【自動車保険】あいおいニッセイ同和損保の評判は!?

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険の良い評判と悪い評判

あいおいニッセイ同和損保は「旧あいおい」と「ニッセイ同和」が合併して誕生した保険会社であり、大手損保会社に並ぶ保険会社となっています。
三井住友グループとも経営を統合していて互いの弱点、または地域などをサポ-トし合う事によって全国的に展開をしています。

あいおいニッセイ同和損保の保険は個人向けの自動車保険であるタフ、そして家庭向けの自動車保険であるタフシンプルの2つあります。
これらは両方共、補償内容にはそこまで差はないですが、大きな違いとしてリスク細分型である個人向けとリスク細分ではなく、家族構成に左右されない特徴のある家庭向けという点でしょう。
他の保険会社の中にはゴールド免許の割引があったり、家族全員がゴールド免許の場合は割引率がさらに上がるなどの割引があるものです。
その点を考えると、あいおい同和損保は少し不自由と言いましょうか、利用しにくいように感じてしまう人も多いと思います。

あいおい同和損保を利用した方の評判を下記にて紹介したいと思います。

「小さい事故を引き起こしてしまった時、等級と保険料と修理費を元にして
保険で払ってしまった方が良いのか、自腹で払った方が良いのかが分からなかったのですが親身になって相談に乗ってくれもらえたので満足しています。」

「少し悪い意見になりますが事故の処理が非常にあっさりしていると感じた事があります。
言い方を変えれば冷静に判断されているのかもしれないが、何だか事務的なイメージを持ってしまいました。」

 

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険の特徴って?

あいおいニッセイ同和損保というのはあいおい損保とニッセイ同和損保が合併して出来た保険会社で現在どんどん拡大していっています。
自動車保険に関して非常に強みを持っていて、トヨタ自動車や日本生命の資本が入っているのも特徴です。
損保業界の中で常に上位をとっている実績もあり、東京海上日動や損保ジャパン、さらには三井住友で総合力では非常に上と言えるでしょう。
自動車保険は能力と規模が考えられ、そこでオススメなのが自動車保険に対して強みのあるあいおいニッセイ同和損保という訳なのです。

あいおいニッセイ同和損保は自動車保険に対して非常に力を入れており、自動車の東京火災の流れを汲み、自賠責を含めると売上げのおよそ60%が自動車保険関連だと言われているのです。
特に連携をとっている事もあり、トヨタ自動車関連の保険の扱いに関してはかなりの強みを持っています。
最近では日本生命のバックアップもあるせいか、様々な層の方達から支持されています。

中でもレクサス専用の自動車保険は非常に素晴らしい内容となっており、合併してからは自動車保険の割合も減少しています。
インターネット上でもADタフクラブと呼ばれるサービスが提供されており、これは様々なサポートや懸賞が実施されているサービスとなっています。

また、リサイクル部品使用特約と呼ばれる修理を行う際にリサイクルパーツを使用する事を契約する際に約束しておくと車両保険料が5%割引きされる特約もオススメです。
その際、中古の部品だったとしても特に問題ないので是非、利用しましょう。

 

あいおいニッセイ同和損保の加入者の口コミ

知名度が非常に高い損保会社として有名だったあいおい損保とニッセイ同和損保の2つの会社が統合して出来たのが人気のあいおいニッセイ同和損保という保険会社です。
元から大手だった2つの保険会社が合併したので、日本国内でも大企業となったのです。

あいおいニッセイ同和損保はタフシリーズと呼ばれるモノがあり、非常に沢山の保険が提供されているのが特徴です。
火災保険の方ではタフ住まいの保険と呼ばれていて、建物はもちろん、家財補償が付いている総合住宅保険となっています。
他の会社でも、あまり差はないのですがサービスの内容や特約も非常に豊富に揃っているのが特徴です。

基本の補償としてはエコノミープランとべーシックプラン、そしてワイドプランという3つに分かれています。
自由に選ぶ事が出来てエコノミーを選らんだ場合は火災や落雷や破裂、さらには爆発や風災、雪災などといった災害から補償されます。
ベーシックの場合はこれに加わって盗難や騒擾などといったモノも補償してくれます。
ワイドを選んだ場合はベーシックに加え、不測で突発的な事故が起きた場合でも補償されるのでオススメです。

下記にてあいおいニッセイ同和損保の加入者の口コミを紹介したいと思います。

「事故を起こした後の連絡がとても丁寧で過失割合で他の保険会社と比べると非常に有利な印象を持ちました。
車キーを閉じこんでしまった時にも、電話したら素早く鍵屋の手配を行ってくれたし、フリーダイヤルで無料サービスだったので満足しています。」

 

あいおいニッセイ同和損保の特約ってどんなのがある?

あいおいニッセイ同和損保の特約には非常に様々なものがあります。
興味のある方も非常に多いと思いますので参考にため、1つ紹介させていただきます。

あいおいニッセイ同和損保には「むちうち追加給付特約」と呼ばれる特約があり、5万円を上乗せする事で支払われる特約となっています。
傷害一時金支払いの対象となっている事故にあった方が頸部に対して打撲や捻挫、さらには挫傷などといった傷害を負ってしまい、病院で「むちうち」と診断されたとします。
その場合では、傷害に対する治療の日数が5日以上と診断書で確認する事が可能な場合に頸部捻挫等追加給付金として別で5万円を払ってもらえるという特約になっています。

これは事故にあった人が医者から治療するために最低でも5日以上はかかる「むちうち」だ!と診断されて、診断書でもハッキリと確認する事が出来た時に傷害一時金などとは別で5万円を払ってもらえるのでオススメです。
事故を起こした日から180日以内に傷害の5日目の治療を受けた日が含まれていないと支払いはされないので、注意するようにして下さい。

また、むちうちとは別の傷害を同時に負っていて治療の日数の合計が5日以上かかってしまうようなケースでもむちうちで入院、または通院する日数が4日以内の場合では保険料が払われませんので注意が必要です。
何日入院、または通院していてもあくまで「むちうち」の治療にかかる日数が5日を越えていない場合では保険金が払われる事はありません。

 

あいおいニッセイ同和損保加入者のリアルな評価

あいおいニッセイ同和損保とは以前、業界の中で上位だったあいおい損保が、同じく有名なニッセイ同和損保と統合する事で誕生した損害保険会社の事です。
以前の「あいおい損保」と同じでトヨタなど様々なディーラーと関わりは非常に深くて、代理店タイプの保険の中では自動車を購入する時、最初の保険としても挙げられる事が多く、大きい強みを持っている保険です。

さらに三井住友海上グループとも統合していて、メガ損保のグループ会社の1つになります。
しかし、まだ設立からは日数も浅いので、1年間のかけ捨てが基本となっている自動車保険では、
あまり情報が無い所が現状と言えるでしょうか。

ネットなどで「あいおい」と検索をかけると、あいおい損保の時の保険商品のトップランやIAP-Fなどといったの情報や口コミが様々出てくるでしょう。
しかし、これらをいくら調べても合併してから、あいおい損保やニッセイ同和損保の時代とは別の体系になっていますので、注意する事が必要となります。

興味がある人も多いと思いますので、下記にてあいおいニッセイ同和損保加入者の声を紹介したいと思います。

「この保険会社はスピーディーで適切な対応をしてくれるので信頼感があります。
初めて事故を引き起こしてしまった時、もの凄く動揺しましたが担当の人が冷静かつ適切に対応してくれたので、とっても心強かった思いがあります。」

 

あいおいニッセイ同和損保って加入者の満足度は高い?低い?

あいおいニッセイ同和損保というのは以前「あいおい損害保険」という名前の保険会社、そしてニッセイ同和損害保険という所が合併する事によって出来た新しい保険会社の事です。

有名動画サイトである「youtube」にも公式のチャンネルを持っており、コマーシャルや商品の説明がされているビデオのアップロードなどで活用しているのが特徴です。
保険商品の中で自動車保険に当てはまるモノはタフ、タフシンプルの2つあります。
この他にも自動車関連の保険にドライバー保険はもちろん、自賠責保険なども様々取り扱っているのでオススメです。

割引サービスや保険料の変化に関して言うと、自動車の使用目的やゴールド免許かどうか、さらには年齢などで異なります。
また、福祉車両やエコカー割引なども行っているのも特徴です。

ロードサービスはタフとタフシンプルのどちらの場合でも自動的に付いてきます。
レッカーが無料になる距離に関しては通常で15キロまでとなっていますが、JAF会員の場合では30キロまで無料になります。

しかし車の運搬費用の特約が自動的に付きますので、実際はもっと長い距離を無料で移動させる事が出来ると考えて良いでしょう。
他にも車に関した税務相談やベテラン運転者のスタッフによる安全運転の相談対応なども行っています。

そんなあいおいニッセイ同和損保の満足度を見てみると、どちらとも言えない結果と言えます。
満足している人もいれば、悪い感想をお持ちの方も多いです。
ネットの口コミなどを参考にして、加入を検討するようにしましょう。

 

あいおいニッセイ同和損保の保険料ってどういう風に決まっているの?

あいおいニッセイ同和損保は有名なトヨタグループと深い関わりを持っていた代理店損保の「あいおい損保」と生命保険業界の中でトップの実績を持っていた「ニッセイ」が統合して出来た損保会社となっています。
現在では合併メガ損保の1つに分類されており、MS&ADホールディングスのグループにも入っています。

あいおいニッセイ同和損保が扱っている自動車保険はタフとタフシンプルの2つあります。
これらは両方とも自動車保険として必要な基本補償は揃っています。
しかし、所々に独自の割引サービスなども設けられているのでユニークな面があると言っても良いでしょう。

1つ挙げられるのが運転者の限定を設定する事ですが、
タフの場合でもシンプルの場合でも別居している既婚の子供、また配偶者も補償の範囲に含めてくれる「子どもワイド」といった特約を家族限定に設定出来るのは非常に強みと言えます。

割引サービスに関しては耐損傷性と修理性の割増引という割引を利用する事が可能で、これは耐損傷性、そして修理性の評価を保険料として反映させるシステムになっています。
割引制度ではあるのですが、評価が低い車になってしまうと逆に割増しになってしまうケースもあるので注意しましょう。
しかし、衝突実験での評価では保険料が、最大で15%も割り引かれる事もあるので、耐損傷性に優れている車などは、合理的な保険料を適用させる事が出来るでしょう。

 

あいおいニッセイ同和損保の車両保険と免責金額について

あいおいニッセイ同和損保はニッセイ同和損保と統合する事とし、その後は三井住友海上とも経営を統合させて国内でも最大の損保グループと言われているMS&ADの1つとなっています。

あいおい損保にある車両保険は一般車両保険となる一般補償、そして車と車+限定Aとなる限定補償といった2つの契約から選ぶ事が出来るようになっています。
限定補償は自損事故や当て逃げ事故、さらには墜落事故や転覆事故は補償対象とはならないので注意しましょう。

自動車保険の免責事項とは保険会社が保険料を払わなくても良い!という事で、具体的に説明すると車両保険によってある一定の金額までは契約者が負担する、または契約者側に大きな過失があるといった理由によって、保険料を払う必要がない状態となっています。
車両保険は免責金額の設定が行われているのが一般的になっています。

車と車の事故、または自損事故の場合で車の修理が必要となった場合、免責金額分は自分で負担する事となってしまうのです。
この免責金額を設定する事によって、保険会社は事故対応の負担もかなり減少して、それによって費用が下がって保険料を安くさせる事が可能となるのです。
免責金額というものは加入する保険の金額により、変わるのですが1度目に起こした事故と2度目に起こした事故で扱いが変わってきます。

 

あいおいニッセイ同和損保のサービス対応の評価って?

比較的最近の事ですが、あいおい損害保険とニッセイ同和が合併して出来た保険会社が「あいおいニッセイ同和損保」です。

タフという呼び名で展開している自動車保険があり、対人賠償と対物賠償、さらには人身傷害と車両保険という4つの基本補償となっています。
事故を起こした際に相手に対する補償と自分への補償もしっかり設定する事が可能となっています。

さらに、事故を起こした時に相手側との過失割合に関して揉めた、相手側の自動車の修理代が時価額を超えており、修理代の全額を払う事が出来ないから相手側に修理代を請求されてしまっている。
このように、示談交渉が長引いてしまいそうな場合、解決をサポートしてくれる心強い特約もあるのです。

自分側に全く過失が無い、いわゆる「もらい事故」に関するサポート特約、弁護士費用を補償してくれる特約などもあって基本的な自動車事故に関連するサポート特約の内容は非常に充実しています。
ロードサービスに関しては故障によって自動車が動かない!という時、60キロ以内の範囲にある修理工場までは無料でレッカーしてもらう事が出来て、年中24時間対応してくれるのも魅力的です。

サービスの対応に関しての評価はネットの口コミなどでも見る事が出来ます。
良い評価も寄せられていますが、中には事故の処理が事務的な印象を持った!という悪い評価も寄せられています。

 

あいおいニッセイ同和損保の各種割引制度

あいおいニッセイ同和損保には独自の割引制度があります。
以前の「あいおい損保」の頃からある耐損傷性、修理性割増引と呼ばれるものです。
これは独自の衝突実験の中で得た車両の壊れ難さ、修理のしやすさなどといった評価を保険料金の割増、または割引に反映させているモノで最大ではおよそ15%の割引を受けられる場合もあります。
しかし、車種によっては逆に割増になってしまう事もあるので注意して下さい。
また、リサイクル部品使用サイクルと呼ばれる車両損害時の修理を行う時、リサイクル部品を使用する事を前提とした契約を行えば、保険料が割り引かれるという面白いサービスもありますよ。

あいおいニッセイ同和損保は他の保険会社と比べると、歴史は浅い保険会社と言えますが、実力が持っています。
保険料金の面で考えると決して安くはないのですが、特約が多いのが特徴です。
特約が多いと言う事は補償を厚くしておくと、その分として保険料も高くなってしまいます。

ダイレクト型の保険商品の中で、最低限の補償の保険と比較すると、およそ3倍から4倍ぐらい差が出るケースもあります。
そのため、自動車保険を選ぶ際に保険料金に重点を置いて考えている人には、オススメはしません。
自動車保険に関して知識が浅くて自信がない、または補償をしっかりしておきたい!と考えている人はあいおいニッセイ同和損保を保険選びの中に入れても良いでしょう。

 

 あいおいニッセイ同和損保の自動車保険ってどんなプランがあるの?

あいおいニッセイ同和損保は評判の良い保険会社の1つで、自動車保険にはタフという名前の商品があります。
補償の内容はもちろん、保険料金も代理店タイプの保険としては一般的な水準と言えます。

ダイレクトタイプと比較すると費用の面では見劣りしてしまうかもしれませんが、
補償の内容は特約の多さや細かさなどが強みなので、もしもの時の補償を考える場合は十分な内容が揃っていると言えるでしょう。

例えば人身傷害保険は人身傷害自立支援費用補償の特約や無保険車傷害の特約が自動的に付いてきます。
そしてオプションとして傷害一時金の給付や人身傷害の入院諸費用を補償してくれる特約、交通事故の際の傷害特約、さらには犯罪被害事故の傷害特約や人身傷害の子供育英費用補償の特約などといったようにダイレクトタイプではあまり見る事が出来ない特約も様々用意されています。
自分自身はもちろんの事、家族の補償にも対応出来るように作られています。

また、海外に旅行している間の偶然な事故で携行品に損害が生じてしまった場合は被害物の損害額を支払ってくれる特約もあります。
携行品と言うのは海外旅行に行く時に所持していく身の回り品の事で、主にカメラや宝石や衣類、さらには航空券や旅券、免許証などが補償対象として含まれています。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ