【まとめ】各サイトの自動車保険ランキングをまとめてみました!!

自動車保険の満足度ランキング

自動車保険の満足度ランキングをまとめてみました。
ここでは上位だった2つを紹介しますので、興味がある人は参考にして下さい。

自動車保険のランキングサイトなどでも1位になる事が多いのがSBI損保でしょう。
この保険会社は実に9割以上もの人達が実際に加入したら保険料が安くなった!と言っているデータがあるのです。
車種なども少しは関係してくるので一概には言えませんが、SBI損保が最も安くなると思います。
そもそも通販型自動車保険とは安いものですが、中でも郡を抜いて安いのです。

公式サイトホでも「安さ」を前面的にウリとしており、
さらに安くあってもロードサービスなどといったサポート体制もしっかりとしている部分もアピールされています。
いくら安いからといって初期の設定がない!という訳でもないので安心してください。

この次に人気となっているのがセゾン自動車火災保険という自動車保険で、
これは40代や50代という年代の方達は保険料がかなり安くなるシステムとなっており、沢山の大人の方達から支持を集めています。

ネットから申し込みを行なうと最大で1万円の割引サービスが受けられます。
補償内容については無条件にセットされるものが多くて、それで安さも評判なのでオススメです。

 

自動車保険の事故対応満足度ランキング

自動車保険というのは万が一事故を引き起こしてしまった時に初めて役立ち、どれだけ頼りになるのか?という点が最も重要となります。
どれだけ保険料が安かったとしてもロードサービスなどといったサービスが付いていたとしても万が一の事故の際、安心して任せる事が出来ないようなら意味もありません。

事故の対応を決める事になるのはスピーディーな対応と適切な解決と言えます、
そのため、しっかり対応をとってくれる保険会社を選ぶのが良いです。

事故対応で満足度が高いのは三井ダイレクト損害保険でしょうか。
ここは平日の場合は19時まで対応しており、24時間年中無休でいつでもどこからでも受付をしてもらう事が出来ます。

もしも事故を起こしてしまった場合には1事故につきスタッフが1人専任制なのでサポートしてくれて、
事故の後に安心して任せる事が可能な体制に非常に人気が集まっています。
保険対応外の事故の場合でも専任のスタッフがアドバイスをくれます。
ロードサービスなどといった付帯サービスのレベルとしては一般的なものです。
しかし、保険料は非常に安い部類と言えますので、その辺りも人気の高い理由となっているでしょう。
他にはソニー損保も通販型自動車保険の満足度ランキングで1位を取った実績を持っているのでオススメです。

 

 

自動車保険の口コミランキング

ここでは自動車保険の口コミランキングで、頻繁に上位に挙げられる保険会社を紹介したいと思います。

まずソニー損保ですが、ここはコマーシャルなどでも馴染みはあり、走行距離に対してのみ保険料を払うだけの自動車保険となっています。
1万千キロ以下の人の場合は20%で、3千km以下の場合だと29%も保険料を安くする事が出来るのです。

保険料を払い過ぎた場合は、次の年の保険料から割引を受ける事が出来る制度もあります。
ゴールド免許の割引や新車割、さらには継続割引など各種割引サービスも充実した内容なので、オススメの自動車保険会社です。
保険料もおよそ60%以上が30日以内に払われているので、この辺りも評価に繋がっていると考えられます。
さらにサービス拠点は全国でおよそ8000箇所もあり、指定の修理工場に関しても400箇所ほどありますので、不安も心配もいりません。

次にオススメするのはイーデザイン損保です。
ここは通販型自動車保険と国内型損保を合わせた新しいタイプの保険会社となっています。
ランキングでも上位に食い込んできており、人気も着実に高めています。
イーデザイン損保の最大の魅力は安い保険料にあり、ネットから申込みをすると1万円割引されます。

 

自動車保険の保険料が安い順ランキング

自動車保険には様々ありますので、サイトでよく見られるランキングをまとめてみました。
ここでは保険料の安い自動車保険で上位にランクインしている所を紹介しますので興味がある人は参考にして下さい。

三井ダイレクト損保は保険料が非常に安い!という意見がとても多くて、保険料のランキングなどでも上位に挙がる事が多いです。
三井ダイレクトは通販型自動車保険の中でも無駄を省いいるのが特徴で、補償に関する様々なコストを削減し、サービス提供に力を入れています。
そのため、保険料は最低限に抑えられているという訳なのです。

基本的に走行距離や免許の色などといった事で条件が変わる!という事がありません。
特に日常的に自動車を利用している人達にとっては、非常に安くなると考えられる保険料体系になっています。
さらに保険料が安い割りにロードサービスはもちろん、他のサービス体制も整っています。
この辺りも十分に利用者達を満足させる事が出来る内容と言っても良いでしょう。

支払いの方法に関しても年払と月払で支払う事が出来ます。
月払いにすると家計にかかってくる負担もかなり軽減させる事が出来るでしょう。
割引サービスとしては新車割やエコカー割引、ネット割引などが受けられます。

 

自動車保険の見積もりサイトのランキング

ここでは自動車保険の見積もりサイトのランキングを調べてみました。
興味のある方は参考にしてください。

まず紹介するのがズバット自動車保険ですが、この見積もりサイトは最大で20社以上同時に見積もりを取る事が出来て、
見積もりサイトの中でもトップレベルと言っても良いでしょう。
最大のウリ売りは入力のしやすさで、上場会社なので安心度も非常に高いと言われています。
入力のスピードは平均でおよそ5分と言われており、1画面ずつ移動していく形になっていますので入力完了までが非常に分かりやすいと評版です。
入力のしやすさではかなり支持を集めていると考えられます。

次にインズウェイブを紹介します。自動車保険を一括で見積もりを取る事が出来るサイトの中では最大で22社となっているので1番と言われています。
一括見積もりサイトを利用する場合、出来るだけ沢山の保険会社を同時に見積もりを取れた方が良いと思います。
自動車保険を一括見積もりするなら、このインズウェブが最も沢山比較する事が可能でしょう。
SBIホールディングスが運営している上場会社企業なので安心度も信用度も高いです。
一括見積もりサイトで比べると最も安い企業が分かりますし、今加入している保険と比較してどのぐらい保険料が高いかのかも知る事が出来るのでオススメですよ。

 

20代・30代に人気な自動車保険のランキング

自動車保険のランキングというのはネットの実に沢山のサイトで自動車保険の人気を比べているサイトです。
安さはもちろん、利用者の満足度や事故の際の対応の早さなどといった点など、初めて加入する!という人には非常に参考になるのでオススメです。

その中でもわりと有名なオリコンランキングは利用者がおよそ14000人いて、利用者の顧客満足度をランキング化しているという特徴を持っています。
20代という比較的若い世代の方の場合、金銭的な理由で保険料を出来るだけ安くしたい!
といった意見と初めて加入する事になる自動車保険なので何かあった時に色々相談する事が出来るように担当者を付けてほしい!という意見の2つに分かれる事が多いです。

これら両方とも立てるのは非常に困難な事なのですが、
保険料を出来るだけ安くしたい方の場合はダイレクト型自動車保険をオススメし、色々相談する事が出来るように担当者を付けてほしい方なら代理店型の自動車保険が良いでしょう。

20代・30代の人達から人気の保険会社として挙げられるのはソニー損保やSBI損保、
さらに三井ダイレクトや東京海上日動などでしょうか。
これらの保険会社は、よくランキングなどでもよくオススメされている保険会社となっています。
ネット経由で申込みを行うとで最大で1万円も割引されるサービスもありますのでネットから加入をすると最も得になる自動車保険はイーデザイン損保だと思います。

 

40代が選ぶ自動車保険ランキング

40代の人で特に家族や配偶者、さらには家族用途で車を運転される人は保険会社の比較を行う事を勧めます。
40代にもなってくると子供も大きくなっていると考えられ、家族で旅行をする事などがあれば自動車をよく使用する事になると考えられ、車が必要不可欠な生活スタイルに変わっていくと思います。

40代で運転する場合、例として安全運転でゴールド、そして20等級で算出してみると
割引のある部分はそれぞれの保険会社で異なりますが、セゾンみたいにゆるく補償を設定すれば、保険料をかなり安く出来ケースも十分にあるでしょう。

最低限必要と考えられる補償はかけつながら、自分の運転には絶対に過信しないようにバランスを考え、
補償範囲を広げる、または狭めるなどで割引を積み上げていく事が重要となります。

その際、便利なのが自動車保険を複数一括で見積りを取る事が可能なサービスです。
大体10分程度で簡単に様々な保険プランを比べる事が出来るのです。

40代というのは事故を引き起こす確立がわりと少ない年代と考えられるので、
見直しによっては保険料が大きく下がる場合のある時期と言っても良いでしょう。
子供が自動車を運転する!という人の場合、年齢条件を変える事を忘れないようにして下さい。

 

50代が選ぶ自動車保険ランキング

50代の方は子供も成長してきて子供が運転する場合も十分に考えられる時期と言えます。
そうなってくると運転する人自体も変わってくるので保険のかけ方も見直さなければいけません。

50代の人で自動車を運転、または持っている人、さらに子供も運転する事がある家族にとっては運転者が増加する分、事故を起こす確率も高まってしまうので保険料は高くなってしまう傾向にあります。

等級の高い人に合わせる事となりますので基本的に、年齢が1番高い父親に合わせて保険料を計算するのがポイントとなります。
ゴールド免許で等級が高い場合は、その分保険料が割引きされる率も高くなるので、
この辺りはしっかりと比べて計算する事をオススメします。
父親の運転というものは安心出来て子供の運転には、まだ怖いものがあり安心出来るとは言えませんので、単純に安い保険会社に決めるのでなくて万が一のロードサービスなどといった能力が高い所を選択に加える事も検討していきましょう。

50代は事故のリスクは低いですが、51歳からはまた事故のリスクは上がってしまう事を覚えて置いてください。
等級が上がる事で、保険料も安くなりますので事故を起こさないように安全運転を心がけて下さい。
また、もう運転しなくなったという場合では、10年間保険を中断する事も可能なので上手く利用するのがコツです。

セゾン自動車火災は50代の方達にオススメな保険会社として、ネットの口コミサイトやランキングサイトなどで挙げられる事が多いです。

 

60歳以上が選ぶ自動車保険ランキング

自動車保険は51才以上の年齢区分があり、さらにその上に60才以上や70才以上のシニア区分が存在します。
大手の保険会社を中心として進行している年齢条件の細分化で実質、保険料が増加するのは
60才以上や70才以上のシニアの方で51才以上の年齢区分までは改定での保険料が上がる影響は受けないのです。

車両保険をしっかりすると、その分保険料が上がりますが、
年齢区分の保険料の平均としては40代の方の保険料の平均とほとんど同じだと言われています。
シニア区分によって保険料が最も高くなってしまうのは70才以上となっています。

60代以上の高齢者の場合は一般的に代理店タイプの自動車保険に加入されているケースが多いです。
中には代理店タイプの保険会社の担当者と付き合いが何十年にもなっている方も多いと思います。
40代や50代の頃と比べると事故を起こす確立が高いと言われており、通販型に変えても思っていたほど安くならなかった人も多くいます。
実際に60歳以上の人達に人気の保険を自動車保険ランキングで見てみると損保ジャパンや東京海上日動、さらには三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保などが上位となっています。

 

 自動車保険のサービスランキング

ここでは自動車保険のサービスランキングについて調べてみました。

よく上位に挙がるのはソニー損保で、ここの保険の保険料は走る分だけという特徴を持っています。
1年間で走った走行距離によって保険料が算出される仕組みになっています。

保険期間中は走った分の距離が契約距離区分の上限を1000キロ以上、下回るなら、
差額保険料の額を次の年の継続契約の保険料から割引いてくれる「くりこし割引」という制度も持っています。があります。
アドバンスクリエイトはソニー損保の代理店として保険契約締結の媒介をしています。
締結代理権、または告知受領権は有しておらず、乗合代理店として様々な自動車保険を扱っているのが特徴です。

これも、よく上位に挙げられる事が多いのですがSBI損保も人気が高いです。
オリコンランキングで満足度部門で、何と5年間連続で1位を獲得した実績も持っているのです。
最大で6000円の割引サービスもあり、これは新規、継続に関わらずネットで手続きを行う事が条件となります。
そして走行距離がどれだけ長くても保険料に違いは出ずに特に1年間での走行距離が1万キロ以上という人にはお勧めします。

また、アメリカンホームダイレクトもよくランキングで上位に挙がります。
この保険は年齢はもちろん、性別や住んでいる地域、車の使用目的、免許の色などによって保険料が計算されます。
事故の対応に関しては専任の担当者が事故が解決するまで間を徹底的にサポートしてくれるので安心です。

 

通販型自動車保険ランキング

通販型タイプの自動車保険は今まではほとんど専業制となっていましたが、最近の規制などによって営業が許可されたと言われています。
最近では運転者が自動車保険を選ぶ時の選択肢の1つとして定着してきている傾向にあります。

代理店を持つ自動車保険の商品と比較すると保険料が安くて、割引サービスなども多いのが特徴でしょう。
特約も1つずつ選択して好きなように契約を行えるので自分自身の生活スタイルに合った補償を組み立てる事が出来ると沢山の方達から評判となっています。

自動車を使う条件、走行距離で保険料が設定されているので無駄にもならないです。
代理店を持っていないので本社集中して事務処理などといった業務を行う事になっているので保険料も安いのが最大の特徴となっているのです。

気になる点として挙げられるのが事故対応に関してだが、コールセンターに連絡を入れれば短い時間で担当者を決めてくれてスピーディーに相手とコンタクトを取ってくれる事となります。
最近ではほとんどの自動車保険で事故担当者も専任制となっている傾向にあります。
交渉の状況などといった事もサイトでしっかりと確認する事が可能となっているので安心して利用する事が出来ます。

通販型自動車保険ランキングを見ていると頻繁に挙げられている保険会社はイーデザイン損保と言えます。
大手の東京海上グループが販売している新たな保険会社のイーデザイン損保は、満足のいく自動車保険の見直しを提案しています。
難しい事や時間がかかる点、さらには入力項目が多い!などと悩まされていた人達にはオススメで、1つの画面を入力していくだけで簡単に保険料を算出する事が出来ます。

 

代理店型自動車保険ランキング

そもそも保険料というのは純保険料、そして付加保険料の2つに分けられているもので類されます。
純保険料は保険料の支払いに当てはまるもので保険に加入している人全てが出した保険料が保険金となり、必要としている人に振り分けられる形になっています。

そして付加保険料は保険会社が会社を運営していくために必要な社費や利益などです。
これが、それぞれの会社によって違う点も保険料に差が現れる1つの要因になっています。
付加保険料は利益や社費の他に代理店への手数料も含まれています。
代理店への手数料というのは通販型には一切なくて、代理店型だけにあるものであり、これで保険料も大きく異なってくるのです。

金額だけで見ていると代理店型はやや不利と言えますが、その分相応のサービスを期待する事が可能となっています。
仮に顧客と親身になって接する代理店の保険会社の場合、状況の変化に応じたプランを考えてくれます。
さらに生命保険や他の保険商品も勘案した総合的なサポートにも多いに期待する事が可能となっているのです。

代理店型の保険の中で頻繁にランキングで挙げられる保険会社にAIU保険があります。
この保険会社は特約が豊富なのが特徴で、荷台からはみ出した積載物と接触に関しても補償してくれる特約も存在します。

 

 価格.comの自動車保険ランキング

「価格.com」とは様々な商品の価格情報や口コミなどといった事を提供している購買支援のサイトの事です。
自動車保険の満足度に関しても調査しており、結果ではイーデザイン損保が満足度ランキングで1位となりました。

自動車保険というものは実際、入ってみないと特徴など分かりにくいものなので「価格.com」では自動車保険会社についての満足度アンケートの結果をランキング化させています。
そして消費者が自動車保険会社を選択する時の情報として提供しているという訳なのです。

この調査で総合1位を取ったイーデザイン損保はオリコンランキングや楽天などの自動車保険を
対象とした他のランキングでも1位を獲得している実績を持っています。

事業を開始して5年目に入ったイーデザイン損保は高い支持を集めているのです。
やはり、大手である東京海上グループのブランド力、そして顧客のニーズに合うサービスによって利用者達から支持を集めている事が伺えます。
ちなみに、この満足度調査は過去6ヶ月以内に「価格.com」を利用した人の中で今自動車保険に入っている、または事故の際に保険会社に連絡した経験がある方を対象として調査を実施した、およそ2800人からの回答を得た結果です。

 

オリコンの自動車保険ランキング

ソニー損保というのはオリコンの自動車保険ランキングで3回も総合で1位に輝いている実績を持っています。
最近では通販型タイプの自動車保険というだけでなく、自動車保険を全体的に見ても知名度はもちろん、満足度が高くなってきています。

ソニー損保が契約者に対してアンケート調査した結果、実に96%もの人がソニー損保に満足したと答えました。
ソニー損保は非常に充実しているロードサービスと通販型ならではと言える安い保険料が特徴で最大の魅力です。
ロードサービスは数ある自動車保険の中で1位、2位を争うぐらいに充実していると言っても良いでしょう。

また、三井ダイレクトもオリコンランキングで高い評価を得ており、通販型自動車保険ならではと言える安さ、対応に関する満足度や事故対応など、通販型自動車保険の中でも割と人気が高いです。
ロードサービスに関してはソニー損保、チューリッヒなどと比較すると少し劣るかもしれませんが、充実している方だと言えます。

三井ダイレクトは全国でおよそ3000箇所のサービス拠点を持っており、さらにおよそ1100箇所の指定修理工場も持っています。
そして24時間、年中無休で事故はもちろん、何らかのトラブルがあった際は無料でロードサービスを受ける事が可能となっているのです。

 

楽天の自動車保険ランキング

日本で最大級とも言われている通販サイトを運営している楽天は2013年に自動車保険の利用者達の満足度を調査しました。
その結果、イーデザイン損保が総合ランキングで1位を取りました。
イーデザイン損保はこの調査の中で、加入の際の手続きや利便性などといったネットでのサービス提供が非常に高く評価された結果となったのです。

イーデザイン損保の他で楽天の自動車保険ランキングでよく挙げられるのはSBI損保ではないでしょうか?

SBI損保の自動車保険はオリコンの自動車保険ランキングで保険料の部門で5年も連続で1位に選ばれた実績を持っています。
事故受付は24時間で年中無休行っており、利用者達からの事故の連絡には随時備えているのです。
仮に大事な休みの日に事故を引き起こしてしまった場合でも、SBI損保なら安心する事が出来るでしょう。

事故受付を行っているセンターには当然プロのスタッフ達が在中しており、いつでも的確なアドバイスを行える体制を整えてくれているのです。

知らない土地で事故、または故障に遭った時でも携帯電話のGPS機能を利用して正確な位置情報を特定する事が出来ます。
それによって現場に到着する時間を短縮させる事ができ、スピーディーな活動を提供する事が出来るのです。
自動車をレッカー移動させたり、緊急な対応が必要な時は全国でおよそ9600箇所以上あるロードサービス拠点からすぐに駆け付けてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ