アクサダイレクトの車両保険

 

基本的に車を利用する目的や利用頻度は人それぞれ違うものです。

従来の自動車保険は、利用状況が違っても保険料は同じということが多かったのですが、アクサダイレクトではライフスタイルや車の使用目的に合わせて保険料を細分化しています。

そのため車の使用状況によっては、他社で契約するよりも大幅に保険料が下がる可能性があるため、一度一括見積もりサイトで比較検討してみたいところです。

自動車保険一括見積もり会社>>

 

アクサダイレクトで契約すると、保険料が大幅に下がる可能性がある人は、

「ゴールド免許」・・・補償対象となる車を主に運転する人の免許で保険料が異なります。

「サンデードライバー」・・・通勤目的ではなく、レジャー目的の人。目的によって保険料が異なります。

「走行距離が少ない人」・・・特に年間走行距離が5000km以下の人は、大幅に保険料が下がる可能性あり。距離の区分けとしては、「5000km未満」「10000km未満」「10000km以上」の3つにわかれます。

その他にも、「住んでいる地域」「年齢」「用途」「車種」「型式」「車の車齢」「ノンフリート等級」などによって、保険料が大きく異なるため一度他社と比較したいところです。

一括見積もりが簡単です。

ただし、状況によっては他社よりも高くなる場合もあります。

インターネットで申し込むと最大10000円の割引もあるので、インターネットでの申し込みが基本です。

 

アクサダイレクトのインターネット割引金額

年間保険料を一括払いの場合
年間保険料 割引金額
120000円以上 10000円割引
100000円~199999円 8500円割引
80000円~99999円 6500円割引
70000円~79999円 5500円割引
50000円~69999円 4500円割引
30000円~49999円 3500円割引
30000円未満 2500円割引

 

分割払いの合計年間保険料
年間保険料 割引金額
126000円以上 10000円割引
105000円~125999円 8500円割引
84000円~104999円 6500円割引
73560円~83999円 5500円割引
52560円~73599円 4500円割引
31560円~52599円 3500円割引
31560円未満 2500円割引

※電話での申し込みは割引対象外

※2年目以降の継続申し込みであってもインターネット継続割引は適用されます。

 

 

アクサダイレクト車両保険の等級

アクサダイレクトの車両保険では、補償内容の幅によって「フルカバータイプ」と「スタンダードタイプ」の2種類から選ぶことができます。

一般車両(フルカバータイプ)が最も補償される範囲が広く接触事故や当て逃げなどもカバーしています。

車対車+A(スタンダードタイプ)では、天災や相手方がわかっている事故の場合などに限定して補償されるためフルカバータイプに比べ、割安な保険料となります。

 

もう少し詳しく解説すると、

「フルカバータイプ」・・・天災・盗難・台風・洪水などの自然災害、事故の相手方がわかっている、わかっていないにかかわらない衝突事故・衝突事故。事故の相手方が存在しない単独事故。当て逃げやいたずらなどもカバーしています。カバーしている範囲が広いため、保険料も割高になります。

「スタンダードタイプ」・・・フルカバータイプに比べて補償範囲は限定されます。事故の相手が確認できない場合や事故の相手が確認できない場合や事故の相手が存在しない単独事故の場合などは補償されません。

実際に、どちらのタイプの車両保険を選ぶか迷うところですが、月々の払える保険料の予算と、現在の車種や年式、次回のクルマの買い替え時はいつにする予定か?などによって最適な補償範囲は違います。

 

アクサダイレクトでは、他社から保険を乗り換えた場合は、等級を引き継ぐことができます。

アクサダイレクトでは、契約自動車ごとの事故発生状況に応じて、1等級~20等級までの等級区分により、割引・割増率が異なるノンフリート等級別料金制度を採用しています。

 

 

 

 アクサダイレクト車両保険の金額

アクサダイレクトは、アクサダイレクトの保険会社と直接契約するため、一般的な自動車保険の契約とは異なり、担当者や保険代理店といった中間にいる人が存在しません。

代理店や担当者制がないため、相性が合わない担当に当たるといったデメリットはなくなりますが、信用できて相談もしっかりできる担当者と会うこともなくなるというデメリットが逆にあるため、自分で契約の判断もしなければなりません。

担当者、代理店が存在しないぶん、他社に比べて保険料が安い傾向にあります。

 

代理店や担当者が存在しないと、事故の時、対応してくれるか心配だという人も多いのですが、アクサダイレクトの特徴として、1件の事故に対して専任のチームがついてもらえます。

事故を起こした時にアクサダイレクトに直接電話して連絡すれば、損害額や損害物の調査や保険金の支払いに必要な書類の作成、示談交渉などの対応は専任の人がやってくれますよ。

事故の被害に遭ったときも、専任チームが動いてくれるみたいなので心強いですね。

 

 

 

 アクサダイレクト自動車保険の免責

アクサダイレクトで車両保険の契約の際、免責の割合をどうするのか?

についてですが、自己負担はしたくない。でもなるだけ保険料は抑えたいという人は、

 「車対車免ゼロ特約」という特約をセットしておけば、免責をゼロにすることが可能です。

 

車対車免ゼロ特約というのは、事故の相手方がわかる車対車の事故に限りますが、免責金額をゼロにすることができます。

要するに自己負担金がゼロということです。

ただ注意していただきたいのは、単独事故のような相手方が存在しない事故。当て逃げのような相手が不明・確認できない事故に関しては免責がゼロにならないので注意が必要です。

 

 

アクサダイレクトの車両保険 盗難について

アクサダイレクトの車両保険には、一般車両保険(フルカバータイプ)と車対車+A(スタンダードタイプ)の2種類があるのですが、フルカバータイプの場合は、盗難であっても保険金は支払われます。スタンダードタイプの場合も、盗難は車の走行に起伏しない事故であるため保険金は支払われます。

 

 

アクサダイレクト車両保険の見積もり

アクサダイレクトは、ゼッタイにインターネットからの申し込みがお得です。

まずは、一括見積もりで他社との保険料の違いを確認してみてから、契約するかどうか決めるのが最善な方法です。

 

 

関連ページ

 ダイレクト型自動車保険について

 通販型の自動車保険は安い代わりに事故対応が悪いって本当?

国内と外資系保険会社の違いについて

 アクサダイレクトの任意保険

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ