り坂ではアクセルから足を離すようにしましょう。

・停車時

車の流れや信号の状態などを把握しながら先を見て運転する事によって停車のタイミングを予測して早めにアクセルから足を離して走りながら速度が下がった状態でブレーキングを心がけると良いでしょう。

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ